2018年 10月18日

10月4日(木)に京都市上京区にあります北野天満宮の「瑞饋祭」を拝見いたしました。
「瑞饋祭り」は北野の神さまに本年の収穫に感謝の誠心をささげるものです。


PA045629
ずいき神輿
「瑞饋神輿は、「芋茎(さといもの茎)」で屋根を葺き、その他柱や瓔珞などの各部分を野菜や穀物、乾物等で飾り付けたおみこしで、京都市の無形民俗文化財に登録されています。」(瑞饋祭りチラシから)

「10月4日午前10時御旅所で出御祭が執り行われ、午後1時出御、牛に曳かれた御羽車も加わり祭礼の行列が氏子区内を巡行して午後4時半頃本社に還御、午後5時還幸祭が行われる。」
北野天満宮HPから


PA045637
屋根はずいき芋(里芋の茎)で葺き、神輿の各部はすき間もなく穀物や
蔬菜(そさい)・湯葉(ゆば)・麩(ふ)などの乾物類で覆われていました。


PA045648
御羽車を曳く牛たちも、神妙にお参りしていました。

PA045651
この立派な牛が引いていました。可愛い目をしていましたよ。

秋の京都では毎週のようにどこかで収穫を神様に感謝するお祭りが行われます。小学校受験では「お祭り」の季節は「夏」と教えますが、収穫を祝うお祭りは秋ですね。


北野天満宮でたくさんのタクシーの運転手さんが修学旅行生達を案内しておられました。その中でおひとり、とても厳しい運転手さんがいらして、手水舎での作法、お賽銭のあげ方や礼の作法までを細かく教えていらっしゃいました。一瞬、厳しすぎではないかと思ったのですが、よく考えてみますと、この運転手さんに教えていただいた修学旅行生は幸せですよね。学ぶチャンスは少なく、学べば一生恥をかかないですむ礼儀作法を身につけることができたのですから。これが本当の「修学旅行」ですね。



            子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ