携帯を拾いました。docomoのAQUOS phoneで状態がいいものだったため、これは何かできる!と思い持って帰ることにしました。帰って充電して中身を見てみると、あろうことか持ち主は女子高生でした。そこで僕は様々なことを考えました。
droid-apps-cell-phone

①個人情報を売る
きっと高く売れるだろうと考えました。ロックはかかっていないし、対象が明確だし、秋葉原くらいに持って行けば売れるのだろうかと考えました。

②機種を売る
状態がキレイだったので、HARD OFF(BOOK OFFの類似店)でもちゃんと値がつくのかなと想像しました。

③履歴を見て電話する
着信履歴を見ると“ママ”や“家電”と書かれた番号がずっと連なっていました。そこにかけて住所を聞いて送れば万事OKと考えました。さらに考えたことは、住所を聞いた後、携帯を入れて送る封筒に余分に1,000円を加えようと閃きました。携帯を落とすという悪いことがあった後だから今度はいいことがありますように、という願いを込めてやってみようと思いました。(以前Facebookシェアされていた感動ストーリーで、なくしたはずの財布が戻ってくる時には金額が増えていたという話を参考にした。)

■実際どうしたか
③の予定で進めました。電話してみると命を救ったかというくらいの勢いで感謝され、警察署に届けるように指示を受けました。そうですね、個人情報の問題とかもありますもんね、と僕は言っていました。
ここで初めて気づきました。落し物は警察に届ければいいんだと。。。

(無駄な妄想:もし直接渡しに行っていたら)
おそらく僕は、外国人犯罪者集団の1人と思われたに違いないでしょう。すなわちどう盗み出しかということを疑われます。僕としては善意で届けるという選んだ方法により、自分の首を絞めることになります。携帯を届けた相手には警察を呼ばれ、身柄を拘束されます。警察に真実を伝えてもこの顔では一向に信じてもらうことは難しいでしょう。この一件がきっかけとなって僕の人生が没落し始めるのでした。。。


そして先ほど警察署に届けてきました♪
善ポイントGET!!
③を決行したかったな〜・・・w

もっと楽しく!

ーーー

小林勝宗
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Mail:g.sanchoz@gmail.com