2012年 2月17日 
大阪府箕面市にある「箕面自由学園小学校」で、英語の授業を拝見してまいりました。

箕面自由学園小学校のホームページはこちらです。


CIMG3509
テキストです。

ネイティヴの先生の先生と日本人の先生のお二人で指導していました。特に、このネイティヴの先生は箕面自由学園小学校でもう10年も英語を教えているそうですが、口蓋図を描いて、とても丁寧に発音を教えていらっしゃいました。日本語もお上手で、「舌が上の歯に軽くつくように。」とか、「唇が引っ付かないように。」等、具体的に説明していました。そして、小グループに分けて、一人ひとりの発音をチェックします。自分の口を見せて、真似をさせていました。英語の指導だけでなく、生徒の授業中の態度に対しても、注意を払っていました。英語を楽しく学ぶことは大切だけれど、楽しさの中に箕面自由学園小学校の学びに対する真摯な姿勢が盛り込まれていました。さすが、ベテランの先生だなと思いました。


CIMG3513
今日の授業は発音の復習です。ポイントさせて、集中させていました。
「単数と複数」の授業もありました。


箕面自由学園小学校では、1年生から週2時間の英語授業があります。1年生から3年生までは、2回の内の1回は日本人の先生による授業、もう1回がネイティブの先生と日本人の先生によるチーム・ティーチング授業です。4年から6年までは、週2回ともネイティブの先生の授業です。




子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。


k-kidsbanner




ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ