2018年 1月4日


                   image1
                     イグアノドンです。
「けいkids+」では、お家のお手伝をして宿題を提出すると、シールを一枚もらうことが出来ます。この「イグアノドン」は、年長男児がシールを10枚集めて、たくさんある景品(100均で購入)の中から選んだ木製3D模型「イグアノドン」です。お父様と一緒に作られたそうですが、とても良くできていました。

                P5092098
          「ふく提灯」です。下関に帰省した時に撮影しました。

私は運転免許を持っていませんので、タクシーを利用することが多いのですが、京都は観光都市なのでタクシー台数がとても多く、不自由は感じたことはありません。それどころか、タクシー運転手さんとの会話の中で、面白いことを聞くことが出来たり、新しい情報を仕入れることが出来るので、無免許生活を楽しんでいます。


最近、タクシーの運転手さんに伺った話の中で心に残った話を紹介します。
◆外国からの観光客が非常に多くなりました。以前は会話に不自由することが多かったのですが、今の外国からの観光客さんはみんなスマホを持っていて、行きたいところの画面を提示するので、話が早いです。ただ、スマホを見せてくれるのは、アジアの方が多いように感じます。ヨーロッパからの観光客だなぁと思える方は地図を出して、片言の日本語で何とか会話しようとされますよ。会話することを楽しんでいるように思います。ある外人さんが、「日本人は不思議です。指で会話していますね。」と仰ったんですよ。確かに、そんな風にも見えますね。

◆修学旅行の季節には全国から中学生、高校生が京都にきます。一概には言えませんが、田舎の学校の生徒さんの方が行儀は良いですね。修学旅行に来るような年ごろってやんちゃをしたい年ごろなので、色々問題を起こします。校長先生や先生方も大変ですよ。タクシーに乗っているときにも警察から電話があることなんかしょっちゅうですよ。先生方、顔色悪いですよね。げっそりしてはりますわ。


PA104871

◆私:「これから、息子と飲みに行くのよ。」
運転手さん:「いいですねぇ。うらやましいですねぇ。」
私:「運転手さんもお正月休みに呑めるでしょ。」
運転手さん:「お正月は仕事があって、子どもたちは帰ってこれないんですよ。男の子は近くにいるんですけどね。」
私:「それは残念ですね。」
運転手さん:「兄ちゃんの方はUSJでショーのスタッフしてるんですよ。で、妹の方は、TDLでショーのスタッフしてるんですよ。そんなことなので、正月は絶対に帰ってこれないんですよ。」
私:「えっ!USJやTDLで働いている人の話は初めて聞きましたよ。楽しそうな職場ですね。でも、どうして、ライバル社みたいなとこで兄妹が働いているんですか?
運転手さん:「初めは、お兄ちゃんの方もTDLにいて、妹もお兄ちゃんから話を聞いてTDLに就職したんですね。でも、ある時、お兄ちゃんが、「TDLの良いところも残念な所も分かった。今度はUSJの良いところや残念な所も見てみたい。」と言って、USJのショースタッフに応募したら合格したんです。」

面白い事を考えるお兄ちゃんですね。


              子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ