2020年 10月12日

大阪府豊中市にあります「箕面自由学園小学校」さんから、9月12日・13日に実施されました「2021年度入学生対象入学試験」の内容について案内を頂戴いたしましたので、紹介します。


P4020362
箕面自由学園小学校 正面

箕面自由学園小学校のホームぺージをリンクしています。
          

まず、「2021年度児童募集要項」の一部を紹介します。
A日程とB日程があるのは例年通りなのですが、A日程に9月12日実施【体験型】と9月13日実施【標準型】の2種類の入学試験が設けてありました。「体験型」とは初めて耳にする受験用語です。「標準型」との違いは何でしょうか?「2021年度児童募集要項」に詳細な説明がありますので、紹介します。


「2021年度児童募集要項」から
A日程の入試型について
本年度、A日程を(体験型)および(標準型)の2日間で行います。実施の経緯については
・大学入試をはじめとした入試改革により、求められる学力観の変化
・新型コロナウイルス対応による、各ご家庭の自宅待機期間の長期化及び新しい生活様式への行動変容をふまえ、ペーパーテスト・屋内での集団行動を行わない新しい入試方式となる、体験型入試を今年度実施することといたしました。特徴と概要は以下のとおりです。詳しい内容については、今後の学校説明会等でご説明の機会を設けてまいります。

●A日程(体験型入試) 9月12日(土)
本校の建学の精神および教育の特徴でもある「体験を重視した学び」をふまえ、主体的に学ぼうとする意欲、自分の言葉で伝えようとする姿勢を、体験活動をとおして評価する入試方式です。
※評価の観点・・・傾聴力・主体性・興味関心・思考力・表現力・協調性など
※適性内容(想定分野)
○じっくり見てみよう!比べてみよう!  ※理科的な観察・考察
○つくってみよう! 描いてみよう!    ※自由な発想での製作・創作活動
○動かしてみよう!集中して聴いてみよう! ※あそびの中での創意工夫
○運動  ○親子面接

体験型入試での適性検査ではお子様一人ひとりとできる限りたくさん対話をしておきます。また受身のテストではなく、主体的な体験活動をしていただくなかで、個性を評価したいと考えています。いきなり行うことは、簡単ではありませんが、ふだんのご家庭での遊びの中で、対話を増やしお子さまの考えを引き出す視点をもっていただければ、お子様の受験は十分可能だと考えています。ぜひお子さまとの多くの体験を通してStay Homeを楽しんでください。

●A日程(標準型入試) 9月13日(日)
本校教育方針に沿って、学ぶための準備ができているかを多面的に評価します。
適性検査はペーパーテストを含む、これまでの入試内容を予定しています。
※評価の観点・・・傾聴力・協調性・思考力・表現力・主体性・粘り強さ



「体験型」と「標準型」の違いは理解できました。その意図も理解できました。では、次に実際にはどういうこと試験として行われたのかを詳しく紹介します。

2021年度入試 箕面自由学園小学校が求める子ども像
建学の精神に基づき、礼儀作法・マナーを大切にし、
豊富な体験活動を基礎とした教育を実践するために
話をしっかり聞ける子
じっくり考えられる子
自分の考えを伝えられる子
友達に優しくできる子

2021年度児童募集要項はこちらをご覧ください。


2021年度 A日程入試【標準型】内容
1、ペーパーテスト問題
ペーパーテストの配点は、数量15点、推理・思考10点、言語15点の合計40点満点です。
数量分野・・・①長さ ②条件迷路
推理・思考・・・③リズム記憶 ④回転図形
言語・・・⑤語尾の音集め ⑥擬音語・擬態語
2、制作活動 ~ちぎり絵~
2分程度のお話を聞いて、お話に出てきたものをちぎり絵で表現する。
ちぎり絵が出来たら、かき氷が入っているグラスに模様を描く。
3、口頭試問 ~こんな時どうする?~
4、運動
(1)サーキット ※体験型とは異なる
(2)指示行動 ~模倣の運動~
(3)なわとび・なわ結び


2021年度 A日程入試【体験型】内容
1、じっくり見てみよう!比べてみよう!
 
~つつじと紅葉~【思考・表現】
葉っぱの違うことろを見つけ、絵を描く ※描いた紙は回収し、口頭試問で使用
2、じっくり見てみよう!描いてみよう!
~帽子をいろいろなところから見てみよう~【推理・思考】
帽子の反対側・横・上の3方向からの視点で、絵を描く。
3、作ってみよう!飛ばしてみよう!~長い時間とぶ紙飛行機~【思考・表現】
長い時間とぶ紙飛行機を作り、どこを工夫したかを伝える(表現) 
※口頭試問は2分程度

<待機時間>
条件絵画:台形を使って絵を描こう!【思考・表現】

4、動かしてみよう!集中して聴いてみよう!【推理・思考】
迷路に置かれている障害物をどのようにクリアして、ゴールするかを答える。

小学校体験型口頭試問_01

5、口頭試問(約6分)
(1)葉っぱの観察【思考・表現】
はじめに行った葉っぱの観察シートから、どこを工夫したかを答える
(2)おはじき【数量】
①10個のおはじきを半分に分ける
②10個並べて、手の中に3つ隠し、何個手の中に入っているかを答える
③10個を左手6個、右手4個に分けてとり、左手の6個を見せて右手の中に何個あるか答える
④10個のおはじきを3人で分ける
(3)擬音語・擬態語【表現】
①小さい犬と大きい犬の鳴き声を表現
②小さいベルと大きな鐘の音を表現
③手作業の音を表現
6、授業形式で、言語遊び【言語】や音楽遊び【リズム】
7、運動(1)サーキット(2)指示行動【模倣の運動】


以上です。


なんとまぁ、面白い取り組みですね。
この取り組みで何がわかったの? 
標準型と体験型の合格点は?平均点は?
2つの型を受けた生徒に得点の開きはなかったの? 
来年度もこの取り組みは残すの?
等々、知りたいことがたくさんありましたので、森 創 校長先生に質問をぶつけてみました。
次回は、森 創 校長先生のお返事を紹介します。

        

      これまでのレポートはこちらをご覧ください。



              子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ