2017年03月25日

資産1億円ぽっちでリタイアする人の末路

「資産1億円ぽっちでリタイアする人の末路」
という記事を読んでみました。

どうやら、1億円だと、40代や50代で、
リタイアするには、金額が少ないようですね。

「40〜50代で1億円程度の資産で引退すると、
やがて苦境に立たされかねない」
だそうです。
となると、60歳ぐらいまでは、頑張って働かないと
ダメなのでしょうね。

あと、この記事を読みながら思ったのですが、
金利で生活する人は、資産が大きく毀損して
しまったら生活できなくなる、といった説明を
読んで、なるほどと思いました。

これは当然のことではあるのですが、そういう点があるからこそ
内藤忍さんは、1億円のポートフォリオで、現物不動産が
8割も占めるのだろうなぁ、と思いましたね。

ペーパーアセットだと、暴落で大きく毀損してしまう
可能性が高いので、それを避けるためにも、
8割もの現物不動産で、安定的なキャッシュフローを
手に入れる、というスタンスなのでしょうね。


ところで、話は全然変わりますが、個人投資家の方の
「真珠がもたらした恩恵 」
という記事を読みましたが、
大変勉強になりました。

かなりしっかりとした情報収集や企業調査、
銘柄検討をされていますね。
しかも、投資した銘柄が下げていって、
損切り設定金額間近で、損切しようと
考えていたのを乗り越えての
投資成功という結果のようです。

自分は、こういったレベルでのしっかりとした
情報収集はやったことがないので、大変
参考になりましたね。

また、株価が下がると、なかなか自分の判断を
信じられないですよね。
金額が多いとなおさらです。
そこをギリギリ乗り越えての結果なので、
すごいなぁ、と思いました。


kkanei at 14:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | 経済

「貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい」

「貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい」(内藤忍)を読了。

ごく簡単に言うと、
1000万円までは、アセット・アロケーションを考慮して、
・日本株
・日本国債
・外国株
・外国国債
といったカテゴリのものに、投資信託やETFを
使って投資して、3000万円を越えてきたら
それに加えて、現物不動産などを加えましょう
という話ですね。

5000万円、1億円のポートフォリオ例が書いてありましたが
そこらあたりから、現物不動産が8割ぐらいを占めていたのが
ちょっと驚きでしたね。
ペーパーアセットは、2割ぐらいですね。
現物不動産に、そんなに投資するの?、
と思ってしまいました。

おそらく、現物不動産からの安定的なキャシュフローを
重要視されているのだと思います。


あと、米国の現物不動産への投資の話が書いて
ありましたが、たしかに、米国は人口増加が続いて
いて、経済も強いので、米国の不動産もありかもしれない
とは思いました。

自分は、新興国や日本の不動産だけに、
無意識の内に視点を限定しておりましたので、
米国の不動産は、考えもしなかったです。
金融危機の後に、米国不動産を買うというの
を考えて、しかも実行された内藤さんは、
すごいなぁと思いました。
こういう発想と、実行力が大事だと思いますね。

また、内藤忍さんは、新興国の不動産についても、
利用するべきといった感じで推奨はして
ありましたね。


ちなみにですが、個人的には、上記の
よく言われるようなアセット・アロケーションは、
それなりの規模の資産を持っている人向けな
気がしますね。

個人投資家で、数百万や数千万円の場合は、
国債などやらずに、株式投資で、銘柄を5つ
ぐらいに絞って投資した方が、効率は良いと
思います。

それこそ、1億円越えてきて、利回りで
結構な金額がもらえるぐらいになったら、
アセット・アロケーションを考えれば良いと
思いますね。

こういう人は、Qさんみたいに、万科買いなさいとか
次はベトナム株だとか言わないですからね。
教科書的なものを勧める立場だと思います。

そこは、自分でどちらを選ぶかを判断するべきですね。

自分は、Qさんの考えに基本的には賛同します。
ある程度のリスクを取っていくべきだと考えていますね。

大前研一の語録に、
何回も成功する必要はない、1回で良い、
といったことがありましたが、投資も
まずは1回でも良いので、大きく成功することが
とても大事だと思います。

そして、大きく成功するには、実際にリスクを取って
十分な資金を投資しないといけないのですが
それがしっかりとできるためにも、早めに少額の
投資でも良いので、実行していく必要がありますね。

学ぶ時間が必要でして、そして、それは、
意外と長い時間が必要になると思います。

株式投資だと、2回は、暴騰と暴落を経験するべき
なので、それこそ、10年、20年スパンですよね。

投資には失敗は避けては通れないので、
早めに少しずつ実践していって、成功と失敗の
経験値を増やしていかないといけません。

その間に、かならずチャンスが訪れると思います。
また、よくあるのが、チャンスだと思っていたが
躊躇してしまって、機会を逃してしまった、といったことも
よくあります。

こういうのも何回か経験しないといけません。
実際の投資で、成功や失敗を通して、自分自身を
訓練していかないと、伸びていきません。


kkanei at 10:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)読書 | 

2017年03月24日

ベトナムの不動産投資

内藤忍さんのメルマガを見ていたら、
どうやら、内藤忍さんは、ベトナムの不動産投資
も紹介されているようですね。

「2つの戦略」で考えるベトナム不動産投資

ベトナム不動産投資セミナー日本初開催!東証1部上場日系デベロッパーによる大注目のプロジェクト

地球と不動産

まだ、今からでも十分間に合う気がしますね。
チャンスだと思います。
10年以内に、最低でも2,3倍にはなりそうな気がします。

あと、中国のパターンで言えば、現物不動産が
3、4倍ぐらいになったとして、万科の株は、
10倍以上にはなりましたから、現物不動産ではなくて、
不動産トップのビンコム(VIC)の株を買うのもありだと思います。
Qさんも、現物不動産よりも、現地の不動産株の方が
もっと儲かると言われていましたしね。

でも、不動産は、ローンが使えるので、レバレッジが
効くのが良いですよね。
頭金とあとは、ローンだけで、全額用意できなくても
購入できるので。

ベトナム株は、現物買いしかできないので、
頑張って現金を用意しないといけません。

でも、個人的には、株のほうがやりやすいと思いますね。
手軽ですし、暴騰する可能性も高いので。
現物不動産は、ちょっと面倒臭いですし、
手数料もそれなりにかかりますし。
ローンでレバレッジが効くのが一番の利点ではありますが。


ところで、最近、知った情報として、

・世界各国の子どもの学力を計るテストで
 アジア地域が伸びて来ている。
 その中のTOP10に、ベトナムがランクインしたことがある。

・ベトナムの不動産会社のトップは、
 ビンコム(VIC)である。

・アジアの主要都市の都市化が進む

といった情報がありました。

こう言うのを見ると、VICに強気でベットしても
良いような気がしますね。


ところで、日本のブリジストンは、
世界一のタイヤメーカーみたいですね。
そして、売上が3.3兆円あって、
営業利益が4500億円ほどあるみたいですね。

鳩山さんは、ここの株式を大量にもっているから
お金には困っていないみたいですね。
なので、政治家になったみたいです。

しかも、ブリジストンは、タイヤメーカーなので
消耗品ですから、いつでも売上がたつので
優良会社みたいですね。

鳩山さんのお母さんあたりが、その昔
ブリジストンの株をもっていて、それから
どんどん成長していったみたいなことが書いて
ありました。

こういうのは、良いですよね。
資産株ですね。

例えばですが、ベトナムの保険株を今のうちから
なるべく多く買って、10年、20年後に、資産株みたいな
感じで、一定額の十分な配当がもらえるように
なると、とても素敵ですよね。
大まかにですが、1億円の3%の配当で、300万円ですかね。
仮に10倍になるとしたら、1000万円の投資が必要ですが。
もし、20倍になるとしたら、500万円の投資でOKです。
500万円なら、頑張れば行ける気もします。

こうやって上手いこと資産株ができれば、
年老いた体に鞭打って、無理して仕事して、
無理がたたって病気で苦しむといった
生活に陥らないように出来る気がします。

まとまった資産を形成するには、投資やビジネスが必須です。
避けては通れません。

ビジネスは、サラリーマンをやりながらだと、
なかなか厳しいので、まずは、投資をなんとか
頑張って成功させたいですね。


ちなみに、最近、ホーチミンインデックスをみたら、
さらにうわ抜けていっている感じでした。

個別銘柄も、ちょこちょとこ上向いてきた感じがあります。
これは、結構良さそうな感じですね。

そもそも、今まで大してあがっていないので、
調整があってもたかかがしれていると思います。
つまり、暴騰がないので、暴落もないと思いますね。

暴騰までは、時間がかかりそうな気がしますが、
今がチャンスだと思いますね。


あと、規模も大事ですよね。
100が1000になるのと、
10が100になるのは、
断然後者の方がなりやすいですから、
そういう観点からもベトナム株は、
チャンスが大きい気がします。


kkanei at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)経済 | 

2017年03月19日

「怒りがすっと消える本」

「怒りがすっと消える本」(水島広子)を読了。

この本は、とても良いですね。

最近、体調が悪いせいもあってか、
どうもイライラすることが増えました。
仕事でもプライベートでも。

これはイカンと思いまして、アンガーマネジメント講座に
出たりもしていたのですが、まだ上手いこと修得が
できてないので、要勉強だと考えておりました。

そして、たまたまとあるコーチングのメルマガで、
この本を紹介してあったので、読んでみたのですが、
この本では、怒りをコントロールする術について、
とても分かりやすく書いてありましたね。
大変参考になりました。

以下、メモです。
##############
1、「予定が狂ったから腹が立ったのでは?」と
  疑ってみよう。

2,「心の傷に触れたからムカつくのでは?」と
  疑ってみよう。

3,「自分が我慢しているから、他人にイライラする
  のでは?」と疑ってみよう。
→ これは良くあると思います。
  分かりやすい例で言うと、自分がレジで並んで
  いるのに割り込まれると、おそらくこの感情が
  でてくると思いますね。

  仕事の残業もそうですね。
  「自分は我慢してやっているのに、
   周りはなぜ早く帰るのか? 
   (もっとやるべきでは?)」
  といった感じですかね。

  あと、こちらが丁寧に礼儀正しく接しているのに
  相手が失礼なことをしてきたときも感じますね。

4,自分は「どんな状況に、どんな人に」
  腹を立てがちなのか、考えてみよう。

5,怒りは自分の「心の悲鳴」と考えてみよう。


・「役割期待」がズレていないか考えよう。
−自分は相手に何を期待しているのか。
−それは相手にとって現実的な期待なのか。
−自分の期待は相手に伝わっているのだろうか。
−相手は自分に何を期待しているのだろうか。
−相手が本当にそれを期待していると、確認したか。
−相手からの期待は自分にとって問題なく受け入れられるものか。
−受け入れられない期待であれば、どのように変えてもらったらよいか。
→ これらは、非常に重要なことだと思います。
  「自分が相手に何を期待しているのか?」を明確にすると
  イライラの原因がクリアになって、心がスッとなりますね。

・相手のタイプに合わせた「役割」を期待する
指示がないと動かない場合は、指示をする。
指示されるとやる気を失うタイプの場合は、言い方を
工夫して自主性を出してもらうような言い方をする。
→ 仕事で、相手が自主的に動く思考回路を持って
   いない場合は、ある程度、指示をすることも
   覚悟してやらなとダメそうですね。

・「まず相手が何を期待しているか」を知ろう

・人は「それぞれのタイミング」でしか変わらない

・相手が変わらなくてもできる役割を期待する

・「評価」は相手への暴力!
→ 数年前から思っていたのですが、良い評価でさえも
  相手への決めつけになるので、迂闊に発言できないと
  思っていたのですが、この本を読んで、やっぱりそうだと
  思いました。
  基本的に、評価は相手への暴力みたいですね。
  良い評価だろうが、悪い評価だろうが。
  基本的にするべきものではないようです。

・「評価」ではなくて、どうして欲しいかを伝える
 → あなたを主語にするのではなくて、私を主語に
    した話し方だと良いみたいですね。
    「あなたはこれをするべきだ」とかではなくて、
    「これをしてもらえると私は助かるのですがどうですか?」
    といった感じですかね。

・「要求」ではなくて、「依頼」をする
 → 「これこれしてください」ではなくて、
   「これをお願いしても良いですか?」
   といった感じで依頼の形式にした方が良いみたいですね。

   自分は、仕事のメールでは、よく依頼形にしてますね。
   それにも関わらず、相手から要求形式でのメールが来ると、
   イラッとしますね。

   こちらが気を使って、依頼形式でお願いしているのに、
   相手が要求形式だと、イラッとしてしまいますね。
   イラッとしたあとは、そこから脱出するためにも、
   この人は残念だなぁ、という気持ちになりますね。

   基本的には、自分が相手に期待する期待役割が
   現実的じゃないのでしょうね。
   なので、自分の期待を修正した方が良さそうです。

・「ふうん、そう思うんだ」と返す。
→ もし、相手から失礼な評価をされたら、
   こう返すと良いそうです。

・「評価を手放そう」
 例:ATMで並んでいたときに前の人がモタモタしている
→ 最近、どうも自分はこういう状況でイラつくことが
  増えてきたのですよね。

  多分、年齢を重ねるとともに、こうするべきだという
  考えが固まってきて、また、それに従った行動をするように
  なってきたせいか、その基準で相手を評価してしまって
  いるのでしょうね。
  これは、あまり良くないことな気がします。
  期待役割が過剰なのでしょうね。

・やらされているといった被害者モードではなくて、
 自分で選んだという主体性モードで生きる。
→ そういえば、最近は、急な引っ越しが発生したり、
  仕事上の頻発する問題への対処だったりで、
  被害者意識が強まっていたと思います。

  ここに書いてある通り、視点を変えて、主体的な
  モードにすると、よりスッキリと生きれる気がしますね。
##############

この著者の本は、他にもいろいろとあるので
もっと読んでみたいですね。

より良い人生が生きれるようになりそうです。
良い情報、良い考え方は、早めにしった方が
活用期間も長いので、積極的に学んだ方が
良いと思いますので。


kkanei at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)読書 

膵炎について

今週、食べ過ぎることが多かったせいか、
膵臓の調子が悪いです。
違和感が以前より強くなってしまいました。

お腹が空くのでいろいろと食べていたのですが、
お腹の空き具合と、膵臓の処理できる量が
一致していないせいか、お腹の空きぐあいに
応じて食べていると、ダメだということが
よく分かりました。
腹6部ぐらいに抑えないと駄目ですね。

そして、このままではマズイと思いまして、改めて
情報を調べておりまして、、食事制限をより
しっかりとしようと考えております。

同じような症状の人がいないかどうかが
気になったので、慢性膵炎な掲示板を
見ていたのですが、
やはり、とても参考になりますね。

膵炎は膵炎ですが

膵臓癌、膵炎なのか

てるさんへ

読んでいた所、2年半の厳密な食事制限で、
だいぶ良くなった方もいらっしゃるようです。

なので、自分も、頑張って、しっかりと脂質制限を
続けていきたいと思いました。

また、見ていると、調子が良くなったからと思って、
カレー食べたりなど、膵臓に悪いのを摂取して
しまって、また、調子悪くなるという方が多く
いらっしゃいますね。
自分もそうです。

なので、調子が良いといって、脂質が多いものとか
刺激物、アルコール、カフェインなどは、取ったら
だめですね。

そういうことをやっていると、
良くなったり、悪くなったりを繰り返しながら、
徐々に、全体的に悪くなっていくと思いますので。

なんとかして、少しでも回復できる方向で
いかないといけません。


あと、体を温めることも大事だと思います。

また、食べすぎないことは、一番大事だと思いますね。

kkanei at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)健康 

2017年03月17日

カフェインと膵臓

今日、試しに、カフェラテを飲んでみたのですが、
途中から、胃がチクっと痛んだり、みぞおち左側や
背中に違和感があったりと、結構まずかったです。
これが続くとヤバイです。

やはり、カフェインは、胃や膵臓に悪いですね。

上海に来てから、頻繁にコーヒーを飲むように
なったのですが、今思えばこの習慣が
良くなかったですね。
こういうのもあって、早期慢性膵炎を
発症したのだと思います。

中華の油も良くなかったです。
油は膵臓にかなりダメージを与えます。
あまり食べないほうが良いです。

膵臓をいたわる食生活をしないと
いかんなぁ、と痛感致しました。


kkanei at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)健康 

資金流入

今日は、
・日本
・香港
・ASEAN
といろんな市場に、お金が入って
きた感じですね。
今晩の米国市場もそこそこ調子が良いですし。

テンセントがうわ抜けましたし
BABAも、少しうわ抜けた感じですし、
日本株の中小型成長株も買われましたし、
どれも良い感じになりつつありますね。

ベトナムは、正直蚊帳の外です。
他の市場とは、切り離された感じが
ありますね。

なので、ここは、あくまでも長期スタンスで
少しずつ仕込むぐらいが丁度よいと思います。

無理に、市場を1つに絞る必要はないと
思いますね。

むしろ、3つほど市場を分けた方が
良い気がしますね。
日本、米国、その他といった感じで。

株式投資は、やればやるほど知見が増えて
いって、儲けられる可能性が広がってくると
思いますね。
なので、やらなきゃ損だと思います。

いずれ、チャンスを掴める日が来ると思いますね。
やり続ければ。


kkanei at 00:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

ファイナンシャルリテラシー

今週、中国語の先生と、投資の話をしました。

賃貸人は、毎月家賃を払っても金持ちになれないので、
不動産買ったり、株買ったりなど、何かしらリスクを
おって投資をして、そして、成功させないとお金持ちには
なれないと思う、といった話をしました。

しかし、先生は、あまりファイナンシャル
リテラシーがないせいか
上手いこと話が通じませんでした。

去年株を買ったそうですが、今は塩漬けなので、
「私は運が悪い」と言っていましたが、
「運のせいにせずに、まずは、投資について
 勉強すれば良いのでは?」
「今後成長する企業を探し出して、そちらに
 乗り換えれば良いのでは?」
といっても、
「どうやって探すか分からない」
などと、出来ない言い訳ばかりして、
あまり聞く耳をもってくれません。

また、資産構築については、
「まずは、欲しい具体的な金額を決めて、
その後に、どういう貯蓄や投資をすれば
達成できるかを考えると良いのでは?」、
と言っても、ハナから無理と思い込んでいる
せいか、欲しい具体的な金額もさっと出てこないし、
そこへの道筋として、どういうルートがあるかを
アイデアとしてひねり出す、といったことも
全然できない感じでしたね。

例えば、株式で10倍になる可能性がある
というのを知っている人と、そうでない人とでは、
必然的に選択肢が違ってきますよね。

もし知っているなら、1億円欲しいけど、
株式で10倍にできるとしたら
最低1000万円は種銭が必要なので、
その1000万円の種銭のために
毎年いくら貯めていけば・・・、
といったような逆算の思考ができますが
先生は、そういうのが全然できませんでした。

こういった思考が出来ないと、まず目標には
たどり着かないと思いますね。

あと、先生と話していたところ、
「投資をしたとして、10年後にやっと
 お金が増えてもしょうがない」
と言ってくる始末です。

「10年後にお金があるのと、ないのでは
 ある方が良いのでは?」
と言ってもあまり納得してくれないようです。

1,2年で欲しいとしたら、それは、強欲が
すぎるということになりますしね。

ということで、今回話をしていて、まずは、
ファイナンシャルリテラシーをしっかりと
身につけることが大事だなぁ
と思った次第です。

他人の思考回路をどうこうするのは
難しいことなので、本人が自発的に気づいて
変えていくしないですよね。


あと、思うのですが、多くの人が1億円といったような
まとまった資産を持ちたいと思っているのにも関わらず、
あまり熱心には、投資や資産構築について、
学ぼうとしないですね。

そして、また、そういった話を積極的には
しようとしないですよね。

これは、良くないことだと思います。

日頃から熱心に学んで、そういった話も
どんどんやって、しっかりとした考え方や知識の
獲得、スキルの向上が必要だと思いますね。

投資でひと儲けするといった行為を、
見下しているような時代では、
もうなくなったと思います。

投資でひと儲けする=仕事熱心でない
という構図が前提として存在する
からだと思いますが、今の時代、
両方ともしっかりと取り組む必要が
あると思いますね。

というか、そもそも
投資でひと儲けする
という捉え方が間違っていますよね。

資産構築といった方がより今の現実に
合っている気がします。
そして、これを否定する人は、今の時代には
まずいないのではないでしょうかね。


そういえば、
ジェームス・スキナーの話で、なるほどと
思った話の1つとして

ジェームス:「1億円欲しいですか?」
相手:「当然欲しいです!」
ジェームス:「ならば、1億円を手に入れることに繋がる行動を何かしらやっていますか?」
相手:「・・・。1つもやっていません・・・」

というのがありますが、まさしくこういう
パターンが少なくないと思いますね。

無意識の内に、無理だとハナから諦めてしまって、
最初の一歩さえ、踏み出していないのですよね。

投資をいきなりやらずとも、まずは、本を読んだり
ネットで調べてみたりといったところから
始めるだけでもいいのですが、それすら
やっていないというわけですからね。
もう不思議でたまりません。

という自分も、最初、ジェームスのこの話を聞いた
20代半ばのときには、まだ何もしていませんでしたが・・・。

自分は当時、株で儲けて家を買うと言っていた同僚を、
なにをそんな馬鹿げたことを・・・、と思っていたぐらいですからね。

今は、彼の言っていたことが、
結構、まともなことだったということが
理解できますが。

1000万円を上手いこと3倍ぐらいにすれば、
そこそこのマンションは買えますからね。
現実的な範囲だと思います。

とりあえず、目標金額を仮でもいいのでカチッと
決めて、そこへのルートを、頭を柔軟にしながら
アイデアをいろいろ出していって、可能性を
挙げていって、そこから、情報を集めつつ
少しずつ精査していけば良いと思いますね。


kkanei at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 | 

2017年03月16日

アパホテルの社長の記事

このアパホテルの社長の記事は、
とても面白いですね。
勉強になりました。

あと、プロは、自分の都合ではなくて、
タイミングをみて、不動産を買うそうです。

##############
異常とも言える超低金利時代を迎えていますが、
実は今が投資のチャンスです。
大底は脱したものの、まさにこれから上がろうとしています。
不動産はタイミング。素人の方は結婚や退職時など
必要なときに買いますが、それでは遅い。
プロは要る、要らないで判断せず、タイミングを買うのです。
##############

アパホテル社長曰く、これから上がろうと
しているので、今がチャンスだそうです。

そして、東京の一等地は、金利が低い今は買いだそうです。
##############
今、世界と比較すると、日本は金利がとても安いです。
台北、上海、香港、シンガポールといった主要都市の
住宅価格は高騰して割高になっていますが、
東京はまだ割安です。なかでも都心の超一等地は間違いない。
##############

内藤忍さんも、東京の一等地の中古ワンルームマンション
への投資を勧めてはいますので、一度、調べて
みたいですね。

確か、内藤忍さんの本をさっと読む限りですと、
自己資金が3000万円あれば、
ワンルームマンションを15年ローンで
3つ(6000万円ぐらい)買ったとしても
キャッシュフローが若干プラスで回るという
計算だった気がします。

仮に、15年後に、負債なしで、買値の90%程度
の価値になったとしたら、5000万円ですから、
3000万円が、15年後に1.66倍の5000万円ですね。

15年間で、株式で、3000万円を1.66倍以上
増やせる自信があるなら、そちらで挑戦
するのもありな気がします。

でも、もし、15年後の東京のマンションの値段が
上がるなら、マンション投資でも良いのかもしれません。
日本がインフレに転換したら、都内の一等地は、
まだ上がったりするのかもしれませんが。

kkanei at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | 経済

2017年03月14日

みぞおち左側がチクチク痛む場合について

自分は、おそらく、去年の10月に、
早期慢性膵炎になってしまったと
思います。

血液検査やMRIでは、明らかな異常は
出ていませんが、おそらく、内視鏡の
超音波検査をすると何か異常が
みつかると思います。

去年の10月から今まで脂質制限を
したりしてきましたが、やはり、油が決定的に
膵臓に影響を与えますね。

10月発症以降から今までで大きく3回調子を
崩しましたが、それは、
・中華料理を食べた後
・ココナッツオイルを摂取した後
・ナッツ類を食べた後
などでして、つまり、いずれも
脂質のとり過ぎで、調子を崩しました。

脂質制限を始めたあとに、糖質制限の本を
沢山読んだせいで、多少は、良い脂質も
取らないといけないと思って、ココナッツオイルや
ナッツ類を取ってみたのですが、結構な
確率で、調子が悪くなりました。

試しに、炭水化物などの糖質を多めにとっても
そこまでは、悪化はしないのですよね。

なので、早期膵炎や膵臓が弱っている人は、
油には厳重注意だと思います。

思えば、9月半ばから調子が悪くなりましたが、
そのときに、インスタントラーメンに卵2つほど
入れて食べたのですよね。
油たっぷりのところに、脂質豊富な
卵をさらに入れていますから、膵臓に
かなりダメージを与えてしまったのだと思います。

これが、早期慢性膵炎発症のための最後の
引き金を引いてしまったのだと思います。
この時から急激に調子が悪くなってしまい、
10月頭に最悪の状態になってしまったのだと
思いますね。

ということで、みぞおち左側がチクチクと痛んだりして
膵炎の疑いがある人は、しっかりとした
脂質制限を早々に始めるべきだと思います。
血液検査にひっかからないからといって
安心してはいけません。
体からの信号を無視するべきではありませんね。

自分は、油断して、みぞおち左側が痛くて、
膵炎の可能性があると知っていたにも関わらず、
理解が不十分で、中華食べたり、ラーメン食べたり、
辛いものやカレーなどを食べてしまったせいで、
さらに悪化させてしまったと思います。
後悔先に立たずです。

病気については、1回フラグが立ったら、完治は
難しいと思いますので、みぞおち左側が痛くて、
膵臓の調子が悪いと思ったらすぐに、
脂質を極力取らずに、膵臓を休ませる
工夫をしたほうが良いですね。

なんなら、エクセラーゼ配合錠などを処方して
もらうのも良いと思います。
でも、なかなか、医師は、膵臓を疑わないとは
思いますが。
大抵は、胃を疑うと思いますね。

薬をもらえなくても、脂質制限をすぐに
始めるのは、やろうと思えば、誰でも
できるはずなので、絶対にやるべきだと
思います。

そうしなと、膵臓のもっとヤバイ病気の
可能性に日々悩まされることになりますので。

健康が何よりも大事です。
最優先です。


kkanei at 02:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)健康 
Profile
小林寛永
中国株に挑戦中です!
最高657万円もの利益(含み益)を出した私の投資体験談をeBook化してあります。
詳しくは以下のサイトからどうぞ!
Archives
Amazon(株)





Amazon(中国株)