けいkids+まり先生のブログ

まり先生が京都で教えるけいkids+幼児教室 小学校受験もおまかせ!

満点ご褒美はゴールド鉛筆 ~立命館小学校~

CIMG1561

ゴールド鉛筆

けいkids+ 教室の1年生で、立命館小学校に通っているお子さんがいます。先日、学校で実施した「漢字検定」10級に合格しました。しかも、満点!!!そのご褒美が、このゴールド鉛筆です。 さすが立命館小学校ですね。多くの生徒が満点だったらしいです。

 

鉛筆には、「培根達支」と「Make Every Effort!」とありました。「培根達支」を調べてみました。

 

「立命館 小学校の校門脇に掲げられる「培根達支」の扁額は、西園寺公望が、1912(明治45)年夏に揮毫したものです。「培根達支」とは、中国の哲学者である朱 子が編纂した『小学』の「題辞」(序文)の一節「建学立師、以培其根、以達其支」に基づいています。人生を豊かにし、学問を大成させるには、生き方の根 本、学びの基礎・基本を若いうちにしっかり養い育てることが重要であると述べたものです。」

 

でした。ひとつ賢くなりました。

 

「国語」は学年があがるに連れて、満点が取りにくくなります。「算数」で、満点を取ることは出来ます。進学塾の公開テストでも、「算数」の満点はあ ります。でも、「国語」で満点はほとんどありません。大きく間違っていなくても、減点されるからです。だから、漢字の得点は大切です。

 

私は幼児教室の講師歴17年ですが、私立小学校と公立小学校の違いの一つに、「漢字の定着度」があると思っています。私学小学校のお子さんは習った 漢字はきっちりと書きますね。でも、公立のお子さんは「とっても似てるけど、残念!」っていう漢字を書くお子さんが多いです。宿題の量が違います。私学小 学校のお子さんはそれだけの量をこなしています。隅々にまで気を付けながら、かなりの量の宿題をこなすのは大変だろうとは思いますが、それだけの結果は出 ているように思います。

 

Nちゃん、合格おめでとうございます。良かったね。

ゴールド鉛筆は宝物ですね。

 

子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+ の心です。

 

靴ひも蝶結び

CIMG1562

サンタックロースにいただいた靴

CIMG1563

お見事!!!

 

この蝶結びは、年少女児Nちゃんが自分で結んだものです。素晴らしい。

本当に、Nちゃんは器用です。

こんなにきれいに結んでくれるなら、プレゼントしたサンタクロースさんも、

喜んでいるでしょうね。

良かった、よかった。

 

子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+ の心です。




ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ 人気ブログランキングへ

 


四條畷学園音楽教室室長 東 保 先生インタビュー

CIMG1485

東先生と私

CIMG1487

練習風景


大阪府大東市にあります「四條畷学園音楽教室」の東 保(あずま たもつ)室長先生にお会いして、音楽の早期教育の必要性についてお話していただきましたので、ご紹介いたします。



まず、東 保先生のプロフィールをご紹介します。

大阪教育大学特設音楽課程卒業。同専攻科修了。愛知県立芸術大学マスタークラス修了。市来崎のり子、ゲルハルト・ヒュッシュの両氏に師事。1972~73年ミュンヘンに留学。

1971年のリサイタル「ベートーヴェン・アーベント」の成果に対して大阪文化祭賞を受賞。1975年のリサイタル、シューベルト「冬の旅」の成果に対して音楽クリティック・クラブ賞及び大阪府民劇場賞奨励賞をそれぞれ受賞。

著書として全音楽譜出版社より「やさしい伴奏によるあたらしいこどものうた1巻・2巻」、チャイルド社より「やさしくひける幼児のうた」がある。「子どもの早期教育」についての講演も多い。



東先生に、「何故、早期音楽教育が必要なのですか?」とお聞きしました。

「一つは耳です。絶対音感は小さいころしか育ちません。そして、一度覚えた音は忘れません。小さいころに音感を植えつけるのです。そうですね、小さ いころと言うのは、10歳位まででしょうか。そして、もう一つは情操です。小さいころから質のよい音楽に触れ、経験することで情操が育ちます。

昔、ラジオで、「小さいころからいい音楽に触れて育った人は、包丁を待っても決して人を傷つけるようなことはせず、おいしい料理を作るためだけに使うに違いない。」と言っておられ、まことに共感したことがあります。だから、私は音楽の早期教育が必要だと思っています。」

 

「四條畷学園音楽教室はどんなお教室ですか?」

「この、四條畷学園音楽教室は「才能教室」だと思っています。生徒の才能を伸ばすのですから、教師も才能のある一流の教師しか、ここにはいません。 音楽教育の早期から、一流のものと接することは非常に大切なことです。技術が優れていることは当然ですが、それだけでなくイデー(独語、アイデア)がなけ ればなりません。イデーがない人は、音楽を教えることは出来ません。音楽は理解するものではなく、考えるものだと思います。

現在、300人以上の生徒が在籍しています。音楽の早期教育をしたいと思って始めた教室ですが、現在では2歳~80歳までの方が学んでいます。私 は、この音楽教室を歌声を中心にした音楽教室にしたいと考えて指導してきました。というのは、ミュンヘンに留学していた時に、ある劇場でヨハン・セバス チャン・バッハの作曲した「ミサ曲ロ短調」を聞いたのですが、壁面の天使が歌っているようでした。そのときから、日本でも「ミサ曲ロ短調」を歌える合唱団 を作りたいと思ってきました。ただ、日本語の発声は一番声に悪い言語です。というのは、唇が動かないのです。発声には向いていません。ですから、なかなか 難しいですね。

子どもたちは、動き回るところがいいのです。横隔膜が発達して、歌を歌うのにとてもいいのです。この音楽教室では、発声練習の前に大縄跳びをするこ ともあります。立ったり座ったりしながら発声練習をすることもあるんですよ。声は身体表現だと思っています。スポーツ選手と同じです。鍛えれば鍛えるほど 伸びます。歌は「息の芸術」ともいわれるのですよ。

私の師事したゲルハルト・ヒュッシュは、私を「慈愛と忍耐」を持って、導いてくださいました。私も、この音楽教室の生徒をそのように育てて来まし た。音楽は生きています。この音楽教室で学んだお子さんたちが、音楽を通して人生のさまざまな喜びや感動を経験してほしいと思います。」

と答えてくださいました。



東先生は芸術家でした。圧倒されました。

東先生の許可を頂きましたので、次回はレッスンを見せて頂きます。

そのときも報告します。


幼児期から一流の教師に指導を受けることができるお子さんたちは幸せですね。



四條畷学園音楽教室の詳細は、以下をクリックください。



子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

 


大阪教育大学附属天王寺小学校 平成23年度生対象 学校説明会

CIMG1557

CIMG1558



2010年 12月24日 大阪教育大学附属天王寺小学校 平成23年度生対象 学校説明会に行って参りました。説明会の内容を紹介します。


大阪教育大学附属天王寺小学校

教育目標:個が生きる学校

・ 自他の人格を尊重し、実践力のある子

・ 生命を尊重し、健康で安全につとめる子

・ みんなと協力してしごとのできる子

・ 自分でよく考え、すすんで実行できる子

・ ものごとを最後までやりとおせる子

・ きまりを守り、明るくくらせる子

「個が生きる」というのは、自分勝手なことをしてよいというのではなく、一人ひとりがするべきことをきちんとすることです。その基本は生活習慣が確 立しているかです。朝一人で起きれるか、規則正しく生活できるか、道徳性や規範性を保った行動がとれているか、健康な体を維持できているか等だと考えてい ます。本校は、これらの正しい生活習慣は高い学力を目指すには、絶対に必要なことだと考えています。

本校では、公共機関を使って通学していただいていますが、車中では「喋らない。動かない。座らない」と指導しています。でも、車中での態度が悪いというお叱りの電話を受けることがあります。そういう時は、すぐに全校集会を開いて指導しています。


教育の特色

天王寺小学校は大阪教育大学に付属する小学校で、教育基本法及び学校教育法に基づいて義務教育として行われる普通教育のうち基礎的なものを行うとともに、次のような特別な任務を持っている学校です。

1、大学と一体となって、教育の理論と実際に関する研究を行います。

2、大学の教育実習機関として、実習生を随時受け入れ、適切な指導を行います。

3、教育に関する理論を研究し、教育実践に役立てています。

4、現職教員の研修の場を提供します。

2' 実習生が授業をすることもあります。学生がする授業ですので、完成したものでないときもあるかもしれませんが、そういう時には現教員が再度授業をします。本校は教育実習機関ですので、そこを理解していただける方のお子さんに入学していただきたいです。

3' 本校独自の研究会をもっています。今年度の研究テーマは「創造性を育む授業の研究」です。毎週木曜日に1クラスだけ残して、研究授業をしています。その結果を翌年2月に発表しています。

4' 研究団体の会場校にもなっていますので、夏休みや休日にも授業に来ていただくこともあります。そんなときにも、積極的に参加していただける方のお子さんに入学していただきたいです。

 

教育内容

1、学習指導要領に基づく教育

2、公立小学校と同じ教科書を使用

国立小学校が、エリート教育をしてくれるのではないかという誤解、あるいは期待があるようですが、そんなことは全くしていません。「深い理解」や「豊かな表現」は、難問奇問を解くところから生まれるとは考えていません。私学中学校受験対応の授業もしていません。

主な学校行事

〇 宿泊行事   3年生 林間学舎、 4年生 林間学舎

5・6年生 臨海学舎・・・5年生は300m、6年生は1㎞を泳ぎますが、スイミングスクールに  通う必要はありません。学校で1年生の時からの水泳教室で指導します。

6年生 スキー教室、 6先生 修学旅行

〇 遠足  1年に4回  〇 学芸会  音楽、劇   〇 運動会

平成23年度生 入学調査要項

1、出願

(1)募集人員  男女合計120人

(2)出願期日・受付時間・受付場所

1月13日(木)、講堂、午後1時から5時まで

1月14日(金)、保健相談室、午後1時から5時まで

* 願書受付時には、男女ともに抽選で「受付番号」を決めます。男女とも1~400番までの中から 引いていただきますので、早く来校されても何番 になるか分かりません。なお、401番からは受付順に「受付番号」を決めます。また、受付終了時間(午後5時)は厳守しますので、遅れることのないように ゆとりをもってお越しください。

*願書は不備がないかどうか、本校の教員が一人ひとり確認しています。ですから、出願完了までに少々時間がかかり ます。出願1日目には多くの方が出願されるので、1日目1時10分頃に並ばれますと2時間以上待つということがあり得ます。3時以降であれば、待ち時間は 多少短くなると思います。昨年は、400名を超えませんでしたので、全ての人が抽選しました。

2、願書の条件

(ア)平成16年4月2日から平成17年4月1日までの出生者。

(イ)通学の範囲 入学志願者が保護者と共に居住し、自宅よりの通学所要時間が徒歩または公共の交通機関(別料金の必要な特急等を除く) を使って40分以内の者とする。(ただし、天王寺・あべの橋駅から学校までの所要時間は10分間とする。

通学の距離は短くて安全であることが望ましいことは言うまでもありません。それが、遠く長くなるにつれて危険な度合いが高くなり、疲労が増大し、登校後の学習にも支障を生じやすくなります。加えて万一の場合の保護者の来校や教師の訪問にも支障が生じます。

(ウ)本校の性格を十分に理解していただける方の子どもであること。



3、出願手続き

(ア) 入学願書(入学検定料3,300円の振込金証明書を所定の位置に貼り付けてください。郵便局、ATM等は不可。振込手数料はご依頼人負担です。)

(イ) 住民票記載事項証明書または登録証明書===所定の用紙に保護者と志願者など必要事項 記入の上、証明を受けたもの。ただし、各役所において、この用紙で証明してもらえない場合は、役所発行の証明書でも結構です。

(ウ) 出願時に入学願書に貼ったものと同じ顔写真を1枚ご持参ください。

*郵送の願書は、いっさい受け付けません。

*双子等、同時に2通出願されるときは、窓口で申し出てください。


4、選考

〇調査 ①筆記、②実技(表現)、③行動観察、④面接

①②③④を総合して第1次合格者を決定いたします。

①'筆 記・・・力のあるお子さんの入学が望ましいです。表面的な賢さではなく、何事にも真面目に取り組む姿勢、頑張る態度、時間や物事を大切にする態度、いい加 減にしない姿勢のあるお子さんに入学していただきたいと考えています。受験対策をしてこられるお子さんがいるのは事実ですが、準備をしているお子さんが欲 しいのではなく、本校が望む資質を持っているお子さんが欲しいだけです。ですから、特別な準備は必要ありません。

④'面接・・・近年、ハン カチを使った面接をしました。翌年は受験生全員がハンカチを持ってきていましたが、ハンカチを使って作業をした後、たたむことができないお子さんがたくさ んいました。買ったばかりで糊が付いたままだったり、値札がついているハンカチもありました。持っていれば良いというものではありません。ハンカチで作業 をした時に、爪も見せていただきました。不衛生な状態の爪をしているお子さんもいました。いくらその場を取りつくろっても、教師から見れば家庭の様子はわ かりますよ。

* 上着・靴・鞄等は、見えるところに名前は書かないでください。

* インフルエンザ等の出席停止の病気の場合は試験を受けることはできません。

* 携帯・カメラ・ビデオは学校内に持ち込み禁止です。

〇抽選(第1次合格者対象)

調査(第1日)1月25日(火) 男子 午前9時から

女子 午後1時30分から

調査(第2日)1月26日(水) 男子 午前9時から

1月27日(木) 女子 午前9時から

第1次発表 1月28日(金) 正午 本校校庭

抽選     1月28日(金) 午後1時から抽選を行い、合格者を決定します。

調査日の詳細については、出願時にプリントをお渡ししますが、集合時刻は30分前です。開始時間には閉門いたしますのでご注意ください。志願者1人に保護者1名の付き添いが必要です。双子さんの場合は、2名の保護者が必要です。

 

確認事項

〇授業料は必要ありません。教科書も無償です。 しかし、給食費とPTA会費は必要です。 補助教材購入費用も必要です。制服・ランドセル等のお費用も必要です。交通費や宿泊行事費用等も必要です。

〇附属天王寺小学校は、大阪教育大学附属中学校と連絡進学の体制をとっていますが、希望者全員が進学できるわけではありません。同時に、附属中学校に必ず進学しなければならないことはありません。

〇毎年4月に住民票を提出していただいて、住所を確認します。通学範囲は通学所要時間が40分以内です。在学中に転居する場合は事前の許可が必要です。転居先が通学所要時間が40分を超える場合は退学もあり得ます。

〇 保護者の方に学校に来ていただく機会が多い学校です。下校指導と安全確保のために、1年に3回の「立ち当番」をしていただいています。学習の基本は家庭で すが、遠方から来ているお子さんが多いので、家庭と学校の連携が取りにくいのです。そこで、1か月1回の学級集会を開いています。そこで、担任から子ども 達の様子や教育方針などの確認をしますので、必ず出席してください。その他にも、学校に来ていただく機会に多い学校です。それらを理解していただける方の お子さんに入学して欲しいと思います。

〇 本校の「教育後援会」に加入していただきます。任意加入ですが、実際にはほぼ全員が加入してくださっています。

〇登下校通知システムを採用していますので、児童の携帯電話は禁止しています。今後も禁止の予定です。

〇1年生の初めの1か月は保護者と一緒に登下校をしていただきます。この間に安全に登下校できるように指導してください。公共マナーを身につける1か月と考えてください。

以上です。

 

学校のホームページ上で、出来るだけ子どもを連れて来ないように指示があったからか、子どもの姿はほとんどありませんでした。

保護者と受験者の名前を記入したあと、「入学願書一式」を一部いただきました。

保護者の服装は落ち着いた色が多かったですが、決まったスタイルはありませんでした。

15:00~15:50の男子の部に参加したのですが、参加者は500人弱だったと思います。女子は14:00~14:50でしたが、参加人数はわかりませんでした。



子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

 


城星学園小学校 クリスマス会レポート

CIMG1548

降誕祭(クリスマス)の聖劇

CIMG1549

シスター吉田校長先生と私


先日、大阪市中央区にあるカトリックミッションスクール城星学園のシスター 吉田校長先生に小学校についてインタビューさせていただきました。シス ター吉田先生校長先生は、本当にお優しい先生でした。生徒だけでなく、生徒のお母さま方を愛して導いてくださっていると思いました。

その、シスター吉田校長先生にお招きいただきまして、城星学園小学校のクリスマス会を見せていただきました。生まれて初めての、ミッションスクールのクリスマス会でした。本当に、素晴らしかったです。

聖劇にも感激しましたが、子どもたちの元気な歌声とお行儀のよさに感心しました。「聖歌」って、あんなに歌いやすくて心に染みるものだとは思ってい ませんでした。この小学校時代に覚えた「聖歌」は一生忘れないのでしょうね。大人になっても、苦しいときに歌いたくなるもののような気がしました。

お行儀の良さは、日々の祈りや宗教行事を通して、神様をいつも身近に感じて、何が良いことか悪いことかをわきまえ、善き行いを喜びを持って実行できる子供に育った証だと思いました。

宗教を通して、人格形成ができるのは私学だけです。

シスター吉田校長先生は、「土台となる宗教教育があってこそ、道徳教育が役立つのではないでしょうか。」とおっしゃいました。



子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

 


 

 

来年の手帳が買えない

CIMG1551

年少女児さんの作品です。

 

先週、年少女児さんのレッスンをしました。来年のレッスン日を確認しようとしたときに、お母様が「来年の手帳を買えないんですよね。」とおっしゃいました。

わかります。その気持ち。よくわかりますよ。実は、年少女児のお兄ちゃんが私立中学校受験生なのです。試験日まで、あと1ヶ月ありません。

来年の手帳に、入学試験日を記入することが怖いのでしょうね。合格した時の、入学金振込み予定日、登校日などを書くことも怖いのだと思います。だめ だったら、どうしよう。書き込もうか、やめようか・・・合格を信じてやらなければならないから、書くべきだろうけど・・・でもでも、もしかのときには、も う手帳を開く気にはなれないかもしれないわ・・・。第一希望校に合格できなかった時のために、第2志望校の願書提出日、試験日、入学金振込み予定日、登校 日・・・等も書いておかなければすばやい行動がとれないけど、でも、そんなことを書いては不幸を招き込みそうだし・・・そうなったときの子供のつらい気持 ちを考えたら、とても書けないわ・・・


いろいろなことを考えてしまって、手帳を買うことができないのだそうです。


てっちゃん、「頑張れ。」って言葉は聞き飽きたでしょうね。でも、「頑張れ」しか思いつかないの。

てっちゃん、頑張れ!頑張れ!! 受験生み~んな頑張れ!!!



子供の笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+ の心です。

追手門学院小学校 津田校長先生インタビュー

CIMG1543

津田校長先生と私


追手門学院小学校、津田校長先生に今年の入学試験について、そして来年度の入学試験についてお話を伺って参りました。来年度、追手門学院小学校への受験をお考えの保護者の方は、参考にしてください。

 

今年の入学試験はいかがでしたか?

大阪府のどの私学小学校にも、それぞれ私学の教育方針に心から賛同していただいた方々に来ていただいたという感想を持っています。

今年も追手門学院小学校の入学試験に関しては、いつもながらきっちりと準備をしてこられた方が大多数だったように思います。

これからも、「創造性を基盤とした高い学力を養い、不屈の体力と意志力を培い、豊かな愛情と気品を具え、愛国の熱情をたたえつつ、国際的に活動する指導的人材を育成する。」という追手門学院小学校の教育方針、すなわち「リーダーを育てる。そのために必要とされるしつけと高い学力、国際感覚の習得」は変わりません。この教育方針に賛同してくださる方に入学していただきたいと思っています。

また、この教育方針を継承しながらも、新しいものにも取り組んでいます。その1つとして、今年度4月から、今まで以上に「英語教育」に力を入れています。ネイティブの先生を4名に増やしましたし、そのうちの1人は常勤ですので、授業時間以外でも、学校内のどこででも英語と触れることができるのです。英語は覚えるものではなく、肌に触れるものだと、本校では考えているのです。

さらに、来年度から希望者に放課後活動を取り入れます。これは「補習」とは異なるもので、英語とスポーツ活動です。より英語に親しみ、英語が聞こえると自然に耳を傾ける子供を育てていきます。また、スポーツを行うことで不屈の精神と強靭な体力をつけていきます。もちろん「居残り」だけを希望する子にも対応していきます。

 

来年度の入学を希望する保護者の方へのメッセージをお願いします。

追手門学院小学校は、ご家庭での普段の教育が何より大切だと考えています。ですから入学試験にもその要素を多く取り込んでいます。入学試験で「箸の使い方」や「鉛筆の持ち方」をよく出題するのも、入試に関係なく幼児期に必要な家庭学習だと考えるからです。爪は清潔であるか、ハンカチはきちんと持っているかなどを見せていただくこともあります。普段から公衆マナーやルールを守るなど、家庭生活の中で心掛けて頂きたいです。

入学試験では、受験生と先生が1対1で行う口頭試問があります。この時に、できるだけ受験生の「感性」をみる質問をしています。たとえば、1つボールに触って重さや硬さを感じさせ、それから何種類かのボールが、多数入った袋を触らせて「このボールは何個入っていると思いますか?」というような質問をします。ペーパーだけでその子をみるのではなく、1つひとつ具体物を使って確かめながら考えて正解を出すような問題です。これも普段の生活の中での経験が大切です。

また、最近では「ボールの上手投げ」も運動能力テストとしてよく出題しています。なぜなら幼児期にボールを上から投げることを経験しておくことが、小学校入学後の運動能力や技術の向上に有効だと考えているからです。このように家庭でも幼稚園でも行っていること、さらに幼児期に身につけておくと小学校教育がスムーズに行くことを念頭に入れ、受験準備がそのまま入学準備につながるような問題づくりをしていますので、普段から家庭でのコミュニケーションや望ましい生活習慣を大切にしてください。

 

以上です。


「感性をみる質問」とは、すばらしいですね。「感性」は練習できるものではありません。普段の家庭生活のなかで、いかに幼児期にのぞましい体験を積んでいるかが、合格の鍵になりそうです。



子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

 


 

学んだことが生活に役立つ

けいkids+教室生で年長男児F君の保育園に、猿まわしの「太郎・次郎」さんが来てくださったそうです。

そのときに、太郎さんが、「次郎君は、今、3歳ですが、お猿の3歳は人間なら3 倍になります。さて、次郎君は人間なら何歳でしょうか?」と質問をしたそうです。(難しい質問ですね。)みんなは、100歳とか30歳とかめちゃくちゃな ことを言ったらしいのですが、F君は、「3倍なら9歳やな。」と答えたそうです。F君のおばあ様が一緒に見学されていたそうなのですが、そのおばあ様が、 「F君は、賢いなぁ。鼻が高かったわ。まり先生のおかげやわ。」とお母様に報告されたそうです。

私もうれしいです。F君は「かけ算」を知っているわけではありません。どう考えたのでしょうか?

けいkids+ では、「倍・半分」の感覚を育てることを大切にしています、この「倍・半分」の感覚は、幼児期でないと育ちにくいものです。ですから、レッスン中にも 「倍・半分」を頭に置きながら、お声がけしています。そんなことが、実ったのでしょうか。だとすれば、うれしいです。


このF君は、以前、保育園のみんなでジャガイモ掘りに行った時、「いくつくらい採れたの?」というお母様に質問に、「130個位かなぁ。」と答えた そうです。130なんて数は、数えられるとは思えません。それで、お母さんは、「どうして、130個ってわかったの?」と聞いてみたのたのだそうです。す ると、「10個の塊が13個くらいあったし・・・」と答えたそうです。すごいすごい。けいkids+では、数を塊にして捉えなさいといい続けています。理 解していたのですね。うれしい。


学んだことが生活に役立つ。これが本当の「学び」ですね。
F君、ありがとう。

子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

 

11月 けいkids+の教室風景

11月もけいkids+教室生は、元気で通ってくれました。有り難いことです。

年長男児F君のことです。

CIMG1179

飴を食べようとして歯が抜けたF君です。



保育園に、猿まわしの「太郎・次郎」さんが来てくださったそうです。そのときに、太郎さんが、「次郎君は、今、3歳ですが、お猿の3歳は人間なら3 倍になります。さて、次郎君は人間なら何歳でしょうか?」と質問をしたそうです。(難しい質問ですね。)みんなは、100歳とか30歳とかめちゃくちゃな ことを言ったらしいのですが、F君は、「3倍なら9歳やな。」と答えたそうです。F君のおばあ様が一緒に見学されていたそうなのですが、そのおばあ様が、 「F君は、賢いなぁ。鼻が高かったわ。まり先生のおかげやわ。」とお母様に報告されたそうです。

私もうれしいです。F君は「かけ算」を知っているわけではありません。どう考えたのでしょうか?

けいkids+ では、「倍・半分」の感覚を育てることを大切にしています、この「倍・半分」の感覚は、幼児期でないと育ちにくいものです。ですから、レッスン中にも 「倍・半分」を頭に置きながら、お声がけしています。そんなことが、実ったのでしょうか。だとすれば、うれしいです。

このF君は、以前、保育園のみんなでジャガイモ掘りに行った時、「いくつくらい採れたの?」というお母様に質問に、「130個位かなぁ。」と答えた そうです。130なんて数は、数えられるとは思えません。それで、お母さんは、「どうして、130個ってわかったの?」と聞いてみたのたのだそうです。す ると、「10個の塊が13個くらいあったし・・・」と答えたそうです。すごいすごい。けいkids+では、数を塊にして捉えなさいといい続けています。理 解していたのですね。うれしい。

学んだことが生活に役立つ。これが本当の「学び」ですね。F君、ありがとう。


子どもの笑顔を守りたい。 幼児教室けいkids+の心です。



ランキングに参加しています。応援お願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ 人気ブログランキングへ

 

 

がんばれ!子育てママ トークイベントinしずおか

CIMG1521

静岡市民文化会館

CIMG1519

会場の様子



12月14日(火)に静岡市で、「幼児期からの国語力の育て方 4歳~9歳までにやっておくこと」というテーマで講演をして参りました。たくさんの 方が集まってくださいました。静岡での講演会はこれで2回目です。昨年の講演会に引き続いて参加してくださった方もありました。

今回のテーマは、「国語力の育て方」です。今日からでも実践できるようにいろいろと具体的な事例を出しながら、お話させていただきました。



講演会後の個別のご質問受けの時に、「幼稚園生の子どもの質問に対して、どの程度のことを話せばいいのでしょうか?」かというものがありました。何故何故と、質問するお子さんらしいのです。



「子どもに嘘をついたり、ごまかしたりするのは良くないと思うので、これ以上は幼児に説明できないという箇所まで来たら、この先はもう少し大きく なってから話しますと言い切って良いと思います。同時に、一緒に調べてみましょうと誘うのもよいと思いますよ。わからないことがあれば、辞書・図鑑等が役 に立つということも知ってもらいたいのでね。

お母さまがすべてに答えられなくても良いと思いますよ。もちろん、答えられればそれに越したことはありませんが、よく知らないことをあやふやで答え るよりは、「お母さんは、それについてはよくわからないから、そんな時は・・・・に尋ねてみましょう。」と言って良いと思います。知らないことは恥ずかし いことではないということも知ってもらいたいのです。

たとえば、おじい様おばあ様にお聞きするのもよいと思いますし、本のことなら図書館司書の方に聞くとか、植物園や動物園や博物館に電話するという手 もあります。この先、成長するに連れて疑問に思うことはたくさん出てくると思います。悩むときもあるでしょう。そんな時にも、問題を解決するには、いろい ろな方法があるよということを知っておいてもらいたいのです。「あぁ、もうだめだぁ。」と思うのではなく、「なんとかなるかぁ。」と思って、解決方法を探 ることを親から学んでもらいたいと思うのです。」

というようなことを、お話させていただきました。

お役にたてばいいのですが。



子供の笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+ の心です。



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 受験ブログへ 人気ブログランキングへ
合格実績
2018年度 私立中学校合格実績(2018.1.17現在)
神戸女学院中学部 1名
同志社国際中学校 2名
立命館中学校 1名
 

2017年度 私立中学校合格実績(2017.1.16現在)
京都女子中学校 2名
龍谷大学付属平安中学校 特進2名
京都文教中学校 1名
京都産業大学附属中学校 1名
 
  
2018年度 大学合格実績(2018.3.21現在)
北海道大学獣医学部1名
立命館大学総合心理学部1名
近畿大学工学部1名

ランキング
ランキングに参加しています。 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ
無料体験レッスン
けいkids+では『無料体験レッスン』を受付しております。
どのようなレッスンを行っているのか、お気軽にお問合せください。
ご連絡お待ちしております。

無料体験レッスンのご案内はこちらです。
大学や中学校・高等学校に関する教育ニュースを紹介しています。関西
カテゴリ別アーカイブ
おすすめ関西サイト
幼稚園受験100

kanasai-in2

kanasai-setu2
  
2013年1月29日更新
問題集のご案内

中研問題集
tyuuken

面接質問集(返答下書きシートつき)
mensetutop

低価格 ダウンロード問題集
keiretu-toptop
小学校受験問題集アンケート
幼稚園探し

幼稚園受験160

幼稚園受験160

関西幼稚園受験160

QRコード
QRコード