小林寛永の上海日記

株式投資という観点から日々の情報発信を目指します。

小林寛永の上海日記 イメージ画像

2016年03月

耳鳴りの暗い話ばっかりだとよろくしないので、 株について少々。 1月に市場が調整したときに、香港株でいくつか 買ったのですが、その中では、 中国飛機粗賃 が調子よいですね。 +20%ぐらいになりました。 あとは、 テンセント 中国信達資産管理 あたりが続く感じでしょ

朝6時過ぎに、覚醒しつつあるときに、 耳の調子が昨日から引き続き悪いので 心配になって起きました。 仕事して帰宅する頃には、大抵耳鳴りが悪化して いるのですが、上手く就寝できると、朝起きた時は 多少マシになっています。 でも、今朝は、就寝しても、あまり良くな

株。 最近は、とくにやることがないですね。 ちらっと見て、それで終わりな感じです。 テンセントの2015年の決算は、良い内容だったようですね。 記事によっては、予想よりちょっと良いと書いてあるのも あれば、予想を下回ったというのもあるので、どちらか はっきりし

スクーで、起業時に信用できない人との付き合い方 という話がありましたが、非常に面白かったです。 起業に限らず、もっと広い範囲でも有益な 話だったと思います。 ############################## ■信用できない人 1,(100%)おいしい話をもってくる   → リスク

この70歳のおばあちゃんが開発した 電動カート「ぱるぱる」って、面白いですね。 しかも、個人的には、以下のセリフが やっぱり!、と思えました。 「まだまだ働けると思っていたのに 60歳半ばで強烈な膝の痛み・・・。」 そうそう。 健康であれば70歳まで働けます

アーサーCクラークの 「幼年期の終わり」 を読了しました。 SF小説は、ほとんど読んだことがないので、 どんなものなのか興味があって読んでみました。 アーサーCクラークの最高傑作で、 SF小説の中でも有名な作品というだけあって なかなか面白かったですね。 この先どう

朝方、目が徐々に覚めてきたときに、 「りりりりり」と鳴っているのが聞こえてきたのですが、 これは、どうやら新たな耳鳴りが発生したみたいですね。 かなりショックでした。 また、悪化したのか!、といった感じです。 このまま横になっているとさらにひどくなりそうなの

スクーで 「会社員のための「イノベーションスキル」向上プログラム -社内問題-」 を見ました。 めちゃめちゃ面白かったです。 明日の2限目もぜひ見てみたいですね。 社内ベンチャーがなぜ失敗するのか? という話で、 1,エビデンスを求められる 2,アイデアの良し悪し

「東京一極集中が日本を救う」(市川宏雄) 東京を中心とする関東近辺で、人口が3500万人にいて、 これは、世界の大都市の中で、トップとなる人口規模だ そうです。 そして、東京は、治安が良いし、インフラもしっかりしているし、 2027年には、名古屋−東京間で、

昨日、日本の免税店で、中国人の爆買いをサポートしていた 中国人が無資格だったので、捕まったというニュースを 見かけました。 当人の口座には、免税店から合計3000万円が 振り込まれていたという話なので、どんだけ 爆買いの金額ってすごいのだろうか?、 と思ってし

↑このページのトップヘ