小林寛永の上海日記

株式投資という観点から日々の情報発信を目指します。

小林寛永の上海日記 イメージ画像

2010年03月

「マネジメント 基本と原則」ピータードラッカー著 2/3ほど読んだのですが、詳細すぎて難しい感じがしますね。 あと、翻訳書ですっと頭に入ってこないパターンが よくありますが、これはそういう感じがしますね。 前回読んだ「経営者の条件」の方が分かりやすくて

旧天地へ行ってきました。 近くには、ショッピングモールや地下鉄9号線の駅が 作られていますが、どうやら駅はもう乗り入れている っぽいですね。 ショッピングモールは、もうしばらくしたら完成 しそうな気がします。 どんどん周りが発展してきていますね。 その

今まで知らなかったのですが、中国の雲南省の とある少数民族は、一妻多夫の習慣があるそうですね。 一夫多妻はよく聞きますが、まさか、その反対の 制度が世の中にあるとは思いませんでした。 聞くところによると、最大3人までの夫がもてて 夫は2年間ぐらいのス

「経営者の条件」を読む。 ・意思決定とは何か?  →必要条件を見極めること  →結果を自分の目で確認&フィードバック。 この本は良いですね。 といいますのも、丁度、自分の仕事において、 どの開発リソースを選択してどのような 開発方針にするかを悩んでい

土曜日は、フィリップ証券が主催するセミナーに 行ってきました。 1点備忘録として。 暴落のときに、追加投資をするのが長い目で見れば 一番パフォーマンスが良いようですね。 #ダウをもとに15年(?)で検証した場合。 しかし、暴落のときにガッツリと追加

中国株四季報2010年春号は、3月26日発売です。 <特  徴> ●香港上場の主要281社と本土B株上場の全社を網羅! ●09年12月期決算の最新予想を掲載。 ●米ADR上場10銘柄を追加。 ●最も多い個別データ(香港上場銘柄は1社あたり見開き2ページ)。香港281社は写真
『中国株四季報2010年春号』の画像

「経営者の条件」(ピータードラッカー) 最近は、週末に読書をするといえば、主に仕事に関連した 技術書ばかりでしたので、特筆すべきことはなかった のですが、今日は、久しぶりに技術書以外のものを 読みました。 ピータードラッカーの「経営者の条件」というの

風邪。 今回の風邪は、咳がひどいですね。 もう発祥してから1週間も経つのですが、 咳はますますひどくなるばかりです。 少しネットで調べましたが、風邪を引いた後に 咳が出続けるのは、咳喘息だ、と書いてありますが、 もしかしたらそれになったのかもしれません。

小肥羊。 近くの小肥羊の店舗の窓ガラスに、 「祝上海万博食堂街に出店」といった 意味の張り紙がしてありました。 小肥羊は、お店に行くといつもたくさんの お客さんで込んでいますが、確か、KFCの 親会社であるヤム・ブランド(NYSE:YUM)が ここの株を買ったり

株。 今週は、そこそこ調子が良かったようですね。 金曜の夜は米国市場も上げたみたいですし。 自分の持ち株も若干上げはしたものの、2年越しで 資産を増やすような感じで、じっくりとやりたいですね。 風邪。 先週末からノドが痛くなりまして、週の半ばからは 咳

↑このページのトップヘ