2019年 2月5日


年少女児さんのお母さまから、楽しいメールを頂戴しましたので、ご紹介いたします。

boto
京都 嵐山

                      bo-to2

「今朝、娘と宿題に取り組んだところ、「いかだ」と「船」と「ボート」の違いを理解していないことが分かりました。そこで、説明するより乗せた方が早い!と思い、嵐山でボートに乗せてきました。(さすがに「いかだ」には乗せられないので・・・・)今日は天気も悪く気温も低かったので、ボート乗り場は空いており、ゆったりと乗船することが出来ました。ボートから鴨の集団を眺めたり、水面に触れたり楽しめたようです。(30分程経過したあたりで、飽きたようでしたが・・・・) ちょうど家で「ウーペンせんと ろうがんきょう)という絵本を気に入ってよく読んでおり、ウーペンせんではないものの、ボートに乗船したことで少し川面の臨場感(?!)を体験出来たようです。近くで気軽に乗船できるので良い遊びだと感じましたし、いつかは自分達で漕げるようにこれからも通いたいな、と思いました。(添付した写真の鳥は「あおさぎ」だそうです。)


以上です。
なんとまぁ、フットワークの軽い家族です。でも、寒かったでしょ。風邪、ひかないようにね。


「自分達で漕げるように・・・」とありました。姉と弟なので、確かに弟君が漕いでる姿はカッコよくて女の子にもてると思うので「自分で漕げるように・・・」は納得できますが、お姉ちゃんのほうは自分漕いじゃダメよ。ボーイに漕いでもらって、女の子は優雅に白い日傘の中でおすまししてなきゃ!!さらにさらにですが、弟君は大学でボート部に入ってほしい・・・。日に焼けた肌、白い歯。素敵でしょうね!!うわぁ妄想が広がる!!



子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。
k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ