2018年 10月11日

立命館小学校に合格なさったCちゃんのお母さまから受験体験記を頂戴いたしましたので、ご紹介いたします。


P5090587
立命館小学校
目指す学校像は、「国際性」「人間性」「創造性」
豊かな人格形成教育

                   ritumeikan


立命館小学校に無事に合格を頂きました。まり先生、ありがとうございました。
我が家には、姉、兄がおり、親としては3回目の小学校受験でした。「3回目やし、お母さん慣れてはるね。」と、周りの方から声をかけられることが多かったのですが、2回の小学校受験は、とても辛く苦しいもので、もう小学校受験はしたくないと思う程でした。初めてのお授業の時、そのことを話すと、「小学校受験は、ゴールでもスタートでもなく、通過点。怒ることも、泣かせることもしないでね。楽しみましょう。」と、まり先生にお言葉を頂き、一歩踏み出せたことを思い出します。娘は、まり先生のお教室が本当に大好きでした。ビーズのブレスレットが作れる。かわいい折り紙が貰える。楽しいゲームができるし、シールが10枚でオモチャが貰える。そしてプリントをする。ワクワクする事がたくさんあり、毎週楽しみにしておました。

娘は、まり先生とのお勉強もとても好きで、新しいことを知ることや出来るようになることが嬉しく、まり先生に褒めて頂く度に、自信につながり、どんどん伸びていくのが感じられました。ただ、つまずくのがとても苦手な性格で、苦手な問題と出会うと一気に顔が雲ります。そうするとまり先生は、「先生も、この問題キライ。後でしましょう。」とプリントに「あとで」と書くのです。宿題も、1回説明して解らない問題はしなくてよし!でした。そして、数ヶ月後に、「あとで」のプリントをすると、スラスラできるというまり先生の魔法に、いつも驚いていました。個々の子どもの発達成長、そして性格に合わせお授業を進めて下さるので、娘は2年間つまずくことなく楽しく過ごせたのだと思います。

夏休みに入る頃、娘が人前で声が小さい事を相談した時も、まり先生は、「このままでいいのよ。○○ちゃんのよいところは他にもいーっぱいあるから。それを見抜けない学校なんて行かなくていい。ウチの自慢の生徒だから!」と、本当に娘を信じ大切にして下さっている事に嬉しく思いました。親の私も、エンジンをフル回転させようとすると、まり先生はブレーキをかけて下さるので、最後まで、肩に力が入る事なく過ごせたのだと思います。

3回目の小学校受験は、怒る事も、泣かす事も、焦る事もなく、日々の子どもの成長に喜びを感じながら、本当に楽しく過ごすことが出来ました。最後になりましたが、まり先生メール遅くなってすみません。この2年間を振り返り、あんな事やこんな事、あの時のまり先生のかけて下さったお言葉、たくさんの事を思い出し下書きをしてましたら、コピー用紙10枚にもなりまして(笑)。短くまとめようと‥。願書を書く時よりも悩みました。本当に2年間ありがとうございました。娘も私も、まり先生が大好きです。




以上です。
過分なお言葉をいただき、本当に感謝しています。でも、私、何もしていませんよ。見ていただけです。ご家族の温かい見守りの中で、Cちゃんが自分で伸びただけです。本来、子どもは自分で伸びていくものです。大人とは生きていく力が違う。パワーがありますから。知りたいという要求が強いし、知る喜びも大きい。ただそうは言っても、教材の進度や傾向、適切な言葉がけは調節が必要ですから、そこらへんで私の長年の経験が役に立ったというだけです。


合格、おめでとうございます。善かったね善かったね。
Cちゃん、制服姿を見せてくださいね。制服が似合うのはわかっていますが、どんな髪型にしますか?
毎日、変えますか?リボンはどんなのにしますか?あぁ、小学校って楽しそうですねぇ・・。


まり先生も、Cちゃんとママが大好きです。



子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。
k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ