2019年01月02日

『カニバル レザーフェイス』

 

 『カニバル レザーフェイス』
 2015年
 イギリス
 監督:チャーリー・スティーズ

 *本記事は、グロテスクな表現を含みます


clf001

 いつの間にか一年が終り、新年を迎えてしまった。
 昨年は海外テレビドラマ中心で、それほどHELLな作品に触れなかった。
 いや、前半は『ウォーキング・デッド』にハマり、テレビドラマながらにHELL感を満喫した記憶がある。
 かのドラマはやがてゾンビ主流から、極限下におかれた人間同士の関係性にテーマが変わり、バイオレントさを増した。愛着の湧いたキャラが、ゾンビではなく人間に殺される。これは、自分の好むHELL感とは真逆の方向であり、視聴を休止した状態になっている。
 HELLにも色々とあり、十人十HELL(ジュウニントヘル)だ。
 貴方の好きなHELLは、何かな?


clf002

 
 さて、本作。
 ジャケット・タイトルからして、十分なHELLが感じられる。
 カニバル=人喰い。
 レザーフェイス=ホラーの名作『悪魔のいけにえ』に出てくる殺人鬼。メイン・ウエポンはチェーソー。

 普通に考えれば、血飛沫系。
 激しいゴア描写を内包し、『こいつはヤベェぜ』なんつって独りほくそ笑んでしまう作品だ。
 しかしながら、こうもアカラサマなタイトルは、誇大広告の可能性も秘めている。
 はたして、その実態はやはり野生の勘を信じるべき内容だった。


clf003


 冒頭でレザー・フェイス誕生を示唆する場面構成。
 とある悲劇が生んだ殺人鬼が、その後どのような人生を送ったのか?
 まともな生活に戻れない彼は、日々憎悪を募らせていったに違いない。
 勝手に想像するも、劇中にその描写は用意されていない。

 口の汚い家族が農場にやってきて、早々に捕えられてしまう。
 さあ、レザーフェイスよ、お前の煮えたぎる憎悪を曝け出してみろッ!
 素直なマニアなら、きっとそう願うはず。
 しかし、チェーンソーの唸りはほとんど聞こえず、逆にこの後の展開が読めなくなってくる。

clf007

 
 ゴア描写が無い訳ではない。
 電流流れる檻に触れたイケ面は、両手ぶっ飛び~IKKOさん。
 でも、その他は?
 あれ、覚えていな~い。

clf006

 
 グダグダな家族の逃走劇。
 人喰いペーソスを入れながらも、食人シーン皆無など、演出がヌルすぎちゃってどないしましょ。
 ヒロイン・ジェシカは理不尽な仕打ちに突然覚醒。
 まるでランボーのごとく、怒りを露わに奮闘。
 そして最後に彼女の執った行動は……。
 このラストも安い、安っぽいぜ~。


clf005


 廉価なHELLにも何かしらの魅力はある。
 さあ、2019年。
 今年もHELLを宜しくお願いします。




2018年07月15日

『サマー・ヴェンデッタ』

 

 『サマー・ヴェンデッタ』
 2016
 フィンランド・エストニア
 監督:タネリ・ムストネン

sv001






 『サマー・ヴェンデッタ』という洒落た邦題が付けられているが、原題の『LAKE BODOM』の方がしっくりくる。
 実は、全く異なる方角から、本作テーマであるボドム湖殺人事件に興味を魅かれていた。
 
 フィンランドの超絶技巧派メロディック・デス・バンド、『チルドレン・オブ・ボドム』が、そのきっかけだった。
 ボーカルとギターの双方をこなすアレキシ・ライホの才能に驚愕。
 キーボード担当ヤンネ・ウイルマンとのギター&キーボードソロの応酬は他に類をみない。
 死神を模したジャケットから伝わる禍々しさも手伝って、まさにホラーマニアにも受け入れやすいバンドだ。
 そのバンド名が、実は本作の題材になっている事件から引用されている。

sv005


 1960年、6月。
 ボドム湖でキャンプをしていた10代の少年少女らが惨殺死体で発見された。
 これはフィンランド史上衝撃的な犯罪事件の一つとなり、現在に至るまで解決されていない。
 これが、ボドム湖殺人事件の概要だ。
sv006


 HELL感たっぷりの事件だが、なかなかその詳細に触れることはなかった。
 本作は、その事件を直接に扱うのではなく、現代のティーンズがその事件を彷彿させるような出来事に巻き込まれていく形式を取っている。

sv002


 見終わってしまえば、ごくありきたりなティーンズ・ホラーの印象。
 ただし、ボドム湖殺人事件の描写はきちんと挿入されており、かねてからの好奇心は満たされた。
 キャンプ中の若者たちは、何故殺されたのか?
 現在まで解明されない謎に、ますます興味は尽きない。

 ボドム湖キャンプ・ツアーに、週末行ってみっか!


sv009

 



2016年09月19日

『ファンハウス』

 

 『ファンハウス』
 2015年
 アメリカ
 監督:アンディ・パルマー


fh007




 『ファンハウス』というタイトルは、ホラー映画でもう一つ存在。
 80年代頃からのホラー映画ファンなら知名度バッチリの、トビー・フーパー監督作品です。
 私的にはお気に入りの作品ですので、同じタイトルってどうよッって思っちまいます。
 もしかしてリメイク?
 とも思い、友ちんの口端なんかも思い出してみましたが、ジャケ写中央に居座るロバート・イングランドの雰囲気が似ても似つかない。
 じゃあ、どういう作品なのだ。
 バカボンのパパなのだってカンジで、とりあえず観賞してみました。

fh002


 ストーリーは、凶悪&サイコすぎて精神病院に監禁されたシリアル・キラーたちが逃亡。
 自分たちの殺人現場を再現した遊園地アトラクション・ファンハウスを新たな住処として、再び来園者を恐怖に陥れるという内容。

fh010

 
 あまり現実的な内容ではないものの、派手目のグロ描写やコミカル演出などもミックスされて、飽きがこない作品に仕上がっています。
 正直いえば、ロバート・イングランドはチョイ役で、作品解説には主役とまで書かれているものがありますが、完全ガセ。
 ガセ体臭とでも申しましょうか?
 これで主役だったら、主役は20人はいますよ、奥さん。

fh011


 さて、肝心のシリアル・キラーたちは全部で6人ほど。
 欲張ってしまったのか、バランスが偏っている印象を受けます。
 スティッチ女と筋肉男が印象に残りますか?
 特に筋肉男はジェイソンのような役割で、派手な人体破壊を披露します。
 素手で顔面皮剥ぎ。
 ハンマーを頭部振り下ろし。
 素手で頭部引っこ抜きなど。
 この活躍が80年代ホラー臭を生み出していますなぁ。

fh012


 イマイチ弱いのは、主人公とヒロインのカップル。
 嫌いじゃないですけれどね、ハニー・ビーのコスプレも。
 ただ副保安官や保安官、マチェーテもどきなどのサブキャラも多くて、平均化してしまったようです。

fh008


 ラストの落とし方も良かったけれど、まさかの2段オチは少々凝り過ぎ。
 1回目で止めておけば、適度の後味悪さを残してグーでしたが……。
 2回目を入れたことによってチグハグさが露呈ですよ。
  
 格言 2ヘルを追うもの、1ヘルも得ず


fh009



2016年07月18日

『ハネムーン』

 『ハネムーン』
 アメリカ
 監督:リー・ジャニアック



 キャッチ・コピーは『全米驚愕!!新感覚ホラー』。
 ジャケ写も良いカンジで仕上がっていて、プロモーション戦略はバッチ・グー。

hny001


 某レンタルのイントロでは、ハンティング・ホラーとの説明すらあったから、こちらもイメージ増幅・勝手な思い込みで観賞に臨んだよ。
 でもね、率直な感想どこが?

hny004


 新婚ホヤホヤ、海の珍味はホヤ。
 ハネムーンの行き先は、ヒロインが幼少時代を過ごした湖畔に決定。
 おいおい、イチャつき描写は必要だけれども、少々長すぎるんでないかい。
 大した事件も、予兆もなく、一般人は退屈モード突入の可能性大。
 大ちゃん、ドバッと丸裸。
 ヒロインもドバッとやってくれればよいけれど、不真面目な作品じゃないのが不幸中の不幸。
 せめて、エロさでカバーしてくれれば、エンタメ力は上昇するよ、ジェットアッパー。


 ようやくヒロインの幼な馴染みが出てきて、こいつが何となくヤベェかも!?なんて緊張感を作り出す。
 そして、ヒロインの失踪。
 どこへ行ったんだ?
 何をやってんだ?
 ちょっとヤベェ感を膨らまし、僕らは闇の真相に備えるYO。

hny008

 ヒロイン発見も、その後の様子がおかしい。
 何なの、何が起きているの?
 多感なティーンズなら、作品に没入の可能性あれど、少感な私はそこまでノメリ込めない。
 ただ先の展開も読めないので、とりあえず川の流れに身を任す。

hny006

 
 全体的に、ホラーの刺激は少なめ。
 唯一といってよい見所は、ヒロインの股間に隠れたアレ。
 愛しのアモーレに、アレ。
 まあ、衝撃的ではありますなぁ。
 全米・驚愕。
 驚愕はするかもしれないし、しないかもしれない。
 旦那はビックリだろうねぇ。
 

hny005

 アレの正体描写に時間と金を使っていたら、満足感もそれなりに創出できたろうに。
 クライマックスの説明描写が少なすぎるので、一般人には何が何だか判らないまま。
 私もセブンセンシズ使って、ようやくボンヤリ理解できたレベル。
 


2016年03月19日

『劇場版 零 ~ゼロ~』3



 『劇場版 零 ~ゼロ~』
 2014年
 日本
 監督:安里麻里

zeo004


 『零』といえば、テクモのホラー・ゲーム(一作目はPS2)が大もと。
 私的ゲーム史上でも、名作のレッテルを貼りまくりの作品でした。
 続編も幾つか発売されましたが、一時期ゲームから遠ざかってしまい、未体験なのです。
 ただ、一作目の純和風な世界観や、霊をカメラで撮影して封印するという斬新なシステムがドツボで、今でも全作品を遊びたいとは思っています。


 でも、Wiiは持っていないし、今更買う気もないんだよなぁ。
 Wiiって、家族や仲間と遊ぶゲーム機というイメージが強く、『ゲームは一人で遊ぶモノだぜッ』という私の信念と真っ向から対立。
 ファミコンを提供してくれた任天堂との決別は寂しいけれど、この時点で私は完全なるPS派に転向。
 コアなゲーマーに目を向けない任天堂なんて、ウィイ~、オッパッピーなんてヨシオのギャグになるのが関の山さ。

zeo002


 さて、名作すぎて、私的にはベリィ・インポータントな『零』。
 これが映画化されたのだから、スルーできるはずがない。
 愛好感と使命感に燃えながらの鑑賞でした。

 で。
 結論からいうと、複雑……。
 評価すべきポイントは幾つかあって、単体としてのまとまりは悪くない。
 配役や雰囲気など、どちらかといえば好感持てました。
 主役であるアヤに中条あゆみさん、ミチ役の森川葵さんはファッション・モデルとのことで、ルックスは申し分なし。本作の趣旨にピッタンコ・カンカン。
 美保純さんのシスター姿にも、軽いサプライズを覚えます。



 全体像を簡単にいってしまえば、少女たちの友情と愛情がテーマで、ややオカルトがブレンド。
 私のようなバカ・エロ・グロと三拍子揃ったホラーに馴れ親しんだ者にとっては、刺激不足は否めません。
 それでも、さすが女流監督といっておきましょうか。
 少女たちのレズ・キスシーンなど、可憐かつドキドキなシーンを提供してくれます。

zeo005

 
 反対に、残念に思えたのは、意味深なシスターと弟の描き方。
 かなり重要な役で、クライマックスでの盛り上がりを期待したのですが……。
 もう少し明確で、エグい描写の方がホラー度は増したかもしれません。
 この二人、実に勿体ない処理になっています。

zeo008


 美少女ホラーということで、私はアルジェントの『フェノミナ』を思い出していました。
 アヤが浄水場に落ちるシーンがリンクしたのですが、やはり後者の方がインパクトありました。
 ウジや腐乱した肉塊漂う汚水に浮かぶジェニファー・コネリー。
 このギャップは、ホラー史上でも稀にみる鬼演出。
 
 まあ、出ないですね。
 特にセブンティーンに掲載されるモデルですから。
 いろんな圧力かかります。
 それを乗り越えた時、ホラーの傑作が生まれるかもしれません。
 現在の日本映画では無理だろうなぁ。
 もっとHELL描けよ、日本。
 おっと、注目浴びちゃいますか?この表現。

zeo011

 
 総じて、一作品としては、製作側の努力が感じられました。
 ただ、どうしても触れなければいけないのが、ゲーム『零』との関連です。
 ゲームが名作だけに、それなりのファンと愛好心が存在します。

 私的にはゲームながらに寒気を感じるほどの恐怖感。
 そして、彷徨う幽霊どもを封印するカメラ。

 この二つは、『零』を語る上でのマスト・ファクターなわけで。
 それが隅に追いやられて、変わりに百合系の色が濃くなってしまったわけで。
 まあ、映画にもきちんとしたマーケティングが必要ということでしょうか。

zeo009

 
 ちなみに、本作はゲームが大もとでありながら、それを原作とした小説が存在するそうです。
 ゲーム⇒小説⇒映画という経緯があるわけで、ノベライズの時点で既に別方向に転換されていたのかもしれません。
 そうであれば、ゲームの雰囲気は薄れてしまっても……。
 原作モノって、難しいですね。
  
zeo012

 


kkaikilll35 at 23:55|PermalinkComments(0)ホラー映画 | 日本映画