けいkids+まり先生のブログ

まり先生が京都で教えるけいkids+幼児教室 小学校受験もおまかせ!

行ってきました。京都 原谷苑~桜の園~

CIMG0742

CIMG0757

CIMG0763



2010年 4月15日

「夢の天国さくらの園原谷苑」京都北区大北山原谷苑乾町36(村岩農園内)に行ってきました。

 

素晴らしかった。

凄かった。

しんどかった。

 

素晴らしかったのは、もちろん桜。

360度、桜なんです。空まで桜、さくら、sacra。

添付した写真を見ていただくと、見事さが分かっていただけるのではないでしょうか。

 

凄かったのは、この苑を造った人の「花、生きもの」へのこだわり。

桜は見事でした。でも、桜以外の花も「凜」としているのです。「生き生き」しているのです。

桜を見に来ているはずなのですが、いつの間にか、桜以外の「山吹」、「シャクナゲ」、「ミズキ」、「桃」

「木瓜」、「馬酔木」、「つつじ」等に目が行くのです。「愛でる」という感じなのです。

それぞれの花が自分の魅力を知っている様でした。桜同様に咲き誇っているのです。

だから、この苑を造った方は「夢の天国さくらの園」を作りたかったのではなく、「花のための天国」を

造りたかったのではないかと思いました。

 

しんどかったのは、坂道。急勾配。

分度器を持ってきて測りたくなるくらいの坂なのです。

右京区西京極の自宅から「ママチャリ」で行ったのですが、7.8キロメートルの道程の2分の1は自

転車を押して歩きました。無謀でした。前日に、「ママチャリ」で行く計画を先輩に話すと、「ママチャ

リ! 電動なし!!変速無し!!!死にますよ。」と止められたのですが、思いこんだら止まらない私

は自転車で行ったのでした。  しんどかった・・・・  心臓が破裂するかと思いました・・・

でも、原谷苑の桜を見たら、そのしんどさは吹っ飛びました。あの美しさを全身で感じるためには、坂

道のつらさは必要だったと思います。だから、来年も自転車で行きます。ただし、「ママチャリ」はやめ

ようと思います。

 

皆さんもいつか原谷苑に行って、桜を、そして桜以外の素敵な花を見て下さい。

 

 

子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

 



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ 人気ブログランキングへ

 

近畿大学附属小学校 菖蒲池(あやめいけ)キャンパス見学報告(1)

CIMG0706

CIMG0716
CIMG0740

右から木原校長先生、私、河内副校長先生

2010年4月13日  この4月に奈良県奈良市あやめ池に移転した「奈良近畿大学附属小学校」を見学してきました。

 

近鉄奈良線「菖蒲池(あやめ池)」に下車して、まず思った事は空気が澄んでるということでした。あやめ池が自然豊かな土地であることは知っていましたが、自然が豊かだとこんなに空気が澄んでいるものだとは分かっていませんでした。自然って素晴らしいですね。

 

「自然から得る感動は、生命や自然への畏敬、尊敬の念を育みますね。」と、木原校長先生はお話してくださったけれど、本当にそうだなぁと思いました。今のお子さんは、自然と触れ合う体験が少なくなったと聞きますが、この奈良近畿大学附属小学校で育つお子さんは幸せですね。自然と一体となれるんですから。

 

新しい校舎は、森の匂いでした。さくら材で出来た床、檜で出来た壁の匂いです。木をふんだんに使った校舎は、柔らかい感じがしました。光も溢れていました。風は文化を運んでいるようでした。

 

あやめ池周辺は、かつてはホタルの生息する地域だったそうです。奈良近畿大学附属小学校は、自然溢れる学校づくりの一環として、全校児童の力であやめ池の自然を再生する学校ビオトープを作る計画を立てています。その学校ビオトープも見せていただきました。大がかりなものでした。

 

あやめ池から水を引いてくるのですが、あやめ池の水は家庭排水が含まれているので、そのままではビオトープには使えないそうです。だから、一旦浄化槽に溜めた後に、ビオトープに注ぐのだそうです。池になる場所の小石拾いは低学年、土運びは団結力が深まっていく中学年、池を掘るのは力のある高学年と、それぞれの体力や発達段階に応じて、一から自分たちの力で作るビオトープです。

 

子ども達の一生の思い出になるに違いありません。そんな体験が出来る子ども達は、ごく少数だと思います。幸せな生徒さん達です。そして、これから入学してくる生徒さんにとっては、先輩達が作ったビオトープを整備しながら、ホタルが乱舞する日を心待ちにするのです。

 

こうした奈良近畿大学附属小学校の取り組みを認めてくださったからか、4月6日の開学式にはたくさんの地域住民の方々が学校見学に来てくださったそうです。嬉しいことですね。

 

奈良近畿大学附属小学校を応援してくださる地域の方の暖かい目の守られてこどもたちは成長していくのです。有り難いことですね。

 

次回は、入試関係の事について書きます。

 

近畿大学附属小学校のホームページはこちらです

 

 


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

早寝・早起き・朝ご飯・ラジオ体操

2010年4月

4月8日に小学校入学式を迎えた女児のお母様からいただいたメールを紹介します。

 


 

昨日は晴天の下、無事に入学式を終えました。

今日も早起きして楽しそうに登校してくれました。

『スッキリと登校させるために朝に勉強させて送り出す』と言うお母さん方

が多い中、娘には朝にラジオ体操をさせることにしました。

学校に行ったら嫌でも勉強しなければならないのですから・・・

 


 

ラジオ体操ですか。 おもしろいですね。この親子には、いつも驚かされます。

頭の活性化の前に、体の活性化です。当然ですね。

 

早寝・早起き・朝ご飯・ラジオ体操 です。


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

                   ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

保護者の方から 家庭教師編

2010年4月11日

大阪 城東区野江に家庭教師に行ってきました。

昨日の10日、4歳になったばかりのお姉ちゃんと、2歳6ヶ月の弟君のレッスンでした。

弟君はまだ2歳6ヶ月ですが、お姉ちゃんと同じ事をしたがるということでしたので、1学年違うのです

が、同時にレッスンしてみました。同じ教材でも、難易度を変えてレッスンしてみたのです。

以下は、翌日にお母様から頂きましたメールです。

お勉強は楽しい、育児は楽しいことを分かっていただきたいと思い、紹介します。

 


 

兼田先生

御礼が遅くなりました。
昨日は遠方からわざわざ起こしいただきまして、感謝感謝です。
子供たちは本当に楽しかったみたいです。
先生が帰られてからも、上の娘は、「かねだ先生来たね~」ですとか、「お勉強教えてもらった。」ですとかよくしゃべっておりました。

また、二歳 の息子もハサミをみると「かねだ先生としたねぇ。」とレッスン内容を思 い出したり、「兼田先生とお勉強して楽しかった?」と聞くと、「かねだ先生、可愛かった。」(笑)とニコニコ話していました。
先生からお聞きするレッスンの説明は目からウロコで、一つ一つの作業の持つ意味や、幼児の特性、接し方のアドバイスを丁寧に教えていただきまして、非常に有意義でした。
教えていただきました遊びは是非家庭でも取り入れて行きたいと思います。


子供らが一時間以上、机に座っていられたのが驚きでした!特に下の息子 は典型的な保育園っ子で、やんちゃなタイプですので。。。
また五月にレッスンが受けられるのを親子共々楽しみにしております。
今後ともよろしくお願い致します。

 


 

いえいえ、こちらこそ楽しませていただきました。

可愛いお二人でした。

次は5月にレッスンに行くのですが、今からワクワクします。

 

けいkids+は、幼児教室です。でも、お母さん教室でもあります。

お母さんの笑顔のないところに、子どもの笑顔はありませんから。

まずは、お母さんに笑顔を、そして子どもの笑顔を守りたい。

幼児教室けいkids+の心です。

 



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ 人気ブログランキングへ

 

帝塚山学院幼稚園 田中幸枝先生インタビュー(2)

2010年4月 大阪市住吉区にある帝塚山学院幼稚園の、田中主任インタビューシリーズ(2)です。田中先生の楽しく、為になるお話を紹介します。


CIMG0684


この帝塚山学院幼稚園は、今頃はやりの保育活動はしていません。

延長保育さえしていません。大人にとっての利便性のあるだけの保育活動はしていないのです。


幼児期に必要なものだけを考え、子どもがまっすぐに育つためにはどうあるべきかを考え続けている幼稚園です。だから、この園の子どもたちは、子どもらしい子どもです。おませではないし、楽しいものを楽しいと感じる事が出来る子ども達です。妖精の心を持っている子ども達だと思っています。そういう意味で、この園の特徴の1つは、「贅沢な幼児期」を送ることが出来る園であること、「子ども時代を子どもらしく生きる」事が出来る園であることだと思います。


この帝塚山学院幼稚園は、入園時に面接テストがあるんですよ。テスト内容は、1、家の中にある様々な物の名前が言える。(分かっているか?)2、先生のまねをして、積み木をつむ。3、数を数える。4、基本的生活習慣が身に付いているか。(例えば、こんな時には、どんなご挨拶をしたらいいの?等とお聞きします。)等が中心になります。こういったことを通して、日常生活の中でお父様、お母様とどのように関わっているかをみています。決して、知能的な事を調べるものではありません。

入園テストの時には無理でも、4月の入園時には「おむつ」は取って来て下さいねと、毎年申し上げているのですが、年々「おむつ」が取れないまま入園を迎える年少のお子さんが増えています。もちろん、早生まれのお子さんについては考慮はしますが、年々「おむつ」が取れないといって悩んでおられる方が増えて来ています。そして、3月に入っても「おむつ」が取れないと焦っておられるお母様が増えてきています。全国的に見ても、「おむつ」のまま入園するお子さんがどんどん増えているようです。これは異常です。「おむつ」が取れなさすぎます。赤ちゃんの人格形成は、まず「快」か「不快」からはじまると思います。「布おむつ」でしたら、濡れたら「不快」だから泣きますよね。でも、「紙おむつ」だと「不快」を感じません。「不快」でないから、泣きません。でもね、「不快」がなければ「快」は、分からないのですよ。「快」を知らないまま、育つことになります。それは、とても怖いことだと思います。「快」がない人生がはじまるなんて・・・

今の「紙おむつ」は、技術が進歩して、「おしっこ5回まで大丈夫」というものまで販売されています。お母様の中には、「もう1回は大丈夫だから、おむつにおしっこしなさい。」とまで言う方もいるそうですよ。もちろん、他園の方の話ですよ。たしかに、5回までは大丈夫なのでしょう。漏れないのかも知れません。でもね、何が怖いかというと、おむつの交換を4回分放っておくという事は、5回に1回しか会話しないということなんですよ。親子のコミュニケーションがなくなるのですよ。おむつを替えながら、「おしっこ出たねぇ。」「気持ち悪かった?。」「きれいきれいにしましょ。」「さぁ、気持ちよくなったね。」という親子の会話が5回に1回になるのですよ。そんな風に育ったお子さんに、コミュニケーション能力が育つとは思えません。共感してもらうことが少ない場合、相手の気持ちが分からないお子さんに育ってしまうかもしれません。表現力の乏しい、語彙の少ないお子さんになってしまうかも知れません。

便利なものを、取り入れるって事はなくす物もあるんです。お母様方は、しっかり考えなくてはならないと思います。お子さんにとっては、生まれつきの「おむつ」、身体の1部になっている「おむつ」を取るのですから、お母様もよほどの覚悟がないと上手く行きません。面倒臭くなるようですね。でも、「おむつはずし」は、コミュニケーション能力作りの基礎ですから、頑張っていただきたいと思います。

田中先生のお話って、本当に為になりますね。

まだまだ、続きます。ご期待ください。

帝塚山学院幼稚園のホームページはこちらです。

 


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

 

受験期に起こりやすい症状(4)円形脱毛症

受験期に起こりやすい症状、今回は「円形脱毛症」について書きます。

以前に、講師をしていました大阪の教室でのお話しです。

大阪教育大学付属天王寺小学校を受験した男子さんがいました。大阪教育大学付属天王寺小学校は、関西でトップクラスの難関小学校です。その男児さんには、すごく良くできるお姉ちゃんがいて、有名な私立小学校に通っていました。ご両親は、その男児さんにも小学校受験のチャンスを与えようと思われたのか、夏休みくらいから受験の準備をし始めました。小学校受験塾の夏休み特別講習にも行きましたが、「なんで、象の鳴き声がパオーンなんや。ちがうやろ。」なんて言うユニークなお子さんでした。

頑張ったようでしたが、結果は「不合格」でした。残念です。でも、そのお子さんは、そう落ち込んだ様子を見せることもなく、相変わらずのやんちゃさんでした。そして、近所の公立小学校に通い始めました。夏休み前になり、帽子を被ってきました。

お母様に「先生、ちょっと。」と呼ばれ、お話しを聞いてみますと、「円形脱毛症になってひどい状態だから、帽子を被ってきました。席を1番後ろにしてやってください。お願いします。」ということでした。病院に行かれたそうですが、小学校受験の影響だろうと言われたそうです。

でも、「不合格」になった時も、平気な様子でしたから、まさか半年も経ってから円形脱毛症になるとは、だれも思っていませんでした。幼児の円形脱毛症について調べてみますと、
「円形脱毛症は、性別や年齢に関係なく誰にでも起こる可能性のある病気ですが、実は子供の円形脱毛症は大人に比べて多いといいます。特に幼児期での円形脱毛症は発症例が多いようです。原因ははっきりとはしていないのが現状ですが、幼児においては50~70%がアレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎・喘息を合併するというのが、子供の円形脱毛症の特徴です。円形脱毛症で髪が抜けるというのは、子供にとって精神的にも大きなショックでしょう。学校など、周りに理解を求め、必要によってはかつらを作るなどの対策を講じ、子供の精神的な負担を軽くしてあげる努力が必要です。子供の円形脱毛症は、親が期待を持ちすぎたり、親が愛情を注がないことによるストレス、と決めつけてしまってはいけません。病院できちんと検査を受け、正しい対処法を実施してください。」と、ありました。

円形脱毛症は、単純にストレスだとは決められないのですね。でも、このお子さんにとってはストレスが原因だったのかもしれないと思います。子どもにとって、突然髪の毛が抜けたらショックでしょうね。本当は「不合格」もショックだったでしょうけれど、何とか平静を装って乗り切ったのに、半年も経って髪の毛が抜けるなんてもっと嫌でしょうね。その後、そのお子さんの円形脱毛症がどうなったのかは、分からないのです。退塾されましたから。誰かにからかわれたというのではありません。その塾は親子同室型だったのですが、円形脱毛症になった頃から、レッスン中に親子バトルになってレッスンにならなくなってしまったのです。

受験は一瞬、親子関係は一生。受験はお子さんにとっても、ご両親にとっても辛いものです。しかし、親にとって我が子はかけがえのないものです。同様に、我が子が、親をかけがえのない親だと思ってくれる受験にしなければなりません。


 

子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

 

保護者の方から

2010年4月

けいkids+教室 新年長の生徒のお母様からいただいたメールをご紹介します。

 


 

今日のブログ感動でした。納得です。この半年本当に我が子は変わりました。そしてまり先生に会え

て私も変わってきたように思ってます。家で怒ることが少なくなりました。性格も能力と言われたように

能力が高まりよく理解できるようになってきたことを実感する毎日です。

そして、そのためにどう言葉がけするのがいいのか私も勉強です。

家で、「積み木のドリル」をしているんですが。まり先生の教室では未だ習っていない問題なのに、わ

りとスイスイ解いていて驚いてます。思考能力がついてきていることに1人わくわくして見ていました。

まだまだ、どんどん変わっていくのかなって思うと楽しみです。我が子は、けいkids+大好き、私も大

好きです。たぶん通っているお子さんのお母さんはみんなそうじゃないかと思います。

お話変わるんですが、「重さ比べのドリル」で二番目に重たいものを選ぶというところ、難しく悩んでい

ます。どう説明したらうまく伝わりますか?

 


 

許可をいただきましたので、ご紹介いたしました。

ありがとうございます。私だって、Rちゃんも、お母様も大好きよ。

 

けいkids+教室って、実は勉強らしいことはしていないんです。

レッスン中も、お母様方とお話しているだけなんです。

でも、子どもって、良くわかっているんですよね。お母さんが笑顔かどうかを。幸せかどうかを。

お母さん、お父さんが、笑顔というだけで、どんどん意欲的になるんですよね。

世の中で1番大切なお母さん・お父さんが自分のそばで笑ってくれているんですよ。

心が幸せでいっぱいなのだと思います。能力全開になりますよね。

 

「2番目に重いものをさがす。」についてですが、これは次週に教室で取り組むことにしました。

新年長さんのこの時期に、この問題を理解させようとすれば、たくさん説明しなければなりません。

その方法では、その場では出来るようになるかも知れませんが、数日経てば、忘れるに違いないで

す。論理的思考力を育成する方が先です。

 

生徒の分からないところを教えるのが、良い先生でしょうか。

生徒が何故出来ないのかを考えて、不足している能力を見極め、その能力を高める手助けができる

先生が、良い先生かも知れません。私は、そんな先生になりたい。

 


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

                   ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

幼児教室けいkids+ 教室について(21)

2010年 4月2日

 

私は、教室の小学生さんたちに「学校は楽しい?」ってよく聞きます。

高学年になると、「楽しい!」って答える子は少なくなります。「まあまあ・・・」と答える子が多くなりま

す。小学生が「まあまあ・・・」!! 学校って、そんな所なのでしょうか。

楽しくなくても、「学び」が進むのでしょうか。

楽しいから、自主的に、持続的に、熱意を持って学び続けられるのだと思うのですが。

学校が楽しいと思えるのは、お勉強がわかるからだけでは無いと思います。

「この学校には、僕のことを分かってくれる先生がいて、僕のことを信用してくれる友達がいる。

なら、ここも僕の家やんか。」(大阪聖母学院小学校でのことです)と言うお子さんにとって

は、たとえお勉強が苦手だとしても、学校は楽しい所です。

だから、苦手なお勉強だって頑張れると思うのです。

学校は行くだけでなく、楽しい所にしてあげたい。帰る家にしてあげたい。

そうすれば、「まあまあ・・・」なんて、寂しいことは言わなくなると思うのです。

 

けいkids+教室は楽しいって、子ども達は言ってくれます。それは、何故なのでしょう。

 

私は、1人ひとりにわかるように説明は変えています。と言うより、説明は最低限にして考えさせてい

ます。でも、ただ「考えなさい。」って言うのは、材料を渡さないで料理を作りなさいって言うのと同じ様

に思います。出来ません。出来るわけがない。

 

料理には下準備が必要なように、「学び」にも下準備が必要だと思います。

 

だから、けいkids+教室では、この「下準備」として能力を育成します。こどもたちは、手元にある材料

を「包丁」という「能力」で処理していきます。その「包丁」は、けいkids+教室に入会したときに掴んだ

「包丁」です。新しいものが出てくる度に、持ち変える必要のない包丁です。初めに手にした包丁のま

まその包丁が大きくなり、強度を増し、使い手も熟練していくのです。

だから、最低限の説明だけすれば、後は自分で考えられるのです。

自分で考えて解決出来るから楽しいのです。

 

教室では、生徒をじっとみます。その問題が解けないのは、何が不足しているからなのかをじっと考

えます。どの能力が伸びていないから、出来ないのかを探ります。

「頑張れ!」とは、言いません。「頑張っているね。」と言います。

そして、不足している能力を伸ばします。教えるのは簡単です。でも、教えたことはすぐに忘れてしま

います。自分で学び取った事しか身に付きません。だから、能力をつけるしかないのです。能力をつ

けるのは、時間がかかります。でも、どの子どもも絶対に伸びます。伸び続けます。

能力をつけて、自分で考えることができる子は、自分で学び続けられます。

 

幼児教室は、一生学び続けられる人を育てる所だと思います。

この教室は、小さな世界ですが、生徒さんが自分らしくいられる所にしたいと思っています。

 


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

 

けいkids+教室生の鉛筆

この春に1年生になるお嬢さんをお持ちのお母様に聞いたお話を紹介します。

 

そのお母様は、お嬢さんが今まで一生懸命に学習した後の短くなった鉛筆を、全て保存しているそう

です。二人で頑張ってきた思い出の品です。

そして、ときどき思い出の鉛筆をお嬢さんと眺めるのだそうです。

 

あなたは、こんなに頑張ってきたのだと誉めるそうです。

だから、これからだって大丈夫と勇気づけるのだそうです。

 

今までこなしてきたプリントを残しているお母様は、たくさんいらっしゃいます。

でも、短くなった鉛筆を記念に保存しているお母様にお会いしたのは初めてです。

 

母親の愛って素晴らしい。素敵な親子です。



 

子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

                   ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

幼児教室けいkids+教室について(20)

けいkids+教室では、生徒をじっとみます。その問題が解けないのは、何が不足しているからなのか

をじっと考えます。どの能力が伸びていないから、出来ないのかを探ります。

 

「頑張れ!」とは、言いません。「頑張っているね。」と言います。「頑張れ」は、今の状態を認めてい

ない言葉のように思うのです。

どこかに不足している能力があるから、その問題が解けないのです。正しく捉えていないから、正しく

処理できないのです。では、出来るようになるにはどうすればいい?教えるのは簡単です。でも、教

えたことはすぐに忘れてしまう。自分で学び取った事しか身に付きません。だからこそ、能力をつける

しかない。能力をつけるのは、時間がかかります。でも、子どもは絶対に伸びます。正しく捉えることさ

え出来れば伸び続けます。基礎能力さえ身に付けておけば、自分で学び続けられます。

 

けいkids+教室は、一生学び続けられる人を育てる所でありたいと思っています。



この教室は、小さな世界ですが、生徒の皆さんが自分らしくいられる所にしたいのです。

 


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  
合格実績
2019年度 私立小学校合格実績 (2018.9.22現在)
同志社小学校 1名
立命館小学校 2名
京都文教付属小学校 1名
京都聖母学院小学校総合コース 1名 

2018年度 私立中学校合格実績(2018.1.17現在)
神戸女学院中学部 1名
同志社国際中学校 2名
立命館中学校 1名
 

2018年度 大学合格実績(2018.3.21現在)
北海道大学獣医学部1名
立命館大学総合心理学部1名
近畿大学工学部1名

ランキング
ランキングに参加しています。 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ
無料体験レッスン
けいkids+では『無料体験レッスン』を受付しております。
どのようなレッスンを行っているのか、お気軽にお問合せください。
ご連絡お待ちしております。

無料体験レッスンのご案内はこちらです。
大学や中学校・高等学校に関する教育ニュースを紹介しています。関西
カテゴリ別アーカイブ
おすすめ関西サイト
幼稚園受験100

kanasai-in2

kanasai-setu2
  
2013年1月29日更新
問題集のご案内

中研問題集
tyuuken

面接質問集(返答下書きシートつき)
mensetutop

低価格 ダウンロード問題集
keiretu-toptop
小学校受験問題集アンケート
幼稚園探し

幼稚園受験160

幼稚園受験160

関西幼稚園受験160

QRコード
QRコード