今年で社会人5年目になるんでしょうか。

新卒の金融機関には1年半しか在籍せず、その後様々な場所をを転々としたので、もはや自分が社会人何年目かわからなくなっています。

僕が新卒3年間で経験したことを書きます。

2011 新卒1年目 大手入社

新卒で金融業界大手の企業に就職し、大阪に配属。

2012 新卒2年目 大手退社 ⇨ 中小企業・悪徳商法に洗脳・引越バイト

新卒の会社を1年半で退社し、日銭稼ぎのためだけに中小企業に就職

その間悪徳商法に洗脳され、1年間で貯金を使い果たす。

中小企業は3ヶ月くらいですぐに退社し、大手引越業者でアルバイトとして生計を立て始める。

2013 新卒3年目 借金100万円 ⇨ 派遣切り ⇨ 広島で事業立ち上げ

事業家Aと接触

貯金を使い果たし、苦しんでいるところに事業家Aが現れる。

事業家Aは言う。

「まだそんなことやってんの?俺もやってたけど、今はこっちですげぇ儲かってるよ!」

今思い返してみれば、明らかに胡散臭い人だった。

茶髪でピアスをしていて、グレーのスーツを着ていて、なんだかブランド物で身を固めていた感じだった。

ただその時僕は貯金を使い果たし、朝昼晩に(祖母の家から送られてくる)白米だけを食べる生活を強いられていた。

よって、事業家Aの話を受けることにする。

「法人を立てるから100万円用意してね!消費者金融でどうすれば限度額いっぱいに借りれるか教えれるから」

消費者金融でのスムーズな借り方のマニュアルで説明をしっかり行って、アコム・レイク・アイフル3社に足を運んだ。

そしてちゃんと100万円を借り入れ、事業家Aに手渡す。


事業家Bと接触

一方その時、事業家Bが現れる。

「え、事業家Aに100万円を渡しちゃったの?!あいつ詐欺だよ!」

え、マジで?!どうしよう、、、

事業家Bの話によると、他の人達も事業家Aにお金を手渡し、お金が返ってこず裁判沙汰になったそうだった。

そして事業家Bはその裁判の時には、証人として事業家Aを追い込んだ経験もあると言っていた。

(今となってはこの話も胡散臭いなw)

そして事業家Bの手はずに従い、消費者センターに相談し、事業家Aに通知を行くようにし、現金100万円を取り戻すことが出来た。

事業家Bに深々とお礼をした。

そしたら事業家Bはこう言った。

「僕のもとで取り組めば、初月から30万円は固いよ!コンサル料は100万円ね。」

( ´ - ` ).。oO(初月30万なら、4ヶ月でペイだ!)

事業家Bの話を受け、事業家Aから取り返した100万円をそのまま事業家Bに渡した。

1ヶ月毎日事業家Bのもとに通いつめた。

そして1ヶ月が経つと、なんと収益が0だった!

これは話が違うと事業家Bに相談すると、

「君の努力が足りないんだよ」

と言われたのだった。

「毎日通って言われたことをやっていれば初月30万は固い」と言っていたはずなのに。

事業家Aから100万円を返してもらったように、消費者センターにこの状況問い合わせたらどうなりますか?と聞くと

「こっちには弁護士がいるから。もう契約しちゃったし、返せないよ」

そんなことを言われたのだった。

事業家Bのともとに毎日通っている時には“コンサル生は一生を共に過ごす仲間”などと言っていたのに。

これは人生における勉強料だ、と考えることにし、もう事業家Bには接触しないことに決めた。

大手企業で派遣切り

引越業者の時給が1,100円、大手企業の派遣社員に1,700円のものがあったので、受けてみたら採用された。

派遣社員としてデスクワークをし、ものすごく暇を持て余していた。

暇すぎて眠くてしょうがなかった。

そんなように過ごしていたら、半年するかしないかの時に、人事異動で出社しなくて良くなった。

つまり俗にいう“派遣切り”というやつだった。

ベンチャー企業立ち上げメンバーに入れてもらう

僕より歳の若い社長のもと、企業立ち上げに携わらせてもらった。

様々な事業に取り組んでみた。

その間、経費節約のため、大阪 ↔ 浜松 間を鈍行で向かったり、大阪 ↔ 愛媛 間を夜行バスで日帰りなどもした。

最後は広島でグルメイベントを立ち上げるべく、単身縁もゆかりもない広島に乗り込んだ。

ひたすら営業活動に務め、広島の地方新聞に2度掲載され、地方ラジオに2度出演も果たした。

ただ事業としては赤字だったので、社長が継続性がないと判断し、事業撤退。

それを期にそのベンチャー企業を後にすることとなった。

1970590_600052773404854_944267275_n

3年間を経ての状況

僕はこの時、自分は“資本主義社会の中では自分は生きていけないのだ”と思った。

いくら学校の成績が良くても、社会には一切通用しないということがわかった。

「ラグビーのコーチより怖い上司はいない」と先輩に聞かされていたが、新卒1社目の上司はコーチよりも遥かに怖かった(殴られたし)。

新卒の会社を辞めるときに上司に「ここで逃げたらいつまでも逃げる人生になる」と言われた。

それがなかなか頭から離れず、なにか失敗が起きる度に“あの時逃げたから”と感じるようになってしまった。

収入に関係なく豊かに生きている人との出会い

そんな最中、坂爪圭吾さんや髙坂勝さんのことを知った。

彼らは生き様として収入に関係なく豊かに生きていることを明かしていた。

僕はそれに勇気づけられ、これだったら僕も楽しく生きていけるのではと感じだ。

そして今に至る。

当時を振り返って

新卒大手での経験が今に生きているというのは正直あまり実感がない。

たぶん社会人基礎力みたいなものはしっかりと築かせてもらったのだと思う。

また貯金を全てつぎ込んだ悪徳商法に洗脳されていた時には、メールや電話のレスポンスの早さを学んだ。

今ではよく人からレスが早いと褒められることが多い。

また道端の人にも声をかけられるような営業力もそこで培った。

借金100万円を負ったところではIT関係の知識が向上したのかな?w

そして最大のネタになっている。

大阪のベンチャーでは今こうして書いているブログの書き方的なことを社長にしっかりと教えてもらった。

白米だけ食べていた時期は実はとても健康的だったのだ。

びっくりするくらいの快便だった。

もしかしたら、変なものを食べるよりは白米だけ摂取するほうが望ましいのかもしれない。

まとめ

結局やりたいようにやってきたのだし、それが現在に結びついているのである。

世間一般では「新卒の会社に3年間は企業に在籍すべきであり、そうすればわかる世界がある」的なことが言われている。

ただ僕は新卒の会社で3年間勤めた先に見える世界はあまり見たくなかった。

そんな偏った常識にとらわれず、やりたいように過ごせばいいと思う。

僕は奇しくも大手企業、中小企業、派遣切り、肉体労働、悪徳商法に洗脳、借金100万円、事業立ち上げなどを経験できた。

今はこうして書いているくらいのネタになっているわけだし、経験してよかった。

ということでやりたいことを好きにやろうっ!

もっと楽しく!

【商売やってます!】

【早大卒なのに、大手引越業者で2年働いた僕が語る!】繁忙期(3ー4月)のかしこい引越術 : もっと楽しく!


家庭で不要になったものを喜んで回収します!友達なら格安、ネットからなら3割引!! : もっと楽しく!


【車中ハッカー・カルロス】宿、全力で募集中!!

【カルロス、車中生活中!】僕に、、寝床を、、、バタン : もっと楽しく!


小林勝宗
TEL:07066863561 or 08011269638
Facebook:https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
Twitter:https://twitter.com/crls1031
LINE:crls1031
Schedule:http://bit.ly/1F3ljpn
Mail:carlos1031.ind@gmail.com