2018年 12月21日

image2
「けいkids+」の生徒の作品が阪急嵐山駅に展示されました。
image1
                   小学2年生男児の作品。優しい色ですね。そんなお子さんです。


最近、ジムに通い始めたのですが、そのジムの「前に進まない自転車」がある前方の壁に、トレーナーさんたちの自己紹介表が貼ってあります。その表には、名前と生年月日と趣味以外に「長所・短所」が記載してあります。前に進まない自転車を漕ぎながら、各トレーナーさんたちの長所・短所をじっと見ていると、自分の一面を長所あるいは短所として捉えるに至った数々の思い出、そして長所あるいは短所として公表しようと決心した数々の出来事を想い、私の妄想癖が駆け巡ります。
色々な長所・短所がありました。

例えば、
柔軟な考え方ができる  思い付きで行動する

楽観的な所  自己中

責任感が強い  抱え込みやすい

楽天家  頑固

何事にも準備する  意見をはっきり言えない


いかがですか。なるほどと思える長所と短所があるでしょう。私は長所が短所を生み、短所が長所を育てているように感じました。保護者が子どもたちの「短所」と捉えているところは実は「短所」ではないかもしれませんし、「長所」と受け取っているところも「長所」と言い切れるものではないかもしれません。人は複雑です。子どもも、いつまでも欲望に正直な単純なベビーではいられません。日々、成長し複雑になっていきます。

長い目で見守りながらも子どもからのサインを見逃すことなく、しかも手助けしたことを気づかさない「神がかり的な声がけ」ができるようになりたいと思っています。


 
                子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ