新潟県の佐渡ヶ島に初めて行って参りました。
S__7831621

(黒い稲麹を一粒一粒手でとる作業)

佐渡ヶ島の使われていない空き家をお借りして、
地域の方の農業を手伝う“トールシェアリングという企画で行きました。

企画者の嘉向徹くんとは先日銀座で行われた坂爪圭吾さんのお話会で出会い、
この企画を「オモシロイ!」と感じたため、都合をつけて来ました。 


1日の流れとしてはまず午前中は農作業をします。
今回体験できたのは、稲刈り・草刈り・麹取りです。

これは刈った稲を乾燥機に入れる作業です。
S__4055083
米袋1袋で30kgもあるため若い力が必要です。

この画像では伸びすぎて倒れてしまった稲を刈る作業をしています。
7456
上の画像2つに写っている方が臼杵さんで、今回手伝わせて頂いた農家の代表です。

初めて会った時は口ヒゲにこの作業着で麦わら帽、その麦わら帽には”造花”がワンポイントついている、
というなんともツッコミどころ満載な方でした(´ー`)ノ

気さくでよく喋り、よく笑う方で
地域の神社の管理をされていたり、伝統芸能を奏でたりする
人生を島一筋で生きている方です
(参考:こちら佐渡野浦情報局

7461
(ゴースト・バスターズさながら肥料を撒く作業)

半漁半農の生活をされていて、
早朝に漁に出て、午前中に田んぼ、夕方から再び漁に出られます。
素潜りで10mくらい潜るそうです。

その新鮮な海産物を惜しげも無く朝にも晩にも持ってきてくださいました。
イカはどんだけ食べたんでしょうか(*_*;
S__4079672
僕は墨まみれになりながら、永遠のように足と頭を引き離していました。

アジ、イナダ、サザエ・・・

S__4079670
そしてking of 海産物 蟹!!
かにみそを贅沢にもすすり尽くしてやりました!

サザエをあんなに食べたことはありませんでしたし、
感謝のしようがありません
(≡゚∀゚≡)


農業体験の途中の移動が面白く、藁の上に寝転がってみたり
S__4055082
(同乗者は今回同じ日程で活動した大学生の楓ちゃん)

基本的に毎回自然のジェットコースターを体験してました!w
S__7831623
このスピード感!!w


そして午後は基本的に遊ぶっ!!
S__7831625
空き家から100歩で海に着くという最高のロケーションです。
魚がすぐ下を泳いでいて、とーってもキレイでしたっ!

スイミーのように魚の大群はそこら中におりますし、
S__4079663

海藻付近には色とりどりの魚が泳ぎまくってますし、
S__4079664

海が綺麗すぎて、透き通っててなんでも見えました♪
S__4079665


これは陸から150m先くらいにある岩まで二人で泳ぎきり、よじ登っての撮影です。
S__4055081
ドンナモンジャいっ!!こうして2人は“海友"となりました。

裏話ですが、この時なかなか波が強く、よじ登るのに一苦労しました。
波で岩に打ち付けられて、身体に傷がつくからです。
7458

泳いで帰って陸に上がってみると2人とも至る所に切り傷があって血が出てました(゚Д゚;)


佐渡と言えば“トキ”!
トキの環境を守るための草刈りもしました。1516
刈った草を一輪車を使って運ぶ徹くん。
一面草ぼうぼうの土地を5人で力合わせて午前中に刈り終えました。
この後ここに水を貯めて、トキが休める憩いの場にするそうです。


麹取りをした田んぼでの集合写真。
今回のトールシェアリング、なぜか女性の参加者のほうが多かったです(*_*;
S__4055092
右から2番めの山岸さんには3日間とてもお世話になりました。
先ほど紹介した臼杵さんの実のお兄さんです。

農業体験の時はもちろん、
食事の時にふらっと空き家に寄って下さり、
魚を捌いて刺し身にしてくださったりしました!

こんな具合に!
S__4079669
味は言うまでもありませんね♪

東京都の公務員をずっとされていて、
現在は島に戻って5年目になるそうです。

偶然にも大学の大先輩にあたり、とても話が盛り上がりました!


徹くんのセルフィーがウマすぎます!
これは今回のトールシェアリング中の最多人数での空き家前での撮影です。
S__4055091
この角度の徹くんよく見るね、と話題になり、
その後各所でセルフィー合戦が実施されました。

その後、最優秀作品となったのは僕と楓ちゃんのフェリー乗船場でのお別れの時のものです。
S__4055089
僕のプロフィール画像ではないかと一同爆笑(*_*;
松永氏によるセルフィーですが、自分だけ変顔を決め込んでしまったことを後悔していましたねw


 とにもかくにも佐渡ヶ島は自然が豊かでとても素敵な場所です。
7454
稲穂の黄金色に輝く一面はナウシカの「ランランララランランラン♪」さながらですし、
なんといっても田んぼから海が見えます!
7457
(あいにくガスってますが・・・)

来年、自分の境遇がどうなっているか全くわかりませんが、
トールシェアリングで佐渡ヶ島にまた行きたいと心から思いますし、
農業を手伝わせていただいた臼杵さん・山岸さん、
そしてこの機会を与えてくれた嘉向徹くんには大感謝です。

今後も積極的に直感を信じて動き続け、
自分の世界をどんどん増やして行きたいと心から思います。

うん、どんどん動こっ!

S__4055093


ーーー

お読み頂き、ありがとうございます。

Facebook、Twitterにおりますので、
宜しくお願い致します。

social_media_icons_elance_2-01social_media_icons_elance_2-05