2018年 11月21日

11月5日(月)に10月27日~11月12日まで奈良市の「奈良国立博物館」で開催されました「第70回 正倉院展」を行って参りました。「国宝展」を拝見したのは初めてでしたが、一つ一つの展示物が美しすぎて、緻密すぎて、日本って素晴らしい文化がある国なのだと、感激しました。


PB215800
                   左は会場で購入した「第70回 正倉院展」の図録です。

20181105_131431411PB055718


東大寺大仏殿(奈良市)の北西にある「正倉院」には奈良時代に日本で製作されたと考えられる宝物を中心に約9000件が伝えられています。今年の「正倉院展」では、その中から宝物56件が出展されました。これまでの「正倉院展」に出展された宝物は延べ5000点近くに及ぶそうですが、それでも今年は初出展の宝物が10件あり、いかに数多くの宝物が大切に守り伝えられていたかを考えますと、拝見する私も緊張してしまいました。出展物の写真は撮影できませんでしたので、周辺の写真をご紹介いたします。
                      PB055724
                     正倉院です。 正式には「正倉院正倉」と言います。
もともとは東大寺の倉庫で、奈良時代の741年~750年ころにかけて建立されたと考えられています。明治時代以降は国が管理しています。
                      PB055723
                        頑丈そうな出入口です。
正倉院は全長33mで、高さ14m、奥行き9.4m、床下2.7m。内部は南倉(東大寺で行われた儀式関係の品)、中倉(役所の書類や武器など)、北倉(聖武天皇と光明皇后ゆかりの品)に分かれています。

皇宮警察の方が警備しておられたので、おそるおそるお話をさせていただいたのですが、地震の時にはぎしぎしと音を立てて揺れたけれど問題はなかったこと、建物の中をちょっとだけ覗く機会があったけれど、中は外面のような黒色ではなくて白色だったと、優しく答えてくださいました。ありがとうございました。
                  


PB055719

PB055727
正倉院入り口に展示されている瓦です。


PB055730
東大寺幼稚園です。可愛すぎて思わず写真撮影しました。




              子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ