2009年 5月28日

大阪市東住吉区にある城南短大附属小学校に行ってきました。校長先生は山北浩之先生。山北校長先生は優しいけれど厳しい先生です。その山北校長先生の指導 を受けた生徒さん達は小さな紳士・淑女でした。下校時のバス停で、後から並んだ私に「お先にどうぞ。」と順番を譲ってくれました。見事なしつけです。


CIMG0162

山北校長先生と私


城南短大附属小学校の教育目標は、「強く、正しい。」「清く、やさしい。」です。

そして、教育方針は、
1、人間としての基礎・基本の徹底。
2、学力の基礎・基本の徹底。
3、学ぶよろこび・活動するよろこびの徹底。


山北先生と4時間も教育について語り合いました。教えるべきことはしっかり教え、しつけるべきところはきちんと全員ができるようになるまで指導することが大切だと話して下さいました。そして、何事にも意欲的に取り組み、社会へ貢献できる人間に育てるために、教師が一丸となって子供達に寄り添っているのだと話して下さいました。また、「魂をつくる大切な6年間」にたくさんの種を植えたいとも話して下さいました。山北先生の熱い思いにあっという間の4時間でした。 


小学校受験家庭に伝えたいことをお聞きしました。山北校長先生は、「こちらの質問に対して、順序だってお話のできるお子さんが少なくなっています。それは、ご家庭で親が先まわりして、何でもしてあげているのが原因ではないでしょうか?単語の会話をしているからではないでしょうか?喉が渇いたと言えば、さっとお茶を出していてはだめです。喉が渇いたの?と聞き直して下さい。そうすると、本人が何か答えるでしょ。考えるでしょ。それまで待ってほしいのです。考えるチャンスを作ってあげてほしいのです。そういう家庭を作ってください。」と話して下さいました。 また、「子供が伸びる時は、自信を持った時だけです。ですから、すぐに親が手を出さずに子供に任せるところは任せてください。自分で出来たことで自信を持たせて下さい。」とも話して下さいました。


私も、これらはとても大切なことだと思いました。小学校受験を考えているご家庭だけではなく、どのご家庭でも心がけて欲しい育て方です。


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ