2019年 7月6日


大阪市住吉区にあります「帝塚山学院幼稚園」さんから「anone vol.43」を頂戴いたしましたので、一部をご紹介します。


P7046189
「anone vol.43」

「たくさんの体験を通して、育もう10の姿」 園長 田中 幸枝 ーから抜粋ー
「2017年に幼児教育・保育基準となる「幼稚園教育要領」が改訂され、それに伴い就学前の姿を想定した「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿(10の姿)」が示されました、具体的な姿が提示されているので、目標や方向性がすっきり明確になりました。

「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿(10の姿)」
●健康な心と体 ●自立心 ●協同性 ●道徳性・規範意識の芽生え ●社会生活との関わり 
●思考力の芽生え ●自然との関わり・生命尊重 ●数量の図形、標識や文字などへの関心・感覚
●言葉による伝え合い ●豊かな感性と表現

本園でもこれらを目標に活動計画を立てて日々の保育を展開していますが、幼稚園のさまざまな活動の中で、何がどのように育っているのか、どのようにすればさらに育むことができるのかを、園内研修として改めて話し合ってみました。
例えば砂場で山を作って遊ぶシーンからは何が育まれるのでしょうか?具体的には、「健康な心と体」や友達と協力して物を作り上げる「協同性」、どうすれば高い山を作れるかという「思考力の芽生え」、そして「言葉による伝え合い」、さらには遊びを広げていく「豊かな感性と表現」。砂場遊びのワンシーンだけでもこれだけのことを学ぶことになります。また、菜園で収穫したそら豆のさやをむくと、中からはフワフワのベッド!「自然との関わり・生命尊重」を感じ、さやから出てきたお豆は全部で何個?先生が問いかけると、子ども達は数を数え「数量」にもふれることになります。
たった二つの場面を取り上げただけですが、学ぶことがたくさん詰まっています。これが学び?と思われるかもしれませんが、幼児期の学びは知識を一方的に伝えたり、技能を習得させたりすることに偏ってはいけません。保育室内での活動から園庭での遊び、その環境すべてが連動して子どもたちの成長を支えているのです。机上の学びではこれだけの事柄を同時に体験することはできませんね。さらに、これからの時代では、人と協力し合って問題を解決する能力も重視されます。体験が何よりも大切になってくることでしょう。
ただし、この10の姿を完璧に習得することばかりになってしまうのは良くありません。この10の姿を目標にそれぞれの子どもの成長に寄り添い、より多くの体験をすることで、好奇心と探求心に満ちた、学ぶ意欲に溢れる子どもたちを育てることが何よりも大切なことと考えます。」

以上です。

「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿(10の姿)」が心に突き刺さります。



CIMG3680
                田中幸枝園長先生インタビューレポートはこちらです。



                      すべては子どもたちの笑顔のために
P3246012
                             幼稚園案内
       帝塚山学院幼稚園のホームページはこちらをご覧ください。


                    これまでのレポートはこちらをご覧ください。



              子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ