けいkids+まり先生のブログ

まり先生が京都で教えるけいkids+幼児教室 小学校受験もおまかせ!

京都府立乙訓高等 学校学校説明会レポート

けいkidsは、幼児・小学校低学年専門教室です。
ですから、私立小学校の学校説明会には行きますが、高校の学校説明会は初めてでした。

幼児さん、小学生は可愛いです。小さいと言うだけで、可愛いです。でも、え、高校生!!! 可愛いの??? って思っていました。 でも、行ってみて分かりました。可愛いです。
人生の後輩として、すごく可愛いです。笑顔がとっても素敵でした。

山本校長先生は、「自己否定まではいかないけれど、自己向上心が少ない生徒が多い。それは、あらゆる体験の不足による、自分に対する自信の無さが原因だと思う。」と話されていました。

 高校生で体験の不足!!幼児期・小学校・中学校の時の体験が不足ってことでしょうか。では、何を体験すればよかったのでしょう。いやいや、この体験というのは行事的なものではなく、心の体験って事かも知れません。「自己肯定感」を育てる体験が不足していたのかも知れません。幼児期に、身近な人に「自己肯定感」を育てて貰うチャンスが少なかった子どもは、成長しても自分に自信が無いのかも知れません。

高校生で、自分に自信をもっている人が多いとは思えません。高校時代は「自信を持てる自分探し」の時なんだと思います。人生で一番つらい時期かもしれません。道を探すことは大変です。その時期に、「今は自信がない。でも、私は私で良いんだ。自信が持てない自分さえ好きだ。頑張っている自分が好きだ。」と思えなければつらいです。そしてその根拠は「だって、家族はみんな私を必要としてくれている、認めて受け入れてくれているもの。私は大丈夫。」それが、自己肯定感です。。無条件の親の愛に包まれて育つのが「自己肯定感」。これが無ければ、高校時代は乗り切れないかも知れません。

人の一生を左右するのは幼児期の過ごし方なのかも知れません。幼児期にこそ「自己肯定感」を育てなければいけません。いや、「自己肯定感」は幼児期にしか育たないのかも知れない。

教室の対象年齢とはかけ離れた高校の説明会でしたが、考えさせられる事が多かったです。

人の成長は幼児・小学校で止まるわけではない。教室の幼児さんの先は長い。先の方がうんと長い。先を見据えた学びを提供しなければいけません。 親は、子どもが転けないようにと願います。でも、転ばない子はいません。親が出来ることは、転ばないようにするのではなく、起きあがる力を育て上げる事だと思います。そして、けいkids+ はその手伝いが出来たらいいなと思っています。

 

子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ    

 

私立小学校訪問 (3) 城南学園小学校 山北校長先生インタビュー

2009年 5月28日

大阪市東住吉区にある城南短大附属小学校に行ってきました。校長先生は山北浩之先生。山北校長先生は優しいけれど厳しい先生です。その山北校長先生の指導 を受けた生徒さん達は小さな紳士・淑女でした。下校時のバス停で、後から並んだ私に「お先にどうぞ。」と順番を譲ってくれました。見事なしつけです。


CIMG0162

山北校長先生と私


城南短大附属小学校の教育目標は、「強く、正しい。」「清く、やさしい。」です。

そして、教育方針は、
1、人間としての基礎・基本の徹底。
2、学力の基礎・基本の徹底。
3、学ぶよろこび・活動するよろこびの徹底。


山北先生と4時間も教育について語り合いました。教えるべきことはしっかり教え、しつけるべきところはきちんと全員ができるようになるまで指導することが大切だと話して下さいました。そして、何事にも意欲的に取り組み、社会へ貢献できる人間に育てるために、教師が一丸となって子供達に寄り添っているのだと話して下さいました。また、「魂をつくる大切な6年間」にたくさんの種を植えたいとも話して下さいました。山北先生の熱い思いにあっという間の4時間でした。 


小学校受験家庭に伝えたいことをお聞きしました。山北校長先生は、「こちらの質問に対して、順序だってお話のできるお子さんが少なくなっています。それは、ご家庭で親が先まわりして、何でもしてあげているのが原因ではないでしょうか?単語の会話をしているからではないでしょうか?喉が渇いたと言えば、さっとお茶を出していてはだめです。喉が渇いたの?と聞き直して下さい。そうすると、本人が何か答えるでしょ。考えるでしょ。それまで待ってほしいのです。考えるチャンスを作ってあげてほしいのです。そういう家庭を作ってください。」と話して下さいました。 また、「子供が伸びる時は、自信を持った時だけです。ですから、すぐに親が手を出さずに子供に任せるところは任せてください。自分で出来たことで自信を持たせて下さい。」とも話して下さいました。


私も、これらはとても大切なことだと思いました。小学校受験を考えているご家庭だけではなく、どのご家庭でも心がけて欲しい育て方です。


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

私立小学校訪問(2) 京都  光華小学校 櫻井校長先生インタビュー

2009年 5月21日  京都 光華小学校を訪ね、桜井校長先生にお話を伺って参りましたので、ご報告いたします。

s-CIMG0326


光華小学校は京都市右京区にある私立小学校です。光華小学校は長男の出身校なのです。久しぶりに訪ねた小学校は懐かしい香りがしました。土臭い子どもの匂いと給食のパンの匂いです。


桜井先生にも 「小学校受験家庭に伝えたいこと」を尋ねました。


桜井先生は、「今のお子さんには社会力が不足していますね。社会力と社会性は違うものだと思っています。社会性と言うのはその場に合わせていくことの出来る能力ですが、私たちが育てたいのは社会力なんです。自分の人生に切り込んでいく力、自分で考えて前進していく力が社会力なのです。そうして社会を担って行かなければならないと思いますよ。この社会力の素を家庭で身につけてほしいと思いますね。では、そのためのはどうすれば良いかというと、子どもの話を聞いてあげてください。もっともっと聞いてあげてください。ご家庭での会話が少ないのでは無いかと思うお子さんが多いですよ。人の話しが聞けないお子さんが増えています。面接の5分がじっと出来ないお子さんもいらっしゃるんですよ。プリントが出来れば良いのでは無いと思いますよ。何も難しいことを言っているのではありません。年相応の発達をしていれば、それでいいのです。光華小学校は派手なことは何もありません。でも、それで良いのです。子どもが子どもらしくあれば良いのです。光華小学校が、この不況にあっても生徒数が減ると言うことがないのは、こうした考えに賛同して下さる方が少なからずあるのだなぁと思っています。ありがたいことだなぁと感謝しております。」と話して下さいました。


桜井先生の話されたことは、先日お会いした箕面自由学園の原校長先生のお話と相通じるものがたくさんありました。本当に子どもを愛している人の感じることは、同じなのですね。



素晴らしい校長先生達にお会いして、幼児教室けいkidsの目指すところ、「技術を習得して合格するのでは無く、能力を育てて余力で合格する子どもを育てる」ことが、学校側の求める子どもでもあると再確認しました。けいkidsは、子どもを泣かせません。問題の本質を理解させる指導もなく、ただただプリントを繰り返すのはつらい。つらいから、子ども達は泣きます。何故なら、子どもは本来「考えること」が大好きだからです。考えないのはつらい。


幼児教室けいkidsは子供を泣かせません。考えさせますから泣きません。考えることは楽しいから泣きません。入試まであと5ヶ月。子ども達の笑顔とともに過ごします。


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ    

私立小学校訪問 (1) 箕面自由学園小学校 原校長先生インタビュー

2009年5月20日 箕面自由学園小学校 原校長先生にお会いしました。


CIMG0148

原校長先生と私

箕面自由学園小学校は大阪豊中市にある私立小学校です。今日は以前から親しくさせていただいている原校長先生にお会いして、「小学校受験家庭に伝えたいこと」等をお聞きしてきました。楽しいお話が続き、気がつけば2時間も過ぎていました。私は、箕面自由学園さんの電話対応がいつも丁寧で優しいところを素晴らしいと思っていました。あぁ、この学校なら安心して我が子を預けられるなと思える優しさなのです。そして、いつもにこにこと生徒さんに話しかけている原校長先生にお会いして、ますます箕面自由学園は素敵な学校だなと思いました。

以前、箕面自由学園に通っていた生徒さんを受け持っていた時のことです。その生徒さんは、毎朝 7時に学校に到着するのだそうです。早く学校に行きたくて行きたくてたまらないのだそうです。そうして、校庭でみんなを出迎え、遊びたいのだそうです。残念なことに、私にはそんな経験はありませんでした。そんなに楽しい学校ってあるんですね。羨ましいなと思いました。


「小学校受験家庭に伝えたいこと」についてお尋ねしたところ、

1、親がお手本を示して 良い悪いをしっかりおしえることが大切。
2、子どもの言いなりになることが愛情では無く、我慢させるべきところは我慢
させること。


と、答えて下さいました。このような子育ての基本が出来ているご家庭のお子さんをお預かりしたいと、話して下さいました。本当にそうですね。受験塾に入れただけでは駄目なんですね。ご挨拶・お片付け・お行儀・自分の身のまわりのことは自分で出来るか・お手伝いをしているか等の家庭のあり方が大切なんだと思いました。

今、受験準備をしていらっしゃるご家庭の皆様、このことを忘れないで合格に向けて頑張って下さいね。

子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ    

合格実績
2019年度 私立小学校合格実績 (2018.9.22現在)
同志社小学校 1名
立命館小学校 2名
京都文教付属小学校 1名
京都聖母学院小学校総合コース 1名 

2018年度 私立中学校合格実績(2018.1.17現在)
神戸女学院中学部 1名
同志社国際中学校 2名
立命館中学校 1名
 

2018年度 大学合格実績(2018.3.21現在)
北海道大学獣医学部1名
立命館大学総合心理学部1名
近畿大学工学部1名

ランキング
ランキングに参加しています。 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ
無料体験レッスン
けいkids+では『無料体験レッスン』を受付しております。
どのようなレッスンを行っているのか、お気軽にお問合せください。
ご連絡お待ちしております。

無料体験レッスンのご案内はこちらです。
大学や中学校・高等学校に関する教育ニュースを紹介しています。関西
カテゴリ別アーカイブ
おすすめ関西サイト
幼稚園受験100

kanasai-in2

kanasai-setu2
  
2013年1月29日更新
問題集のご案内

中研問題集
tyuuken

面接質問集(返答下書きシートつき)
mensetutop

低価格 ダウンロード問題集
keiretu-toptop
小学校受験問題集アンケート
幼稚園探し

幼稚園受験160

幼稚園受験160

関西幼稚園受験160

QRコード
QRコード