修さん(坂元修一さん)に手厚くもてなして頂きました。

ファンにもてなされる宮崎県。なんだこの“VIP待遇”は?! : もっと楽しく!


修さんが今、一番居て楽しいところ(ご自宅ではないw)に是非案内したい!ということでミヤザキ村Coming館に連れて行って頂きました。

そこでは館長であるまさみんさんに出会いました。

ざっくり紹介すると

・イケメン

・とごしではなく、とごえさん

18483_789521904476396_8035221952224021301_n
※ I am not ABEにかけ、実にウィットに富んでいる。

・わらしべ長者的に物々交換で「マックをmac」に変えた

16222_757918054303448_8524918751258780327_n
※ 新聞にも載ってるっ!!

10255753_626145167480738_2718827808186687064_o
詳細はコチラ→【マックがMacに変わりました】

ぜひぜひ読んで欲しく思います。

この人、すげぇ!!面白すぎる!!

楽する生きかた探究家になったきっかけ

2つのエピソードをじっくり話してくださいました。

1.鬱々としたサラリーマン時代

昔から環境問題や社会問題に関心のあったまさみんは学校を卒業してから環境保全事業を行う企業に就職したそうです。

初めはこの会社で環境問題を少しでもなくしていくために尽力していくという強い意志を持って入社しました。

ところが、周りには生活のためだけに働く人ばかりで、周りに同調せざるを得ないようになり、熱が冷めていったそうです。

また、まさみんは問題の解決を第一にという思いでいたものの、企業はお金が第一優先になってしまうところに自分をすり減らす思いをされたそうでした。

そして社会を良くするために働いているはずなのに、何十枚もの書類を作っては上司に何度も訂正されてゴミを増やす。

当時入っていた会社の寮でせっかく用意されていたご飯が、突発の仕事が入ったために時間に間に合わず、何度も廃棄させられる。

帰宅後は何も考えたくなくて適当にテレビを付けながらコンビニ弁当を食べて、気付いたら電気もそのままで寝てしまう。

自分は社会を良くするどころか悪くしてしまっているのではないかと考え始め、そして一体なんのために働いているのだろうと思ったそうです。

2.カンボジアに小学校を立てた同い年の男の子との出逢い

20代中盤の時に人生のターニングポイントとなるような出会いをされたそうでした。

その出会った人は一見超絶なチャラ男だったそうですが、当時まさみんと同い年で、しかも大学生ながらに150万円という大金を仲間と集め、カンボジアに小学校を建てられたそうです。

気になるその資金集めの方法は、クラブでパーティー・イベントを開いて貯めていったそうです。

社会問題の解決に立ち向かうためには募金活動や署名活動をするなど、「努力と忍耐」が必ずしも必要だと思っていたまさみんは、始めそこに違和感を感じざるを得ませんでした。

しかし思い直してみると、自分も、参加する人も楽しみつつ、それでもしっかりと社会に対して価値のあるゴールへと向かう道筋が描かれているこのやり方が至極合理的に思えたそうです。

そして脳天をカチ割られるような衝撃を受けたそうです。

この出逢いを通して価値観が大幅に変わり、更に3.11の時にも価値観を揺さぶられるような大きな出来事があり、当時は予想だにしなかった人生を歩むことになっていったと語っていました。

まさみんの現在

まさみんは現在、自分が楽しいと思えることだけで生活を成り立たせようと日々活動されています。

名刺に6つの事業(遊び?)があり、一つ一つがユニークだったため、紹介します。

僕はニュアンスだけ示唆しますので、是非直接思いのこもった話を聞かれることをおすすめします!

ミヤザキ村Coming館

11117565_798784016883518_1666528972_n
Facebookページ:http://on.fb.me/1EVuxor

公民館をもじっています。

要するにシェアハウスです。

Comingにはcome=来るの進行形・「来ている」という意味もありますが、「未来の」という意味もあります。

宮崎県宮崎市に仮想の村を作ることで、暮らしを楽にしていきたいという思いで、ちょうど2年前に作ったそうです。

ひとり暮らしの無駄を共同生活をすることで省き、お金を介在しない人と人との助け合いをベースとした温かなコミュニティがどんどんと拡がっていると語っていました。

ハタラクラス

11106213_798784013550185_446879847_n
Facebookページ:http://on.fb.me/1bcBBkY

要するにCo-workingスペースです。

「働くこと」と「暮らすこと 」になんだか上下関係があるように感じていたまさみんは、働くことと暮らすことに境目のないような生き方を模索していく場所として、また、新しい働き方を学ぶ教室として、この場所を作ったそうです。

僕もここには思うところがあり、遊ぶように働きたいなと思っています。

僕を選んでくださるという喜び。ブログってやっぱり素晴らしいな! : もっと楽しく!


【仕事が出来なかった僕の仕事術】お客さんとも友達になっちゃえ! : もっと楽しく!


こちらの2つの案件はどちらもブログの読者からですが、どちらもお客様の家に前泊させて頂き、晩酌を交わしています。

入り口は仕事だったかもしれませんが、そういった人たちは僕にとっては仲間です。

「商売人」と「お客さん」、「ブロガー」と「読者」という一般的にはフラットではなさそうな関係に縛られることなく、フラットに一緒に物事を楽しみたいと思っています。

また、「学校では教えてくれなかったけど社会に出てから大切なこと」をテーマに、テラスハウスをもじって「寺子家(テラコハウス)」なる勉強会も定期的に開催されているそうです。

Cho-Tsugai

11173486_798784010216852_755674665_n
Facebookページ:http://on.fb.me/1JegIAl

夫婦でユニットも結成されていました。

Cho:超、Tsugai:2つのもの=夫婦

「スーパーな夫婦でありながら、2人の、夫婦としての生き様を通して、いろんな人たちの人生の扉を開くお手伝いをしていきたい」ということでした。

ツガイピックス

11149021_798784020216851_1814300065_n
Facebookページ:http://on.fb.me/1CXMa22

情報の信頼性は結局のところ、情報を出す人間の信頼性によって決まる、という考えに基づいて Cho-Tsugaiの2人が運営している、身内向けのメディアだそうです。

これを派生させて、いつかはオンラインサロンを開いてみたいとおっしゃっていました。

実に時流に乗ってますね。

NAMEGIFT

11169111_798784026883517_1584418672_n
以上で紹介したもの全部の名前が素敵であるように、まさみんさんはネーミングを考えることが好きなんだそうです。

様々なことに思いを巡らせるのが好きで、こういうサービスも展開されているそうです。

シェアフェイス

11149082_798784030216850_1777762500_n
参考ページ:http://bit.ly/1O2H5jJ

「僕ってイケメンじゃないですか?」突然そんなことを話されました。

確かにイケメンなんですが、いきなりビビリましたw

イケメンにしかできない、例えば王子様代行業などをガチで事業として成立させていきたいとおっしゃっていました。

うん、この人、結構変な人だヽ(=´▽`=)ノ

rectangle_large_ba16151552d71b7754727b5fa01b193f

まとめ

宮崎県に縁のあった方は是非まさみんさんに会ってほしいと思います。

僕もまさみんさんのように自分の考えを持って、地に足をつけた行動をどんどん展開したいと思いました。

しかし、イケメンはずるいっ!!w


もっと楽しく!

【車中ハッカー・カルロス】宿、全力で募集中!!

【カルロス、車中生活中!】僕に、、寝床を、、、バタン : もっと楽しく!


【商売もやってます!】

【早大卒なのに、大手引越業者で2年働いた僕が語る!】繁忙期(3ー4月)のかしこい引越術 : もっと楽しく!


家庭で不要になったものを喜んで回収します!友達なら格安、ネットからなら3割引!! : もっと楽しく!


小林勝宗
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com