小林寛永の上海日記

株式投資という観点から日々の情報発信を目指します。

小林寛永の上海日記 イメージ画像

2012年02月

「日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門」(藤沢数希) を読了。 さっと読んでみましたが、言っていることは、 どうやら、先日読んだジェームス・スキナーの本と 同じような意見になるようですね 識者の間で、今の日本の問題点とその対応策は、

「略奪大国」(ジェームス・スキナー)を読了。 日本の危機について解説がされているのですが、 ジェームス・スキナーが、このような本を 出していたとは知りませんでした。 また、経済の仕組みの要点や、日本の問題が どこにあるかを、簡潔に分かりやすく説明して

「理不尽な給料」を読了。 日本全体で見ると、企業の業績が回復しているにも 関わらず、年々給料は減っていっているようですね。 しかし、世界で見ると、年収300万円でも、 上位10%には入るそうでして、世界レベルでは 裕福ではありそうです。 あと、時代

「つながる中国語文法」を読了。 すっかり、アスペクト助詞の了と、語気助詞の了 などの違いを忘れていたのもあって、文法の 本を見返そうと思ったのですが、つい最近、 買った上記の本を読んでみることにしました。 読んでみたところ、この本は、中国語の文法につ

株。 今週は、とある株を少し売って、その資金で 別のものを買いました。 市場が全体的に上向いてきているので、 ちょっと期待したいですね。 でも、その内、またSell in Mayの時期になる でしょうから、安易には買わないように したいと思います。

TOEICテストの結果が早速出ました。 丁度1週間で出るとは、かなり速いですね。 点数的には、自分の今回の目標よりは良かったです。 テストを受けた感覚があまり良くはなかったので 期待していなかったのですが、ひとまずOKとしましょう。 しかし、リスニング問題で

最近は、小型株にも資金が回ってきた感じがありますね。 既に、売ってしまったのですが、緑色食品は、自分の 買値から、既に+70%になっておりました。 もうちょい買って置けばよかったと、毎回のように 思ってしまいますが、まぁ、資金がなかったから しょうがないで

中国語の方も忘れちゃイカン、ということで、 『口を鍛える中国語作文: -語順習得メソッド-初級編 (CDブック) [単行本] 』 についても、少しやってみました。 中級編は、意外と難しく感じたので、初級編からやっています。 今まで、2回の授業でこの本をやりまして、

TOEICを受けてきました。 今回で4回目なのですが、以前受けた3回は、 10数年前なので、新TOEICになってからは 初めてですね。 ここ数ヶ月で、 ・DUO Select ・DUO 3.0 ・キクタン をやったおかげで、音読中級レベルの音声を聞いても、 かなり聞こえるようにな

gratto 洞窟 How should I say it ? out of work over 35 age discrimination racial ethnic sex shrink over stuff increase flexbility put a dent in our market Last time I said. by the time I go to SF. foucus on Chinese

↑このページのトップヘ