2018年 9月27日


                                P4255251
              京都文教短期大学付属小学校 

          京都文教短期大学付属小学校のHPはこちらです。   


 
今年の受験生の中で一番最後に入会されたのが、A君でした。
受験体験記の中にもありましたが、A君は幼稚園に通っていませんでした。ですから、入会希望のご連絡があった時には、集団行動に慣れていないA君がプリントは何とかできるようになったとしても、行動観察や運動テストでみんなと仲良くできるのかという点が不安でした。でも、お目にかかってみますと、たくさんの人に出会っていないから何もかもが新鮮に感じるのか、出会うものすべてに興味を持ち、目をキラキラさせてワクワクしながら学び取っていけるお子さんでした。学校側が欲しいお子さんだとわかりました。


学校説明会では、これまでの入試問題が紹介されて、今年度もこの範囲を大きく超えることはないという説明があったようなので、とりあえずその範囲だけを練習しました。入学試験日までに週1回60分レッスンを10回行うのが精いっぱいの状況だったのです。

プリントには〇や△を書くらしいとなんとなく理解できた状態でプレテストを受けました。本人は、「良く分からなかった。あっという間に終わった。」というような感想を話してくれましたが、その言葉通り、その後の「テスト結果報告書」ではこちらが思っていたよりはできていませんでした。でも、泣かずに親と別れて試験会場に入室し、お友達とも仲良く共同作業ができたようなのでまずまずだと考えました。その後は、プレテストに出題された分野のみを練習しました。あと、手作業にもいろいろと挑戦しました。そんなバタバタした受験勉強でしたが、合格いたしました。善かった善かった。

合格後は、お母様と相談して小学校学習内容に入りました。1年生の学習内容を済ませてから入学して、1年間は勉強に追われることなく通学や学校生活や友人を作りことに専念できるようにしてあげたかったからです。今はひらがな・カタカナを書くことは時間がかかっていますが、2ケタの加減暗算はスムーズにできるようになりました。A君は、数の学習にも興味があるようで、さっと答えの出る面白いものだと感じているようなのです。入学試験が早くなったことは幼い子にとっては負担が大きいとは思いますが、その分早く小学校学習内容に入ることが出来るのは助かります。ゲームにもさまざまなものに挑戦しています。今、A君が気に入っているゲームは「GRAVITY MAZE」と「ラッシュアワー」です。


                  PC135014
                    「GRAVITY MAZE」です。


前回のレッスンの時にお母様から伺ったことを紹介します。
「今までは、人に出会ったときには私の後ろに隠れていることが多かったのですが、合格してから自信ができたのか、出会った人みんなに自分から進んで大きな声であいさつできるようになりました。」と、仰っていました。

そうですか、そうですか。良かったね良かったね。小学校受験はそうでなくちゃ。
幼児さんが一人称の世界から三人称の世界に気づくのが小学校受験ですよね。



            子どもの笑顔を守りたい。けいkids+の心です。
                  k-kidsbanner

                    kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ