けいkids+まり先生のブログ

まり先生が京都で教えるけいkids+幼児教室 小学校受験もおまかせ!

私立中高等学校校長先生インタビューシリーズ

龍谷大学付属平安高等学校・中学校 関目六左衛門校長先生インタビュー


 2018年 8月10日

今春「龍谷大学付属平安高等学校・中学校」の校長先生に就任されました関目六左衛門校長先生にお話を伺って参りました。


                 P7275479
                  関目 六左衛門 校長先生

関目 六左衛門先生紹介
1974年に龍谷大学大学院文学研究科東洋史学専攻修士課程修了、京都市立西京商業高校(現在の西京高等学校)勤務、堀川高等学校を経て、教頭として再び同校へ戻り、2003年から校長職。2003年には校名を「西京高等学校」と改めると同時に、独自の専門学科としてエンタープライジング科を設立。2005年からは附属中学校校長を兼任。2012年3月に中学校・高等学校校長退職。


関目六左衛門校長先生からのメッセージをご紹介します。
「本校は中高併置校ですので13歳から18歳の生徒がともに学びます。小学校を卒業したばかりの子から、選挙権を持ち自由意思で結婚をもできる歳までという幅広い成長段階にある生徒たちに接していくのですから、可愛がってばかりはいられません。18歳になれば「成人」という成長段階に達します。そうなれば、生徒も先生も対等です。その点では、初等教育とは果たす役割・責任が異なるのではないかと思います。13歳からの6年間でどのように成人にふさわしい若者を育てていくかが問題になります。高校3年の4月2日に18歳になる生徒もいるわけですから、わずか5年の間に成人にふさわしい存在へと家庭と地域と学校とが一体になって育て上げなければならないのです。

本当に大変な、そして大切な6年間(5年間)です。
どのようにして、この6年間に成人にふさわしい若者に導くかというと、第1は宗教教育によってです。これは私学だからできることですね。公立校ではできません。本校は浄土真宗の宗門校ですから、まず感謝をすること、相手を思いやることを大切にしています。浄土真宗は「祈り」のない宗教ですから。第2は健康と体力面に気を配ること。第3は学校ですから当然「学力」を身につけることによってです。

「学力」ですが、今は「主体性」、「身につけた可能性」、「課題解決能力」をも「学力」とよびます。社会が求める「学力」が違ってきているのです。私は先生たちに問いかけているのですよ。「優秀な先生って何?」「良い先生って何?」と。昔は教えるべき内容をすべて教え切る先生が良い先生でした。でも、今は違います。それでは子どもの意欲が育ちません。考える力が育ちません。ですから、私は先生が教えるべきことは基礎・基本だけで良いと言っています。日本の先生はこれまで良い先生すぎたのかもしれませんね。子どもたちは、優しく教えてもらい、教えてもらったことをすべて憶えることに慣れすぎています。以前なら「あの先生の言うことは分からないわ。あかんのちがう!!」という声がありましたが、今はスマホもあるので自分で調べることができます。自分で調べれば良い。今はこういう「学力」の時代に入って来ているのです。

公立中学校であれば、子どもたちの個々の学力が違うからといって教える内容を変えることは出来にくいのですが、私学はそうではありません。平安中学校においても、公立中学校の指導とは基本的には変わりありません。ただ、当然のことながら集団の層としては違いがあるわけなので、「龍谷大学付属平安中学校」に集まってくれた集団の学力にあわせた、生徒の実態を反映した手当てをしています。

社会に出れば民間企業に勤める生徒が圧倒的ですね。その生徒たちは海外に進出していかなければなりません。国内の人口減少でマーケットは圧倒的に海外に依存するわけですから。だから海外(国際)水準の「学力」が必要になります。世界に対応できる生徒を育て上げなければならないと考えています。」


以上です。関目六左衛門校長先生、ありがとうございました。


 
                   P7275485
校舎正面には甲子園出場を祝ってこの垂れ幕がありました。
                 P7275483
                  お花もたくさん届いていました。

            龍谷大学付属平安高等学校・中学校のHPをリンクします。


                これまでのレポートは、こちらをご覧ください。

           子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。
                  k-kidsbanner

                   kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  



京都文教中学校 内田典子教頭先生インタビューレポート


 2017年 5月10日


                ここにあるすべては、君の未来のためにある。
                   PC172757    
                    京都文教中学校・高等学校校舎
             京都文教中学校・高等学校のホームページはこちらです。


君はかけがえのない存在
京都文教のポリシー
・生徒一人ひとりの生命(いのち)を大切にします。
・生徒一人ひとりの夢の実現をサポートします。
・生徒一人ひとりの一日一日を大切にし、放課後の有効活用を支援します。
・生徒一人ひとりのマナーを重視した教育を行います。             


     P4264415P4264403
               図書室         自習室


新しい学びのカタチACTスタート!
ACT
 2020年の大学入試改革に向け、新カリキュラムスタート!
ACTのねらい(Active-Creative-Thinking)
「思考力」「判断力」「表現力」を伸ばす段階的な学びと反復学習による学力の伸長と定着を図り、「主体性」「多様性」「協働性」を育む情操教育をはじめとした学校行事や諸活動に取り組んでいます。これらの取り組みが相互に作用することで、ACTではこれからの社会に対応できる「生きる力」を育成します。
ACTの特色、スパイラル学習
ACTでは、生徒自ら学習計画を立てるように指導します。計画に沿って学習し、単元テストや定期考査に臨んだ後、結果を分析。できなかった理由を自ら把握することで、「理解できていない箇所を残さない」新たな学習計画を立てます。この学習サイクルの繰り返しが自学自習を定着させ、学力の伸長につながるのです。


                     P4264397
                         内田典子教頭先生

「私自身が本校の卒業生なんですよ。中学校高等学校と在籍しました。尤も、私がおりました時は「家政学園」いう学校名でしたが。大学を卒業してから、ずっと本校で社会(地歴・公民)の教師をしておりますが、学校名が変わっても面倒見が良いという伝統は変わっていないと思っています。じつは、私の妹は他校の私立中高一貫校から本校の高校に進学したのですが、母に受験した理由を聞いてみましたところ、本人が希望したことと私達親が安心できるからと申しておりました。私も、本校は現在も保護者の皆様にとって、お子さまを安心して預けて頂ける学校だと思っています。いつしか「文教ファミリー」という言葉ができたようです。お子さまを「お預かり」させていただいているのですが、子供たちと保護者と教員が家族でありたいと思っています。私が、クラス担任から学年主任になった時には、子供が増えて嬉しいと思ったくらいです。「文教ファミリー」になれたのは、保護者のサイドから言えば、中学校1年生で行っている家庭訪問が大きな要因になっていると思います。膝をつき合わせて子供を中心に保護者と担任が話をすることは良いことです。子供たちのサイドから言えば、勉強面でしっかりサポートすることだけなく、人間関係を落ち着かせることを重視した言葉がけをしていることが良かったのではないかと思います。」

内田典子教頭先生、ありがとうございました。     



P4264411P4264400
音楽室         食堂
P4264407
                ペッパー君  はじめてお目にかかったのですが、可愛いですね。

                             
内田典子校長先生にお会いして伺ったお話も素敵でしたが、学校パンフレットにある内田教頭先生のメッセージは、文教さんの面倒見の良さが表れていると思いますので、一部をご紹介いたします。

「私たちは、みんな「幸せに過ごしたい」と思っています。「幸せ」の感じ方は個々さまざまですが、「周りの人を引き寄せる目に見えない力」を持つこと、つまり「感動」できることこそ「幸せ」の証ではないでしょうか?本校は2020年度から変更する大学入試制度に備え、知識プラスαの力を身につけて、生徒一人ひとりが自分の夢を実現させていく教育に邁進します。そのために、日々の学校生活のあらゆる場面で「感動」を経験していただきたいと思います。私たちは「感動」することで一歩前に踏み出すことができます。生徒の皆さんとともに着実に一歩一歩前進し、一人ひとりの「夢」を叶えて行きたいと願っています。」


            京都文教短期大学付属小学校レポートはこちらをご覧ください。


              子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  



「学校法人 大阪医科薬科大学 高槻中学校・高等学校」池田祥行教頭先生インタビュー紹介


 2016年 7月30日


大阪府高槻市にあります「学校法人 大阪医科薬科大学 高槻中学校・高等学校」は来年度から女子をうけいれ、共学化することになりました。この大きな変化を迎える高槻中学校・高等学校の覚悟を池田祥行教頭先生に伺ってまいりましたので、ご報告いたします。


真のグローバル進学校として男子にも女子にも、最優の教育を。
P9131087
岩井 一校長先生




P7123744
高槻中学校・高等学校

2014年度より文部科学省のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の指定校になりました。SSHは将来の国際的な科学技術人材の育成を目指し、先進的な理数系教育に重点を置いたカリキュラム開発を行う事業です。
2016年度より文部科学省のSGH(スーパーグローバルハイスクール)の指定校になりました。高槻中・高のSGH事業のテーマは「グローバルヘルス」です。大阪医科大学を中心に、複数の大学や研究機関と連携を図り「グローバルヘルス」に関する「課題研究」を実践しています。



池田祥行教頭先生に、来年度から女子が入学することに関して、①入学試験の変化はありますか? ②これからの高槻中・高はどう変化していくとお考えですか? ③女子の入学をどう捉えていらっしゃいますか?の3点について伺いました。


P7123732
池田祥行教頭先生(右)と入試対策部長の平沢真人先生(左)です。

①入学試験の変化はありますか?
従来は1クラス43名×6クラスで約260名を募集定員としていました。来年度からは男子約180名、女子約90名(A日程男子約90名、女子約45名。 B日程男子約85名、女子約40名。帰国生対象入試男女約10名。)に変更します。男子は昨年度より80名少ないことになります。合格者の偏差値で言えば、男子は約3ポイントの上昇があるのではないかと思っています。男女別々で、成績順に合格を出しますので、女子の受験においても難関になるだろうと予想しています。試験時間を増やしていますが(国算は50分から60分に、理社は40分から45分に延長)問題数を増やしたり、難易度や出題傾向を大きく変えたりすることは考えていません。じっくり取り組んで確実に力のある生徒が、高い得点率で合格してくれることを狙っています。


②これからの高槻中・高はどう変化しますか?
男女それぞれの活躍に大いに期待しています。男子30名、女子15名で6クラスを作るつもりですが、女子は精神的にも学習面においても成熟しているお子さんが 多いと思いますので、授業の進め方にも工夫が必要になるだろうと考えています。本校では、時代にマッチングした授業方法を研究しており、教師が生徒に一方的に教えるだけでなく、獲得した知識を使って討論や発表、教え合いなどを行うアクティブラーニング型の授業を増やしています。またSSHやSGH事業を核として課題研究などに取り組む、探求的な学習を通して、深く考え抜く、主体的な学びの姿勢を確立したいと考えています。また、学校法人として大阪医大や大阪薬科大と連携した授業やプログラムがあることが、大きな武器になっていくと考えています。いわゆる大学の附属高校ではありませんが、子供たちが自分の将来の学びのイメージをつかめるように、医大や薬大の先生の授業や実習を経験できることは本校にしかできないことだと思います。留学や課外活動も含めて、いろんな挑戦ができるチャンスがある学校として認知されることを願っています。


③女子の入学をどう捉えていますか?
女子を受け入れることにより、これまでには出会う機会がなかった方々とも出会えることになり、とても嬉しく思います。本校はもともと生徒の多様な希望に対して、その実現に向けて寄り添う学校でしたが、女子の入学によって、その対応をますます広げることになると思います。男女ともに互いに刺激し合って、より良い教育環境を作れるようにスタッフ一同まい進していきたいと思います。




P7123738
学校の個性が現れる掲示板です。色々な取り組みがわかる掲示物でした。
来年の掲示板が楽しみです。


今後の取り組み 「School Guide 2017」から
□高槻がこれから進めていくこと
グローバル人財育成と知性と学力のさらなる高い調和。
□2017年までの到達目標
難関国立10大学に130名合格
国公立医学部+大阪医科大に40名合格
    中学卒業までに英語検定2級に130名合格  
 



最後に、どういうお子さんに来ていただきたいかをお聞きしました。
「今は、高学歴であることだけでは就職に通用しない時代です。ですから、本校を卒業後、キャリアアップして生涯にわたって社会貢献したいと考えている子供たちに来てほしいのです。そのための学びの基礎基本と、前進していく姿勢を本校で身につけてほしいと思います。また何かを解決するのに、ひとりの力だけでは限りがあります。色々な人と交わって、チームを組んで働いてこそ成し遂げられることが多くあります。チームの一員となるために自分の専門性を高め、大いに協働できる人になってほしいですね。善い友人、先輩、後輩との人間関係をつくって、チームを作る喜びを経験して社会で働いてほしいと思います。本校は、多様性に富む友達に出会うことができる学校です。生徒たちに多様な価値観を認めている学校なのです。そして本校での学びは必ず「後で効いてくる」と思います。




P7123736
高槻中学校、高等学校は良い良質な教育環境を具現化・提供すべく、新校舎の建築に踏み切りました。平成29年春の高校新校舎・アリーナ棟完成を皮切りに平成 32年までにすべての施設・設備を整備する予定です。新校舎1F(平成30年夏頃完成予定)には、物理・化学・生物・地学の実験室が7教室、準備室が4室 並ぶ、最先端の設備が整った理系中心エリアとなります。


P7123734
中庭も整備されます。(平成30年 夏頃完成予定)
右に見えている校舎を取り壊して、約300人収容可能な講堂(平成30年夏頃完成予定)ができます。



大阪医科大学との高大連携プログラム 「School Guide 2017」から
最先端医学教室(中2)・・・ 大阪医科大学の教員で、医学界でトップランナーとして活躍しておられる現役医師の方をお招きし、取り組んでおられるテーマについて、中学生にも分かりやす く説明をしていただきます。最先端の技術の紹介だけでなく、命と向き合う責任の重さについて学べる機会になっています。
メディカルサイエンストレーニング(中3)・・・夏休みに大阪医科大学の教員や学生の方の協力をいただいて、聴診器実習や採血、縫合の実習などを体験し、また医学の各分野のスペシャリストの先生から講義を受けることができます。理論だけではなく実習を行うことで、臨床の現場のイメージも膨らみやすくなります。
高大接続課題実習(高2GSコース)・・・夏休みに大阪医科大学の基礎医学系講座の先生方の協力をいただいて、それぞれの実験室で研究の体験をさせていただくプログラム。医学だけに限らず、広く科学への探求心を持った生徒が、大学進学以降の学びのイメージを明確にし、学びのモチベーションを向上させるきっかけをつくります。
基礎医学講座(高1・高2)・・・医学部進学を志す生徒が、大阪医科大学に月1回程度通って、各講座の教授の方から直接講義を受けることができるものです。1回90分の講義を全8回受講します。医学への知識を広げるだけではなく、命と向き合う現場に自分が飛び込めるかどうかしっかり見極める機会にもなると期待しています。



女子受験生の方への学校説明会(要WEB予約)
10月15日(土)9時30分~11時



今後の中学校入試説明会の詳細はこちらをご覧ください。




k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

「龍谷大学付属平安中学校・平安高等学校 平成27年度入学試験」レポート


2015年 2月20日


龍谷大学付属平安中学校・高等学校の平井正朗校長補佐先生にお会いして、終了したばかりの中学校・高等学校の入学試験について伺って参りましたので、報告します。



P3181891
平井正朗 校長補佐


「今年は、中高ともに専願だけで定員を超えました。これも、生徒のおかげ、保護者のおかげ、先生方のおかげです。本校は数年前に、進学校化するとお伝えしました。その意味は、難易度の高い大学に単に何人合格者を出したかというレベルではなく、生徒たちの将来を見据えて、第一志望とする大学への現役合格率を上げ、夢の実現のお手伝いをさせていただくということです。中学では一方的に知識を押し付けるのではなく、背景知識構築の場、テーマに対し、自ら問題意識を持ち、その周辺領域を探求し、総合的にものごとを見る力、いわゆる論理的思考力を身につけると同時に興味・関心を持たせることに主眼をおきます。その為には生徒だけではなく、教師自身にもPDCAサイクルを定着させ、人間力と学力の両立を進め、社会に通用する力を養います。」


平井正朗校長補佐先生、ありがとうございました。


P3181894
第87回選抜高等学校野球大会出場決定


「第87回選抜高等学校野球大会」出場、おめでとうございます。
野球だけではありません。チアダンス部は中学高校ともに3月26日、27日に千葉幕張メッセで行われる全国大会に出場しますし、2月1日に行われた「平成26年度京都府高等学校フェンシング新人大会」では中学校・高等学校共に学校対抗で優勝しました。そして、「第36回京都ジュニア卓球選手権大会」では男子ダブルスが優勝しました。まさに「文武両道」をいっています。


同校は皆勤率が非常に高い学校です。それは学校に楽しいことが待っているからですね。楽しいことはお友だちだったり、ランチだったり、クラブということもあるでしょう。でも、やはり学校です。机に座って勉強している時間が一番長いのです。だから、勉強がわからなければ楽しくはありません。でも、この皆勤率。ということは、個々人が勉強が分かるという感覚を持っているということの証明だと思います。


以前、平井正朗校長補佐は、「平安は私立学校です。ですから、この学校に落ちこぼれはつくりません。」と明言なさいました。全員が勉強が大好きってことはあり得ないかもしれません。それもなんか個性がないような気がします。学習に対して多少、苦手感を持っている子もいるでしょう。今は勉強以外のものが好きって時期もあるでしょう。でも、長時間座って授業を聞いていても分かるところがある、あぁ、そうだったのか、という「伸び」の実感があるからこそ学校に行けるのです。この「わかった感」があるから、学校が楽しいのです。それには、授業に工夫が無いと無理です。生徒一人ひとりをじっと見て、どこが苦手なのか、あぁここまではついて来れてるな、あっ、今、わからなくなったなって、生徒の内面を理解し、それならと工夫する先生方がいる。通り一遍でなく、その生徒が分かる説明、譬え話、パフォーマンスをする先生がいるから、勉強がわかり、学校が楽しくなっていくのです。


世の中には学校が好きになれない子がたくさんいます。ちょっとしたきっかけで不登校になります。いえ、ちょっとしたきっかけではないと思います。そこの至るまでに、色々なことがあったのだと思います。抱えきれないことがあったのでしょう。でも平安なら、平安の人間面と学習面を共に伸ばす教育と生徒達の伸びと相乗効果によって高まった先生たちのスキルがあり、夢中になれるクラブがある平安なら、そうした辛い思いをする子たちを少しでもサポートできるのではないかと思います。



平井正朗校長補佐は、さらに平安をひぱっていきます。来年度のモットーは、「原点回帰」だそうです。
詳細は、
1、積み残し0運動・・・中学・高校を通して、完全個別フォロー指導する。
2、教師はPDCAシステムの徹底を図る。
3、クラブ加入率を高め、文武両道を目指す。
などなど。新学期での学校説明会を楽しみにしておきましょう。


こうしたたゆまぬ学校改革は周囲の認めるところであり、平安への期待度は高まっています。今年のドラゴンテストの参加数は700名を超えたそうです。3年前は500名、昨年が600名ですから毎年約100名以上増えていることになります。学校HPにも掲載されていましたが、入学試験の受験者数も毎年増えていますし、各教科の平均点も上がっています。



CIMG4007
図書館前の中庭


これまでに、けいkids+ブログでご紹介した平安中学校高等学校のレポートはこちらです。



平井正朗校長補佐が、けいkids+のために、「私立中高に進学する意義 ~心の教育を通じて社会に通用する人間づくり~」というテーマで講演してくださることになりました。
講演は3月5日、木曜日の午前中です。ご参加希望の方はけいkids+にメールでお問い合わせください。

メールアドレスは E-mail  k-kids-msn@kne.biglobe.ne.jp  です。




子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

龍谷大学付属平安中学校・高等学校 平井正朗校長補佐先生インタビュー


2014年 10月27日


時々、龍谷大学付属平安中学校・高等学校にお邪魔します。
この学校は中学、高校ともに皆勤率がとても高いそうですが、それは私の学校選びにはとても魅力的なポイントで、気になる学校なので訪ねていくのです。



今日は、平井正朗校長補佐先生にお会いしてきました。
平井校長補佐先生は、論理的に話す方で、膨大な情報を整理して一目瞭然の資料を作りだすマジシャンみたいな先生です。


P3181891
平井正朗 校長補佐先生



いつも、素敵な一言をお土産に持たせてくださる平井先生ですが、今日の平井語録は

「今年は中高のオープンキャンパスに約3000人の方が集まって下さいましたし、中学校のプレテストである「ドラゴンテスト」には約600人が受験する予定です。有り難いことだと学校全体で感謝しているところです。この人気は「チーム平安」、「一人の百歩より、百人の一歩を望む」という平安の教育理念が受験生と保護者の心にダイレクトに届いているからではないかと考えております。この「百人の一歩」を大切にしてるのが平安です。」


「一人の百歩より、百人の一歩を望む」です。


親にとっては本当に有り難い言葉です。人生上手く時ばかりではない、苦手な教科、苦手な分野もあります。でも、どんな時にも、うちの子を見離さないで寄り添って、見守って、支えて、乗り越えていけるようにして頂けるってことですよね。


PA272615
中学1年生の授業


11月9日(日)に龍谷大学付属平安中学校のプレテスト「ドラゴンテスト」が実施されます。この「ドラゴンテスト」には、「ドラゴンテスト返却会」だけでなく、「ドラゴンテスト算数教室」までついています。
是非、ご参加ください。(受験料無料)


PA272620
「人の生を受くるは難く やがて死すべきものの いま生命あるも 有り難し」
『法句経』



これまでに、けいkids+ブログでご紹介した平安中学校高等学校のレポートはこちらです。




子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


龍谷大学付属平安中・高等学校校長補佐 平井正朗先生インタビューレポート

2014年 3月30日


2013年11月10日に行われた龍谷大学付属平安中学校のプレテストにトライしよう!(受験料無料)「ドラゴンテスト」(保護者対象学校説明紀同時開催)に約600名もの応募者があった龍谷大学付属平安中学校の平井正朗校長補佐に大成功の秘訣をお聞きして参りましたので、ご報告いたします。




2013年11月10日実施ドラゴンテスト内容
Ⅰ型国語・算数(各50分) Ⅱ型国語・算数・理科と社会の複合問題(各50分)
11月16日ドラゴンテスト返却会 
11月23日ドラゴンテスト算数講座


P3181891
平井正朗 校長補佐

ドラゴンゼミ受験希望生が増加し、同時に平安中学校への受験生それも専願者が増加しているそうですが、そのことは中学校の在籍生徒数に如実に現れています。なんと昨年度の入学生は3年前の約3倍の101名(35名→67名→101名)でした。そして、今年は124名が入学手続きを済ませているそうです。


平井正朗校長補佐のお話です。
「600名ものドラゴンゼミ受験生を集めることができた理由は、本校の面倒見の良さと“熱い”先生方の小さな努力の積み重ねが広く知れわたってきたからだと思います。今、さまざまな面で生徒が輝いています。勉強、クラブなど、学校には活躍の場がたくさんありますが、在校生一人ひとりがそれぞれの持ち場で自分を高めるための努力をする、つまりPDCAを実践し、徐々に成果を出していることが本校への信頼を厚くしているように思います。すべては“主役”である生徒と彼らを支える教師の姿勢ですね。有り難いことです。今年も新入生には「ありがとう。」と言いますよ。来てくれてありがとうとね。本校の教職員は皆、平安に期待してくれてありがとうと言う気持ちで一杯ですし、それを代弁しているだけです。
面倒見の良さは、生徒の皆勤率、英検合格率、偏差値アップ、大学の合格実績に確実に現れてきています。本校は宗門の学校ですから、単に〇☓大学に入ったというよりは、預かったお子さんをしっかり育て、人間力を高め、社会に通用する人間づくりをすることに主眼を置いています。勿論、生徒一人ひとりのキャリア・アップのための進学指導は徹底しますけどね。2012年以降、コースコンセプトをはっきりさせ、姿勢がよりぶれなくなったことも良かったのでしょう。来年はさらに受験者数、入学者数を増やしますよ。今年の入試では全日程とも平均点が大幅にアップしましたが、来年も“育てる平安”というスタンスは変わりません。今まで通りです。来年は中高一貫コースの中に特進アドバンスト(特進A)と特進ベーシック(特B)というクラス制を引きます。“育てる平安”を具現化するために、中1では特Aが1クラス、特Bが2クラスの募集ですが、中2に上がると特Aを2クラス、特Bを1クラスに再編成し、中3では特Sを1クラス、特Aを2クラスというように年々、全員がレベルアップを体感できるような仕組みを考えています。
興味のある方は是非、学校説明会に来てください。」

(※平安中学校の英検取得状況  中3生・・・2級8.8%、準2級64.7%、3級94.1%)



平井正朗校長補佐、ありがとうございました。


今日の「平井先生語録」は、「主役は生徒。支えるのは教員。」と、「教える事を通じて社会に通用する人を育てる者がよい教員です。」でした。
前回は、「ここ(平安)は私学です。ですから落ちこぼれはいません。いるとすれば能力のない教員です。でも平安にはそんな教員はいません。」でした。お会いする度に「平井先生語録」が増えていきます。ひょっとしたら大ブレークの予感です!
P3181894
3月21日に開幕する第86回選抜高校野球大会に出場します。
今年の平安はかなり強いです。全国制覇も夢ではないようですよ。
(3月25日、平安高等学校は選抜高校野球大会で大島高校(鹿児島)を16ー2で破り、
6年ぶりの選抜勝利を挙げました。続いて、29日、8-2で八戸学院光星(青森)に快勝し、6年ぶり17度目のベスト8進出を決めています。)


P3181895
「善からぬこと、己のためにならぬことは、なし易い。ためになること、善いことは、実に極めてなし難い。」
『ダンマパダ』から


P3181897
運動場に人工芝を貼っていました。北校舎もリニューアル中でした。


これまでに、けいkids+ブログ内でご紹介した龍谷大学付属平安中・高のレポートはこちらです。


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。


k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

ノートルダム女学院中学校・高等学校 栗本嘉子校長先生インタビュー

2014年 3月21日

京都市左京区鹿ケ谷にあります「ノートダム女学院 中学校高等学校」の栗本嘉子校長先生にお話を伺って参りましたので、ご紹介いたします。


ノートダム女学院中学校高等学校

建学の精神 「徳と知」

「徳」 神に愛されていると知って、自分を、人を、生きとし生けるものを愛し、
尊び、そのために行動する能力、愛のために自分を明け渡そうとする姿勢。
「知」 真理を探究し、自分に与えられている完成や才能を磨き、人や世界に貢献する力。
人間存在とその営み、世界と宇宙のしくみの奥深さと神秘に触れる学び。
「徳」と「知」は人間形成における車の両輪である。




P7300838
校門を入ればマリア様が優しく迎えてくださいます。

P7300794
栗本 嘉子校長先生

栗本嘉子校長先生のお話をご紹介します。
「私はこの学校の卒業生です。カトリックの大学・短大で20年近く教鞭をとっておりまして、2008年に母校に教頭として戻りました。2012年4月から校長を務めています。中学・高等学校の6年間を女性だけの時間と空間において過ごすことは、女性の多様な生き方を考える良い機会になると思います。女性としてだけでなく、人間としての多様な生き方を考えるという点において、非常に有効な6年間になると考えています。

本校の福祉教育の一つに、「ボランティアスクール」があります。今年で38回目になるのですが、「車いすの仲間の会」に協力していただきまして、私たちがどのようにして障害をもっておられる方々に添うことができるのかを学ぶ貴重なスクールです。直接に学ぶことは障害を持つ方々の様々なニーズに、さらに言えば他者のニーズに自分がどうこたえるかを学ぶスクールなのですが、その学びを通して自分が捉われていた世界を飛び出て、新しい世界に入っていく貴重な機会になると捉えています。

私は他人を踏み台にしないで人間としての高みに昇って行く方法があると思っています。本校はカトリック学校として、常に、神と他者と自己に誠実に生きることを通して自分の可能性をもっと追求してほしいと願っています。」


栗本嘉子校長先生、ありがとうございました。


P7300833

「ノートルダム教育・18歳」
「徳」によって愛の心を深め、「知」によって人間性と世界へのまなざしをひろげ、神と他者と自己に誠実に生きる女性になることを目指し、本校は「徳と知」の精神のもと、人としての存在を育む教育を実践しています。」 ~学校パンフレットから~


P7300812
CALL(LL)教室

CALLシステムを用いた授業
「CALLシステムとは「コンピューターを活用した外国語教育システム」のことです。リスニング力、語彙力の向上を通して英語コミュニケーション能力を総合的にタ負けることを目的としています。動画を見たり、クイズ形式の設問を解いたりしているうちに、英語を学ぶだけではなく、英語が使われる文化背景や細かなニュアンスも同時に学べます。また、本校ではCALLシステムを用いた授業をネイティブスピーカーの教師が担当しています。機械的な発音や表現に偏ることなく、「この表現はこういう言い方もあります。」といったフォローアップが同時にできるのが本校のCALLシステムを用いた授業の特長です。」 ~学校パンフレットから~



子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。


k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


龍谷大学付属平安中学校・平安高等学校 燧土勝徳校長先生インタビューレポート


2014年 3月13日

2012年4月から龍谷大学付属中学校・高等学校の校長を務めておられる燧土勝徳校長先生に、これまでの感想と、これからの抱負を伺って参りましたので、ご紹介いたします。

2012年6月の燧土校長先生インタビューはこちらをご覧ください。


凛として平安
Mission:「社会で通用する人間づくり」から「社会で活躍できるリーダー育成」へ
HEIAN Vision:個性階下のサクセスプラン=「生活偏差値」の向上

  (面倒見のよい、生徒満足度の高い平安の伝統!)


P6250694
伝統校ですね。たくさんの優勝旗がありました。
燧土校長先生も嬉しそうです。


燧土校長先生、校長に就任されて1年が経ちましたが、どのような1年でしたか?
「あっと言う間でした。先の校長先生でありました安井大悟先生をはじめ、諸先輩方が建学の精神を基盤にしながら新しい平安中学校、平安高等学校へと進化するレールを敷いて下さっていましたが、軌道修正する点も少し出てきまして、その軌道修正をしている間に時間が過ぎていったという感じです。軌道修正の内容としましては、「2003年の男女共学、3コース制、教育改革」という3点は変わっていませんが、改革する優先順位を明確にし、改革内容をすっきりさせました。そして、来年はもう一つすっきりさせるつもりです。

本校では、心を一本の幹(き)に例えた時に土の中にあって見えない根っこの部分を磨くことが「宗育」だと考えてます。この「宗育」があってこそ、根っこから吸収されるすべての栄養源「EQ](こころの知性)を人間力として枝に運ぶことが出来るのです。

平安が非常に面倒見の良い学校だという事は広く認識していただいてきたように思いますが、私はもう一歩先を行きたいのですよ。面倒見が良いと言っても、その内容は対象年齢によって異なってくると思うのです。乳児期には乳児期のケアがあり、幼児期には幼児期のケアがあるように、中学生や高校生にとっても面倒見の良さは「分かるまで教える」事だけではなく、「わかろうとする心を創る手伝いをする」ことが面倒見が良いという事だと考えているのです。社会に出て通用する人を育てようとすれば「面倒見の良さ」の真のあり方は明らかでしょう。これからの平安中学校・高等学校は面倒見の良さは変わりませんが「上質の面倒見の良さ」を提供するつもりです。」


燧土勝徳校長先生、ありがとうございました。



P6250699
2013年6月2日、フェンシング部監督竹内智一教諭が「私学振興賞」を
フェンシング部が「文化スポーツ活動賞」を受賞しました。
2012年ロンドンオリンピックで日本史上初となる団体銀メダルを
受賞した太田雄貴選手も平安の出身者です。



平安中学校の教育システム
国公立大学、難関私立大学進学を目標とする中高一貫コースとして新たな扉を開きました。


リニューアルした「一貫選抜コース」の詳細はこちらをご覧ください。

中学校の学び (中学校パンフレットから)
・『たっぷり・ゆっくり・しっかり』の実現・・・週6日制に加えて、7~8限目を利用したドラゴンjr.(週2~3回の英数国特別授業)で“たっぷり”授業時間を確保します。授業展開は、生徒の反応を見ながら“ゆっくり”進め、「掘り下げ(質重視)」をはかり、“しっかり”理解するまで完全サポートすることで、無理のない“進度先取り”をするシステムとなっています。
・ステップアップテスト(SUT)
・・・定期考査の代わりに、ステップアップテスト(SUT)という独自の学習システムを実施しています。5教科についてより短いスパンで学習到達度を確認し、積み残しがなくなるようにしているのが特徴です。基準点に達しない場合、わかるまでサポートするシステムになっています。
・コミュニケーション・ツールとしての英語力・・・リスニング(聴く)とスピーキング(話す)から始まる本校の英語教育は、入試で高得点を取るだけでなく、ツールとして英語を使うことを目標にしています。英語の授業では、日本人教員とネイティブスピーカーのチームティーチングにより、教室で<英語を使う>ことに重点が置かれています。また、中3終了までに英検準2級を目標としています。
・クラブ活動・・・伝統ある野球部をはじめ、フェンシング部、チアダンス部など、全国レベルで優秀な成績をおさめているクラブも含め、15のクラブがあります。クラブ活動は心身を鍛えるだけでなく、人としてのルールやマナーを学ぶ場でもあります。その経験を活かし、多くの卒業生が社会で活躍しています。



P6250700
正門前にありました。
「どうする どうする いまのまんまで いいのかね どうする どうする」



高校のコース内容 (高校パンフレットから)
・選抜特進(国公立・有名私大コース)・・・週6日制のカリキュラムに週3回の「ドラゴンゼミ」(大学受験対策講座)、夏期・冬期講習など、大gカウ入試に対応できる十分な授業日数を確保し、基礎学力充実から実践力養成までを徹底、第一志望大学現役合格を目標とします。進学部を中心といたタスクフォースのデータ分析に基づくPDCAサイクルを通じてきめ細やかな指導を行い、生徒一人ひとりの存在能力を引き出し、“伸び率”を高めます。

プログレス(龍谷大学進学コース)・・・龍谷大学進学を目標とするコースです。龍谷大学と連携することにより龍谷大学に入って何を学ぶのかを早い段階から考え、大学教育で求められる学力(論理的思考力・表現力・課題対応能力等)の育成をめざすとともに、人間的な成長を培い、大学入学後、龍谷大学の中核的な学生になりうるのに必要な基礎力を養います。
プログレスコースの詳細はこちらをご覧ください。


・アスリートコース(硬式野球部コース)・・・アスリートは、硬式野球部の生徒だけで編成されたクラスです。目標は「全国制覇」、目的は「人間形成」とし、ハイレベルな「心・技・体・知」を磨きます。2012年に竣工した龍谷平安ボールパーク(硬式野球専用球場)で練習に励み、甲子園出場・全国制覇をめざします。もちろん真のアスリートとして、メンタル面を鍛えるとともに学力の向上にも努めます。

これまでに、けいkids+ブログ内でご紹介した平安中・高等学校のレポートはこちらです。




子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。


k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

大阪聖母学院中学校・高等学校 上木雅人校長先生インタビューレポート(2)

2014年 3月7日


大阪聖母学院中学校・高等学校校長の上木雅人先生にお会いしてお話を伺って参りましたので、ご報告いたします。


大阪聖母女学院中学校・高等学校の建学の精神は
「カトリックの人間観・世界観にもとづく教育を通して、真理を探究し、
愛と奉仕と正義に生き、真に平和な世界を築くことに積極的に貢献する人間を育成する。」






今回は、前回とは異なり、質問にお応えしていただく形でインタビューをすすめました。

・上木雅人校長先生、今の子どもたちについてどうお考えですか?

「かっては、「地域・社会のコミュニティー」というものがあり、子どもたちは成長の過程で自然と社会のあり方を身につけていきました。しかし、今はさまざまな意味で地域・社会のあり方が変化しています。マンションでお住まいの方には、上の階や下の階に住んでいる方がわからない、場合によってはお隣の方がわからないことすらあると聞いています。地域・社会のコミュニテーで学べる機会が少なくなってるように思います。


遊びのルールはその場で作るものだと思います。今はコンピューターゲーム等で遊んでいるお子さんが多いようです。それらのゲームは細かなところまでが決まっているものの中で「させられている感」があるのではないでしょうか。なんだか、与えられたものの中でしか活動・体験していないように思えるのです。


私たちの世代の子ども時代は、地域・社会のコミュニティーがあり、子どもたちのコミュニティーがありました。小さい子がいればその子達のことも考えて、ルールを決めていましたね。つまり、全体を考え、皆のことを考え、工夫していたのです。今、「生きる力」だとか「創意工夫」が重要視されていますよね。それらの力はどこで養われていたかというと、子どものコミュニテーの中で、自由な世界の中 でルールを工夫して作るといった中で養われて来たものだと私は思うのです。でも、今は、「生きる力」とか「人間力」とか「創造力」が大切だとは言いますが、それらの力が育つための環境が整っ ていないのが実情ではないでしょうか。


今、自由な遊びがあったと言いましたが、現在とは違って、遊ぶものが売られていなかった時代でもありました。ですから、身の周りにあるものは、何でも使って遊びましたね。一枚の布が、空飛ぶ絨毯になったりスーパーマンのマントになったり、そういった想像力が遊びを楽しくさせてくれました。ときには家の中にあった本を本を読みふけり、読んだことをもとにして、新しい遊びを考えたりもしました。私はそこで読書の楽しみを知ったのですよ。その意味では、今のお子さんは、遊ぶものがたくさんありすぎるのかもしれません。」



・自分を大切にするってどういうことだと思いますか?
「本当の意味で自分を好きになることだと思いますね。好きになりなさいと言われて好きになれるものではありません。それには、自分は愛されていることを知ることが前提だと思います。まずは家庭の中で、親はこのままの私を受け入れ愛してくれていることに気付くことが大切だと思います。優しさを知っているから優しくできるし、優しい言葉を知っているから優しい言葉を使えます。愛されることを体験しているから愛することが出来ると思います。優しさや愛情は心と体で実感し、身につけていくものです。」


P4120392



この他にも、上木雅人校長先生は、
「私学に通っている生徒は、自分が通っている学校・地域と、地元の学校・地域との懸け橋になることができると思います。地元にはなかった新しい視点を地元に持ち込むことが出来ますし、またその逆もあり得るわけです。そういう視点で、これからの公立・私立の関わりあい方を探ってみたいと考えています。

「キャリア教育」という言葉はすっかり定着してきたように思います。単なる就職体験のみに終わってしまうのは残念ですよね。本校では、6年一貫の進路指導を行っていくなかで、生きていく上で役に立つ経験ができるキャリア教育を行いたいと考えています。」

という事も話してくださいました。


上木雅人校長先生、ありがとうございました。


私立中学校・高等学校校長先生インタビューシリーズはこちらをご覧ください。



子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。 

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ   


高槻中学校・高等学校 岩井 一校長先生インタビューレポート

2013年 9月26日

大阪府高槻市にあります「高槻中学校・高等学校」の岩井 一(いわい はじめ)校長先生にお会いして参りました。それは、8月9日に京都で行われました「学校説明会」での「改革ではなく革命だ!」という岩井校長先生の言葉の意味をもっと知りたいと思ったからです。有名な進学校の「改革」とは???なんだかおもしろそうです。岩井 一校長先生のお話をご紹介いたします。



高槻中学校・高等学校の使命(School Mission)
Developing Future Leaders With  A  Global Mindset
高槻中学校・高等学校は、卓越した語学力と国際的な視野をもって世界を舞台に活躍できる
次世代のリーダーを育成することをその使命とします。

国際社会で活躍するためには、単に英語が話せるというだけでは十分とはいえません。
語学力の上にGlobal Mindsetすなわち国際的な発想・理解・理念・態度が不可欠です。
両者が兼ね備わるとき、異文化を理解できる、他者に優しいリーダーが誕生する。
そして、そのとき、地球的な規模で自然と共生する、自由で平和な世界の扉が開かれるのです。  




P9131087
岩井 一校長先生

line001


最近の生徒はおとなしい生徒が多いように思います。しかし、それはまじめでしっかり勉強する生徒でもあります。かって本校は大阪の私立中学入試統一日から1週間ずれて入学試験を行っていました。ですから当時は第一志望校が上手く行かず、第二志望校として受験した生徒が多かったので、奮起して本校を受験していました。そして、その奮起した心で入学しておりましたので、元気いっぱいの生徒が多かったように思います。私は、アメリカンフットボール部の顧問を30年以上勤めておりまして、元気いっぱいの生徒達の面倒を見てきましたがまとまりがありましたね。

そして、本校の生徒の特徴の一つとして、大学に入ってから活躍する生徒が多いことがあげられると思います。2009年に『神様のカルテ』で第10回小学館文庫小説賞を受賞した夏川草介君も本校の卒業生です。私も時々参加するのですが、夏川君は今でも同級生と家族ぐるみの付き合いをしていますよ。同級生は家族といっしょなんです。学歴は関係ありません。いつまでも仲良く出来るのです。というのも、本校は生徒が色々な学校に進学します。だからこそ、学歴は問題ではないのです。それも本校の特徴の一つかもしれませんね。

平成26年4月に本校と合併することになりました「学校法人大阪医科大学」の竹中 洋学長が、今年8月に行った講演会で、「自分の能力は人との関わりの中で育てられるものだ。しかしこの頃の生徒は本で能力が伸びると思っているように見えます。」というようなことを話されていました。私もそう思います。高槻中学校・高等学校のスクールミッションは「卓越した語学力と国際的な視野をもって世界を舞台に活躍できる次世代のリーダーを育成すること」ですが、グローバルな人間とは異質なものを取り入れる広い視野・発想・理解・態度を備えている人です。そして、その根幹をなすものは、人との関わりだと思いますので、本校のように文系、理系のどちらに進んでも活躍できる多様な能力を持つ者が多い中で過ごす6年間は恵まれた環境だと言えるでしょう。

大阪医科大学との合併にあたり、将来、大阪医科大学への合格者を60名にする夢を抱いております。現在掲げているBenchmarkでは、国公立医学部+大阪医科大学 40名入学(15%)となっていますが、80名に訂正しようと考えています。さらに言えば、大阪医科大学60名の合格者のうち10名ほどはそのまま大阪医科大学に進学し、残り50名は国公立の医学部へ進学してほしいとさえ考えています。先ほど「夢」と申しましたが、正直もう夢ではなくなるようです。すぐにも実現したい「夢」です。

医科大学の中の中高教育とはどうあるべきなのかを現在検討中です。医学部の施設をどう活用するのか、カリキュラムはどうするのか、大学との連携はどうしていくのか、今まさに教学面での転換期です。そして、医者を目指す生徒たちの夢により添い、どう花開かせるか・・・。さまざまなことを検討しています。ただ医者になりたいとがむしゃらに勉強するのではなく、医科大学の中の中高教育だからこそ、小学生の時から医者になりたいと願う子ども達のハードルを低くしてやって、医学とは何か、善い医者とは何かをゆっくり考える時間を生徒に与えたいです。
そうしてしっかりした考えを持った生徒は、医学部に入ってからも他の生徒とは成長の度合いが異なるのではないでしょうか。それが、中高大の真の連携と言えるのだと思います。

「改革」ではなく、もうこれは「革命」ですよ。丸い土俵が四角い土俵になるくらいの変化です。これはもう「革命」です。

これからの高槻中学校・高槻高等学校に期待してください。

line001


以上です。岩井一校長先生、ありがとうございました。

たしかに、改革ではなく革命ですね。

「学校法人大阪医科大学との学校法人高槻高等学校の合併について」の
詳細はこちらをご覧ください。



大阪医科大学の偏差値を確認しました。「全国医学部偏差値ランキング 2013」の私立大学ランキングでは
慶應義塾大学75、順天堂大学71、自治医科大学70、東京慈恵会医科大学70、大阪医科大学70…とありました。そして、近畿圏私立医学部偏差値ランキングでは1位でした。こんなすごい学校と合併して、更に上を目指すなんて、どうなるんでしょう。高槻中学校の入試はどうなっていくんでしょう。・・・ドキドキします。


P9131063
中庭

・Benchmark
・難関国立10大学 130名入学 (1学年約260名ですから50%です。)
(東大・京大・阪大・神大・北大・東北大・名大・九大・一橋大・東工大)
・国公立医学部+大阪医科大学 40名入学(15%)
・中学卒業時の英語力 50%が英検2級合格




・英語特色教育プロジェクト
・活用型学力向上プログラム

・中学英語は週9時間
25年度入学生から中学3年間週3時間の英会話
ネイティブスピーカーによる20人規模の会話中心の授業
・次世代リーダー育成プログラム(希望者対象)
ベーシック版[UCLA]とアドバンス版[ケンブリッジ・オックスフォード]で語学研修


P9131076
中学1年生 英会話授業 
1クラスを半分にした20人規模の会話中心の授業です。ベルリッツ・ジャパン社の5名の外国人講師がチームを組んで指導に当たっており、オールイングリッシュの授業です。



・探求型特色教育プロジェクト
・全43教室に電子黒板設置
(中学は今夏に全教室ホワイトボード化)
・中3総合学習で、探求基礎講座(3講座)
・高1総合学習で、教養探求講座(13講座)
探求型教育の発展型として生命科学分野でのスーパーサイエンスハイスクール
(SSH)取得を目指します。


P9131081
図書室 
自習スペースもあります。

・教育目標

                   Ⅰ. 自由を尊重し、自主・自律の精神を育てる
                   Ⅱ.教養・知性を深め、幅広い視野で物事を見る力を育てる
                   Ⅲ.自らの進路を切り拓く力を育てる
                   Ⅳ.豊かな人間性を育てる
                   Ⅴ.行動力のある人物を育てる


P9131083

「習熟度別クラス編成を導入した、数学教育。」  ~学校パンフレットから~
「中 2、中3、高1の数学では、週3時間を習熟度別クラスにしています。これにより本校のベンチマークである難関10大学合格に向けた学力アップを目指しま す。数学は受験において英語同様に重要な科目です、特に理数系進学者にとっては必須です。しかし数学は一番挫折しやすい科目だとも言えます。他の教科では 単元ごとに理解を深めることができます。しかし、数学は単元の関連が強いので、ひとつでも理解不足になると、数学全体が分からなくなってしまいます。~中 略~ 習熟度別授業では、数学が苦手な生徒に自信をつけさせ、得意な生徒の学力をより伸長させることを目指します。このクラス編成を中高の学力充実期に導 入することが、難関10大学への合格者を大きく増やすことにつながると考えています。」
                                    

P9131066
清潔な食堂でした。お弁当の生徒も多いそうです。


「進路指導部より現役生の大学入試結果について」 ~学校報「高槻」第25号から~
①昨年よりも、国公立大学合格者数は減らしたが、東大・京大・阪大への合格者は増えた。また、国公立医学部医学科への合格者数も増え、上位層は健闘した。
②私立大学も早稲田、慶応、同志社への合格者や医学部、薬学部の合格者数を増やし堅調であった。
③文系の進学率は68.7%となり、過去15年の中でも2番目の進学率であった。」
                                  

P9131069
グラウンド

高槻中学校の入学試験について ~「高槻中学進学のための、Q&Aガイド」から~
Q.入試ではどのような力が特に必要なのでしょうか。
A.各教科とも、基礎的な内容についての理解が問われると同時に、応用問題も必ず出題されます。短い試験時間の中で高得点がとれるような、記憶力、頭の回転の良さ、思考力の3つが特に必要であると言えるでしょう。

Q.前期試験で、3教科で受験しようと思いますが、4教科受験者より不利にならないのでしょうか。
A.決して不利にはなりません。前期試験では、3教科受験の場合、国語(120点)、数学(120点)、理科(80点)の合計点に1.25をかけたものと、4教科受験(計400点)の点数とを単純に比較して良いほうの点数を合否判定点に採用しているからです。

大阪市 相愛高等学校・相愛中学校 安井大悟校長先生インタビュー

2013年 6月12日

大阪市中央区にあります「相愛高等学校・相愛中学校」の安井大悟校長先生にインタビューさせていただきましたので、ご紹介いたします。安井大悟先生は、今年4月に「相愛高等学校・相愛中学校」の校長に着任されました。

安井大悟校長先生には、相愛高等学校・中学校と同じ「龍谷総合学園」の一つである「龍谷大学付属平安高等学校・平安中学校」の校長先生を務めておられて時にもインタビューを受けていただきました。その時、安井大悟校長先生は、「私は、人材という言葉が嫌いです。人は材料ではありませんからね。」と、話してくださいました。本当にその通りですね。人は材料ではありません。そして、「材料」という言葉を使う時、自分の思うように動かしたいという心が隠れているような気がします。それは駄目だと思います。そのことに、安井大悟校長先生は気づかせてくださいました。その時から、私は大悟先生の大フアンです。

相愛高等学校・中学校教育理念 
~敬愛する心と品格を育む、それが敬愛の伝統です~
礼拝を通じて、豊かな人間性を育む
一人ひとりの特性に応じた進路を用意
独自のネットワークで生徒の夢を応援
知性と教養、品格を備えた女性を育成

相愛高等学校・相愛中学校のホームページはこちらをご覧ください。


P6050670

運動場です。三角のお屋根が「津村別院(北御堂)」です。

相愛高等学校・相愛中学校は今年、創立125年(明治21年開校)を迎える、浄土真宗の宗門校です。


安井大悟校長先生のお話を紹介いたします。

「私が以前に校長を務めていました龍谷大学付属平安高等学校・平安中学校は男子校から共学になりました。ですから、私は「男子校」の良さも、「共学」の良さも知っておりました。そして、この相愛高等学校・相愛中学校に参りまして、女子校の素晴らしさを知りました。女子校の素晴らしさは「女子力」であると思います。一家にはお父さん、お母さんがいます。お父さんの役割の1つは、人の道に外れないように、時に厳しく指導することだと思いますし、お母さんの役割の1つは、大地に根ざした深い豊かさで家族包み込み、家族の心を安んじることだと思います。私のいう「女子力」とは、この何もかもを抱きとめて包み込む「母性」です。

男子校でなければ育たないであろう「父性」というものがあると思います。それは、「男気」と言っても良いかもしれませんね。それと同様に、「女子力=母性」は女子校でなければ育つことが難しいところがあるように思えるのです。中学・高等学校という非常に多感な時期に、男子と女子を一緒に育てることは、この「女子力=母性」を育むという点については難しいのではないかと思うのです。女子校の良さは、この母性を余すことなく育むことが出来ることだと思います。

この相愛高等学校・中学校は良い所ですよ。良いところはたくさんありますが、6年間朝夕の「礼拝」で「日々の糧」を生徒達が唱和する事は、是非ともご紹介したい点です。この朝夕の唱和を6年間繰り返すことで、仏教的なものの見方、考え方が心に染み込んでいきます。普段は「日々の糧」の文言を思い出さなくても、何か困った時、苦しい時、幸せの時にふと思いだすことがあると思いますね。

「日々の糧」から、12日のものをご紹介します。(1日~31日の日々の教えがあります。)
朝 「この世に存在する すべてのものには そのものだけのもつ かけがえのない特性がある 自分と他人とは 顔もちがえば 好みもちがう しかし そのちがいのなかに 無限の個性がある」
夕 「こんんちは」 「ありがとう」 「すみません」 こんなに自然に 人の感じを表現するものはない 明るい人間関係は このひとことにはじまる」



私は、実利的な指標を持つ人が多い中で、そうではない人を育てることを大切にしたいのですよ。「中・高はどこで過ごしたの?」と聞かれて、「相愛です。」と、胸を張って答えられる子どもを育てていきたいと思っています。」

以上です。安井大悟校長先生、ありがとうございました。

P6050654
礼拝堂(講堂)

建学の精神は「當(まさ)に相(あ)い敬愛(きょうあい)すべし」であり、この言葉は、大乗仏教の代表的な経典・仏説無量寿経(ぶっせつむりょうじゅきょう)からとられたものです。(学校ホームページから)

P6050653

立派なパイプオルガンです。さすが、「音楽科進学コース」がある学校ですね。


私立中・高等学校校長先生インタビューシリーズはこちらをご覧ください。


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。


k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  



京都 洛星中学校・洛星高等学校 阿南孝也校長先生インタビューレポート

2013年 5月23日

京都市にあります学校法人 ヴィアトール学園「洛星中学校 洛星高等学校」の阿南孝也校長先生にお話を伺って参りましたので、ご紹介いたします。洛星中学校・高等学校は中高一貫の男子校で、京都大学への合格者を多数輩出している関西有数の進学校です。


学校法人ヴィアトール学園のミッションステートメント抜粋)
ヴィアトール学園は、カトリック精神に基づく全人教育を実施することを使命とし、全ての人間を「神に愛された存在」として尊重し愛をもって接することの出来る力が備わった人材を育てることにあることを共通の認識をしているものである。

生徒は、自分自身を「神に愛された存在」と自覚し、あらゆる面で最大限の自己実現を達成するため、人格を磨き、知力と体力を鍛錬すると同時に豊かな情操と社会性を身に付けて、全文の共通認識を実現する心と力を涵養することを使命とする。

教職員は最善の努力を傾けて、自らが前文の共通認識を具現するよう努めるとともに、生徒一人一人を「神に愛された存在」として慈しみ、自己実現の達成のため生徒を教え導き、その人生が実り多いものであるよう助力する事を使命とする。

学校法人ヴィアトール学園 洛星中学校・洛星高等学校のホームページはこちらです。


P4180438
学校法人ヴィアトール学園 本館 中央棟

P4180436
阿南 孝也 中学校・高等学校校長先生

阿南校長先生は数学科の先生です。洛星さんに勤めて32年目になるそうです。けいkids+教室のお父様で、阿南先生に教えていただいた方がいらっしゃいます。

入学試験はどのように作成しているのですか?
「入学試験問題は、算数科の先生全員で作成します。ですから、毎年毎年新しい良い問題を考えなくてはならないわけで、問題のアイデア探しの毎日です。街を歩いていても、美しい風景を見ても、これで何か新しい問題が作成できないかなぁと考えてしまいますね。例えば、梅田のあのムービングウオーク(動く歩道)はおもしろいですね。ムービングウオークを使う人とその隣の通路を歩く人の速さはどうなっているのか、追いつくのか、無理なのか等を考えてしまいますよ。楽しいですね。折り紙等にも興味があります。ただ、出題は小学生の学習範囲に限られていますから、なかなか難しいのです。でも、入試問題を作成する点のアイデア探しにとどまらず、?(ハテナ)を考えることは、在校生のためにも役立つことなので、そんな日々を楽しんでいます。」


P4180412
サン・ピエトロ大聖堂壁面レリーフ
高さ10m幅8mの大理石に、ローマ・カトリック教会教皇庁の
主聖堂「サン・ピエトロ大聖堂」が彫刻されています。

入学試験方法について教えてください。
「本校の学科テストは4教科型試験と3教科型試験のいずれか一方の型を選択します。私は、3教科型か4教科型のどちらかと言われたら、4教科型試験をお勧めしています。と言うのは、4教科まんべんなく得点を伸ばす方が合格に近いと思うからです。得意科目で高得点をとって、他の教科をカバーするという方法もあります。得意科目があるという事は、勉強の面白さを知っているという事なので、今は得意でない教科があってもこれから伸びていく可能性は十分あると思います。」


今年の入試問題は、比の問題が非常に多かったように思うのですが、この傾向は来年も続くのでしょうか?
「今年度は、たまたま「比」の問題が多かったです。あとは「図形」ですね。私は、小学校の算数の中で、時に需要なものは「図形」と「比」だと考えているんで す。あとは「考えましょう」ということで、ルールを見抜く力が必要だと思います。先ほどの「比」の問題ですが、「比」の問題だと気がつけば解けます。 問題は「比」の問題だと気づくかどうかです。

入試問題の文章題はややこしく書いてありますが、その意味を読み取り、「比」で解けば簡単だと気づけば解くことができるのですが、それに気づくには文章題を読み解く「読解力」が必要です。教科としては、「算数」ですが「読解力」が必要になってくるわけです。そして、「読解力」は幼児からの家 庭でも取り組みの積み重ねだと思います。子どもに話しかける、子どもの話を聞く、そして「読み聞かせ」の積み重ねです。こういう力が総合して、中学入試に 挑戦する力が付くのだと思います。」


P4180425
左側に教室が続いています。
一般的な教室65㎡よりも広くした75㎡の大きな教室です。

どのようなお子さんに、洛星中学校に入学してほしいですか?
いろいろな事にチャレンジするお子さんに入学してほしいですね。チャンレンジする気持ちが大切です。本校では、学業以外の所でも、一人一人の居場所があるようにクラブや行事をたくさん用意していますが、そのチャレンジする気持ちがあれば気持ちがあれば、この学校で得るものが多いと思います。何事にも関心をもって、思索するお子さんに入学してほしいですね。

「中学入試の準備は大変だと思います。しんどいと思います。どこまで頑張れるか。そのためには、志望校に入学し たいという強い気持ちをもっていることが大切です。本校の新入生に志願理由を聞いてみると、文化祭を見て、あるいはクリスマスタブローを見て志願したいと思った と答える生徒が多いです。という事は、やはり本人の気持ちが大切だという事ですね。」


P4180410
図書館 
一般書41,000冊、文庫・新書14,000冊、大型本3,300冊、雑誌架44誌の開架書庫と、
閉架書庫があります。コンピューターを利用した情報検索設備の完備しています。


洛星中・高校の特徴を教えてください。
学校ですから授業中心であることは当然ですが、授業以外の所でも一人ひとりの居場所を見つけられるように願っています。そのためにたくさんのクラブがあるのですが、さまざまなクラブがあることも、本校の特徴の一つでしょう。そして、学業全般に力を発揮するわけではないが、得意教科をもっている者やクラブや学校行事で力を発揮する者を認めあう生徒が多いことも本校の特徴の一つだと思います。出来ないところを見るのではなく、出来るところを認めあう生徒が多いですね。相手を容認するという事でしょう。ですから、いじめもないと思いますよ。そのほかにも、高校生になっても手を上げて質問・発表する生徒が多いことも特徴の一つですね。それは、講演会等においてもそうなのです。小さくまとまるのではなく、探究心が豊かであることの現れだと思います。本校から京都大学に進む生徒が多いのですが、京都大学に進むことが目的ではなくスタートであり、そのあとさらに花開く生徒が多いのは、探究心と自分との違いを容認する精神が本校で創られたからではないかと考えています。


P4180424
夏休みの宿題「お弁当作り」が掲示してありました。阿南校長先生が審査員だそうです。
金賞、銀賞を受賞したお弁当を食べてみたいです。

中高一貫校だという事も特徴の一つだと思います。クリスマスタブロー等も中高でいっしょに運営していくのですが、高校生のすることを中学生が見て学んで行きます。また、本校のオーケストラ部は大変活躍していますが、中学に入学してから初めて触れる楽器であろうとも、高校の先輩の指導により短期期間で上達しますし、高校の先輩の姿を見ることは励みになっているようです。目標が身近にあることは良いことだと思います。

そして、生徒の将来を考えると、人と人との関係を作り上げていく能力は絶対に必要だと思います。社会のリーダーになろうとする人には、欠くことの出来ない能 力です。その能力を育てるには、皆で作り上げていく喜びを知っている事、そして、そのための苦労を経験していることで伸びていくと思います。その経験は、クラスの中の調和であったり、 生徒が主催する「クリスマスタブロー」を成功させる等の経験をすることがその子の財産になると思います。さまざまな機会を通して、本当の意味の責任感をつけて行っているようです。先輩の姿を見て育ったのですね。私は、生徒達が真っ白なキャンパスを持って入学して来て、本校での6年間でどんな絵を描くのかをとても楽しみにしています。


P4180418
食堂
食べ盛りの少年たちの食欲を満たすには、てんてこ舞いになるのでしょうね。

中学3年生で「赤ちゃん講座」を開いています。毎年7月頃に近所にあります「児童館」の生後2~3か月の赤ちゃんから2歳くらいの幼児さんに学校に来 ていただくのです。小さい赤ちゃんを抱っこさせてもらったり、お母さま方に子育てのご苦労を話していただいています。赤ちゃんを初めて抱く生徒もたくさ んいます。見ているこちらが、そんな抱き方をしたら泣いてしまう・・・と心配する時もありますが、生徒は楽しかったらしく、夏休みに「児童館」を訪ねる行事があるのですが、たくさんの生徒が参加します。とってもいい顔で、赤ちゃんたちに接しているんですよ。可愛い生徒達です。自分のご両親にも感謝しているんだと思います。

以上です。阿南孝也校長先生、ありがとうございました。


P4180445
カリヨン
教会に見られる楽器の1つで、校章をイメージしたもので高さは4mあり25曲を演奏することができます。

P4180450
SKY RECEPTOR  ―衣笠―
校章をイメージした噴水です。

「洛星中が特別推薦枠 ノートルダム小学校対象」京都新聞(2013年4月28日)から転載

この特別推薦枠に関して、学校法人 ヴィアトール学園「洛星中学校 洛星高等学校」ホームページ、「インフォメーション」に掲載されたものをご紹介いたします。

■ノートルダム学院小学校カトリック特別選抜制度について 
学校法人ヴィアトール学園と学校法人ノートルダム女学院との間で、「カトリック学校同士の協力のも と、一貫したカトリック教育の推進」を目的として、2013年4月10日、協力確認の文書が交わされました。洛星中学高等学校とノートルダム学院小学校お よびノートルダム女学院中学高等学校の交流等の可能性を検討します。その協力の一環として、ノートルダム学院小学校から洛星中学校への「特別選抜制度」が設けられました。次年度入学生から適用されます。その人数や選抜条 件などの細目については、現在、両校の実務者レベルで協議を行っています。夏までに選抜条件を公表する予定ですが、今後、学校説明会などでお知らせしま す。


 
P4180446
グランド 13,000㎡の広さをもち、体育の授業やクラブ活動だけでなく、
夜間に少年野球や少年サッカー用にも開放しています。


私立中学・高等学校校長先生インタビューシリーズはこちらをご覧ください。


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。


k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

大阪聖母女学院中学校・高等学校 上木雅人校長先生インタビューレポート(1)

2013年 4月25日

大阪聖母女学院中学校・高等学校の上木雅人(うえき まさひと)校長先生にお話を伺って参りましたので、ご紹介いたします。



大阪聖母女学院中学校・高等学校の建学の精神は
「カトリックの人間観・世界観にもとづく教育を通して、真理を探究し、
愛と奉仕と正義に生き、真に平和な世界を築くことに積極的に貢献する人間を育成する。」





上木雅人校長先生のお話をご紹介いたします。

「建学の精神にあるように、本校はカトリックの精神に基づいて子供たちの心を育む学校です。そしてカトリックの精神とは、すべての人の命や才能は神様からいただいたものであることを感謝し、素直に受け入れることだと思います。自分の命、自分の能力は神様からいただいた大切な宝物ですから、あるがままで善いのです。これが自己肯定感です。まず、あるがままに受けとめる。そして、その宝物を大切にする。大事にしまい込むのではなく、少しでも才能を伸ばして自分の使命をはたす努力を怠らないことです。本当に自分を大切にできる人は周りの人を大切にできると確認しています。

本校は女子校です。世の中は男性と女性が半分ずつなのだから、わざわざ女子だけという不自然な環境を作る必要はないのではないかというご意見もありますが、女性としての生き方を確立するこの貴重な時期に、男子を介在しないからこそ「本気のコミュニケーション」を図ることができたり、女子だけだからこそ遠慮なく出せる感情の衝突を経た後で、一生の友達ができたりすることもあると思います。また、女性ばかりのなかで切磋琢磨し、リーダーシップを発揮するなどいろんな経験を積み重ねることができるのが女子校の魅力の一つであると考えます。

本学院にも、女子校出身の教員が多いのですが、彼女たちはみな中学・高校時代は、女子校だったから本当に楽しい時間を過ごせたと言っています。私自身は男子校出身ですが、やはりとても楽しかったですし、男子しかいないことを不自然だと思ったことは一度もないですね。このことから考えてみると、男子にとっても女子にとっても、中学生・高校生の時期には異性の目を気にしないで過ごせる時期が大切なのかなと思いますね。」


P4120392
「大廊下」です。歴史を感じますね。

「大阪聖母女学院の校長になって3年が経ちますが、本校の子どもたちは・・・、子どもといってももう大きいのですがやはり私たちにとってはかわいい子どもたちです。子どもたちは、よく笑いよく泣きますし、もちろん時には喧嘩もしています。でも、次の瞬間には仲良くなっていて、あの喧嘩は何だったのという時が多いです。それだけ純粋なのだと思います。また、本校の子どもたちは学校行事にも非常に積極的です。あの合唱コンクールの映像でも、分かっていただけたと思うのですが、本当に、これだけ笑えて、これだけ泣けて、これだけ夢中になれるんだ!!と言える充実した日々を送っています。それだけ自分の感情に素直になれる環境のなかで過ごせているというのは素晴らしいことだと思います。」


P4120383
広々として、緑豊かな学びの園です。

「今年から、入学試験において「面接」を復活させました。中学校では親子面接、高等学校では本人面接です。私は面接を復活させて良かったと思っています。面接では、自分の未来が語れるか、生き生きとした表情で自分が今までしてきたことを自信をもって語ることができているか等を中心にお聞きしています。また、「テストはできましたか?」という質問に対する回答だけで、その生徒のこれまでの勉強の姿勢を読み取ることができた場面もありました。まだまだこれから伸びていく子どもたちですから、その時その時に応じた受け答えができればそれでよいのです。あるがままで善いのです。ひとり一人にお会いして、目と目を合わせてお話しすることができるので、「面接」の復活は非常に意義があったと思います。」


以上です。 上木雅人校長先生、ありがとうございました。


P4120393
廊下にある自習コーナー。
ちゃんとした自習室もあるのですが、何故か職員室前の廊下の自習コーナーに
集まってくるのだそうです。

進学実績はこちらをご覧ください。


上木雅人校長先生には、色々とお話を伺ったのですが、その中で私が好きだったのは、
赤ちゃんに、よしよしとお声をかけるでしょ。あの「よしよし」は、「あなたはそのまままで善し善し」だと思っているんですよ。」というお言葉です。

「よ しよし」は「善し善し」だったんですね。本当に、その通りですね。親はわが子が生まれた瞬間、生まれてきてくれただけで、生きているだけで最高に倖せでした。でも、やがて親の要求が強くなり、「善き善き子ども」だったものが、「あれも出来ない。これも出来ない。言った通りにできない。話をちゃんと聞いていない。」になり、親も子も疲れ果ててしまうことが多いのではないでしょうか。でも、子どもは神様に命と能力をいただき、「愛と正義と奉仕」の使命をい ただいて生まれてきたのです。わが子に、そしてすべての命に「善し善し」と、一生言ってあげられる親になりたいです。


学校法人聖母女学院理事長 廣岡洋子先生インタビューレポートをご覧ください。

これまでに、けいkids+ブログでご紹介した大阪聖母学院小学校のレポートはこちらです。


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

                   ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


京都 龍谷大学付属平安中学校・平安高等学校 燧土勝徳新校長先生インタビューレポート

2012年 6月15日

10年以上も校長先生を務められた安井大悟先生のあと、今年4月から龍谷大学付属平安中学校・平安高等学校長に就任された燧土 勝徳(すいど かつのり)新校長先生にお話を伺って参りましたので、ご報告いたします。

CIMG3998
燧土 勝徳(すいど かつのり)校長先生です。
燧土 勝徳校長先生は、龍谷大学から平安中学校・高等学校に国語の先生として入られたそうです。


燧土 勝徳校長先生のお話をご紹介いたします。

「生活偏差値向上に基づく、授業力の向上をはかり、国公立大学進学において浄土真宗を代表する学園をめざします。これまでの「プログレスコース」をさらに進学シフト化するわけですから、学習スタイルを強化するべきは当然ですが、基本的にはこれまで通り、中学入学時から高校2年生までは「生活習慣」の指導をし、あとの1年間で進学指導をします。というのは、勉学するに当たり、まずは生徒の心が開いていなければ結果はついて来ないと考えているからです。まずは生徒と先生の距離を近いものにする。そのためには、生徒の話をとことん聞きます。そして、そうした関わりの中で、生徒が心を開いてものごとを見ることができるように、そして、宗教的なものの見方ができるよう、子どもたちの人格形成、人間づくりをサポートします。それが、教師の仕事ですね。そして、その先にあるのが国公立大学合格です。

中学・高校になりますと、幼児期のようには子どもの世話を焼かなくても良いと思いますが、注意をして見守って欲しいですね。幼児期における母親の洞察力には驚かされますが、あそこまでとは申しませんが、体は大きくなっても、注意は向けてほしいです。子どもが朝起きてきた時の表情を見て、お弁当を作って、夕ご飯を一緒に食べて、ひと声かけて寝る。これで良いのです。見守って欲しいと思います。見守ることは、手をかけ、口をだすことよりも、努力が必要かもしれませんね。

私は、軟式野球の監督・部長を長く務めましたが、その時にとことん子どもたちと向き合いました。ご両親より、子どもたちを理解していたような気もします。その経験から、まずは子どもを見守り、向き合い、信頼関係をつくらなければ何事も成らないことを知りました。本校の伝統は、「面倒見が良い」ことです。私が校長になりましても、この伝統は守っていきますので、是非、お子さんを預けていただきたいと思います。生徒にも保護者にも満足していける学校だと思います。」


以上です。 燧土校長先生、ありがとうございました。


龍谷大学付属平安中学校・平安高等学校のホームページはこちらです。


CIMG4015
校舎

「本校は、浄土真宗・親鸞聖人のみ教えを建学の精神にしています。ですから、本校では宗教の授業や仏参、花まつりなどの宗教行事を通して仏教的なものの見方や考え方に基づく社会的価値観を身につけます。「合掌する心」・「いのちの大切さ」を知ることで自己を見つめ、同時に他人を思いやる優しい心を育て、豊かな人間性を涵養(かんよう)します。そうやって 身につけた宗育(徳育)を礎とし、その上に知育・体育の花を咲かせ、生徒一人ひとりの人間性と個性を伸長し、社会の一員としての自覚を「たっぷり・ゆっく り・しっかり」と育てます。」  ~平安中学校・平安高等学校ホームページから~


CIMG2900
オープンスペース職員室
通り抜けができる職員室です。そんな職員室は初めてです。
左右のテーブルは、生徒たちの勉強机でもあります。
「通り抜けができる職員室」とは、さすが平安の伝統「面倒見の良さ」が現れていますね。
試験中も出入り自由だそうです。


平安高校は、2012年4から「プログレス」、「クリエイト」、「アスリート」の3コースのコースコンセプトを明確化しました。
「プログレスコース」は、国公立大学・難関私立大学進学を目標に授業を展開します。予習、授業、復習の反復により学習スタイルを徹底的に身につけ、基礎学力の定着と思考力の育成を図り、目標とする大学への現役合格をめざします。
「クリエイトコース」は、龍谷大学進学コースとしてスタートします。
このコースは、受験勉強にとらわれることなく、大学で学ぶための基礎学力を身につけることで〈龍谷スタンダード:建学の精神に基づいた「人間力」と共生(ともいき)の精神〉を担える生徒を育成します。
「アスリートコース」は、硬式野球部の生徒だけで編成されたクラスです。2012年に竣工する龍谷平安ボールパーク(硬式野球専用球場)でトレーニングに励み、目標である甲子園出場、全国制覇をめざします。

平安中学校には、「中高一貫コース」があり、国公立大学・難関私立大学進学を目標としています。

コース明確化に伴い、中学入試、高校入試に変化がありますので、
ご注意ください。


CIMG2905
図書館です。

学校説明会でいただいた資料によりますと、
4年制大学現役合格率:94.8%  ⇒ 推薦(324名):100%
                         一般(226名):88.3%
cf. 短大17名 専修10名 就職2名 です。


CIMG4007
図書館前の中庭です。心地よさそう。

平安中学校・高等学校では、3人に1人が皆勤だそうです。
元気な生徒達が多いことは確かですが、心地よい学生生活を送っている証拠でもありますね。

CIMG4013
広い広い運動場でした。

CIMG3954
2012年5月29日に行われた「塾対象入試説明会」の模様です。
約350人の先生方が参加されました。「プログレスコース」を国公立・有名私立大学進学コースとして改革する平安高等学校に、塾の先生方の注目が集まっています。




子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

大阪府 箕面自由学園中学校 小川義人校長先生インタビューレポート

2012年 6月12日

箕面自由学園小学校にはよく伺うのですが、中学校に伺ったのは初めてです。
小川 義人中学校長は、3年前に箕面自由学園中学校の校長先生に着任されましたが、それ以前は箕面自由学園小学校で教頭先生を務めていらっしゃいましたので、小学校教育とはちがう中学校教育の面白味をお聞きしてみました。

CIMG3962
箕面自由学園中学校長 小川 義人先生

「箕面自由学園中学校は1学年が定員70名の小規模な中学校です。それだけに、先生と生徒の距離が近いですね。生徒との距離が近いので、中学生は小学生に比べて体は大きいですが、なかなが可愛いですよ。
小学生とは異なって、中学生は「(心の)揺れ幅」が大きいですね。この思春期の揺れがいいんです。「生」で生きてるなって実感していますよ。人生において、特別な時間だと思います。小学生にもなく、高校生にもないダイナミックな時間です。そして、「揺れ」の中から真新しいものが生まれてくるのが、堪らなくいいですね。

先ほども言いましたが、箕面自由学園中学校は、小規模な学校です。ですから、生徒と先生の距離も近くて信頼関係も強い。強い「信頼関係」に支えられたなかで、新しい自分を発見する生徒が多いです。自分の殻を破る生徒がたくさんいます。

学級担任と教科担任がいますが、職員室にいる先生全員が担任だという意識を持っています。これも、小規模校だからありえることだと思います。学校全体が「アットホーム」なんです。「アットホーム」は、箕面自由学園の校風ですね。小学校もアットホームでしたが、中学校でもそうなんです。箕面自由学園の素晴らしい特徴の一つだと思います。年度の途中に転校生があっても、2週間もすると、みんなの中に溶け込んでしまって、転校生がいたことも忘れてしまうような、暖かい学校なのです。学年の枠を超えて一つになる行事が多いことも関係しているかもしれませんね。」



CIMG3523
箕面自由学園は、阪急宝塚線「石橋駅」で箕面線に乗り換えます。

箕面自由学園中学校を紹介してください。

「お陰様で順調に生徒数は増えています。5年前には生徒数は59名でしたが、今は178名。約3倍強の生徒が在籍しています。これは、本校の「教育システム」が信頼に足るものだという評価をいたただいていることの表れだと思います。小規模だからこそできる「教育システム」を展開しています。

本校独自の「教育システム」というのは、
第一の教育システムとして、基礎学力の定着を目的に
・英語・数学・国語・理科・社会の5教科について、早朝15分間の小テストを月~土曜日まで毎日実施。土曜日は、「朝の読書」タイム。
・習得不十分と診断した子どもたちには放課後のフォローアップ・タイムでの学習指導を徹底。
第二の教育システムとして、子どもたちの力に応じて、より高い学力を築くために、
・英語・数学・国語については教科別習熟度別クラス編成を実施。
第三の教育システムとして、より高い学力の培いを補完するために、
・フォローアップ・タイムの後の放課後(火・水・木)には、チューター(講師)による英語と数学の特別講習を実施。学習意欲と向上心に応じた効果的特別指導。特別学習の実施時間は、午後4時30分からのⅠ部と午後6時からのⅡ部に分けて行い、どちらかを選択のうえ受講できる本校独自の指導システム。

また、異学年での集団やグループでの学校行事、自治会行事、その他の自主的諸活動に取り組むことを通して、感性の豊かさと逞しい社会力を育み、子どもたちの学校生活に内面化された規律と思いやりを養います。
これが、本校独自の「教育システム」です。」


小川 義人校長先生からの、メッセージです。
「今年度は入試に関して、変更点がありますのでご注意ください。



CIMG0170
学園入口


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

京都 洛南高等学校附属中学校 青木純孝校長先生インタビュー報告(2)

2011年 12月16日 進学校として有名な「洛南高等学校附属中学校」の 青木純孝 校長先生にお話を伺って参りましたのでご報告させていただいています。今回は第2回目です。


CIMG3383
校舎内部です。
各座席にゆったりとしたスペースを確保、空調を完備し、快適に過ごせるよう配慮されています。


CIMG3385
図書室です。2階・3階の2つのフロアに広がり、蔵書43,000冊。
リファレンスカウンターを備え、生徒の「知りたい」という意欲に応えています。

CIMG3382
ウッドデッキの中庭。
太陽の光を優しく受け止め、ゆとりと潤いに満ちた時間が流れます。



CIMG3387
青木 純孝 校長先生

はじめに、学校パンフレットにある「校長からのメッセージ」をご紹介します。

「自らを活かし、世の一隅を照らすことのできる人をつくっていける教育を、人にとっての「道」と言えるものを示していける教育を探究しつづけています。このような理念のもとで、とくに附属中学校では「洛南」教育の土台となることをしっかり身につけてもらうことに力点を置いています。挨拶を大切にすること、身の回りの整理や美化に努めること、学習に励むこと、クラブ活動や学校行事に頑張ることを通じて自分の可能性を発掘してもらい、人としての生きる力がしっかり身につくよう日々取り組んでいます。このような人として当たり前のことを当たり前にできる力を育ててこそ、高校で、そしてやがては大学、社会で自分の花を咲かせ、世のため人のために努力できる人間となることが出来るのだと思います。
「洛南」は、これからも一人一人の人が持つ可能性の発掘と将来の開花を応援しつづけてまいります。」


次に、青木純孝校長先生にインタビューさせていただいている中で話していただきました洛南高校附属中学校に入学を希望されている受験生・保護者の皆様へのメッセージをご紹介いたします。

「本校では、自分をコントロールできる強い心を持てるように指導しています。勉強もしますし、クラブも一生懸命します。クラブは週3~4回と学業に支障がないように工夫していますが、短時間でも集中して取り組みますので、良い成績を収めています。休み時間も良く遊びます。子どもらしい顔もしています。本校への進学をお考えの生徒・保護者の皆さん、是非、本校に足を運んでください。そして、洛南生の顔を見てください。噂や評判だけでなく、実際にどんな学校生活を送っているのか見てください。数字や評判だけではわからない洛南の良さをわかっていただけると思います。オープンキャンパスや学校説明会や入試説明会に是非、お越しください。体育祭にも来ていただいて生徒の熱戦を応援しに来てください。そして、文化祭を盛り上げる生徒たちのさまざまなアイデアを見に来てください。」

以上です。


青木 純孝校長先生は、お優しい方だなと思いました。それは、お話の中で、「私は本校の先生方には、家庭を大切にしなさいよと、声掛けしているんですよ。」と仰ったからです。
青木純孝校長先生は、生徒を慈しみ、導き、見守るには、自分が満たされていないと出来ないとお考えなのだと思います。何かを犠牲にした結果としての喜び、何かを犠牲にした結果の合格では物足りないとお考えなのでしょう。もっと高みを望んで生きていく中での「合格」であるべきだとお考えなのだと思いました。そして、それが洛南の目指すものだと思いました。

中学生には中学生が体験し学ぶべきことがあり、高校生には高校生として体験し学ぶことがあると思います。洛南高等学校・附属中学校には、中学生らしく、そして高校生らしくありながら、真摯な態度で学問に臨む「学びの基本姿勢」があると思いました。


最後に、平成23年度の洛南高等学校附属中学校入学試験状況を挙げます。
受験者数 953名 (男子 688名 女子 265名)
合格者数 298名 (男子 241名 女子 57名)

3科型総合平均点 259.2点
4科型総合平均点 245.9点

専願合格点 男子 215点 女子 243点
併願合格点 男女 272点

洛南高等学校 洛南高等学校附属中学校のホームページはこちらです。


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

                   ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


京都 洛南高等学校附属中学校 青木純孝校長先生インタビュー報告(1)

2011年 12月16日 
関西では東京大学、京都大学に多くの合格者を出している私立中高一貫校として非常に有名な「洛南高等学校附属中学校」の 青木純孝 校長先生に、お話を伺って参りましたのでご紹介いたします。

CIMG3388
青木 純孝校長先生


まず、洛南高等学校附属中学校を紹介します。

校訓・・・自己を尊重せよ。真理を探求せよ。社会に貢献せよ。
      仏教の三帰依(帰依仏・帰依法・帰依僧)を現代の言語に直して校訓としているそうです。

自分で伸びる力を育む4つの実践項目・・・規律正しく、清潔につとめ、情操豊かに、勉学にはげむ。

教育方針・・・知育 6年一貫教育で高い知性を獲得
        徳育 礼儀と自立心を備えた人間を育む
        体育 生きていく基本となる体力を育成
        共同 行事を通して他人の立場を理解
        自省 教師・親の成長が子どもの成長に

CIMG3380
洛南高校附属中学校の校舎です。自然光にあふれるゆったりとした校舎です。


日々の教育の柱として、「心」(Mind)、「学」(Study)、「身」(Physical Education)の三つを掲げています。

「心」(Mind) 仏教の教えを日々に生かす。
弘法大師様の御命日にあたる21日に、「御影供」法要が行われます。月に一度、仏教の教えに触れ、自らの生き方を振り返りるのです。洛南の心の教育の柱ともなっています。御影供では学校長の講話を聞き、感謝の気持ちや命の大切さを学び、講話を聞いた後は各自が講話について考える時間を持ちます。この日ばかりは勉学の手を休め、いったん立ち止まって自らを振り返ることで、仏の教えを胸に刻むのです。
また、「御影供」法要だけでなく、日々の学校生活の中に心の教育があります。「雑事は仏事=日常のささいなあらゆることの中で、自分を磨く教えがある。」という気持ちで、挨拶や清掃活動、勉学、クラブ活動など学校生活のすべてにおいて全力を尽くすことによって、思いやりの心や相互敬愛の心を育んでいます。

「学」(Study) 「自ら学ぶ」習慣を身につける。
洛南中学校の学びは、自ら学ぶよろこびや向上する楽しさを大切にしています。
そのためには、まず日々の積み重ねが真の学力を育むとして、自ら学ぶ「予習中心の学習習慣」を確実に身につけさせています。
「本校の学びは、知識の詰め込みや点数主義に偏った一過性の学びとは違います。ここにあるのは、知を追求する一生続く学び、受験勉強にとどまることなく、先々まで身を助ける真の学びです。これを体得するために必要なのが、予習・復習による自発的な学びのサイクルを習慣づけること。自学自習を徹底し、すべての授業を着実に自分のものとしていくことで、向上するよろこびを知り、真の学力を身につけていきます。」~中学校パンフレットから~

そして、「生活即学習、学習即生活の実践」として、学ぶことが自然に生活の一部になる指導をしています。
「中学生活の当初は「よい勉強とよい生活の習慣づけ」に費やされます。勉強そのものよりも、中学生らしく、きちんと生活すること、そしてそんな生活の中で勉強を無理なく習慣づけることの方が大事です。習慣により自分から勉強と向き合えるようになり、先生への質問も積極的にできるようになります。」
~中学校パンフレットから~

「身」(Physical Education) 身をもって、団結や公正さを学ぶ。
知と心と身体のバランスがとれていてこそ、生きる力のある人として、「身」の教育を大切にしています。
「智慧(ちえ)も知識も、それらが身につき、体得されてはじめて実践されるものになります。献身的精神も公正心も実践的経験の場がなければ養われることはありません。知識偏重の風潮や、バーチャル体験の横行する時勢にあって、本校が体育やクラブ活動、行事活動を大切にし、献身する姿勢を重んずる理由が、そこにあります。」~中学校パンフレットから~

「健全な心と体は、あらゆる活動を支える基本であり原動力です。本校では、自己を形成する人間教育の一環として、心を磨き、知性を深めるとともに、たくましい体を培うことを教育方針に掲げています。行事体育を実践する体育の授業もそのひとつ。毎年恒例の各種大会や体育祭が近づくと、体育の授業を活用して練習を進めます。クラスの勝利に向けて一丸となる生徒たちの表情は活き活きとして真剣そのもの。全員がひとつの目標に向かって取り組むことでチームワークの大切さを学びます。」~中学校パンフレットから~

附属中学校では、95%以上の生徒がクラブ活動に参加しています。週に3~4回の活動ですが、短時間だけに集中して取り組んでいます。決められた時間でいかに集中し、成果を出すかを工夫するのが洛南流なので、クラブ活動は時間の使い方を学ぶ場にもなっています。

クラブ紹介
陸上部・・・京都府中学校総合体育大会 / 男子4×100m 第2位
剣道部・・・京都市中学校選手権総合体育大会 男子1・2年の部 / 個人 第3位
競技かるた部・・・「畳の上の格闘技」とも言われる「競技かるた」で、知識瞬発力を磨いています。
吹奏楽部・・・第47回京都府吹奏楽コンクール / 金賞
クイズ研究会・・・知識をどう使うか。色々なものの見方や考え方で頭脳を鍛えています。
将棋部・・・将棋を通じ深く考える力が養われます。
囲碁部・・・・第31回朝日少年少女囲碁名人戦 / 個人 優勝・3位
水泳部・・・京都府私学大会 / 団体総合男子 優勝、 京都短水路選手権 / 個人第1位
柔道部・・・京都市中学校春期総合体育大会 / 個人2位
等があります。

素晴らしい実績ですね。
夏の「高校生クイズチャンピオン」の常連校である秘密は、中学校から鍛えていることかもしれません。




次回は、青木純孝校長先生のお話をご紹介したします。


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

                   ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  
 

大阪 帝塚山学院中学校高等学校 瀧山 恵 副校長先生インタビューレポート

2011年12月5日 大阪市住吉区にある帝塚山学院中学校高等学校の 瀧山 恵 副校長先生にお話を伺って参りましたので、ご報告いたします。

 CIMG3334
瀧山 恵 副校長先生と私
帝塚山学院で初めての女性副校長先生だそうです。
帝塚山学院中高の教育理念は「時代を創る女性(ひと)づくり」です。
女性副校長先生は、女学生にとって身近なキャリアウーマンであり、善きお手本ですね。

CIMG3342
図書室です。
帝塚山学院中高では、1年間で16000冊の貸し出しがあるそうです。
蔵書は6万冊。ちょっとした公共の図書館並みですね。

CIMG3341
いつでもPCが使用できます。
図書館は6時まで開いていますので、ゆっくり調べ物ができます。

CIMG3335
今年の全国高校野球選手権大会のポスターは帝塚山学院の生徒さんが描いたものです。
来年度のポスターも帝塚山学院の生徒さんの作品だそうです。

帝塚山学院中高の教育理念は、「時代を創る女性(ひと)づくり」です。
・豊かでしなやかな感性
・柔軟で独自な発想力
・高い創造力、自己表現力
・構造化する思考力      
以上の感性を伸ばす教育活動を通して、21世紀をたくましく生きていく女性を育てて行きます。

帝塚山学院のホームページはこちらです。


瀧山 恵 副校長先生のお話をご紹介いたします。


ヴェルジェコースの導入に伴って、

1、習熟度別学習 2、総合学習 3、創究講座 4、放課後活動 の新たな「四つの学び」を展開しています。「創究講座」は、中学校で学んだ「総合学習」が発展したもので、高等学校の各学年に設定した多種多様な講座です。「自ら創り、探究する力を育成する」ことが目的の講座なので「創究講座」と名付けました。

レポートの作成とプレゼンが必須で、関学コースと文系・理系専攻の生徒を対象に、毎週土曜日3・4時間目に実施しています。卒業後の進路を考えて、自らのキャリアデザインに役立てられる講座も設定しています。週に一度、生徒自身が自分と向き合い、新しい自分を発見し、将来の自分像を創りあげていきます。

先日も、「活躍する女性」をテーマにして学習しているそうで、身近なキャリアウーマンとしてインタビューを受けましたが、アポイントの取り方、インタビューの仕方、人の話の聞き方話し方、声の大きさ等を中学校の「総合学習」で学んできた成果が出ていたと思いました。私は生徒たちの良い手本でありたいと思いましたし、まさに21世紀を創る女性として、たくましく生きていこうとしている生徒の姿に接し、とても嬉しく思いました。

帝塚山学院小学校からの進学者は、教科学習に対して真摯に努力する学習姿勢が出来ていますので、成績も上位のお子さんが多いですし、お心も強いですね。内部進学者だけでなく、帝塚山学院の生徒は思いやりをもっているお子さんが多いですね。先生も生徒も暖かい家族思いの人が多いです。




以上です。

これまでに、帝塚山幼稚園の田中 幸枝主任、帝塚山小学校の文田雅夫校長先生にお話し伺い、今回、中学校高等学校の瀧山 恵副校長先生にお話しを伺うことが出来ました。生徒の年齢は異なりますが、自由な魂を育てる帝塚山学院の教育理念は一貫したものでした。帝塚山学院は2016年に学校創立100周年を迎えます。伝統とその伝統を踏まえてなお学問の高みを目指す帝塚山学院のスピリットを感じました。




子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。 

k-kidsbanner



ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ

 


京都 龍谷大学付属平安中学校・高等学校 安井大悟校長先生インタビュー(2)

2011年 9月6日(火曜日) 京都 龍谷大学付属平安中学校・平安高等学校の安井大悟校長先生にお会いして参りました。今日は、その報告第2弾です。ご覧ください。


CIMG2891

安井大悟校長先生と私


安井大悟校長先生のお話の続きです。



「私学に行くと言うことは「私学色」と付けると言うことだと思います。平安中学校・高等学校の色は「緋色」です。そして、緋色は「仏様の心」です。仏教の言葉に「応病与役」という言葉がありますが、生徒一人ひとりの心にその子なりの色が付いていくのです。そして、人生のどこかでその色が出ます。いつか「君も平安出身か?」という出会いがあると思います。たとえ、そういう出会いが無くても、卒業生が息子さんや娘さんを連れて帰ってきます。自分の子どもを行かせたい学校なのです。それも、平安色が付いている証だと思います。」

CIMG2908
広い図書室  自習室もあります。

CIMG2911
体育館です。現在、3つの体育館があるそうです。

CIMG2922
明るい食堂です。
食べ盛りの生徒さん達に美味しくてボリュームたっぷりのものを提供しようと、
職員さん達も頑張っています。


「中学校・高等学校の生徒さんへの、心のケアはどうしているのですか?」と、質問してみました。
安井大悟校長先生は、
「中学・高校は思春期です。親の背中を見る歳です。人間としての生き方、父親像そして母親像を打ち立てていく歳なのです。これからの人生を左右する大切な時期です。ですから、心のケアは、絶対に必要です。
本校では、中高生の心のケアの一つを、「異世代交流」という形で行っています。少子化の時代です。小さい子の面倒をみるという体験をせずに成長するお子さんや、目上の者に遊び方やリーダーシップの取り方を伝授してもらったという体験をしていないお子さんが増えています。そこで、中高一貫校の特徴を活かして、クラブにおいて中高生が一緒に練習しています。これが異世代交流です。同じ年代の者ばかりではなく、異年齢の人と接することによって、考えがしっかりしたものになります。簡単に言うと、中学1年生で先輩に、大人に憧れる。これが大切なのだと思いますね。


インタビューの途中で安井大悟校長先生は、「僕は人材と言う言葉は嫌いなんです。」と仰ったので、インタビューの後で、何故、「人材」と言う言葉が嫌いなのかをお聞きしました。安井大悟校長先生は、
「人材と言うのは、人を材料として見ているということでしょう。人は決して材料ではありません。だから、人材と言う言葉が嫌いなんですよ。「人」、「人間」と呼んでほしいのです。本願寺にもかけあって、本願寺から発信するものには「人材」という言葉は使用しないようになったんですよ。」

企業は「人材を採る」と言います。「人材」と言うことは、いつでも取って代わるものがあると言うことです。材料だから、心を見ていません。心を見てくれたら、互いに尊敬する人間として接するはずです。




本当にその通りだと思いました。人は物でもないし、材料でもありません。一人ひとりはかけがえのない存在だし、大切にし、大切にされるべき存在です。

私は、「人材」という言葉はもう絶対に使いません。


子どもの笑顔を守りたい。 幼児教室けいkids+の心です。



ランキングに参加しています。応援お願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ 人気ブログランキングへ

 

 

京都 龍谷大学付属平安中学校・高等学校 安井大悟校長先生インタビュー(1)

2011年 9月6日(火)
京都 龍谷大学付属平安中学校・平安高等学校の安井大悟校長先生にお会いして参りました。

CIMG2890
安井 大悟校長先生

安井大悟校長先生はとても穏やかな先生で、その穏やかさで学校全体を包んでいらっしゃいました。
だからなのか、休み時間も、驚くほど静かで、甲子園でのあの応援パワーは感じられませんでした。でも、学校行事での生徒一丸になって突き進む力は目を見張るものがあるそうなので、平安中学・高等学校の生徒さんは、パワーを発揮する時と場所を知っているのだと思います。  


CIMG2893
校門

平安高校は、硬式野球部だけでなく、軟式野球部、フェンシング部、剣道部、柔道部、チアダンス部等の運動部も活躍しています。フェンシング部には、北京オリンピック大会フェンシング男子フルーレ個人で、日本フェンシンフ史上初の五輪メダルである銀メダルを獲得した太田雄貴選手が在籍していました。いまでも、時々、平安高校に現れて、後輩の指導をしているそうです。オリンピック選手に指導していただけるなんて、素晴らしいですね。

CIMG2902

CIMG2904

CIMG2898
どこもかしこも、優勝旗やメダルや表彰状だらけでした。


安井大悟校長先生のお話をご紹介いたします。




龍谷大学付属平安中学校・高等学校は2003年に男女共学校に、2008年に龍谷大学付属平安中学校・平安高等学校になりました。付属校と言いましても、絶対に龍谷大学に進学しなくても良いのです。ただ、龍谷大学と平安中学校・高等学校も「建学の精神」は同じなので、同じ建学の精神の大学に進学する方が人間として、まっすぐに成長するのではないかと思っています。昨年は450名中で約260人の生徒が龍谷大学に進学しています。

学びのコースは3コースあります。「プログレスコース」、「クリエイトコース」、「アスリート」です。プログレスコースは国公立大学・難関私立大学進学コース、クリエイトコースは龍谷大学進学コース、アスリートはスポーツコースで硬式野球部生だけで編成されたクラスです。スポーツコースではありますが、真のアスリートとして、メンタル面を鍛えるとともに授業もおろそかにしません。

クリエイトコースには龍谷大学との連携科目があります。高校3年生では理系では「理数研究」、文系では「現代を学ぶ」といった教科を超えた高大接続型授業を受講します。龍谷大学に進学希望の生徒には必修の科目です。「現代を学ぶ」では新聞から題材を探し政治や世界情勢など様々なテーマで研修しますし、「理数研究」では理科と数学の垣根を越えて研究して、大学の講義を味わうことが出来ます。

プログレスコースでは、高校3年生になると国公立大学文系・難関私立大学文系、国公立大学理系・難関私立大学理系の4コース・クラスに分かれ、志望大学・学部のセンター試験科目や二次試験対策、難関私立大学の過去問演習などを中心に効果的なカリキュラムを編成し授業を受けています。


我が校の特徴は、先生と生徒の距離が近いことです。平安名物である「オープンスペース職員室」がその典型ですね。これは、職員室の中に生徒が座れる椅子と机があって、ここで勉強できるのです。100人の先生が常駐する職員室ですから、勉強してしてわからないことがあれば、いつでもどの教科の先生にも質問することが出来ます。家庭教師のようにマンツーマンで指導を受けることが出来るので、生徒には好評ですよ。


CIMG2900
オープンスペース職員室です。




長くなりました。続きは明日にします。


龍谷大学付属平安中学校・平安高等学校のホームページはこちらです。



子どもの笑顔を守りたい。 幼児教室けいkids+の心です。



ランキングに参加しています。応援お願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ 人気ブログランキングへ

 

 

合格実績
2019年度 私立小学校合格実績 (2018.9.22現在)
同志社小学校 1名
立命館小学校 2名
京都文教付属小学校 1名
京都聖母学院小学校総合コース 1名 

2018年度 私立中学校合格実績(2018.1.17現在)
神戸女学院中学部 1名
同志社国際中学校 2名
立命館中学校 1名
 

2018年度 大学合格実績(2018.3.21現在)
北海道大学獣医学部1名
立命館大学総合心理学部1名
近畿大学工学部1名

ランキング
ランキングに参加しています。 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ
無料体験レッスン
けいkids+では『無料体験レッスン』を受付しております。
どのようなレッスンを行っているのか、お気軽にお問合せください。
ご連絡お待ちしております。

無料体験レッスンのご案内はこちらです。
大学や中学校・高等学校に関する教育ニュースを紹介しています。関西
カテゴリ別アーカイブ
おすすめ関西サイト
幼稚園受験100

kanasai-in2

kanasai-setu2
  
2013年1月29日更新
問題集のご案内

中研問題集
tyuuken

面接質問集(返答下書きシートつき)
mensetutop

低価格 ダウンロード問題集
keiretu-toptop
小学校受験問題集アンケート
幼稚園探し

幼稚園受験160

幼稚園受験160

関西幼稚園受験160

QRコード
QRコード