2017年 5月8日


桜の季節になりました。京都市山科区にあります「一燈園・燈影学園 一燈園小・中・高等学校」を訪ね、相 大二郎(あい だいじろう)学園長先生にお話を伺って参りましたので、ご報告します。


                        IMG_1552
                 “根本のことを自然な方法で教える”学校法人燈影学園
                一燈園小学校のホームページはこちらをご覧ください。

                                             P4204376                       
                      相 大二郎学園長先生

大二郎先生にお話はたくさん伺ったのですが、まずは頂戴いたしました著書から大二郎先生のメッセージを紹介したいと思います。

「一燈園は明治三十七年(1904年)に西田天香さんによって創められた生活である。「一燈園とは何か」と言う質問に対して、天香さんは常に「一燈園は宗教ではない、生活そのものである」と説明されていた。またその生活については「自然に適った生活である」と説明された。この「自然に適った生活」と言う言葉に対して私は幼い頃から大きな疑問と、そしてより大きな魅力を感じていた。この言葉はさらに次のように丁寧に説明される。「自然に適った生活をすれば人は何ものをも所有しなくとも許されて生かされる」 いよいよ疑問と魅力は大きくなってくる。そして宗教ではないといいきるこの「一燈園生活」の中に一般の宗教団体にはない、より深い宗教的な空気が漂っていることを感じていた。」
        日本一小さな私立学校長のメッセージ「命って何」PHP研究所刊から

「天香さんは「一燈園の学校は宣伝するな、光っておれ」という遺言を残している。これもヒントです。学校が光るという意味が、よくわからない。廊下が光っているくらいで光っている学校とはいえないし、国公立に二桁三桁進学した実績が光っているわけでもない。毎晩、布団に入るたびに光っている学校とはどういうことかと自分に問いかけることが、かろうじて少しでも光を失わないでいるせめてもの取り組みではないかと考えた。じつはこれも答えがないんですね。それだけ教育は深いものだと思います。」
「卒業生はあちこちで変わった雰囲気や考え方を持っていると見られているようですが、それが正しいかどうかは誰にも簡単に判断できないでしょう。卒業生自身が充実感・満足感・達成感をもっているかどうかが大切だと思っています。」
       新学社刊 「明日への叡智 いのちの対話」村上和雄著 対話4「自然にかなう教育」から 


                                      P4204369
                    小学校授業風景 

                 P4204383
                                          全学年合同のリトミックの授業 かなり本格的でした。


相 大二郎学園長先生は、
「人間は教えられて成長することもありますが、本当に大事なものは教えられるのではなく伝わるものだと思います。知識と技術は教えられます。何故なら、答えがあるものだから。でも、命は気づくものであって、教えるものではありません。そして、気づくチャンスを与えるのが大人の役目だと思います。今の教育は教えすぎているのではないかと思いますね。教えることのできないものまで教え込もうとしているように思います。しかし、答えがないということは無数にあるということです。百人おれば百通りあるのです。それでよいのではないでしょうか。倫理道徳は実践しなければ、生活にたどり着かなければ意味がないと思います。」
と、お話してくださいました。


                                                P4204378
                                                       全校生で昼食をいただきます。
                                      お箸とご飯茶碗とお椀は食堂に置いてありました。

P4204386
出来立ての昼食です。私もいただきましたが、とても美味しかったです。
食べ物を残す子はいませんし、食後は各人が洗って、元通りに布巾に包んでしまいます。



一燈園小学校 「学校説明会」のご案内
第1回 平成29年 7月1日(土)10時~12時
第2回 平成29年 9月16日(土)10時~12時


これまでのレポートはこちらをご覧ください。



   子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ