関西 教育ニュース紹介

関西圏を中心とした教育関連ニュースをご紹介します。

福知山公立大に情報系学部新設へ 20年度から


京都府福知山市は、福知山公立大(同市堀)に2020年度、二つ目の学部となる情報系学部を新設する方針を決めた。21日に発表した18年度一般会計当初予算案で、新学部棟として使用する建物取得など関連費1億8千万円を計上。2学部体制で、住民団体や企業などとの連携を強め、若者定着や産業振興につなげていく。

 新設される情報系学部は定員100人で、ビックデータの解析や人工知能(AI)を活用するIT分野の人材育成を目指す。18年度に、同大学は文部科学省に設置認可を申請し、市は同大学キャンパス内にある旧成美大短大の校舎(鉄骨2階、延べ床約1700平方メートル)を取得し、新学部棟とする。

 同大学の隣接地には、京都工芸繊維大が今年10月、福知山キャンパスを開学する。高度専門技術者を目指す理工系の3年生30人が、府北部で約1カ月の企業インターンシップなどを行う。新学部棟は、両大学の連携拠点としても活用する。

 福知山公立大は、府北部唯一の四年制大学として、16年春に開学。現在は定員120人の地域経営学部があり、18年度は計360人が学ぶ見込み。市の構想では、学生数が732人になる22年度には、情報系学部設置によって増加する地方交付税や企業寄付金などが得られ、収支が黒字化するとしている。

【 2018年02月21日京都新聞 から転載 】

            子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

住民が開く「寺子屋」好評 滋賀「学校と違う面白さ」


滋賀県湖南市内の住民組織「石部南学区まちづくり協議会」が同まちづくりセンター(同市石部南3丁目)で開く小中学生向け無料学習教室「寺子屋」が子どもたちに好評だ。「自由な雰囲気が楽しい」という声が多く、ほぼ毎回参加している児童もいるという。

 石部南まち協は、石部南小の学区を範囲に2008年設立。部会員約90人が、防災訓練や清掃活動のほか、子どもやお年寄りにカレーライスを振る舞う「にぎわい広場」など、地域課題の解決に向けた活動をしている。

 夏休みには子どもたちに勉強を教える「学習会」を開いており、その中で通年開催を望む声があって17年4月に「寺子屋」を開設した。中学校講師や学生ら講師6人が、毎週土曜日に約2時間、主に英語や国語、算数(数学)を教える。自由参加で、受講する子どもの数は増減するが毎回約15人、夏休みの8月はのべ96人が参加した。

 ほぼ毎週参加するという石部南小3年の上道姫愛(ひな)さん(9)は「分からないところはすぐ教えてくれ、学校と違う面白さがある」と目を輝かせる。講師も自由な教え方に取り組み、水口中の英語講師の大友かおりさん(59)=甲賀市=は、発声と体の動きを組み合わせて発音やスペルを覚える英国の教育法で教えている。

 年間40万円ほどの講師代のやりくりが課題だが、山元照代会長(72)は「もっと子どもたちの参加を増やしたい」と語る。市内在住なら学区外からも受け入れる。同まち協0748(77)2535。


【 2018年02月20 京都新聞 から転載 】

          子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

前期選抜、全日制倍率は2・12倍 京都の公立高


京都府教育委員会と京都市教委は19日、17日までに実施した2018年度公立高入試の前期選抜の受験者が1万1465人だったと発表した。全日制の倍率は2・12倍だった。合格発表は22日にある。

 受験者の内訳は全日制が1万1437人、定時制は28人。欠席は全日制482人、定時制1人だった。

 倍率は山城普通科A方式1型の6・08倍が最も高く、鴨沂普通科A方式1型の5・85倍、日吉ケ丘普通科A方式の5・27倍が続いた。

 3、4日に入試が行われた京都堀川音楽を含め55校で集計した。

 昼間定時制の清明の特別入学者選抜も行われ、受験者はA方式(募集人員48人)が50人、B方式(同72人)が134人だった。

【 2018年02月20日京都新聞 から転載 】


            子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

論理的思考、判断力など重視 京都・公立高入試


京都府教育委員会と京都市教委は16日、同日実施した2018年度公立高入試の前期選抜について、共通問題の出題方針を発表した。難易度は例年並みで、基礎の定着や論理的思考、判断力などを重視したとしている。

 共通問題は国語、数学、英語の3教科で分校を含む52校で実施した。各教科の解答時間は50分(英語はリスニング10分を含む)で50点満点。17日も一部の学科や入試方式で試験がある。合格発表は22日に行う。

 出題方針と教科ごとの特色、傾向は次の通り。

 【国語】現代文は「おくのほそ道」の文学性について述べた文章など2題を用いて、文章構成や論理展開を踏まえた理解力と理解した内容を表現する力を問うた。古文ではグラフなどの資料を効果的に活用する力をみた。

 【数学】二つの三角形が相似であることを証明する問いでは、根拠を明らかにして筋道を立てて考えたことを表現する力をみた。異なる領域や学年の学習内容を統合的に活用できるかをみる出題も設けた。

 【英語】全体を通して身近な暮らしに関わる場面の問題を設けた。絵を見て会話文を完成させる記述式では、状況に合ったふさわしい表現ができるかをみた。リスニング問題では会話やニュースを聞いて、正しく理解して適切な応答を考える力が身についているのかを試した。

【 2018年02月16日京都新聞 から転載 】

子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

特色選抜の合格率29・4% 滋賀県立高入試


滋賀県教育委員会は14日、2018年度県立高入試の推薦・特色・スポーツ文化芸術推薦選抜の合格者数を発表した。

 推薦選抜は2584人が受験し、2158人が合格。合格率は前年より4・2ポイント低い83・5%だった。特色選抜は4177人が受験し、1228人が合格。合格率は同0・1ポイント低い29・4%だった。スポーツ文化芸術推薦選抜だけでは142人が受験し、114人が合格。合格率は80・3%。

 3月7日に実施される一般選抜の定員は、全日制と定時制を合わせ、7014人となった。

【 2018年02月14日京都新聞 から転載 】

子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

問題集のご案内
受験しないお子さまにもオススメです
keiretu-toptop
おすすめ関西サイト
幼稚園受験100
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ