2018年 3月9日


3月5日(月)は教室休みでしたので、かなり激しく雨が降っていたのですが、大阪市府吹田市にあります「万博記念公園」に梅を見に行ってきました。桜も好きですが、梅はもっと好きなんです。
ウメはバラ科サクラ属の落葉高木です。


               P3055112
          2月17日から3月18日(日)まで「梅まつり」開催中です。
雨が激しく降っていたからでしょう。見物客はほとんどいませんでした。梅はまだ5分咲きでしたが、とても良い薫りがしました。梅が好きなのはこの薫りがあるからかもしれません。

                 P3055113
自然文化園の梅林には5,500平方メートルの敷地に約120品種・約600本の梅の花があるそうです。満開時にはさぞ見事だろうと思います。梅には、「芳流閣(ほうりゅうかく)」、「蝶千鳥(ちょうちどり)」、「青軸冬至(あおじくとうじ)」、「鴛鴦(えんおう)」、「豊後(ぶんご)」、「道知辺(みちしるべ)」、「剣先(けんさき)」、「呉服枝垂(くれはしだれ)」等の素敵な名前がついており、名前のいわれを想像してしまいました。

P3055103



太陽の塔が48年ぶりに3月19日(月)に一般公開されます。

P3055111
                             紅梅と黄金の顔
万博記念公園のHPを見ますと、「太陽の塔」には4つの顔があって、「黄金の顔」、「太陽の顔」、「黒い太陽」は現在もありますが、博覧会当時テーマ館の地下に展示されていた4つ目の「地底の太陽」は博覧会終了後の撤去作業から50年近くたった現在も行方が分からないそうです。


            子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ