関西 教育ニュース紹介

関西圏を中心とした教育関連ニュースをご紹介します。

自ら成長見つめる3年日記 京都の東山中・高オリジナル


東山中・高(京都市左京区)が、オリジナルの日記帳「歴史を創る 3年日記」を作った。一日一日を振り返ることで、将来の自分について考えてもらう目的で、親子で使う生徒もいるという。

 将来の目標や予定を書き込む「10年カレンダー」「未来をかなえる生徒手帳」に続く第3弾のオリジナル品。

 日記は縦22センチ、横16センチ、厚さ3センチ。「東山カラー」の青色に銀色で「3 year diary」と記し、重厚な雰囲気にした。同じ日付のページに3年分を書く様式で、昨年の「きょう」がどんな一日だったかを見比べることができる。年間を振り返るページもある。

 日記が苦手な生徒のために▽食堂で食べたもの▽習った公式や文法▽登下校中に気付いたこと-など「書くことに悩んだら」リストもあり、続けられるよう工夫した。

 4月に中1と高1の564人に配布。保護者にも購入を呼び掛けたところ82冊の申し込みがあった。

 親子で使う高校1年立花聖さん(16)の母優子さん(42)は、息子との会話や弁当のおかずを書いており「子育ての貴重な記録になりそう」という。聖さんは、寝る前に学校生活や学習の進み具合をつづっているといい、「頭が整理されてすっきりする」と楽しげに話す。

 福地信也副校長は「日々を自覚することが、成長につながる。大切に3年間を過ごすツールになれば」と話している。

【 2017年08月15日京都新聞 から転載 】


            子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。
                  k-kidsbanner

                   kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


進学率55・9%、7割超が私学へ 滋賀の進路調査


滋賀県教育委員会はこのほど、今年3月に中学・高校を卒業した生徒の進路状況調査結果を発表した。高校卒業者の大学等進学率は55・9%で、前年より0・9ポイント上昇。中学卒業者の進学率は99・1%で前年より0・1ポイント上がり、過去最高となった。

 高校の卒業者総数は1万2884人で、前年より228人増加。大学進学者は6405人、短大進学者は799人だった。私立大への進学者が73・5%で、私立短大が11・0%、国立大が10・4%だった。

 地域別では、京都府の大学・短大に進んだのが3059人と最多で、滋賀県が1770人、大阪府1207人の順となった。就職者は2247人だった。

 中学の卒業者総数は1万4500人で、前年より190人増加。全日制高校への進学者が1万3562人、定時制が300人、通信制が281人、高等専門学校が58人、特別支援学校が169人だった。

 県内の進学者は1万3400人で、前年より201人増加。県外私立進学者の地域をみると、京都府が534人で最も多く、大阪府29人、福井、奈良両県が14人、岐阜県が13人、石川、静岡、岡山各県が9人だった。

【 2017年08月11日京都新聞 から転載 】


           子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。
                  k-kidsbanner

                   kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

京大に「観光MBA」新設 来年4月、経営科学コース


京都大経営管理大学院は10日、観光産業や観光地の経営を専門とした「観光経営科学コース」を来年4月に新設すると発表した。

 2020年の東京五輪に向け、外国人観光客の増加が見込まれている。観光立国に向け、幅広い視野を持った観光戦略の担い手の育成を目指す。

 マーケティング分析に基づいて地域の文化や魅力を創造・発信できる集客能力や、老舗旅館などの実践例の学習を通じてサービスの高度化を図るノウハウを学べる。

 経営学修士の学位が取得できる専門職学位課程(MBA)の社会人コースの一つとして設置する。国内では、一橋大も同様の観光MBAコースを来春開設する。

【 2017年08月10日京都新聞 から転載 】


                            子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。
                  k-kidsbanner

                   kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


外国ルーツの子に学習や交流の場を 京都で学生ら支援


定住外国人の増加に伴い小中学校に在籍する外国ルーツの子どもが増える中、立命館大の学生たちが日本語の学習支援や居場所づくりに乗り出した。7月から京都市下京区のキャンパスプラザ京都で定期的に日本語教室を始め、「学校とは違う形で、みんなの居場所として交流の場になれば」と期待する。

 外国での日本語教師などを養成する立命館大言語教育情報研究科の大学院生ら12人でつくる「虹のたまご(略称にじたま)」。これまで外国人や留学生ら大人向けに日本語教室を開いていたが、子どもに対する支援の必要性を感じ、昨年8月から試験的に実施。今月から本格的に始動した。

 文部科学省の調査によると、全国的に外国ルーツの子どもは増加傾向にある。京都府内では外国籍264人と日本国籍178人の計442人(2016年度)に日本語指導が必要とされる。

 7月8日に開かれた教室には、父親がチェコ人の中学2年の姉と5歳の弟、父親が米国人の小学3年男児の計3人が訪れた。特に決まったプログラムはなく、子どもたちが持ち込んだ日本語能力試験の対策やひらがなの練習、粘土遊びなどを学生がマンツーマンで付き添った。日本語が伝わりにくい時は英語を交え、時折雑談しながら和やかに過ごした。

 にじたま代表の濱嵜愛夏さん(23)は「日本に来て間もない子も多く、出会いにもつながる。比較的年の近い私たちが寄り添うことで、子どもたちが安心して過ごせれば」と話す。毎月第1、2、3土曜の午前10時半~正午。小中高校生対象。
申し込みは、にじたまメールアドレスsukiyanenjapanese@gmail.com

【 2017年08月09日京都新聞 から転載 】


           子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。
                  k-kidsbanner

                   kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


赤れんがの館内に響くクラシック 京都文博でイベント


京都文化博物館(京都市中京区三条高倉)は、真夏に名建築でクラシック音楽を聴きながら過ごす場として、無料で開放するイベント「クール・ミュージック・スポット」を8日に始めた。重厚なモダン建築に、生の歌声が響いた。

 三条通に面した同館別館は、旧日本銀行京都支店で、国の重要文化財に指定されている。赤れんがと白い花こう岩を装飾的に配した外観は、レトロ建築が並ぶ三条通のなかでもひときわ目を引く存在となっている。吹き抜けの広大な旧営業室は、コンサートや展覧会などの会場にも利用されている。

 クール・ミュージック・スポットは、京都市立芸術大、同志社女子大、京都女子大の協力で毎年夏に実施している。3大学の音楽専攻の学生やOBが、日替わりで、声楽やピアノソロ、木管アンサンブルやオーケストラなどを演奏する。4年目となる今回は、京都御池中と京都すばる高のブラスバンドも加わる。

 初日は京都女子大が出演した。声楽ソロによるメンデルスゾーンやモーツァルトの歌曲が、高い天井のホールいっぱいに響いた。出演者は「びっくりするほど音が反響しました」と話した。

 同館は「演奏の前後も無料開放するので、重厚な伝統建築のたたずまいを感じながら涼しいひとときを過ごしてもらえれば」と話している。

 今後の開催は10日、15~19日、22~24日のいずれも午後1時から。無料。
京都文化博物館075(222)0888。

【 2017年08月09日京都新聞 から転載 】


                            子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。
                  k-kidsbanner

                   kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


問題集のご案内
受験しないお子さまにもオススメです
keiretu-toptop
おすすめ関西サイト
幼稚園受験100
最新記事