CIMG0225

赤野校長先生と私

CIMG0226

歴史を感じる校舎


2009年 7月13日 月曜日
大阪府寝屋川市美井町にある 大阪聖母学院小学校に行ってきました。
校長先生は、赤野先生です。

大阪聖母学院小学校は、京都にある「聖母学院小学校」と姉妹校です。



大阪聖母学院小学校は、「愛の学校」でした。

私が赤野校長先生にインタビューをしている間の、お休み時間。「失礼します。」と言って次々に入って来る男の子達。赤野校長先生をラケットベースに誘いに来るのです。人気者の校長先生です。「ごめんな、今 お客さんなんやぁ。」と答える赤野先生。子ども達は、とっても残念そうに「分かりました。」と言って出て行きます。私は、「ごめんなさいね、皆さん。」って心の中で謝っていました。


男の子だけではありません。女の子達は、校長室に歌を歌いに集まって来るそうです。赤野校長先生は、いつも何種類かの歌詞を用意しているそうです。子ども達は、校長室で初めて会った学友と声を合わせて歌います。心を合わせて歌います。赤野校長先生は、得意のギターで伴奏をするそうです。学校が用意した縦割り教育ではない、異年齢間の交流です。

この学校の生徒さんは、みんな「笑顔良し」なんです。恥ずかしがりもせず、緊張もせず、自然な、あどけない笑顔なんです。笑顔を向けられた方が、ハッとする笑顔なんです。どうして、あんな笑顔でいられるんでしょう?
それは、この学校が「愛の学校」だからだと思います。

赤野校長先生に伺ったお話を紹介します。
「忘れることの出来ない事があります。昨年の6月に、ある生徒が、「ただいま。」と言って登校してきたのです。少し驚いたので、そのわけを聞くと、その生徒は、「家が1番。でも、この学校には僕のことを分かってくれる先生がいて、僕のことを信用してくれる友達がいる。なら、ここも僕の家やんか。」言ってくれました。学校は行くところですが、帰るところでもあったのですね。」

学校は行くだけではなく、帰るところだったのです。

やはり、大阪聖母学院は「愛の学校」です。


大好きがいっぱい、
笑顔がいっぱい、
いのちがいっぱい。 の、学校です。


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ