2019年09月29日

『フォロイング』

 

 『フォロイング』
 2017年
 アメリカ・タイ
 監督:リッチ・ラグズデール

 *本記事は、グロテスクな表現を含みます

fw005



 「ババアが、憑いて来る。」のキャッチ・コピーが、ヤケに心に沁みる。
 ジャケ写のババアの表情に注目してほしい。
 なんとなく道化。
 なんとなくピエロ。
 ピエロといえば、最近超有名ファーストフードのアイツを見かけないなぁ。
 で、調べてみたら、本国で風評被害にあって活動を自粛していた。
 ワールドワイドなアイツに、フロムボトムハートの同情を禁じ得ない。
 愛すべきキャラからの転落は、どこか芸能界に通じるものがある。
 まあ、ホラー映画にもこのギャップを利用した作品は少なくない。
 『サンタが殺しにやってくる』なんて、その極み乙女。
 『チャイルドプレイ』だって、本当は可愛い人形が殺人鬼。
 対極の幅が大きいほど、得られる効果は絶大なのだ。
 このようなことをジャケ写から考えた訳だが、その内容は全く別物だった。
 そう、婆さんはピエロではなく、単なる?怨霊だったのである。

fw004



 タイ・バンコクを訪れたアメリカ人カップル、ジムとジュリー。
 異国の雰囲気は彼らにとって新鮮で、バカンスを満喫。
 そして、ジムのプロポーズをジュリーは快諾。
 二人の幸福度はアゲアゲ・アゲリシャスとなった。
fw003

 
 同じホテルに泊まっていた英国人に声を掛けられ、ジムとジュリーは彼らと行動を共にする。
 しかし、それはHELLの始まりだった……

fw010


 今回HELLの根源は、タイ・バンコクに巣食う怨霊。
 名前をワタベという。
 それを聞いた瞬間、まず頭に浮かんだのは、甘いマスクのお笑い芸人。
 グルメにも精通した彼の名前がホワ~イ?
 劇中の説明によると、タイ人に嫁いだ日本人女性らしく、何故か名字で呼ばれているっぽい。
 裕福な家庭だったが、夫は使用人と浮気。
 それを知ったワタベさんが『おのれ~、旦那許すまじっ』となった。
 ジャパニーズ怨みの怖さを思いしれっとばかりに、ワタベさんは自ら焼身自殺したという。

fw008


 作品としては、異国における文化的風習のダークサイドを白人が体験するタイプ。
 おそらく製作陣がタイや日本のホラーにインスパイアされて作ったものだろう。
 全体的な雰囲気は良く、クライマックスのロケ地などもGOOD。
 怨霊に祟られ衰弱していくジュリーと、救おうと躍起になるジムの行動が感情移入を促してくれる。

fw012


 ラストは、まあお約束の……。
 いまいち意味不明のバトルが繰り広げられるが、なんとなく凄いと思わせる描写には仕上がっている。
 タイと日本とアメリカの異文化ホラー・コミュニケーション。
 ああ、なんとグローバルなHELLコネクション。

fw007

 







 




 



 




2019年09月08日

『モンスター・モーテル』

 

 『モンスター・モーテル』
 2016年
 アメリカ
 監督:ジョナサン・ストレイトン

 *本記事は、グロテスクな表現を含みます


 ジャケ写で判断すると、セクシー・モンスター系かと思ふ。
 いざ観賞を始めると、もっとHELL色の濃い作品だと分かる。

mm004


 医療系施設の用務員コーネリアスは、モルグの死体に欲情。
 それが謎の放射線で汚染されているとはツユ知らず、理性ぶっ飛びアブノーマルな行為に至る。
 帰宅した彼の股間を襲う激痛。
 そう、神をも恐れぬ行為の代償は、HELLへのゲートを開いてしまった。
 怪物化したコーネリアス。
 迸る怒りと性欲が、彼を更なる蛮行へと駆り立てる。

mm005


 一方、ハイスクールの春休みを利用してバカンスに繰りだしたクリスティンら。
 海でキメ込むはずが、ゴタゴタあって道中のモーテルで一泊。
 そこに、コーネリアスが現れて……。

mm009


 冒頭からのタブーからラストまで、ゲスのオンパレード。
 エンターテイメントに徹し、おバカ街道まっしぐらな作品。
 特殊メイクは簡易で安っぽいものの、中には力を入れた描写も。
 圧巻は、生殖器を模したクリーチャー?。
 異常ティンコとワンコのダブル主演で、世間の話題をさらいます。

mm008


 ラストも剛腕炸裂。
 挿入歌の歌詞もドイヒー。
 悪たれ者の憂鬱って、スゲェかもしれない。

mm007

 
 最後の茶目っ気が、本作を『父に捧ぐ』。
 息子にこんな作品を捧げられた父親の心境って一体……。

mm006


 




2019年03月18日

『ザ・バトル ネイビーシールズVSミュータント』

 

 『ザ・バトル ネイビーシールズVSミュータント』
 2016年
 アメリカ
 監督:ジャリッド・コーン

 *本記事は、グロテスクな表現を含みます


btl001





 なんともヤバい邦題である。
 何の捻りもない題名は、中身の希薄さを示しているようなもの。
 地雷間違いなしと確信できるのだが、続く副題がマニア心を刺激する。
 『ミュータント』
 ああ、この響きがどれだけ期待と落胆を生成しただろう。
 そして対決するのは、ネイビーシールズ!!
 たまらんなぁ、この構図。
 ネイビーシールズといえば、チャーリー・シーン全盛期のホットな作品が記憶に残る。
 あの頃のチャーリーは、カッコ良かった。
 かの作品が、私の中に絶対的シールズ神話を構築したのだと思ふ。

btl002


 さて、本作。
 性格の良さそうなセリーナ先生。
 やる気なし、頭脳なし、モラルなしの学生たちをフィールド・ワークに連れ出す神対応の教師なのだ。
 彼女の心の支えは、恋人ジョン・クレンショー。
 元!?ネイビーシールズの彼は、暇なのか、一向に同行することにした。
 
 課外授業の行先は、サファイア湖。
 13日の金曜日・ジェイソンの舞台は、クリスタル湖。
 アメリカの湖は、宝石にちなんでいるのう。

btl004

 
 で、課外授業の内容は、自然の写真を撮ること。
 当然、学生たちは思い思いのことを開始。
 バカップルは、エロ行為の動画を撮影し始めたが、そこに何者かの影が!
 ああ、ミュータントなのですね。
 何故、この地にはミュータントがいるのでしょうか?
 しかも50人くらい。
 限りなくヒルズ・ハブ・アイズに近いッス。
 ホラー・マニアの貴方なら、思わずそうつぶやくでしょう。
btl009


 なんとなくヌルい雰囲気は、ミュータントの所業で一変。
 無残に殺されたり、女学生にキモい種付け行為をしたり。
 そして、とうとう魔の手はセリーナ先生にも及ぶ。

 しかし、そこに居るのは我らが元ネイビーシールズ。
 マッチョな体を武器に、異変に気付いたジョンが立ち上がる!
 てめえらの血は、何色だ!?

 HELLにはHELLを。
 ミュータント殲滅作戦、開始!!!

btl006



 ジョンを演じたポール・ローガン。
 体はかなりのマッチョ。
 雰囲気は飛猿こと野村将希さんといったところか。
 せっかくのアクションは、カメラ・ワークがダメでブレまくり。
 ミュータントのメイクも、やはり低予算さが窺えてしまう。

btl003

 
 もう少し、アクション・シーンとグロ度をアップすれば、耐久性ありなのだけれど。
 まさかの友情出演に、ドン・ザ・ドラゴン・ウィルソン。
 これが一番ビックリした。

btl010

  





2019年01月02日

『カニバル レザーフェイス』

 

 『カニバル レザーフェイス』
 2015年
 イギリス
 監督:チャーリー・スティーズ

 *本記事は、グロテスクな表現を含みます


clf001

 いつの間にか一年が終り、新年を迎えてしまった。
 昨年は海外テレビドラマ中心で、それほどHELLな作品に触れなかった。
 いや、前半は『ウォーキング・デッド』にハマり、テレビドラマながらにHELL感を満喫した記憶がある。
 かのドラマはやがてゾンビ主流から、極限下におかれた人間同士の関係性にテーマが変わり、バイオレントさを増した。愛着の湧いたキャラが、ゾンビではなく人間に殺される。これは、自分の好むHELL感とは真逆の方向であり、視聴を休止した状態になっている。
 HELLにも色々とあり、十人十HELL(ジュウニントヘル)だ。
 貴方の好きなHELLは、何かな?


clf002

 
 さて、本作。
 ジャケット・タイトルからして、十分なHELLが感じられる。
 カニバル=人喰い。
 レザーフェイス=ホラーの名作『悪魔のいけにえ』に出てくる殺人鬼。メイン・ウエポンはチェーソー。

 普通に考えれば、血飛沫系。
 激しいゴア描写を内包し、『こいつはヤベェぜ』なんつって独りほくそ笑んでしまう作品だ。
 しかしながら、こうもアカラサマなタイトルは、誇大広告の可能性も秘めている。
 はたして、その実態はやはり野生の勘を信じるべき内容だった。


clf003


 冒頭でレザー・フェイス誕生を示唆する場面構成。
 とある悲劇が生んだ殺人鬼が、その後どのような人生を送ったのか?
 まともな生活に戻れない彼は、日々憎悪を募らせていったに違いない。
 勝手に想像するも、劇中にその描写は用意されていない。

 口の汚い家族が農場にやってきて、早々に捕えられてしまう。
 さあ、レザーフェイスよ、お前の煮えたぎる憎悪を曝け出してみろッ!
 素直なマニアなら、きっとそう願うはず。
 しかし、チェーンソーの唸りはほとんど聞こえず、逆にこの後の展開が読めなくなってくる。

clf007

 
 ゴア描写が無い訳ではない。
 電流流れる檻に触れたイケ面は、両手ぶっ飛び~IKKOさん。
 でも、その他は?
 あれ、覚えていな~い。

clf006

 
 グダグダな家族の逃走劇。
 人喰いペーソスを入れながらも、食人シーン皆無など、演出がヌルすぎちゃってどないしましょ。
 ヒロイン・ジェシカは理不尽な仕打ちに突然覚醒。
 まるでランボーのごとく、怒りを露わに奮闘。
 そして最後に彼女の執った行動は……。
 このラストも安い、安っぽいぜ~。


clf005


 廉価なHELLにも何かしらの魅力はある。
 さあ、2019年。
 今年もHELLを宜しくお願いします。




2018年07月15日

『サマー・ヴェンデッタ』

 

 『サマー・ヴェンデッタ』
 2016
 フィンランド・エストニア
 監督:タネリ・ムストネン

sv001






 『サマー・ヴェンデッタ』という洒落た邦題が付けられているが、原題の『LAKE BODOM』の方がしっくりくる。
 実は、全く異なる方角から、本作テーマであるボドム湖殺人事件に興味を魅かれていた。
 
 フィンランドの超絶技巧派メロディック・デス・バンド、『チルドレン・オブ・ボドム』が、そのきっかけだった。
 ボーカルとギターの双方をこなすアレキシ・ライホの才能に驚愕。
 キーボード担当ヤンネ・ウイルマンとのギター&キーボードソロの応酬は他に類をみない。
 死神を模したジャケットから伝わる禍々しさも手伝って、まさにホラーマニアにも受け入れやすいバンドだ。
 そのバンド名が、実は本作の題材になっている事件から引用されている。

sv005


 1960年、6月。
 ボドム湖でキャンプをしていた10代の少年少女らが惨殺死体で発見された。
 これはフィンランド史上衝撃的な犯罪事件の一つとなり、現在に至るまで解決されていない。
 これが、ボドム湖殺人事件の概要だ。
sv006


 HELL感たっぷりの事件だが、なかなかその詳細に触れることはなかった。
 本作は、その事件を直接に扱うのではなく、現代のティーンズがその事件を彷彿させるような出来事に巻き込まれていく形式を取っている。

sv002


 見終わってしまえば、ごくありきたりなティーンズ・ホラーの印象。
 ただし、ボドム湖殺人事件の描写はきちんと挿入されており、かねてからの好奇心は満たされた。
 キャンプ中の若者たちは、何故殺されたのか?
 現在まで解明されない謎に、ますます興味は尽きない。

 ボドム湖キャンプ・ツアーに、週末行ってみっか!


sv009