2012年 11月21日

兵庫県にある「雲雀丘学園小学校」で5年生理科の授業を見学して参りましたので、ご報告したします。


CIMG4241
5年生の「燃焼の実験」を見学しました。
理科専科の岸本教諭です。TT授業でした。

CIMG4245
この授業の課題は、「ものが燃えるには、空気が必要な事を確かめよう。」です。
実験に先立ち、あらかじめ先生方が実験した映像を見て、重要ポイントを確認しました。

CIMG4254
緑色のものは粘土で、空気の出入りを調整します。
ろうそくに火をつけて理科室の電気を消し、火をつけた線香の煙の動きを観察しました。
線香の煙の動きで空気の動きを知るのが実験の目的です。
生徒の様子を見ていますと、実験になれている手つきでしたね。落ち着いて、実験出来ていました。


雲雀丘学園小学校には低学年理科室と高学用理科室がありました。これは珍しいですね。他校では見たことがありません。でも、確かに低学年と高学年では実験使用する器具も異なりますし、実験の難易度も大きく異なりますから、別々の部屋で丁寧に指導していく方が良いかもしれませんね。この5年生さんたちも、低学年からの実験体験の積み重ねがあって、こうして落ち着いた実験ができるようになったのでしょう。


CIMG4230
5年生の「ひばりタイム」 百ます計算中

雲雀丘学園小学校では、今年度から授業前と昼休みに「ひばりタイム」と銘打った短時間学習の時間を設けて、朝の「ひばりタイム」では「100マス計算」を実施しているそうです。同学年は全クラス同じ百ます計算プリントをしているので、各クラスの学習定着度が明らかになるそうです。クラスといえば、雲雀丘学園小学校は4クラスあるのですが、クラス名は「雪」、「星」、「月」と、「虹」でした。どこかで聞いたようなことのある名前なので、石田校長先生にもしかして・・・・とお聞きしてみますと、やはり、宝塚にちなんでの命名だそうです。そして、「虹」は3クラスから4クラスに増やした時に児童や保護者の希望で決まったそうです。

CIMG4227
目標は3分以内で百ます計算を完成することです。スタートの合図とともに始めて、出来上がれば黒板の時計を見て、自分でタイムを書きとめます。皆さん、真剣でした。
1~2年生は、昼の「ひばりタイム」に「サントレ(サイエンティフィック・トレーニング)」を行っていて、俳句や短歌、名句・名言などの美しい日本語に触れながら、語彙を広げ心を豊かに育てる取り組みを行っているそうです。

CIMG4234
4年 雲雀タイムの中の「瞑想タイム」中
放送でピアノ音楽が流れているあいだ、全校一斉に瞑想します。
百ます計算、瞑想タイム等、脳を活性化させてから、一日の授業に取り組みます。


雲雀丘学園小学校さんは、今年も好調です。入学試験応募者数も昨年度より8%も増加したそうです。増加の秘密について、そして、今年の入学試験についての感想を石田成光校長先生にお聞きして参りましたので、次回にお話しいたします。


これまでに、けいkids+ブログでご紹介した雲雀丘学園小学校のレポートはこちらをご覧ください。


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

                   ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ