2019年 8月18日

8月10日に松林 昭先生をお迎えして、久しぶりに「理科実験教室」を開催いたしました。
これまでの理科実験教室レポートはこちらをご覧ください。

今回のテーマは、
1、ペットボトル水族館、2、紙の耐久性に関する実験、3、野菜の断面観察 で、参加者は小学5年生2名、小学4年生1名、小学3年生1名、小学2年生1名、年長さん1名、年中さん1名の合計7名でした。


実感教室を受講なさった年長・年中児さんのお母様から体験レポートを頂戴しましたので、ご紹介します。

45E02F7F-3D5B-48F5-8BB5-AFB44075D961

「8月10日、「けいkids+」主催の理科実験教室に参加させていただきました。我が家は年長と年中の2名で参加させていただき、親も同席させていただきました。小学生さんは1人で参加されていました。
ペットボトル水族館、紙の耐久性に関する実験、野菜の断面観察の3種類の実験をしましたが、どれも簡単にできるものながら、興味深い内容で親も楽しんで参加させていただきました。また、先生はただ実験をさせるだけでなく、きちんとお約束を守る心を教えてくださったり、また、実験でも答えを言わずに本人に考察をさせるようにうまくアドバイスをされておりました。また、このようなお教室では一回きり、その場限りで満足して終わりという内容が多いように感じますが、先生はさらにお家でも継続して実験、考察をできる内容で実施くださいました。親子ともにとても楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました写真はペットボトル水族館です。魚の浮き沈みが楽しく、また、水に入ったビー玉の光の屈折がとても楽しくいつまでも観察できる楽しい実験でした。お実験教室から約1週間経った今日も楽しく遊んでいます。」


以上です。
感想を送って下さってありがとうございます。感謝しています。

理科の実験も良いし、ものづくりもしたいし、虫が好きな男の子たちも多いし、レゴブロックを使った実験希望も聞いているし・・・、小学校受験が終わる秋にはいろいろと開催できるように企画しています。
楽しみに待っていてくださいね。


                子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ