2020年 3月9日

2月の事ですが、京都市伏見区にあります「京都聖母学院小学校」C日程入学試験に1名合格いたしました。


P3094237P9302553

               「京都聖母学院小学校」のホームページをリンクしています。          


                  これまでのレポートはこちらをご覧ください。


この子が「けいkids+」に始めてきたのは2019年11月の事でした。その数日前に、お母様からお電話があり、「娘が突然、神様がいる学校に行きたいと言い出しました。幼稚園はキリスト教系の幼稚園に通っていましたが、お姉ちゃんと一緒に公立小学校に行かせるつもりで、すでにランドセルも用意しているのに。でも、子どもの願いを無視するのも良くないと思い、何か手はないかと、まり先生に電話してみることにしました。」と仰いました。

お聞きすると、これまで全く受験勉強をしたことはないそうです。C日程まで、3ヶ月しかありません。何の勉強も出来ていないのに、どう指導していったものか??でも、「神様のいる学校に行きたい。」という幼子の願いは胸に響きました。それで、とりあえず来ていただくことにしました。どうしてそのような事を考えついたのかをお顔を見て話し合いたかったのです。

大人しいお子さんでした。私は、同じ幼稚園に通っているお友達が聖母さんに行くことになり、それに影響を受けて思いついたのかもしれないと思い、お子さんに尋ねました。すると、「そういうお友達は1人もいなくて、この間、どこでだか分からないけど、神様がいる小学校があるって聞いて、それでどうしても神様がいる小学校に行きたくなりました。」と答えてくれました。

不思議な話です。幼子の想いですから、ひと時のものかもしれないと思いますし、幼子の想いだからこそ純粋で心からの願いかもしれないとも思いました。でも、子どもの願いを一蹴するのは、大人のすることではないような気がしましたし、その後の親子関係に悪い影響を与えそうな気がしました。それはあんまり嬉しくありません。それは絶対に避けたい。

ご両親さまとも話し合い、「ダメもとで、やってみよう。」ということになりました。本人も頑張って勉強すると言いましたし。その日から、11月は週1回60分、12月からは週1回90分レッスンで受験勉強を始めました。受験勉強というよりは、受験勉強の準備をはじめました。準備とは、「けいkids+」に来る日は朝からサクサク動くとか、「こんにちは」と言って元気に教室に入って来るとか、靴を揃えるとか、呼ばれたら返事をするとか、そういうことです。準備です。何事も準備は大切。そして、準備ができれば、勉強もスムーズにいきます。宿題はきちんとしてくるお子さんでした。自分で行きたいと思って始めたことだからか真面目に取り組んでいました。

そして、合格いたしました。

いろいろな受験がありますね。
時々、人生を自分で判断して漕ぎ出していくお子さんに会います。子どもって、すごいですね。自分の居場所を嗅ぎつけるのでしょうか?。特殊な能力です。

子ども達1人ひとりがそれぞれの場所で輝いて生きていく。これ以上の願いはありません。



               子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ