関西 教育ニュース紹介

関西圏を中心とした教育関連ニュースをご紹介します。

入試「学びに取り組む姿勢」評価 問われる課題解決力


生徒たちが机を合わせ、互いに意見を交わし始めた。8月、京都市北区の紫野高で行われた1年生の「総合的学習の時間」の授業。話し合いの議題は「交通渋滞に悩む住民の利便性のため、世界遺産に登録された渓谷に新たな橋を架けるか、否か」。実際にドイツであった議論を元に、架ける派、架けない派に分かれて話し合った。

 同高は明確な答えのないテーマについて考える学習に力を入れている。1年生で議論の仕方を学び、2年生になると地球規模の問題について自分で課題設定して研究を深める。思考力や表現力、物事に向かう主体性、仲間と協力する力を体系的に磨くのが狙いだ。細谷瑞さん(16)は「議論では思いもしなかった意見や視点に気づく。それに対応する『アドリブ力』は将来役立つ」と手応えを語る。

 このような授業は「探究型学習」とも呼ばれ、取り組む高校が増えている。変化のスピードが速く、先行き不透明な社会。これからは、自ら課題を見つけて解決する力が必要になるとされるからだ。

 こうした動きを大学入試が加速させている。大学側が学力試験だけでなく、受験生の「学びに取り組む姿勢」を評価しようとしているのだ。

 全ての国立大が加盟する国立大学協会は、受験生の思考力や意欲を入試で評価しやすいよう、論文や面接を重視する「AO入試」や推薦入試などが入学定員に占める割合を、2021年度までに3割へ引き上げる目標を打ち出した。

 20年度からは各大学が、受験生に高校時代の調査書の入試での活用方法をあらかじめ示すことになった。関西学院大などの研究グループは文部科学省の委託を受け、高校での課外活動や探究学習を記録して受験生の主体性を評価するシステムを研究・開発。19年度入試から同志社大や立命館大など計11大学が一部入試でこのシステムを採用する。

 研究をまとめる尾木義久・関学大学長特命は「将来、大学入試は1点刻みのふるい落としの合否判定ではなく、思考力や学びに向かう力などを多角的に見るようになる。面接で意欲や人柄をみる就職活動のように一人一人を見つめる入試となり、大学と受験生とのマッチングの形に移行していくだろう」と指摘する。

 学習塾や予備校も対応に乗り出している。河合塾は16年度から教員向けのガイドブック「学びみらいPASS」を導入。大学生の行動パターンを卒業後も含めて追跡調査した基礎データを基に、生徒にテストを受けてもらって思考力やリーダーシップ、協働性などを可視化する仕組みをつくった。京都でも一部の高校が取り入れており、河合塾近畿本部の宮本正生本部長(57)は「生徒の数値化しづらい力を、イメージしやすくした」と説明する。

 一方、宮本本部長はこうした力の評価には慎重さが必要とも強調する。「生徒の意欲は本来、自発的なもの。『課外活動が入試で評価されるから取り組む』というように入試対策になってしまえば、本末転倒だ」と危ぐする。

 生徒の主体性や個性を評価する仕組みが、逆にその芽を摘むことにつながりかねない-。そんな矛盾をはらみながら、授業や入試は様変わりしていく。

 <学びアップデート 過熱する「人材」教育3>  社会の激しい変化の波は、大学をはじめ、高校や中学、小学校までも巻き込み、学びの形を変えようとしている。大きなうねりの中で、新たな教育を模索する現場を点描する。

【 2018年11月13日京都新聞 から転載】



               子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


京都の小学校で暴力行為増加 文科省調査、いじめは減少


 文部科学省が25日に公表した2017年度の児童生徒による問題行動・不登校調査結果で、京都府内の国公私立の小中高校で認知されたいじめ件数は2万4824件と、前年度から1951件(7・3%)減少した。一方、暴力行為は2161件と65件(3・1%)増え、特に小学校での増加が目立っている。

 いじめの件数は千人当たり90・7件で全国2番目の多さだった。前年度までは4年連続で全国最多だった。府教育委員会は「13年度から『嫌な思いをした』といった軽微な事案もすくいあげているため件数が多くなっており、早期の把握と状況の改善に努めている」としている。

 学校別では、小学校が2万1009件(1494件減)と8割超を占め、中学校が3093件(324件減)、高校が595件(115件減)だった。けがや不登校につながった重大事案は3校で3件あった。パソコンや携帯電話を使ったいじめは公立校のみの集計で8件増の686件だった。

 暴力行為の件数は、千人当たり8・0件で、前年に続き全国で5番目に多かった。公立校だけでみると、中学校は989件(前年度比11件減)、高校は112件(20件減)といずれも減少傾向にあるが、小学校は876件(44件増)と8年連続で増えた。特に小学6年生が71件増の217件と、伸びが際だった。

 内容は、生徒間暴力が1273件と最も多く、器物損壊が322件、対教師暴力が303件と続いた。府教委は「感情のコントロールができず、ちょっとしたことで手が出てしまう児童が増えている」とみている。

 私立も含めた不登校者数は、小学校が644人(32人増)、中学校が2053人(40人増)、高校が866人(137人減)。高校の中途退学者数は750人(16人増)だった。

【 2018年10月25日京都新聞 から転載 】

             子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

全日制高は2月4、5日入試 滋賀の私立学校募集

 
滋賀県は19日、2019年度の県内私立学校の生徒募集概要を発表した。全日制高校と綾羽高定時制は2月4、5日に入試を行い、8日に合格発表する。

 立命館守山中高と近江兄弟社中は、ウェブからの出願登録が必要となる。彦根総合高は納付金を増額した。

 中学入試は1月19日より順次行われ、21日から合格発表を始める。

【 2018年10月19日京都新聞 から転載】


               子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

「小規模特認校」手厚い教育が魅力 京都・亀岡、通学の便課題


京都府亀岡市教育委員会が、市内全域から通学を認める「小規模特認校」に山間部の東別院小と西別院小を指定し、1年半になる。少人数の手厚い教育を魅力に市中心部から通う児童がいる一方、通学の利便性や認知度の低さから思うように児童数が集まっていない現状がある。

 「レッツゴー・トゥー・オニガシマ!」。西別院小(西別院町)の教室で、1、2年の児童6人が童話「桃太郎」を題材にした英語劇の練習に励んでいた。鬼役の2年男子児童(7)は、同級生2人と一緒に元気よく歌い、台詞に声を張っていた。

 男子児童は、同小の校区在住ではなく、市中心部の市役所近くの自宅からスクールバスで30分ほどかけて通う。昨年春、市教委が始めた小規模特認校制度を利用して同小に入学した。男子児童は「友だちが優しく、学校の周りに自然がいっぱいある。毎日楽しい」と話す。

 特認校は、特色ある教育を提供することで校区外からの通学を認める学校。山あいの東別院小、西別院小とも児童数の減少が深刻で、東別院小(東別院町、計29人)は3・4年で、西別院小(計17人)は2・3年と4・5年で複式学級を採用している。

 市教委が、少子化を受けた学校規模適正化の議論を進める中で、学校統合せずに存続させ、児童数を確保する目的で導入した。「大規模校では合わない児童にとって選択肢になる。学校と児童、どちらの側にもメリットがある」と強調する。

 西別院小は、少人数を生かしたきめ細かい指導や、全学年で実施している英語教育などを独自の魅力としてアピールする。男子児童の母親は「引っ込み思案の傾向があり、1クラス30人前後の地元の学校では個性が埋もれてしまう。のびのびと過ごせており、行かせてよかった」と話す。

 東別院小の保護者の1人も「児童全員が助け合い、地域全体で成長を見守る土壌がある。多くの人に良さを知ってもらい、来てほしい」という。

 一方で、2校合わせた制度利用者は、1年目4人、2年目3人。複式学級の解消には至っていない。西別院小の木村正己校長は「来年度は、3人以上転入学してくれたら複式を一つ減らせるのだが」と期待する。

 思うように利用者が増えない理由の一つに、通学の不便さがある。2校とも山間部にあり、市教委はスクールバスを出しているが、午前7時15分に市役所を出発する1便のみ。市役所までは親の送迎が必要で、毎日となると負担が大きい。男子児童の場合も「うちは市役所まで歩けるが、6年間、車で送迎となると大変だったかもしれない」と母親は明かす。

 制度自体も広く知られておらず、今月15日からの来年度募集に向け、両小それぞれ特色や制度を紹介する案内書を市内の保育園や幼稚園、小学校に配って認知度アップに努めている。

 府内では、宇治市の笠取小が初の特認校として2001年に指定された。現在、児童数19人のうち特認児童が15人と大半を占める。宇治市教委は「20年近くたち、選択肢の一つとして認知された。制度は学校存続に欠かせない」とする。

 亀岡市教委は、特認校について「3年程度で複式が解消できない場合、改善策を含めて検討する」とする。両小校区では市教委の中学校再編案をきっかけに地域の小・中学校の在り方が話し合われている。制度をどう生かし、学校の未来をどう描くか。学校と住民、行政による丁寧な議論と取り組みが求められる。

【 2018年10月14日京都新聞 から転載 】


             子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。
                  k-kidsbanner

                   kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  



厳しい視点が人気「子ども新聞」 子ども記者の取材に密着


「子どもが書いて大人が読む」をテーマにした「かめおか子ども新聞」が注目を集めています。子ども記者がまちで取材した内容を新聞にまとめ、亀岡市内で毎月発行しています。楽しみにする読者も多く、人気コーナー「はい!こちら子ども記者相談室デス!」は会員制交流サイト(SNS)で話題となり、取り組みの様子がテレビなどで紹介されました。地元密着の記事や地域の人とのふれ合い、素朴ながらも、時には厳しい視点が人気の秘密といいます。子ども記者の取材に密着しました。

■疑問次々「盲導ネコとかいるんかな」

 この日は、発行責任者の竹内博士さん(37)の引率で、小学4~6年の男女計4人が亀岡市の関西盲導犬協会・盲導犬総合訓練センターを訪れました。

 「よろしくお願いします」。取材はあいさつから始まります。子ども記者は、センター職員から施設や盲導犬の仕事を聞き、質問します。「ここに盲導犬は何頭いますか」「初めてセンターに来たとき、どんな感じでしたか」

 質問が得意な子やメモを取るのが得意な子もいて、上手に役割分担します。取材中、新しい疑問がわいてきます。「盲導犬になれなかった犬はどうなるの?」「犬アレルギーの人はどうするんやろ。盲導ネコとかいるんかな」。率直な疑問を次々にたずねます。

 子ども記者が取材する間、竹内さんは少し離れて見守ります。自主性にまかせ、口出ししないように心がけているそうです。

 子ども記者は目を閉じて盲導犬と一緒に歩いてみました。「意外と力が強いなあ」「安心感がある」と口々に感想を言い合います。「体験することで学べることがある」と竹内さん。2時間ほど取材し、「ありがとうございました」と元気にあいさつして終了しました。

 子ども記者は「地域のことがよくわかるし、人と話せて自分のためにもなる」「新聞を読んだ人から、いつも読んでるよと言われてやりがいがある」と、新聞作りの楽しさを話していました。

■子ども目線で悩み解決、政治や時事問題も

 大人の悩みを子どもが解決する「はい!こちら子ども記者相談室デス!」は、人気コーナーです。大人から寄せられた質問に、子ども記者が集まって座談会形式で回答を考えます。

 「5歳の娘が言うことを聞きません」。寄せられた親からの相談に「言うこと聞かへんのはあたりまえ。子育てってそういうもんやんか」「お母さんにかまってほしいだけとちゃう?」

 普段、大人に対して思っていることや子どもならではの意見を素直に出し合います。ほかにも「男と女はどっちが楽?」「モテる秘訣を教えて」など相談内容はさまざま。座談会は熱気にあふれて、政治や時事問題について話し合うこともあります。

 「相談室は子どもが自分で考え、主体的に意見を発信できる貴重な機会」と竹内さん。他人の意見を聞き、自分の思いを伝える力をつける場所になっているようです。

■子どもの興味、自主性を尊重

発行責任者の竹内博士さんに聞きました。

× ×

 子ども記者は、取材を通して、早くから大人の世界に触れ、視野を広げることができます。最近の子どもは見知らぬ大人と会話する機会が減っていますが、取材でさまざまな大人と関わり、コミュニケーション力や危険を見極める目を養うことができます。

 子ども記者と新聞を作る上で一番重要なのは、子どもの興味や自主性を尊重することです。雑談の中から子どもの興味を引きだし、取材テーマを考えます。

 最初は「何時にどこへ行って、誰に話を聞いて」と、スケジュールをきっちり立てていましたが、それでは子どもは面白くない。成り行きに任せて取材へ行くとうまくいきました。

 例えば、能舞台の取材で出かけたときのこと。子どもたちは道で見つけたダンゴムシに熱中して動かなくなってしまいました。結局その日は、能の取材を短縮してダンゴムシの観察をしました。新聞作りでは、大人の考えを押しつけるのではなく、子どもの興味を大切にする必要があります。

 私は10年間、新聞記者をしていました。振り返ると取材を通して人生に必要な多くのことを学びました。企画力、調整力、質問力、礼儀などです。子どもたちには新聞作りを通じて、このような力を身につけてほしいと願っています。


【かめおか子ども新聞】 2016年2月に創刊されました。発行責任者は、元亀岡市民新聞編集長の竹内博士さん。竹内さんが開いている子ども新聞教室に通う市内の小学生が記者として活動しています。A3判カラーで約2万部を新聞に折り込んだりして配っています。商店街やイベントなど地域の話題が中心です。

【 2018年09月10日京都新聞 から 】


            子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。
                  k-kidsbanner

                   kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


問題集のご案内
受験しないお子さまにもオススメです
keiretu-toptop
おすすめ関西サイト
幼稚園受験100
最新記事
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ