2019年 1月23日

私立中学校に合格なさった女児のお母さまからメッセージを頂戴しました。中学校受験をお考えの方々にとって参考になるかと思いますので、ご紹介します。



                    P5162137

「この度、京都女子中学校から合格通知を頂戴し、家族皆で喜んでおります。
長い人生の中で、節目が幾つかありますが、娘にとっては、初めてはっきりと目的意識を持って臨んだイベントであったように思います。娘、まり先生、家族で協同して取り組んだのは、小学校受験でした。今回の中学校受験は、娘の自主性を尊重し、娘主導でありながら、若先生に学習の方向性をご教示いただき、並びに弱点の補強をしていただきました。家族が担ったのは、健康管理くらいでしょうか。

娘は、中学校受験に向けて、自分で計画する、選択する、実行する、反省する、改善する等、色々な作業を経験出来たと思います。中学校では、さらに親の手を離れて、娘自身が自分の道を切り開き、経験を積んでいく事になると思いますが、親としては、あまり案ずる事もなく、「この子なら、何とかして未来を切り開いていけるだろう。」という思いを持っています。娘を信頼しています。

そのように思えるのは、もちろん、娘自身が頑張り屋さんだということもあるのですが、今まで支えてくださった方のおかげでもあると認識しています。もしかすると、親子だけで受験に取り組むという状況であったのならば、息詰まる場面もあったかもしれません。しかし、ご縁のあった先生、お友だち、お友だちのお父さまやお母さまのお力を拝借し、真剣ではあれども深刻にならずに済んだのだと思います。それ故に、穏やかな親子関係を維持でき、娘を信頼出来ているのだと思います。

私、母親の立場から申し上げますと、けいきっずの他のお母さま方とライトで明るく、しかしながら深みと信頼を兼ね備えた不思議な関係を築けました事、感謝しきりです。どちらのお母さま方に対しても、根底には尊敬の念があるのですが、いつもの何気ない会話や、或いは、ちょっとしたお悩み相談の際に、お知恵を貸していただいています。これは、本当に有難い事です。

話を娘のことに戻しますと、小学校では、先生やお友だちに恵まれ、様々な経験をさせていただきました。娘が、学校に行きたくないという日がなかった事、健やかに育った事に親として感謝しております。今春からは、中学生。どんな思春期になるのでしょう。これからも健やかに。ただそれだけを願っております。

まり先生、若先生には、ひきつづき見守っていただけますと嬉しく思います。幼稚園児から小学生になり、けいきっずでのレッスンも、まり先生から若先生にご指導のバトンが渡されたあの頃。なんだか神妙だった娘は、今ではすっかり若先生を信頼して和やかなレッスン時間を過ごさせていただいておりますこと、大変感謝しております。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。」


以上です。メッセージを送っていただき、ありがとうございます。こちらこそ長い間、一緒に寄り添うことを許してくださいまして、有り難いことと感謝しています。楽しい思い出ばかりの8年でした。
この子については、エピソードがたくさんありますので、次回、紹介させていただきます。




              子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ