けいkids+まり先生のブログ

まり先生が京都で教えるけいkids+幼児教室 小学校受験もおまかせ!

大阪聖母女学院中学校・高等学校

大阪聖母学院中学校・高等学校 上木雅人校長先生インタビューレポート(2)

2014年 3月7日


大阪聖母学院中学校・高等学校校長の上木雅人先生にお会いしてお話を伺って参りましたので、ご報告いたします。


大阪聖母女学院中学校・高等学校の建学の精神は
「カトリックの人間観・世界観にもとづく教育を通して、真理を探究し、
愛と奉仕と正義に生き、真に平和な世界を築くことに積極的に貢献する人間を育成する。」






今回は、前回とは異なり、質問にお応えしていただく形でインタビューをすすめました。

・上木雅人校長先生、今の子どもたちについてどうお考えですか?

「かっては、「地域・社会のコミュニティー」というものがあり、子どもたちは成長の過程で自然と社会のあり方を身につけていきました。しかし、今はさまざまな意味で地域・社会のあり方が変化しています。マンションでお住まいの方には、上の階や下の階に住んでいる方がわからない、場合によってはお隣の方がわからないことすらあると聞いています。地域・社会のコミュニテーで学べる機会が少なくなってるように思います。


遊びのルールはその場で作るものだと思います。今はコンピューターゲーム等で遊んでいるお子さんが多いようです。それらのゲームは細かなところまでが決まっているものの中で「させられている感」があるのではないでしょうか。なんだか、与えられたものの中でしか活動・体験していないように思えるのです。


私たちの世代の子ども時代は、地域・社会のコミュニティーがあり、子どもたちのコミュニティーがありました。小さい子がいればその子達のことも考えて、ルールを決めていましたね。つまり、全体を考え、皆のことを考え、工夫していたのです。今、「生きる力」だとか「創意工夫」が重要視されていますよね。それらの力はどこで養われていたかというと、子どものコミュニテーの中で、自由な世界の中 でルールを工夫して作るといった中で養われて来たものだと私は思うのです。でも、今は、「生きる力」とか「人間力」とか「創造力」が大切だとは言いますが、それらの力が育つための環境が整っ ていないのが実情ではないでしょうか。


今、自由な遊びがあったと言いましたが、現在とは違って、遊ぶものが売られていなかった時代でもありました。ですから、身の周りにあるものは、何でも使って遊びましたね。一枚の布が、空飛ぶ絨毯になったりスーパーマンのマントになったり、そういった想像力が遊びを楽しくさせてくれました。ときには家の中にあった本を本を読みふけり、読んだことをもとにして、新しい遊びを考えたりもしました。私はそこで読書の楽しみを知ったのですよ。その意味では、今のお子さんは、遊ぶものがたくさんありすぎるのかもしれません。」



・自分を大切にするってどういうことだと思いますか?
「本当の意味で自分を好きになることだと思いますね。好きになりなさいと言われて好きになれるものではありません。それには、自分は愛されていることを知ることが前提だと思います。まずは家庭の中で、親はこのままの私を受け入れ愛してくれていることに気付くことが大切だと思います。優しさを知っているから優しくできるし、優しい言葉を知っているから優しい言葉を使えます。愛されることを体験しているから愛することが出来ると思います。優しさや愛情は心と体で実感し、身につけていくものです。」


P4120392



この他にも、上木雅人校長先生は、
「私学に通っている生徒は、自分が通っている学校・地域と、地元の学校・地域との懸け橋になることができると思います。地元にはなかった新しい視点を地元に持ち込むことが出来ますし、またその逆もあり得るわけです。そういう視点で、これからの公立・私立の関わりあい方を探ってみたいと考えています。

「キャリア教育」という言葉はすっかり定着してきたように思います。単なる就職体験のみに終わってしまうのは残念ですよね。本校では、6年一貫の進路指導を行っていくなかで、生きていく上で役に立つ経験ができるキャリア教育を行いたいと考えています。」

という事も話してくださいました。


上木雅人校長先生、ありがとうございました。


私立中学校・高等学校校長先生インタビューシリーズはこちらをご覧ください。



子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。 

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ   


大阪聖母女学院中学校・高等学校 上木雅人校長先生インタビューレポート(1)

2013年 4月25日

大阪聖母女学院中学校・高等学校の上木雅人(うえき まさひと)校長先生にお話を伺って参りましたので、ご紹介いたします。



大阪聖母女学院中学校・高等学校の建学の精神は
「カトリックの人間観・世界観にもとづく教育を通して、真理を探究し、
愛と奉仕と正義に生き、真に平和な世界を築くことに積極的に貢献する人間を育成する。」





上木雅人校長先生のお話をご紹介いたします。

「建学の精神にあるように、本校はカトリックの精神に基づいて子供たちの心を育む学校です。そしてカトリックの精神とは、すべての人の命や才能は神様からいただいたものであることを感謝し、素直に受け入れることだと思います。自分の命、自分の能力は神様からいただいた大切な宝物ですから、あるがままで善いのです。これが自己肯定感です。まず、あるがままに受けとめる。そして、その宝物を大切にする。大事にしまい込むのではなく、少しでも才能を伸ばして自分の使命をはたす努力を怠らないことです。本当に自分を大切にできる人は周りの人を大切にできると確認しています。

本校は女子校です。世の中は男性と女性が半分ずつなのだから、わざわざ女子だけという不自然な環境を作る必要はないのではないかというご意見もありますが、女性としての生き方を確立するこの貴重な時期に、男子を介在しないからこそ「本気のコミュニケーション」を図ることができたり、女子だけだからこそ遠慮なく出せる感情の衝突を経た後で、一生の友達ができたりすることもあると思います。また、女性ばかりのなかで切磋琢磨し、リーダーシップを発揮するなどいろんな経験を積み重ねることができるのが女子校の魅力の一つであると考えます。

本学院にも、女子校出身の教員が多いのですが、彼女たちはみな中学・高校時代は、女子校だったから本当に楽しい時間を過ごせたと言っています。私自身は男子校出身ですが、やはりとても楽しかったですし、男子しかいないことを不自然だと思ったことは一度もないですね。このことから考えてみると、男子にとっても女子にとっても、中学生・高校生の時期には異性の目を気にしないで過ごせる時期が大切なのかなと思いますね。」


P4120392
「大廊下」です。歴史を感じますね。

「大阪聖母女学院の校長になって3年が経ちますが、本校の子どもたちは・・・、子どもといってももう大きいのですがやはり私たちにとってはかわいい子どもたちです。子どもたちは、よく笑いよく泣きますし、もちろん時には喧嘩もしています。でも、次の瞬間には仲良くなっていて、あの喧嘩は何だったのという時が多いです。それだけ純粋なのだと思います。また、本校の子どもたちは学校行事にも非常に積極的です。あの合唱コンクールの映像でも、分かっていただけたと思うのですが、本当に、これだけ笑えて、これだけ泣けて、これだけ夢中になれるんだ!!と言える充実した日々を送っています。それだけ自分の感情に素直になれる環境のなかで過ごせているというのは素晴らしいことだと思います。」


P4120383
広々として、緑豊かな学びの園です。

「今年から、入学試験において「面接」を復活させました。中学校では親子面接、高等学校では本人面接です。私は面接を復活させて良かったと思っています。面接では、自分の未来が語れるか、生き生きとした表情で自分が今までしてきたことを自信をもって語ることができているか等を中心にお聞きしています。また、「テストはできましたか?」という質問に対する回答だけで、その生徒のこれまでの勉強の姿勢を読み取ることができた場面もありました。まだまだこれから伸びていく子どもたちですから、その時その時に応じた受け答えができればそれでよいのです。あるがままで善いのです。ひとり一人にお会いして、目と目を合わせてお話しすることができるので、「面接」の復活は非常に意義があったと思います。」


以上です。 上木雅人校長先生、ありがとうございました。


P4120393
廊下にある自習コーナー。
ちゃんとした自習室もあるのですが、何故か職員室前の廊下の自習コーナーに
集まってくるのだそうです。

進学実績はこちらをご覧ください。


上木雅人校長先生には、色々とお話を伺ったのですが、その中で私が好きだったのは、
赤ちゃんに、よしよしとお声をかけるでしょ。あの「よしよし」は、「あなたはそのまままで善し善し」だと思っているんですよ。」というお言葉です。

「よ しよし」は「善し善し」だったんですね。本当に、その通りですね。親はわが子が生まれた瞬間、生まれてきてくれただけで、生きているだけで最高に倖せでした。でも、やがて親の要求が強くなり、「善き善き子ども」だったものが、「あれも出来ない。これも出来ない。言った通りにできない。話をちゃんと聞いていない。」になり、親も子も疲れ果ててしまうことが多いのではないでしょうか。でも、子どもは神様に命と能力をいただき、「愛と正義と奉仕」の使命をい ただいて生まれてきたのです。わが子に、そしてすべての命に「善し善し」と、一生言ってあげられる親になりたいです。


学校法人聖母女学院理事長 廣岡洋子先生インタビューレポートをご覧ください。

これまでに、けいkids+ブログでご紹介した大阪聖母学院小学校のレポートはこちらです。


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

                   ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


合格実績
2018年度 私立中学校合格実績(2018.1.17現在)
神戸女学院中学部 1名
同志社国際中学校 2名
立命館中学校 1名
 

2017年度 私立中学校合格実績(2017.1.16現在)
京都女子中学校 2名
龍谷大学付属平安中学校 特進2名
京都文教中学校 1名
京都産業大学附属中学校 1名
 
  
2018年度 大学合格実績(2018.3.21現在)
北海道大学獣医学部1名
立命館大学総合心理学部1名
近畿大学工学部1名

ランキング
ランキングに参加しています。 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ
無料体験レッスン
けいkids+では『無料体験レッスン』を受付しております。
どのようなレッスンを行っているのか、お気軽にお問合せください。
ご連絡お待ちしております。

無料体験レッスンのご案内はこちらです。
大学や中学校・高等学校に関する教育ニュースを紹介しています。関西
カテゴリ別アーカイブ
おすすめ関西サイト
幼稚園受験100

kanasai-in2

kanasai-setu2
  
2013年1月29日更新
問題集のご案内

中研問題集
tyuuken

面接質問集(返答下書きシートつき)
mensetutop

低価格 ダウンロード問題集
keiretu-toptop
小学校受験問題集アンケート
幼稚園探し

幼稚園受験160

幼稚園受験160

関西幼稚園受験160

QRコード
QRコード