2006年06月06日

【安全性分析】
 企業の資金運用とその調達のバランスがとれているかを分析するものです。その中心が企業の支払能力を分析するものです。
 
(指標)
 ryuu
 






 この式は、短期間に支払わなければならない負債に対して、その支払手段たる流動資産がどのくらいあるかを示しています。流動比率は、200%以上あることが望ましいいとされるが、大企業で120%から150%、中小企業で130%から190%程度あれば十分とされます。


fusai







 この式は、自己資本に対して負債がどのくらいあるかを示し、企業の財務的安全性(無借金経営の度合い)を示します。この比率は、借金がないほど、低くなります。






【PR】
当事務所では、通常、数万円から10数万円かかる、財務分析を1,000円(他に送料120円)でご提供しています。この分析は、中小企業の分析に必須な4項目のみに分析対象を絞ったものです。全国対応可能です。

ショッピングカートでご注文できます(SSLに対応しています)

(サンプル)
008































009




(19:48)