2017年09月23日

生産する趣味

以下の記事、面白かったです。

ライターのヨッピーさんに「会社員やりながら“生産する趣味”を持つのが最強」という話を聞いてきた

イケイケ層、フワフワ層というカテゴライズが
良かったですね。
そういう考え方があるのかと思いました。

あと、はあちゅうさんの、スポンサー集めて
世界一周して、最後は本にまで仕上げる
ということのすごさ、という説明も分かりやすかったです。

日本のエンジニアの給料が安いのは、動かないから
(安くても仕事が好きだからいいかと思って仕事してしまう)
というのも、なるほど、と思いました。

ヨッピーさんの本も試しに買ってみました。


kkanei at 12:10|PermalinkComments(0)お勧めサイト | エンターテイメント

思ったこと

最近、思ったことを書き出しておきます。


・ディグラムについて

つい先日知ったのですが、性格診断で
ディグラムというのがあるようですね。

その昔、エニアグラムという性格診断をやって
結構当たっていると思ったことがありましたが、
このディグラムは、さらに精度が高い感じでしょうか。
お勧めです。
サイトは、こちらからどうぞ。
ぜひ、やってみてください。


・遺伝について

親から子への遺伝について、運動や音楽の才能が
遺伝するという話は聞いたことがありますが、
8割ぐらい遺伝だそうですね。
えらい高いなぁ、と思いました。

ハンマー投げの室伏広治のお父さん、お母さんは、
アスリートですからね。
サラブレッドみたいなもんですね。

あと、宇多田ヒカルが歌が上手いのも、
お母さんからの遺伝ですかね。
声が良いのは、明らかに遺伝ですね。

また、その他に、
・数学
・執筆
に関する能力も8割程度が遺伝だそうです。

村上春樹が、上手な文章を書く能力について、
訓練である程度上達するが、才能(遺伝)も
大きい、といったニュアンスのことを言っていた
みたいですね。

語学や美術は、遺伝は5割程度らしいですね。
意外と高くないようです。


・耳鳴りについて

最近、耳鳴りがひどいです。
キンキン、シンシン言っています。
本当に悩ましいです。

通勤途中に、MP3で音声を聞いたり、
仕事で、音声を聞いたりするのも耳には
よくないですね。
でも、そうしないと、語学が上達しないし、
仕事にならないので、困ったものです。

何かすこしずつでも良いので改善させる方法が
あると良いのですが。

ほぼ毎朝、30分有酸素運動していますが、
有酸素運動で、耳鳴りが大幅に改善した人も
いるようなので、この有酸素運動に賭けるしかない、
とも思っていますね。

そうしないと、良くなったり悪くなったりを繰り返し
ながら、徐々に全体的に悪くなって、最後には
気こえなくなってしまいますから。

今の内から、すこしでも工夫を続けないといけません。


・膵臓について

最近、食事の量を増やしたせいか、また、
膵臓の調子が悪くなってしまいました。
きちんと、頑張って節制しないといけません。

しかし、ここ2,3年、体がボロボロですね。

仕事で無理を続けたのが一番良くなかったです。
耳鳴りも、膵臓も、どちらも仕事が大きく関係して
いたと思います。
体を壊してまでやるほどの価値はないので、
完全に失敗しました。

あと、まさか、こういう病気になるとは思っても
みませんからね。
しかも、治らない病気があるとは、思いませんでした。
大抵の病気は、病院いけば治ると思っていました。
甘かったです。

食事や運動は、それなりに気をつけていたつもり
だったのですが、仕事によるストレスで、カフェラテを
飲みすぎたり、残業しまくって、自律神経を遣いすぎた
のが、それぞれ、膵臓や耳に、悪影響を与えたのだと
思います。

なので、今後は、仕事で、健康をこれ以上害さないように
十分注意していきたいと思いますね。


・体重について

最近、体重が減りすぎたので、糖質制限を緩めて、
ある程度、炭水化物をとるようにしておりました。

そうしたところ、1ヶ月で、約5Kgほど体重が増えましたね。
炭水化物は、こんなにも簡単に体重を増加させるのか!、
と驚いてしまいました。

炭水化物のとり過ぎには、要注意だと思います。


・上海ディズニーランドのお土産について

今年、上海ディズニーランドに行ったのですが、
一緒に行ったディズニーランドに詳しい知り合いが
お土産として、缶に入ったクッキーを探していたので、
そんなに良いのか?、と思って、自分も買ってみました。

買ったのをすっかり忘れていて、最近、思い出した
ので、試しに食べてみたのですが、意外とまともでした。
結構美味しかったですね。
他のお菓子も買っていたのですが、今のところ
この缶入りのクッキーが一番良い気がします。


・有酸素運動について

最近、ほぼ毎日、朝30分の有酸素運動をしています。
おそらく、一ヶ月半は、やったと思います。

おかげさまで、体の調子がかなり良いですね。
耳鳴りと膵臓はダメですが、体全体の調子は、
かなり良いです。
疲れを感じにくくなりましたね。

健康のためには、食事だけでは不十分で、
運動も必須というのが、よく理解できました。

これからも続けていって、体のベースを作りたいと
思います。


・旅行について

国慶節の時に、試しに成都のツアーに参加するなら
いくらかかるかを調べていたのですが、なんと、
9000元以上かかりますね。
北京でさえ、6000元ぐらいなのに、なんで、そんなに
高いの?、と思ってしまいましたね。
不人気なので、高いのかもしれません。
これなら、普通の週末に行くのが良さそうですね。

いつまで上海にいれるのか、分かりませんから
そろそろ、少しずつついろんなところに、旅行して
おきたいです。


・大気汚染について

中国の大気汚染のせいで、寿命が6年ぐらい縮まるそうです。

しらばく前に、タバコを吸うと炭素が体内に入り込むが、
我々人類の体は、炭素を外に出す能力がない、
という話を聞きました。
なので、タバコを吸っていると、炭素が体内に
溜まっていって、呼吸が苦しくなったり
いろんなヤバイ病気になったりするそうです。

PM2.5も、我々人類の体は、外に排出する機能は
ないと思います。
微粒子が体内に蓄積されていって、それが、毛細血管などに
入り込んで、細胞レベルで悪さをするのだと思います。
なので、平均寿命が6年短くなるのだと思いますね。

さすがに最近は自分の体が心配になってきたので、
中国には、長居は無用かもしれません。

空気清浄機やマスクは、必須だと思いますね。
少しでも体内への蓄積を防がないといけませんので。

kkanei at 00:02|PermalinkComments(0)日記 | お勧めサイト

2017年09月22日

ポジション調整

日本株と中国株のポジションをすこし増やしました。
米国は、若干減らしましたね。
来週もすこしずつポジションの調整をしたいと思います。

ある程度現金が残っていたので、それを
まずは、すこしずつ投入していきたいですね。


kkanei at 23:44|PermalinkComments(0) 

日経平均について

日経平均が、急反発して、2万円超えるとは
想像もしていませんでした。
下抜けていくと思っていたのですが。

それこそ、逆ETFを買おうかと思ったりも
していたのですが、買わなくて良かったです。
もし買っていたら踏み上げられていましたね。

日経平均が反発した割には、今まで元気良かった
中小型株が思ったほど反発していない気がしましたが、
まぁ、これは、自分の気のせいかもしれません。
もうちょいきちんと見ようと思います。

最近は、米国株がちょっとイマイチですかね。
まぁ、しょうがないですかね。

中国は、今からテンセントやアリババなどは、ちょっと手が出しにくい
ですし、そもそも新高値つけた時に、ある程度は買っていますので、
やはり、新規で買うなら、A株ETFを購入するのが良いですかね。

ベトナムは、すこしずつ買い増ししたいですが、
まだ、様子見です。
ベトナムインデックスをみると、新高値つけてから
順調に右肩上がりですよね。
自分のPFもそれなりにプラスにはなってきましたしね。


ところで、新高値つけてから買う、というのは、
やはり結構良い方法な気がしますね。

順調に上がって、手が出しにくい銘柄でも、
新高値付けたタイミングで参戦できるというのを
知っておくと、ある程度、株価上昇の恩恵を
受けれますので。

当然ながら、買ってから、買値から下がる
銘柄もあるので、損切りは厳守です。

多分、今年は、この投資方法だけで、
数百万円の利益は出たのではないですかね。

まだ、この投資方法は、メインの投資方法には
出来ていなくて、あくまでもサブ的に利用して
いるだけですが、習熟していったら、メインの
投資手法にするのも、ありかもしれません。
引き続き試していって、経験を積み重ねて
いきたいと思います。

割安株投資と、新高値投資は、統計的に
儲かるという結果が出ているらしいですしね。


kkanei at 00:05|PermalinkComments(0) 

2017年09月18日

雑感

いくつか最近思ったことを書き出しておきます。


・117歳の世界最高齢女性について

以前読んだ本で、我々人類は生物学的に
120歳まで生きれる、ということが書いてありました。
細胞分裂の回数をカウントする遺伝子があって、
それが120歳までカウントできる、といった感じの
話だった気がします。

そして、世界の最高齢の人が117歳ということ
なので、確かに、理論的な限界の120歳という数字に
結構近いなぁと思った次第です。


・Facebookのザッカーバーグの卒業スピーチについて

さっと読んでみたのですが、米国のエリート大学では、
とにかく、新しいことにチャレンジして世の中の役に
立ちなさい、といったように、社会でリーダーシップを
発揮することを教えているように見受けられますね。

良い会社に入って、良い給料をもらって、といった
次元ではなくて、世の中に良いインパクトを与える
人物を目指しましょう、といった話がよくされている
ように見受けられました。
こういうの下地があるから、世の中を変えるような
人々がいろいろと出てくるのですかね、米国は。

あと、こういうのを読むと、如何に自分が、
自分のことしか考えてないかがよくわかりますね。
株で儲けて金銭的な不安を解消したいとか、
そういうことをついつい考えてしまっていますからね。
すこし反省しました。
世の中に貢献する形で、何か活動ができると良いですね。


・「7つの習慣」について

最近、「7つの習慣」を読み直しています。
やはり、良いことが書いてあるように思いますね。

2つ目の習慣まで読みましたが、ここまでは、
自分の視点を変えて、主体性を持って取り組み、
目的を明確にして、原則に沿って行動していきましょう、
といった感じの話ですね。

もっともと思える大事なことがいろいろと
書いてあると思います。

読みながら、今後の人生の生き方の指針を、
より明確にしたいですね。


・明確な答えがないところに、答えを見出そうとするのが知性である

最近知ったのですが、明確な答えがないところに
難儀しながらも、なんとかして、自分なりの答えを
出そうとするのが、本当の知性と呼べるそうです。

苦労しながらも、途中で諦めずに、ずっと格闘しつつ
自分なりの回答を出す、というのが、どうやら人生と
いうものみたいですね。

人生で2つの道があったとしても、1つしか選べないですしね。
正解は分からずじまいですから、こういうのは
覚悟してやるしかないですね。


・君子と小人について

徳と才という2つがあるとして、
徳が大きい人は、君子で、
才が大きい人は、小人だそうです。

小人は、徳より才が大きいので、
ついつい自分より出来ない人を見下すような
感じになってしまいますね。
なので、徳を大きくして、人間力を磨いて
君子になるのを目指すのが良いみたいですね。


・キレる人について

最近思ったのですが、ちょっとしことでキレる人がいると、
こんなことで怒らんでも、とついつい思ってしまいます。

感情を入れるための心の器が小さいから、感情を
抱え込むことができずに、アクティングアウトとして、
怒りという表現で外に漏れ出しているのだとは
思いますが…。

人間が小さいという表現がありますが、それは、
心の器が小さくて、許容できる容量が小さい、
ということなのだと思いますね。

キレたり、ふてくされたりしても、何の良いこともないので、
そこは、忍耐ですね。
理不尽なことにも耐えられるように、訓練するのが
必要ではあります。
あと、もし不満があるなら、冷静に言葉にして、
自分がどういう点に不満を感じているかを
相手に伝えるべきですね。
怒っていても、なんで怒っているかは、周りの人は
よく分からないので。


・耳鳴りについて

正直、耳鳴りは、全然良くなりません。
そして、以前よりは、多少悪くなっていると思います。
なんとかして、食い止めたいのですが。


・膵炎について

最近、多少ですが、痛みが以前よりはすこし軽くなりました。
しかし、まだ、痛みや違和感はあるので、要注意です。

消化酵素や炎症を沈める漢方を服用する以外に、
資質制限して、糖質制限もして、自炊もはじめて、
運動もはじめて、栄養分子学によるサプリ摂取も
行なってと、やれることは、いろいろとやっています。
そして、ようやく1年ぐらいかかって、多少痛みが
小さくなってきました。

どれが効いたか分かりませんし、また、どれも効いて
いなくて、たまたま時間が経ったから、多少マシに
なったのかは、分かりませんけど、改善の方向に
すこし動いたことは、とても喜ばしいことだと思って
います。

でも、痛みが取れたというよりも、細胞組織が壊れて
傷みを感じなくなっただけといった状況なら、マズイですけど。
しばらく後で、病院で検査して、問題がないかどうかを
確認するしかないですね。

ちなみに、一番痛い時が、10だとしたら、ここ半年は、
3,4ぐらいで痛みが推移していたのですが、
ここ1ヶ月ぐらいは、2ぐらいになりました。
なんとかして、これを1にして、最後には、0に
もっていきたいですね。
傷みや違和感が全くない状態に持っていきたいです。

資質制限と糖質制限をしていましたが、最近、
ちょっと気が緩んで、糖質制限を緩めたりしてますね。
本来は、膵炎に対しては、糖質メインの食事が推奨
はされていますので、あながち間違いではないのですが。

あと、炭水化物を多めに取ると、体重が簡単に増えていきますね。
驚きます。


kkanei at 00:57|PermalinkComments(0)日記 

2017年09月17日

アクティングアウトと依存症について

野口さんのメルマガを見ていたら、
以下のような記述がありました。

######################
アクティング・アウトとは、
直面するのに耐えられない感情や
自分では抱えきれない感情を
無意識のうちに行動にして表出すること、
でしたね。

「相手に怒りをぶつける」
の他にも、
アクティング・アウトには
いろいろあります。
たとえば、
「やけ食いをする」
「酔っぱらうまでアルコールを飲む」
「ギャンブル等にのめり込む」
「衝動的に浪費をする」
「仕事中毒になる」
「自傷行為(リストカット)をする」
などもアクティング・アウトです。
######################

これを読んで、
「アルコールやギャンブルも、アクティングアウトなのか?、
となると、西原理恵子の元旦那も、アルコール依存症に
なったのは、アクティングアウトで、自分の中で抱えきれない
何かがあって、それを解消する手段として、アルコールに
手を出していたということなのか?」
と思ってしまいましたね。

西原理恵子が小さい時の母親の再婚相手は、
途中からギャンブルにのめり込んでしまったようですが、
「それも、アクティングアウトで、抱えきれないものが
あって、ギャンブルに走ってしまったということなのか?」
とも思ってしまいましたが。

まぁ、ともかく、依存症的なものは、その人の中で
抱えきれないようなものがあるので、外部に
依存してしまっているのかもしれませんね。

建設的な方法なら良いのですが、アルコールやギャンブル
などは、破滅的な方法なので、かなりよろしくないですけど。

自分は、仕事などでストレスが溜まると、食べ物や
飲み物に走ってしまいますね。
「やけ食いをする」と言った方向ですかね。
注意しないといけません。

あと、少し話は変わりますが、西原理恵子の本をさらに
読んでいたら、追徴課税で1億円、とありますね。
税金で1億円ならば、そうとう稼いでいるということですよね。
ヒット漫画家は、稼ぎがすごいのですね。
小さい時の貧乏な状況とは、もう全然状況が違う気がしますね。
成功者ですね。


kkanei at 01:17|PermalinkComments(0)読書 

英会話について

フィリピン人の先生と英会話をやっていて、
「あなたの生活は自立しているがそれに関してどうか?」
といったような、どう返答すべきなのかが、ピンとこない
抽象的な質問がたまに来ますね。

まぁ、英会話の訓練なので、
思ったことをとりあえず簡単な内容で良いので
返せばいいのですが、どうもこういった抽象的な質問は、
「え?、何を聞きたいの?」、といった感じで、
返答に困ってしまいますね。

というか、返答が面倒くさく感じてしまいますね。
話しながら、簡単な英語の表現を考えて、
返答をひねり出さないといけないので、面倒なのですよね。

「大学卒業して、働きはじめてからは、
部屋の掃除を自分でしたり、料理を自分で作ったりするのは、
自分にとっては、普通のことです。」
といった感じで答えては見ましたが、まぁ、もっと言いたい
ことはあるのですが英語となると、この程度が限界ではありますね。

日本語なら、もっと詳細な内容を、より自分の感覚に
沿って適切に表現できるのですが、外国語だとこの程度が
せいいっぱいですね。

自分の本当に言いたいことと、表現している内容との
間に、かなり差を感じてしまいますが、まぁ、しょうがないですね。
すぐにどうこうなるようなレベルではないので。


あと、日本と中国との一番の違いは何?、とか聞かれるのも
ちょっと困りますね。
そんな簡単に言えないよなぁ、と思いつつも、
思いついたことをいくつか話しますけど、
返答している内容にいまいち納得はしていない
感じはありますね。


kkanei at 01:09|PermalinkComments(0)英語 

2017年09月16日

バオベト保険

ベトナム株についてですが、ビンコムグループが
国内産自動車制作に投資をしたというニュースが
ありましたね。

どうもビンコムは、不動産開発以外に、
スーパーやったり、自動車に手を出したりと
コングロマリットな感じで、少し将来が心配では
ありますね。

そう考えると、バオベト保険の方が、もっと確実な
感じがありますね。
保険業がメインなので。

長期的に10倍は行くのではないでしょうか?

1000万円買っていたら、1億円ですね。
500万円でも、5000万円にはなりますね。

将来のお金の不安を和らげるための方法はいろいろと
あるでしょうが、バオベト保険を買っておくのも、
1つの方法ではないでしょうかね。


kkanei at 13:58|PermalinkComments(0) 

貧乏について

西原理恵子の本を読み直していたのですが、
改めてビックリしますね。

子どもの頃には、貧乏でかなり苦労したみたいですね。
周りも、貧乏な家庭ばかりで、暴力と貧困に満ち溢れて
いる世界だったみたいですね。

よくそういった環境から、西原本人は抜け出せたなぁ
と思いますね。
たまたま美大に行くことになって、絵で稼ぐために
必死にいろんなことをやって、そこから漫画を描く道に
繋がったみたいですね。

人生どうなるか分からないものですね。
前向きに生きていれば、繋がるときは、
道は繋がるものなんですね。

途中で腐って、酒やギャンブルにハマったりすると
アウトみたいですが。

西原理恵子の「ぼくんち」などは読んだことがありますが、
貧乏な子のエピソードがあって、いつの時代だと
思ったりもしたのですが、西原の子供時代の周りの
風景だったようですね。

でも、漫画で稼げるようになってからは、
麻雀漫画を描くために、本人も身銭を切って
賭け麻雀を体験したようですが、10年ぐらいで
5000万円すったと書いてありましたね。

それは、すごいなぁ、と思うと同時に、やはり漫画が
ヒットしているから、5000万円ぐらいすっても大丈夫
なほど稼いでいるんだとも、思いましたね。

勝手な想像ですが、お風呂の漫画の人が単純計算で
3億円ぐらいの印税だった気がしますので、
数億円レベルは、少なくとも稼いでそうな気はしますね。
じゃないと、5000万円は、なかなかすれない気がします。

普通のサラリーマンで、5000万円といったら
資産のほとんどでしょうしね。

いろんな意味で、驚きがありましたね。

でも、とにかく、貧乏になるのは、ヤバイと分かりました。
貧乏になると、暴力などと密接に絡んできて
かなり危ないみたいですね。

とにかく、きちんと自分でお金を稼げる能力を
身につけないといけませんね。
男性にしろ、女性にしろ。


kkanei at 13:53|PermalinkComments(0)読書 

2017年09月10日

自分でお金を稼げるようになりなさい

西原理恵子の
「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」
本を読みました。
#漫画ではなくて活字の本です。

衝撃的な内容ですね。
漫画家として成功した話が書いてあるかと
思っていましたが、小さい頃の生い立ちや
社会人になってからの苦労話などは、
想像を絶する世界でした、

小さい頃は、母親の再婚相手である義理の父親が
西原の美大受験日に自殺したり、大人になってからは、
無職の男性と暮らしたりと、貧乏や暴力、ダメな男との
絡みなど、想像を越えた世界が書かれていました。

こんな世界から抜け出して、漫画家として結果的に
成功したのは、奇跡的にも感じますね。

また、西原が結婚した相手は、アルコール中毒で
暴力を奮うなどの問題があったので、離婚したみたいですね。
これでもかと思うぐらいに、苦労されている印象を
受けました。

あと、これまた驚いたのですが、今は、高須クリニックの
院長先生と事実婚しているみたいですね。
これにもビックリです。

今回読んだ本は、若い女の子に向けての
メッセージを伝える本ですが、
とにかく、自分でお金を稼げるようになりなさい、
という内容でしたね。

貧乏に陥ると、暴力なども密接に絡んでくるので、
親も子も不幸になってしまうから、とにかく
稼げる力をつけて、貧乏に陥らないように
しましょう、といった感じでしょうか。

お金に困って、貧乏になることの恐ろしさを
垣間見れた感じでした。
自分は体験したことのない世界でしたので、
かなり勉強になりました。

出てくる男性が、アルコールやギャンブルにはまった
ろくでもない男性ばかりなので、こういう男性が世の中には
いるものなんだなぁ、と驚くとともに、本文中で、リストラにあった
旦那が、以前はまともだったのに、リストラ後にDVになった
という話もあるので、人間、境遇が変わると、どう変化するか
分からないものなんだなぁ、とも思いましたね。
気をつけないといけないですね。

kkanei at 02:46|PermalinkComments(0)読書 
Profile
小林寛永
中国株に挑戦中です!
最高657万円もの利益(含み益)を出した私の投資体験談をeBook化してあります。
詳しくは以下のサイトからどうぞ!
Archives
Amazon(株)





Amazon(中国株)