けいkids+まり先生のブログ

まり先生が京都で教えるけいkids+幼児教室 小学校受験もおまかせ!

まりメソッド

「夏期講習会」を開きました。


 2017年 9月8日

P2014163
この記念碑は「聖フランシスコ・ザビエル下関上陸の地」です。
 1550年秋にこの地に上陸したそうです。
帰省時に撮影しました。


今年は、「夏期講習会」を8月の初めと終わりに2回開きました。昨年までは3日間連続で1回だけ「夏期講習会」を開いていました。4年前までは「夏期講習会」はありませんでした。

3年前に「夏期講習会」を始めたのは、その年は受験生が多かったことと、同じ小学校を志望する受験生が集まったので、コース別の講習会が可能だったからでした。けいkids+はお仕事を持っていらっしゃるお母様方が多いので、お盆休みの間に講習会を開きました。お盆休みしか、全員が集まることができる日がなかったからです。

「夏期講習会」は別にお費用が発生するので申し訳がなく、なるべく開きたくなかったのですが、実際に開いてみますと通常レッスンでは見えてなかった子どもの性向や、苦手な分野などがはっきりして、開いて良かったと思いました。

その年以降は毎年「夏期講習会」を開いています。今年、「夏期講習会」を昨年までの3日連続よりは1日少なくして2日間になったとはいえ2回も開いた理由は、京都の私立小学校入学試験日が全体的に早まったので、仕上げを急がなくてはならなかったことと、急に受験を決めたお子さんが数名いらしたこと、そして何と言っても、受験生自身が幼かったので、精神年齢を少しでも上げたかったからです。

以前にも書きましたが、4月に年長さんになって半年もたっていませんし、夏休みは家庭で好き勝手していますので、精神的に成長できていないお子さんが多かったですね。そこで、2日間連続の2回開催にしてみました。少しは、受験生としての顔になったかと思いますが、それでも、まだまだ幼いですね。
可愛いのですけど、それだけでは、やはり・・・。

今日は、9月8日。「けいkids+」生の受験は、あと3回あります。朝夕と昼間の寒暖の差が大きいためか、体調を崩している子たちもいます。心配です。せっかく、お勉強をしてきたのですから、機嫌よく「入学試験」を受けてほしいです。何とか早く元気になりますようにと願っています。先輩たちも私も、梨を食べて応援していますよ。早く良くなってね。

夏期講習会に参加なさった保護者からのメッセージをご紹介します。
「講習でしかお会いしないお友達も多いのにやっぱり受験生同士ってすごいですね。お互いライバルではなくて 先生がよくおっしゃってた同志になり仲間で。。。年長さんになってすごくその言葉がしっくりきました。みんな優しくて楽しいお子さんたちでほっこりしました。」

来年も「夏期講習会」は開くと思いますが、それはプリントのお勉強するためでなく、他のクラスの受験生を知る、お友達になる、分からないところは分からないと言う、戸惑っているお友達がいたら声をかける、初めてのゲームに挑戦してみる、ゲームに負けても泣かない・・・等々を経験するための夏期講習になるように、今からしっかりと計画を立てます。

でも、今は残り3回の入学試験を見据えて、子どもたちの体調管理と心のケアにしっかり取り組んでいきます。



           子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。
                  k-kidsbanner

                   kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


私立中学受験3名の試験日前日の様子


2017年 2月23日


1月のメインイベントはけいkids+教室で育った3人の6年生の私立中学校入試でした。1月14日が試験日でしたから、もう一月以上が過ぎようとしています。やっと、少しクールダウンできてきましたので、書きます。

中学受験準備の大変さ、試験当日のアクシデント、嬉しい合格発表を通していろいろなことを知りました。まず、中学校入試は小学校入試より時間が必要だということ。それは勉強の範囲が広いので当然なのですが、受験勉強することと同時に一般的知識が必要なんだなと思いました。その一般知識量を増やすことに時間がかかるのです。家庭にいては話題に限りがありますので刺激が少ないです。不足している部分は、外に出て刺激を受けなければならないと思いました。


試験日前日の様子
子どもたちの「若先生が中学受験をしたときは前日何をしていましたか?」という質問に、「ガンダムのプラモデルと作っていました。」と答えたのを受け、自分たちもプラモデルを作りたいと言い出したので、用意しました。でも、子どもたちはどの子もプラモデル作りは初体験で、ニッパーの使い方から指導しました。ニッパーというものも知りませんでしたね。プラモデルを作ったことがなかったのは、お勉強ばかりしていたというわけではなく、興味がなかったのだと思います。子どもたちは、空手やサッカーはぎりぎりまで通っていましたから。

           P1134113P1134112
                     ガンダムプラモデル作成中です。
とっても楽しんでいましたよ。受験生は3名だったのですが、1名は学校に行きました。6年間皆勤賞を狙っているのです。2名は学校を休んで、仕上げ勉強を済ませた後でプラモデルに挑戦です。
2名の背中から、シュウ~シュウ~って煙?湯気?みたいなものが立ち上っているのが見えました。
それでいい。それでいい。苦しい思いは捨てて試験会場に行きましょ。嫌なことは忘れて綺麗な心で受けようね。

           P1134133P1134129
                        完成しました。

           P1134135P1134130
プラモデルが完成した後で、1年間の問題集とノートを箱に詰めました。これだけではありませんよ。これは教室で預かっていたものだけです。家庭にはこの倍はたまっているはずです。一冊の問題集を5回繰り返しました。問題集に直接書き込むのではなく、ノートに記入させていました。だから、ノートはたくさんたまっていました。

段ボールも作りました。作ったというか、組み立ててテープを貼っただけなのですが、まぁ、不器用。何もかもが初めてでした。親はまだまだ小さいと思うのでしょうが、もう小学校6年生ですよ。春からは遠方の学校にも通わなくてはならないのに、こんなことでは不安が募るばかりです。何にしても体験不足です。そして、体験が少ないから、一般知識量も少ない。あぁ、4月からが心配です。

           

クールダウンしてきたと思っていたのですが、先日、2週間ぶりに生徒が遊びに来てくれた時には、思わず涙がこぼれました。自分でもびっくりしました。




              子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

「プログラミング」を体験(2016年11月)


 2017年 2月13日


2016年11月に「けいkids+」教室で開催したイベント「2年生男児のためのプログラミング体験」のレポートです。


友人のプログラミング先生に「プログラミング入門編」を考えていただき、けいkids+生に体験してもらいました。まずは男児を対象にし、保護者同伴としました。それは、男児に付きそう保護者の様子が知りたかったのです。当日はお母様が2名、お父様が1名付き添ってこられました。予想したとおりに、お父様はボーイですね。大人ではありません。夢見るボーイでした。

                    PB033952
1人1台のパソコンと車をいただきました。下のシートの黒い線の上を走らせます。まずタイヤが1周して進む距離を測り、直線距離のためのタイヤの回転回数を割り出し、次にカーブの角度とタイヤ回転数を調整しプログラムします。
PB033948PB033947
                 成功です。子ども達も保護者も大興奮!!



イベントに参加しているお子さんとお父様の様子を見ていて思ったのですが、聞いていませんね。
男児もお父様もプログラミング先生のお話は半分しか聞いていません。話の途中で夢の世界に入っていって、帰ってきません。だから、もしかしたら、プログラミング先生が考えていたことの半分しか進めなかったかもしれませんね。でも、親子が一緒に考え、話し合うことが出来たので、それでよいと思います。プログラミング体験としては成功だと思います。私は、プログラミングって、答えを出すものではなくて、答えを出すためにはどうすればよいかを考えることだと理解しているのです。


この体験のあと、一人の子は、近所のプログラミング教室に入会したそうです。
善かったね。好きなもので出会えて。楽しいって思えるもの、夢中になって時間を忘れてしまうものに会えることは案外少ないですよ。これからも私にできる「出会えるチャンス」を企画しますから、みなさん参加して下さいね。いや、その前に11月に付き添われたお父様と今回女児に付き添われたお父様方に、「大人のためのプログラミング教室」開催を頼まれました。そんなぁ、かさ高すぎですよ。

そうですね・・・。ボーイ過ぎるお父様たちですが、そんなお父様だからこそ、けいkids+生がこんなに素直に育っているのでしょう。ということは、お父様もけいkids+生とするべきでしょうね。企画します。



                子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

2017.1.16  合格実績を更新いたしました。


 2017年 1月16日


けいkids+生の私立中学校受験結果を更新しました。

  京都産業大学附属中学校 1名 合格

  龍谷大学付属中学校 特進 1名 合格




                子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

2017.1.15 合格実績を更新しました。


 2017年 1月 15日


昨日から始まりました「けいkids+」の私立中学校受験ですが、現在のところ、こんな感じです。


     京都女子中学校 2名

     龍谷大学附属平安中学校 特進コース 1名

     京都文教中学校 1名


以上です。まだまだ発表は続きます。




               子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


     

年長女児さんの初めてのフラワーアレンジメント

 
 2016年 10月20日


先日、私立小学校に合格された年長女児さんのお母様から嬉しいメールが届きましたので、ご紹介します。



「まり先生
今月からフラワーアレンジメントのお稽古をはじめまして、先日製作した初作品をみていただければと思いメールしました。ハロウィンをテーマに秋の花を使ってアレンジメントしました。この花は大きいからこの目立つ場所に、とか、白い可憐な花は散りばめて、とか、大きさや角度、長さ、色など考え、全体を見ながら製作しました。花にハサミを入れるところから生けるところまでほとんど1人でしました。一時間かなり集中して、素敵な作品ができました。アレンジメントするのを見ながら思ったのは、先生に指導していただいたことをフル活用しているなぁということでした。」



DSC_0161
                            年長女児さんの作品


「フル活用」という言葉がありがたいです。ありがとうございます。
何を「フル活動」したかは、けいkids+生は分かるのではないかと思います。でも、ここで説明するのは難しいです。



小学校の受験勉強では狭い範囲を巻き返し繰り返し練習して、回答のテクニックを覚えることも必要です。理解力があり記憶力があっても、幼児さんは生きていくだけで必死ですから日常生活に必要のないものは忘れます。だから、回答技術を忘れないようにするためには忘れ去らないうちに繰り返し練習するしかないのです。それが受験勉強ということで、繰り返しを嫌がらないでどれだけ繰り返せるかが合格につながります。

でもそうなると、考える力が後回しになりがちです。だから、合格はしたけれど、小学校に入学後思ったほど伸びなかったというお子さんが出てきます。どの回答方法を使うんだったかなぁ?と考えはしても、どうすればよいかを一から考えることが少ないからです。「考える」という経験が足りないのです。

けいkids+でも、たくさんのプリントをします。でも、たくさんのプリントをしても、回答テクニックをおぼえるだけなのか、小学校に入学しても伸びていく能力を育てるかは、お声がけ次第だと思います。同じ受験問題プリントでも、、学校側の意図するところを外さず、問題が何の能力を図っているかを説明し、最小限のプリントで最大の能力、一生を通じて伸びていく力を子どもたちに着けさせることが大切だと思います。

上の作品の年長女児さんが、アレンジメントをしながら、指導されたことをフル活用したという意味は、受験プリント言えば、「空間把握」、「関係推理」、「位置関係」、「方向知覚」という分野で学んだこと、けいkids+の言葉で言えば、「自分のことばかりでなく、自分も生きて同時に他も生かす。」ということが出来ているってことだと思います。


なんか、うれしいなぁ。




                子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

2016年受験体験記 京都聖母学院小学校男児合格者のお母様から


 2016年 10月16日


京都聖母学院小学校に合格された男児のお母さまから「受験体験記」を頂戴いたしましたので、紹介いたします。



P9302554




「この度、京都聖母学院小学校 総合コースに合格することができました。まり先生、ご指導ありがとうございます。年中さんからまり先生のところにお世話になりました。レッスン最初の日、緊張しているのかレッスン前からピシッと背筋を伸ばして座ってる息子をみて、びっくりした覚えがあります。息子は周りの方からは器用にこなせるタイプと見られます。でも実はかなり不器用で、凹凸もあり、すぐ緊張する、失敗をとても恐れる、それを精一杯頑張って自分を良く見せようとするタイプです。まり先生は、息子のそんな一面をよく理解していただき、彼の個性を伸ばすレッスンをしていただきました。

今回の受験に臨む前、聖母さんの公開行事や説明会に出席させていただきました。数年前に上の子が受験した時よりも、出席者の人数も多く、また雰囲気も良い意味で張り詰めたようなものもあり、人気が上がってきているのかな?と感じました。上の子が通っているので、聖母の良さが伝わって人気が出てるのかなと思うとそれは嬉しいことでもありますが、息子の受験のことを考えると大丈夫かな?と不安でもあり、気持ちは複雑でした。
当日会場に入ってみると、やはり上の子の時よりも多い受験生の数でしたので、かなり不安でしたが、合格通知を見た時はとても嬉しく思いました。息子も大喜びしていたので、プレッシャーをかけてないつもりでしたが、彼なりに感じていたのだと思います。

今回の受験に向けて、年中さんの時から、大きなストレスとなることなく緩やかに受験に持っていってくださったまり先生、本当にありがとうございました。今後も、色々と相談させていただくこともあるかと思いますが、よろしくお願い致します。」



確かに、一見、落ち着いて見えるお子さんですが、本当は甘えん坊で恥ずかしがりのまだまだ幼いお子さんです。


            S君、合格、おめでとうございます。素敵なボーイになってね。



            これまでに、けいkids+ブログで紹介した「京都聖母学院小学校」レポートはこちらです。




                  子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

京都女子大学附属小学校 合格いたしました。


 2016年 10月6日


京都女子大学附属小学校  女児 4名 合格いたしました。



CIMG2064

京都女子大学附属小学校
「基礎基本の徹底と意欲的な学習態度の育成」





京女さんは難しい。
昨年の入試問題は基本の問題でしたが、今年の問題は聞き取った限りではまた難しくなっていますね。
その中で、みんなよく頑張りました。


受験生から聞き取りました入試問題は、後日ご紹介いたします。


受験生の皆さん、保護者の皆さま、お疲れ様でした。


    これまでに、けいkids+ブログで紹介した「京都女子大学附属小学校」レポートはこちらです。



              子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  





関西学院初等部 合格いたしました。


 2016年 10月4日


 
CIMG3726

見えないものに心を傾け、夢を育む
         関西学院初等部のホームページはこちらをご覧下さい。


兵庫県宝塚市にあります「関西学院初等部」 1名 合格いたしました。


元気の良いお嬢さんです。遠方から通ってきていましたが、いつも元気いっぱいでした。
病気で休んだこともなかったと思います。



    Aちゃん、合格おめでとうございます。

いろいろあったねぇ。お勉強が嫌になった時もあったよね。
でも、話し合ったんだよね。やめるか続けるか話し合ったんだよね。
大人みたいに、話し合ったよね。そして、頑張ることにしたんだよね。
そして、合格。善かった善かった。本当に善かった。


今年の受験生で一番たくさんプリントをこなしたのはあなたでしたよ。よく頑張りましたね。




七夕の短冊に「おねえちゃんにかちたい」って書いたよね。いまに勝てるようになりますよ。
でも、お姉ちゃんが大好きなのも知っていますよ。お姉ちゃんと一緒に勉強できることがうれしくて、思わずお姉ちゃんの腕をかんだこともありましたね。「おねえちゃ~ん。」って、抱き着いて、そのままガブって嚙んじゃったのよね。腕に歯形がくっきりついてましたから、お姉ちゃんはかなり痛かったと思いますよ。それでも、お姉ちゃんは仕返ししなかったよね。Aちゃんを可愛く思っているからですよ。だから、この先、喧嘩はしてもいいけど、時々は負けてあげてね。
お姉ちゃん、本当はAちゃんがだいすきなんだから。



    これまでに、けいkids+ブログでご紹介した関西学院初等部レポートはこちらです。



子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


京都聖母学院小学校 合格いたしました。


 2016年 9月23日


京都市伏見区にあります「京都聖母学院小学校」総合コース 1名 合格いたしました。




P9302554




本人も、ご両親様も、そしてお兄ちゃん、お姉ちゃんも大喜びです。善かった善かった。
私も嬉しい。

素敵なボーイになってね。宇宙飛行士になりたいのよね。君なら、その夢をかなえることが出来ます。
宇宙に行ったら、まり先生に写メ送ってね。


これまでに、けいkids+ブログで紹介した「京都聖母学院小学校」レポートはこちらです。




                  子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


洛南高等学校附属洛南小学校 合格いたしました。


 2016年 9月13日


洛南高等学校附属洛南小学校 1名 合格いたしました。



01



こんな小さい子どもに、遊びたい盛りの子どもに勉強をさせました。幼児期の勉強はどの時期の勉強よりも人生の糧になると信じているので「けいkids+」をやっているのですが、それでも、健気さに涙が出そうになる時がたくさんありました。お友達と遊びたい時や眠たい時もあったでしょうに、幼い受験生は頑張ってきたのです。

そして、今日、合格しました。




面接内容、試験内容は後日まとめて報告することにして、今日は、受験生の可愛い言葉を書きます。

「お話の記憶では、いつもの通り、くま君やおさるのかい君が出てきたけど、いつもならかい君は悪いことばかりして、みんなに叱られてばっかりだったけど、今日は、いいこともちょっとして、ありがとうって言われてた。かい君はちょっと成長したなって思って、うれしかったわ。」

って言ったのです。

過去問に出てくるおサルのかい君を身近に感じていたんでしょうね。かい君の成長に気づき、それを喜ぶことができる優しさをもって、受験日を迎えることができたことが本当にうれしいです。




Aちゃん、合格おめでとうございます。素敵な女性になってね。




これまでにけいkids+ブログで紹介した「洛南高等学校付属小学校」のレポートはこちらです。



子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  



立命館小学校 合格いたしました。


 2016年 9月13日



立命館小学校 1名 合格いたしました。



P5090587
立命館小学校


目指す学校像は、「国際性」「人間性」「創造性」
豊かな人格形成教育

ritumeikan




今年は、「けいkids+」からは1名が立命館小学校を受験いたしましたが、ただいま、合格通知が届いたとご連絡がありました。善かった善かった。


合格者は思いやりにあふれる優しい男児さんです。
次男さんで、ちゃっかり者のところもある甘えん坊さんでしたが、それ以上にナイーブなところがありました。 そして、指導されたことをきちんと守ろうとする気はあるけど、できなかったらどうしよう・・・とか、努力している自分はカッコ悪く見えないだろうか・・・という葛藤があるように見受けられました。その葛藤の中で、勉強を投げだしそうになりながらも、生来の優しさから見動きが取れないようにも見受けられました。そんなK君を、ご両親は追い詰めることなく、見守っていらっしゃいました。


面接においては、K君ワールド満開の内容になったようです。ご両親が受験生のあとで面接室に入ると、爆笑の渦だったそうですから。ご両親はこれでは・・・と不安に思ったそうですが、合格いたしました。立命館小学校、素敵な学校ですね。個性豊かな子がありのままで生きていける学校のようです。



K君、合格おめでとうございます。
立命館小学校のメディアセンターの本をたくさん読みたいって言ってたでしょ。良かったね。
好きなだけ読むことが出来ますよ。楽しみですね。本の感想を聞かせてね。





これまでに、けいkids+ブログで紹介した立命館小学校のレポートはこちらです。



子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  






洛南小学校を受験する生徒の受験前最終レッスン


 2016年 9月4日


DSC01785
                            洛南小学校 1階


9月11日(日) に「洛南高等学校付属小学校」を受験する生徒の受験前最終レッスンがありました。


今日は「洛南高等学校付属小学校」の過去問に初めて挑戦しました。過去問は別名「二度と出ない問題集」だと私は思っていますので、過去問を繰り返す学習はしていなかったのですが、しあがり具合を見たかったので今日は特別です。


「洛南高等学校付属小学校」で実施された入試問題として出版されているものを数タイプ試してみたのですが、プリント枚数が多いですね。あんなに枚数が多ければ、拘束時間が長いのも仕方ないと思います。でも、長時間と言っても、問題はどんどん変わっていくわけですし、運動の時は教室移動もあるので、受験生たちは大人が思うほどは崩れないと思います。子どもたちは案外あっという間に終わったと感じるかもしれません。


鉛筆や消しゴムを落としてはいけないと聞いています。それは当然だろうと思います。先生の手を煩わすことになりますし、他の受験生の迷惑になりますしね。消しゴムでガードして、鉛筆を落とさないように声掛けしておきましたが、どうなるのでしょうか。


この子はハードな受験勉強もしましたが、よく遊ぶ子でしたね。プールにもさんざん行っていました。とっても元気で、病気でレッスンを休むということはありませんでしたよ。食べることも大好きな子です。


遊びもしっかりしていたからか、最後まで勉強の態度が悪くなることはありませんでしたし、お母様とバトルしたという話もありませんでした。お母様は姿勢のことだけを注意したとおっしゃっていましたね。


そんな子なので、きっと楽しんできてくれると思います。感想を聞くのが今から楽しみです。


Aちゃん、あなたらしい受験をしておいで。




これまでにけいkids+ブログで紹介した「洛南高等学校付属小学校」のレポートはこちらです。



子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

あぁあぁ、とうとう5月。

 
 2016年 5月4日


P3213408

P5013523


P5013525
ここまで作り終えました。あと少しで完成です。明日は完成させます。



あぁあぁ、とうとう5月ですよ。

もう5月。早いですね。お母様たちには「イベントがある年は恐ろしい勢いで日々が過ぎていくから、気をぬかないでね。」と申し上げています。まり先生にとってはもう長い間の連続イベントなので、すごい勢いで日々が過ぎていくのには慣れているのですが、今年は昨年末に体調を崩したこともあり、いつにもましてスピードアップして駆け抜けて行っているように感じます。

受験日が昨年より早まっている学校があり、生徒によってはあと4か月ちょっとで受験日を迎えます。こんなに受験日が早くなると、体力もなく、精神年齢も引き上げきれない幼い子どもたちに対し、勉強の楽しみを感じさせながらも合格圏内に導くのは、さじ加減がとても難しいです。でも、そんな中で子どもたちは頑張っています。その姿を見守りながら寄り添う親もまり先生も切ないです。


「8月中には、受験範囲を仕上げなきゃなりませんか。」という質問をいただきました。
私はいつも入学試験日ぎりぎり2週間前まで待ちますね。問題によっては、この年齢の子に理解させることは難しいものがあります。各人で理解が難しい問題は異なりますが、何度も置き換えるシーソーの問題、回転、方向知覚の問題が不得意なお子さんは多いですね。その子たちの負担を少なくするには、少しでも成長してから問題にあたらせたいのです。だから2週間前。そうでないと、回答方法だけを覚えることになり、しかもそれは側に親が座ってアドバイスを与えているからようよう出来るだけで、一人になるととたんに出来なくなるからです。叱られて、何度も繰り返してできるようになったとしても、実際の試験日には解けないことが多いです。そんな問題に時間を取られるのはもったいないように思います。それよりは確実に解ける問題を増やすことや、スピードアップするほうが良いように思います。そういうわけで、けいkids+では試験日2週間前から各学校の最後の最後の難問に取り組むようにしています。1週間の練習で自力で出来るようになったときは武器としますが、もしできないようなら潔く手放すように話します。気楽に回答してくれば良いと話します。出来なくて、その後の出来る問題にも自信を無くして委縮するのは避けたいですから。満点で合格する必要はありません。6割から7割を正解すれば合格できます。




子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  



人生、最初の試練かも


 2016年 4月3日


P4013416
今週のまかない弁当です。
左から、焼売、エビ、冷凍コロッケ、小芋のたいたん、焼肉
何が一番おいしかったって聞いたら、「今日は全部美味しかったよ!」って。えへへ。嬉しい。
小芋は母が炊いたんだけど。



年中女児さんの弟さんが3月31日に2歳のお誕生日を迎えました。この子は、まずおっぱいのことを「ぱい!」と言えるようになり、次にパンのことを「パン!」と言って笑わせてくれ、先日は「新幹線!」も言えるようになりました。まずは食欲、次におもちゃ。思いのまま生きてます。その子が、先週のレッスンの時におっぱいをのんでいたのですが、「はんたい!」と言いました。母乳の出が悪くなったんでしょうね。私は、「反対って言えるくらい大きくなったんなら、もうおっぱいやめなさいよ!」と、突っ込んでしまいました。

すると、お母さまがしみじみと、
「そうなんですよ。断乳までのXディがすぐ近くまで来てるんですよ。この子の人生初めての試練の時です。今まで自分のものだったおっぱいを取り上げられるんですから、それはそれは辛いと思うんですよ。」と。仰いました。

あぁ・・・・、本当ですね。人生最初の試練ですね。辛いだろうなぁ。不安だろうなぁ。夜泣きの場面が浮かんで、胸がしめつけられます。



まり先生は「みんなもそうだったんだから、あなたも頑張るのが当然だ。」という考えはあんまり好きじゃないです。みんなが我慢したからって、私の我慢は私の我慢で、辛いのは私が辛いわけだし、嫌なものは嫌なんです。ただ、産みの苦しみだけは、みんなこの痛みを経験して、わが子を育てていく覚悟が出来るんだなぁと思いました。

あぁ、人生半分生きてもわがままは直りませんね。いや、ますます、わがままになって行っているような気もします。でも、ひょとしたら、子どももそう思っているのではないでしょうか。お母さんは「みんな我慢してるよって言うけど、みんなが我慢してるからって言うのは、まったく説得になってないよ。私と関係ないでしょ。」って、思っているんじゃないかと思います。ただ、それが口で説明できないから言わないだけで。



りょうまくん、2歳のお誕生日おめでとうございます。(3月31日生まれ)

彰ちゃん、6歳のお誕生日おめでとうございます。(4月3日生まれ)

ついでに、

若先生、2?歳のお誕生日おめでとうございます。(4月4日生まれ)




子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  




面談


 2015年12月31日



PC293314PC293316
年中女児さんからのプレゼントです。
「 雀休 (じゃっきゅう)」 京こま

「古代の独楽は神の宿るものとして儀式などで厳かに回されていました。時代を経て、多くの子供達の遊び道具として広く親しまれ、今日でも独楽はお正月の遊びの代表として日本の文化に根付いております。」「京こま」は着物布や色艶やかな綿紐を芯に巻き重ねて作る(巻胎の技法)京都の伝統工芸です。今も雀休の職人の手により受け継がれ守られております。」  (添付の解説書から抜粋)





けいkids+には決まった「面談日」はありません。それは、レッスン中にお母様の悩みを解消したいと思っているからです。今、困っている、今、心配でたまら ないのに、「面談日」まで待てるわけがありません。


長いこと幼児教室の講師をしているので、親子の顔つきと子どもの月例によって、悩んでいる問題は想像がつくこともあります。それは、成長過程の中で、どの子も同じような問題を抱えることが多いからです。だから、世間話のふりをして話し始めます。そうすると、お母様によっては、「まり先生、どうして分かったの?隠れて見てたの?」と非常に驚かれます。偵察に行ったわけでもあり ませんし、霊感があるわけでもありません。「亀の甲より歳の甲」です。


お母様が「私だけ・・・」と思っている問題で悩んでいる親子は案外多いものです。そんな時の改善成功例も失敗例もお話できると思います。心配な時、つらい時を逃がさず、お母様のお話を聞き、問題解消のお手伝いができる「けいkids+」でありたいと思っています。



今年も一年、応援ありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。




子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

2015年合格体験記(6) ~ノートルダム学院学院小学校合格男児お母様から~ 


 2015年 11月8日


P9263287


line001



けいkids+兼田眞里先生
この度はまり先生のあたたかいサポートのもと、無事にノートルダム学院小学校に入学できることになりました。 本当にありがとうございました!

 まり先生が「とてつもない笑顔」と言われた受験当日の息子は、小学校受験をどのくらい理解していたのか、受験を終えた今でもよくわかりません。 実は受験当日の朝、息子は幼稚園を休むことを渋ってなかなか朝の支度にとりかかれませんでした。大好きな幼稚園、年中組の4月から皆勤が続いていました。受験のために幼稚園をおざなりにはしたくないというのは私達父母の思いでもありました。そしてそれはやがて迎える中学受験に際しての思いでもあります。

合格したらすぐに小学校に通わなくてはいけないと勘違いしていたらしい息子の誤解を解いて無事出発、これまで各種公開行事に参加させていただいた時と同じようにニコニコと楽しみな気分で小学校に向かうことが出来ました。 試験開始時間が近付き、控え室に付き添いの保護者を残して先生と共に受験会場へと移動する列に真っ先に並びに行った息子は、その列が動き出す瞬間に泣きそうな顔で振り返りました。すがるように私に向けた必死の眼差しは、今でも目に焼き付いています。 場所見知りや人見知りの少ない息子ですが、それでもまり先生のおっしゃる通り無事に受験をすることだけでも大変な挑戦だったんだと思います。

小学校受験について家では「小学校行けるかどうかテスト」と呼び、もしも10月1日に「まだ来年も幼稚園にいてください。」と言われたら11月1日に再チャレンジ、それでもだめだったらお家の近くの小学校がラストチャレンジ(就学時健診)、なんて話をしていました。 ……無事に合格をいただきましたので、就学時健診については「幼稚園卒園してもいいかどうかテスト」と呼び変えました。「かっこいい年長さん」として卒園できますように。

ペーパーテストを終えた息子はお昼ご飯を食べながら「今頃幼稚園で何してはるかなぁ。」「運動会の太鼓の練習してはるかなぁ。」「(担任の)○○先生、僕がいないから泣いてはるかなぁ。」……等と幼稚園が気になって仕方がない一方で「僕は小学校に入ることしか考えてないから○○先生に会えなくても泣かへんねん。」とも言っていました。 面接で「お誕生日に何が欲しいですか。」と聞かれて「仮面ライダーのベルト。」と答えた息子。 まり先生がいつも素直で優しいと言ってくださった息子は、良くも悪くも幼いです。

合格通知が届いた時には通知の意味を理解するのに半日かかり、夜になってようやく「僕、本当に小学校に行ってもいいのかなぁ。」とニヤニヤし始めました。 そんな素朴で無邪気な息子の人柄が我が子ながら貴重な個性だと思う私達は、受験のためのペーパープリントをなかなか進めることが出来ませんでした。 熱心に絵を描いている時、夢中でレゴを組み立てている時、大量のプラレールを一度に走らせながら喋りまくっている時、大人顔負けの集中ぶりで絵本に見入っている時……そんな時の息子の頭の中では神経細胞が大活躍しているはずと思い、中断してプリントをするようにとはなかなか言えませんでした。 まり先生のレッスンでご一緒するお友達が毎回びっくりするような量のプリントをこなして持ってきて、先生が「これ全部丸付けしたら腱鞘炎になるから勘弁して。」とおっしゃる中、息子の宿題ファイルはいつまでも薄っぺらなままでした。 時に「このままでは間に合わない。」と言いながらもじっくりと見守ってくださったまり先生。受験直前、「あんな風でもちゃんと底力はつけてあるから。」と励ましてくださったまり先生。

ノートルダム学院小学校は実物を使ったテストが出るということを印籠のようにかざして受験を控えた夏休みに一週間も信州へ出掛け、川遊び、蛙捕り、化石掘り……。試験直前のシルバーウィークには大阪の科学館と兵庫県佐用町の天文台へ行ってしまいました。 息子の日常は、夕方まで幼稚園、日によってはスイミングや音楽教室、何もない日はお友達と5時まで公園で遊び、あるいは図書館で借りられるだけの絵本を借りてきては読む……という日々を受験前も今も変わらず過ごしています。休日は水族館へ行き、動物園へ行き、御所で走り回り……秋の植物館では丸いクヌギの実が降るように落ち、九条山の歩道には栗のイガがいっぱい、ドングリみたいに降ってきたら大変だ!と大騒ぎをしたり。幼稚園のズボンのポケットからは毎日小石がジャラジャラと出てきます。 大人になった息子の記憶の中に、懐かしい戻りたい子ども時代があるようにと願いながら受験期間も今も過ごしています。

幼児期を抜けて小学生になる息子。これから先、自分の置かれた環境の貴重さを理解し、勉強を面白いと思って自分から新しいことを調べ吸収できる意欲が育っていくように。そんなことを考えながら手探りで日々を過ごしています。 そして嫌いではないのと同時に、苦手ではないように、ということを意識しながら入学後の学校での学習を支えていきたいと思います。

最後になりましたが、まり先生、我が家の小学校受験にまり先生の存在は不可欠のものでした。未知の世界の足元を照らし、あたたかい声掛けを続けてくださったまり先生。どうしていいかわからなくなった時、どうにもできなくなった時、まり先生がいてくださる、話を聞いて一緒に考えてくださる、そのことが本当に心強く、私達の心理的な安定を支えていただきました。ありがとうございました。


line001



「大人になった息子の記憶の中に、懐かしい戻りたい子ども時代があるようにと願いながら受験期間も今も過ごしています。 」


素晴らしい言葉です。そうでしたね。Yちゃんご一家が「けいkids+」を初めて訪ねてくださった時に、ご両親の願いは、『わが子にいっさいの負担をかけないで、日常の中で合格すること』だとわかりました。その願いは、すべての受験生のご両親様が願うことでしょう。でも、それはかなり難しいです。

受験生に一切の負担をかけないで日常生活の中で合格をいただくことは、ご両親にとっては非常に大きな挑戦だと思いますが、私にとっても初めての挑戦です。でも、挑戦する価値があると思いましたので、入会していただきました。そして、「善いものをちょっぴり、そしてお安い作戦」を立てました。旅行のお休みも多く、かなり厳しい作戦でしたが、なんとか合格できました。



Yちゃん、合格おめでとうございます。

自分が行きたい学校に行くことができるなんて、素晴らしいことですよ。
とてつもない笑顔を忘れないでね。







子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。


k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


2015年合格体験記(7) ~ノートルダム学院学院小学校合格男児お父様から~ 


 2015年 11月9日


昨日のYちゃんママからに続き、Yちゃんパパからの感想をご紹介いたします。(すみません。予約投稿のセットを間違って、こちらが早くアップになってしましました。兼田)


P9263287


line001




 この度、我が家の念願でありましたノートルダム学院小学校に入学させていただけることが決まりました。いつも温かく、時には…やっぱり温かく、結局どんな時にも温かく見守り、ご指導いただいたまり先生にはどれだけ感謝しても、尽くせない気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

 息子の小学校進学について明確に意識し始めたのは、幼稚園の2歳児クラスに在籍していた時、3年程前のことでした。「一番ぴったりの学校はどこだろう」そんなことを夫婦で考えていました。 ちょうどその頃、近所の公園に弟さんと遊びに来ていた小学生のお嬢さんがおられました。自分よりも年下の子どもたちがたくさん遊ぶ公園です。息子や同年代くらいの幼児さんのことをよく考え、みんなが楽しい気持ちになれるよう遊び相手になっておられました。そのお嬢さんが通っていらしたのがノートルダム学院小学校でした。「こんな素敵なお子さまの豊かな心を育んでいらっしゃるのは、どんな小学校なのだろう」息子の進路に考えを巡らせ始めていた私たちが、そのような思いに至ったのは当然のことだったのかもしれません。

それからノートルダム学院小学校の様々な公開行事に参加させていただきました。「6年生を送る会」では卒業が迫り人目もはばからず泣いている6年生の男の子、「学校説明会」では緊張する中でものびのびと学校紹介劇に出演されているお子さまーそんな在校生の生の姿を拝見させていただくたびに私たちは心をがっちり掴まれていきました。 「息子にぴったり。ご縁をいただければ是非ともお世話になりたい!」と考えるようになりました。息子も年少組から参加させていただいた学校行事を通して学校の空気を肌で感じ、大好きになっていきました。私たち家族がノートルダム学院小学校に惚れ込むのにそう時間はかかりませんでした。


さあ!目標は決まった! …しかし、父母の心の中には大きな葛藤がありました。それは、心豊かに育んでくださるであろう学校に是非ともお世話になりたい、という思いがある一方、何にも替えがたい息子の柔らかい純粋な心が「受験勉強」を経験することでどうなってしまうのか、もし人間性にまで影響するのなら息子のありのままを守る道を選ぶべきではないかということでした。 当初、大手幼児教室の体験にも行きましたが、私たちの葛藤が「解消!」とはいきませんでした。 「どうすれば…」そんな思いばかりが先に立っていたところに、妻が以前から拝見させていただいていた「けいkids+ブログ」が我が家の話題になりました。ブログの文面から滲みでる「おかあちゃん」を思わせる温かさと迷いのない言葉。一度門を叩いてみようーそこに思いが至ったのは、年中組の冬のことでした。 体験の申し込みをさせていただき、お伺いした時、初めてお会いしたにも関わらず、まり先生は私たち家族に温かく、率直に、そして実直に接してくださいました。「まり先生ならば息子の心や父母の思いに正面から向き合ってくださるのではないか。」…私たちは、まり先生にお世話になりたいと考えるようになりました。

入室させていただけることとなり、毎週通う中で、父母のわがままとも言える前述の悩みにも耳を傾け、常に息子の心に、父母の思いに寄り添ってくださいました。また、つき添いの私たちも授業中に同じ部屋の中で息子の様子を見せていただける安心感と、語りかけてくださる一言一言に表れるまり先生の揺るぎない自信が私たちの背中をさらに押してくれました。 ご指導いただいた10ヶ月間。本格的な受験準備の期間としては決して長くはなかったのだと思います。レッスンのたびにまり先生より家庭学習のプリントをいただいていましたが「お家でもっともっと勉強を」と仰ることはほとんどありませんでした。それは、まり先生が私たち父母の思いを懐にしっかりと納め、教室でのレッスンにおいて様々な心配りをしてくださったことで、息子の子どもらしさやにこにこの笑顔、そして親子関係をも守ってくださっていたのだと感じております。

先日、ノートルダム学院小学校より入学許可書をいただきました。息子は以前と変わらず柔らかく純粋な心ですごしております。まり先生に感謝しながら今度は入学準備に向かいたいと思います。 本当にありがとうございました。



line001



ありがとうございます。兼田





子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。


k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

「京都聖母学院小学校」に合格した女児たちのこと


 2015年 10月30日


P9302554



以前にも書きましたが、「京都聖母学院小学校」総合コースを受験した3人の女児たちは3人一緒に勉強してきました。女の子特有のドキッとする言葉が飛び交う時もありましたが、概ねうまくいったクラスでした。教室を離れても、おたがいの家を行き来する仲良しさん達です。

けいkids+は幼児教室ですが、お母様の教室でもありたいと考えています。そして、ただ教室内の知り合いってことではなく、教室を出ても手をつないで帰りたいと思える学友に出会える教室でありたいと考えています。そういう意味では、「けいkids+」は自分で言うのもなんですが、居心地の良い教室です。体験レッスン時に選んでいるわけではありません。もともと、そういう気持ちの良い方ばかりが体験に来られるのです。それは、「けいkids+」に来られるときは、もう長いことブログを読んでくださっていて、私と「けいkids+」が心地よいと感じる方が来られるからだと思います。みなさん、ありがとうございます。
みなさんとのお出会いに感謝しています。



娘とバトルした日に落ち着こうと、このブログを読んでいる方もいらっしゃるようです。そうなんですか?お役に立てるといいのですが。でも、読んでいるだけでは一方通行ですよ。むしゃくしゃしたら、電話をください。遠慮なく電話してください。たくさんかかってきますよ。会ったことがない方からもたくさん電話がありますよ。電話口でいきなり、「でもね、まり先生!」っておっしゃる方もあり、いやまだ一度も話したことないけど!!ってことがよくあります。電話をかけてくださる方はそれまでに頭の中で私に話しかけているのでしょうね。私は、「まぁまぁ。落ち着いて・・・」とお母様の思いを受け取ってから話を伺い始めます。平日の午前中は暇なことが多いですから、電話してきてください。名前もお聞きませんから、安心して電話してくださいね。



話がそれてしまいましたが、この3人さんはそれぞれがこれから生きにくい生き方をするんだろうなと想像できるほど、こだわりのあるお子さんたちでした。もう少し柔軟に、もう少し自分に優しく、もう少し周りを見ることができたら、どんなにか楽に生きられるのに・・・・。でも、それも個性ですね。それが個性です。見守るしかありません。でも、できれば、かわいい子どもたちにつらい思いをしてほしくない。生徒が泣くのは見たくないです。

そして、お母さんたちが泣くのも見たくないです。卒塾してもつらいときは、いつでも電話してくださいよ。私は、「けいkids+」を卒塾してからがお母様方と私の本当のお付き合いが始まると思っています。今まではわが子の先生として頼ってくれていましたが、卒塾してからは人生の先輩としても頼ってくれるかどうかで、お子さんの指導が適切だったかが判るとも考えています。



みなさん、合格おめでとうございます。
これからも3人で助け合ってね。



これまでに、けいkids+ブログでご紹介した京都聖母学院小学校レポートはこちらです。




子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。


k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


2015年合格体験記(5) ~京都聖母学院小学校合格女児保護者から~ 


 2015年 10月28日


P9263287


line001


まり先生のブログは娘が年中になったころから拝読していましたが、初めてまり先生を訪れたのは年中も終わる3月でした。 年中になり、周りの勧めもあり選択肢の一つとしていくつか私立小学校を見学した中で、「京都聖母学院小学校」に心ひかれ、受験を考え始め、夫婦で何度も話し合いましたが結論を出せないままでいました。


ようやく受験することを決めたものの迷いがある中でまり先生の教室を訪れると、先生は私たちの思いを聞いてくださりアドバイスをしてくださいました。ブログから感じられるお人柄そのままの先生で「やはりこの先生に相談して良かった!」そう思い、お世話になることとなりました。 「この小学校に行きたい!」娘自身が強く思っているわけではなかったので、急に勉強や宿題をすることになり、どう反応するのか少し心配でした。でも毎回嬉しそうに教室に通う姿にホッとしました。宿題に文句を言うこともありましたが「宿題をしないとまり先生のところには行けないよ。」そう言うと先生のところに行きたいからと頑張ってくれました。


 通いだしてしばらくは一人でのレッスンで「疲れた!わからへん!」を繰り返していましたが、「ご学友」ができてからはその言葉も少し減り、さらに楽しそうにレッスンをうけていました。試験まで半年をきってからご一緒させていただきましたが、以前から一緒だったかのように温かく迎え入れてくださったご学友とお母様方には感謝の気持ちでいっぱいです。娘にとって小さな頃から一緒に頑張った仲間がいるというのは本当に幸せなことです。私もお母様方に悩みを聞いていただき、助けていただき心強かったです。


実は受験するなかで一番不安だったのは母親である私自身でした。マイペースで一度思ったことは譲らない娘。必死になり怒って娘を傷つけたりしないか、娘の頑張りをしっかり認めてあげられるか不安でした。私がイライラや不安をのぞかせるとまり先生はよく「子供はこんなものよ~。」とおっしゃいました。この言葉は他の方からもよく言われますが、何故かまり先生の言葉は素直に受け取れ気持ちがとても楽になります。 娘とバトルになり落ち込んだ時にいただいたメールもとても温かく本当に救われました。「子供の笑顔を守りたい」ブログのこの一文にひかれ教室のドアを叩きましたが、親である私の笑顔も守ってくださいました。


面接はとても恥ずかしかったようですが、試験は楽しかった!と帰ってきました。 無事に笑顔で楽しく試験を終えられたのもまり先生のおかげです。本当にありがとうございました。 今後もまり先生が教えてくださったことを思い出し娘を見守っていきたいと思います。


line001



子供は、こんなものよ~。親の思い通りになりゃしませんよ。



親もわが子を自分の思い通りにしようと思っているわけではありません。ただ、沸騰している薬缶に触ったらやけどするよと教えるのが親の務めのように、そして人生の先輩として基本的なアドバイスを与えているだけなのです。それなのに、そんなに反抗しなくてもいいじゃないの・・・と、思いますよね。


受験勉強が終わって、やれやれと思ったのもつかの間、新しいバトルが始まります。というのは、子どもは合格したことで、周りの人から「おめでとう。すごいね。」って言ってもらうものだから、なんだか偉業を達成したようにでも思って、自己肥大を起こすのです。と同時に、「いよいよ小学生ね。頑張ってね。」とも言われるので、自分はなんだかすごいことをやり遂げたぞという思いの一方で、なんだか頑張らなきゃならない怖いことが待っているらしいとも感じています。落ち着かないみたいです。そして、感情の起伏が大きくなります。


以前、立命館小学校を合格した男児が、「お父さんが、僕を子ども扱いする!」と言って、泣き泣き教室に駆け込んできたことがあります。でも、だからといって、じっと見守っていると「お父さんは冷たい!」と言って怒り出していましたね。幼稚園でも、発表会で「年長さんだから頑張れ。」って言われるし、「小学校に入ったら何でも自分でしなきゃならないのよ。」なんていろいろな怖いことも言われます。一体、私はどうなるんだろう。どうすればいいんだろうって、悩んでいるようなんです。自分のことを自分なりに考える年頃になったんです。成長したってことですね。とは言いつつ、親も疲れます。まぁ、これも、私たちも通ってきた成長の過程と思って、落ち着いてください。お母さんたち、これからは少しずつでも自分のために時間を使ってみて。子育てに関しても、新しい発見があるかもしれませんよ。




Rちゃん、合格おめでとうございます。

一緒に勉強した3人が全員合格できてよかった。
これからもみんなで助け合って仲良くしてね。



これまでに、けいkids+ブログでご紹介した京都聖母学院小学校レポートはこちらです。




子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。


k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

合格実績
2018年度 私立小学校合格実績(2017.11.01現在)
光華小学校 1名
立命館小学校 2名
京都女子大学附属小学校 2名
京都聖母学院小学校 総合コース3名 国際コース2名


2017年度 私立小学校合格実績(2016.10.6現在)
立命館小学校 1名
洛南高等学校附属小学校 1名
箕面自由学園小学校 1名
京都聖母学院小学校 総合コース 2名
関西学院初等部 1名
京都女子大学附属小学校 4名


2018年度 私立中学校合格実績(2018.1.17現在)
神戸女学院中学部 1名
同志社国際中学校 2名
 

2017年度 私立中学校合格実績(2017.1.16現在)
京都女子中学校 2名
龍谷大学付属平安中学校 特進2名
京都文教中学校 1名
京都産業大学附属中学校 1名
 
  
2018年度 大学合格実績(2018.2.21現在)
立命館大学総合心理学部1名
近畿大学工学部1名

ランキング
ランキングに参加しています。 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ
無料体験レッスン
けいkids+では『無料体験レッスン』を受付しております。
どのようなレッスンを行っているのか、お気軽にお問合せください。
ご連絡お待ちしております。

無料体験レッスンのご案内はこちらです。
大学や中学校・高等学校に関する教育ニュースを紹介しています。関西
カテゴリ別アーカイブ
おすすめ関西サイト
幼稚園受験100

kanasai-in2

kanasai-setu2
  
2013年1月29日更新
問題集のご案内

中研問題集
tyuuken

面接質問集(返答下書きシートつき)
mensetutop

低価格 ダウンロード問題集
keiretu-toptop
小学校受験問題集アンケート
幼稚園探し

幼稚園受験160

幼稚園受験160

関西幼稚園受験160

QRコード
QRコード