2018年 6月3日

6月1日にホタルの観察に行かれた「けいkids+」生の保護者からホタルの写真が届きましたので、ご紹介します。

IMG_8462IMG_8479


「ホタルを観察するために、哲学の道に行ってきました。行く前に調べてみると哲学の道では、20時から21時、0時、3時が綺麗に見えるそうなので20時半前から観察しました。あまり数は多くなかったのですが綺麗に見えました。源氏蛍と平家蛍が飛んでいるはずなのですが、見分けはつきませんでした。なぜか何度も私にだけ蛍が止まり、虫が苦手な私は小さな悲鳴を上げながら、息子に写真を撮ってもらいました。一年のうちでホタルを観ることができる時期は短いので、息子にとって良い経験になったかなと思います。」


レポートを送ってくださって、ありがとうございます。


ゲンジホタルとヘイケホタルの違いを調べてみますと、ゲンジホタルの方が大きく(オスの体長15㎜前後、メスの体長20㎜前後、ヘイケホタルのオスの体長8㎜前後、メスの体長10㎜前後)、淡い黄緑色の発光器官で1分間で約25~30回点滅します。ヘイケホタルは約30~40回点滅するそうです。それ以外にも、脱皮回数が異なるようです。

私が育った城下町の川でも、ホタルがたくさんいました。もう何十年も見たことが無いのですが、この時期になると、毎年どうなっているのかなぁと気になります。



子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。
k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ