2014年 8月8日


奈良県奈良市にあります「学校法人 帝塚山学園 帝塚山小学校」を訪ねて、池田 節 校長先生にお話を伺って参りましたので、報告いたします。




P7282348
近鉄奈良線 「学園前」駅です。
駅から、専用の歩道橋を渡って通学しますので、安全です。

帝塚山学園データ ◎学生・生徒・児童・園児数 6,581人
  ・専任教職員数   ◎435人 (平成26年5月1日現在)

P7282353
帝塚山小学校校舎
平成8年、奈良市建築文化奨励賞を受賞した小学校校舎です。

P7282357
池田 節 校長先生

池田 節 校長先生のお話
「本校は今年、創立62年周年になります。ですから現在、本校に通って来てくださって方で2世、3世、4世の方がたくさんいらっしゃいます。その学園ファミリーの方々が本学に望んでいらっしゃることは「心の教育」と「品性」だと思います。「品性」についていえば、本校のどの児童にでも話かけて頂ければ分かります。礼儀正しいし、相手の気持ちをまっすぐに受け取り答えることが出来る凜とした児童たちです。学校説明会でも、先生よりも生徒の方がたくさん説明しているくらいなのですよ。私立小学校にはどこにも「校風」がありますが、私はこの「心の教育」と「品性」を基にした校風が帝塚山学園全体を包み、この口では簡単に表現できない「校風」が生徒も先生をも育てていると考えています。今後も、改革すべきところは改革し、伝統として評価されている良い所は残して行きます。

「学校力」というものがあると思います。この学校の良さを理解して、この学校で子どもを育てることを喜びに感じている先生が多い事が「学校力」アップになります。そういった意味でも、本学園の卒業生を教員に採用することが多いのですよ。そして、教員をチームとして育てています。チームで子どもたちの成長を見守っていきたいと考えているからです。」



     「学校パンフレット」にあります池田 節 校長先生のお言葉もご紹介します。
「帝塚山小学校は、平成24年 創立60周年を迎えました。
本校では、確かな伝統と恵まれた環境のもと、将来豊かな果実を実らせるために、子どもたちの『根っこの部分を鍛えぬく』教育を目指します。目先の成果にとらわれず、10年先、20年先に幹を太らせ、天空に枝を広げ無限の可能性に向かって伸び続ける子どもを育てたい。教職員一人ひとりがそんな熱い思いを持って子どもたちと取り組んでまいりました。自分の頭と心でじっくり考え、自信を持って判断し、豊かに表現し発信している力。感性豊かで、礼節を重んじる心。くじけない強い精神力を支える、たくましい体。大地に深く広くしっかりと下ろした根っこに支えられ、生き生きと意欲的にものごとに取り組む本校の子どもたちの姿は、私たちの誇りでもあります。」          


P7282359
コンピューター室
「50台のコンピューターを設置し、一人一台で授業を受けることが出来ます。」


     【基礎学力を鍛える】 ~根っこを鍛える10の取り組み~
(1)学力診断期間・・・・・・・・・・・・・毎学期末 テストにより弱点診断
(2)基礎学力補強期間・・・・・・・・・毎学期末 すく数教員による弱点補強補習
(3)計算・漢字5分間モジュール・・算数・国語授業開始前の繰り返し練習
(4)英語モジュール・・・・・・・・・・・・毎朝5分間 英語にふれよう!
(5)漢字能力検定・・・・・・・・・・・・・2月全校一斉受験≪平成25年度 成績優秀校に輝く≫
(6)全校読書タイム・・・・・・・・・・・・毎日15分の読み聞かせ、黙読で本好きの子どもに
(7)書き続ける習慣・・・・・・・・・・・・絵日記(1年から)⇒作文⇒卒業論文12000字(6年生)
(8)聴く話す力・・・・・・・・・・・・・・・「おしらせ」(1年生プレゼン学習)⇒豊かな話し合い学習へ
(9)「ひとり勉強」・・・・・・・・・・・・・・本校60年の歴史を持つ自学自習・自問自答の学習姿勢
(10)少人数・TT授業・・・・・・・・・・算数4~6年(徹底理解) 英語1~3年(入口を丁寧に)


「(8)聴く話す力」についての池田節校長先生のお話
「お知らせ」は、クラスのみんなに見せたいものを持って来て、何故見せたかったのか、どこが気に入っているのか、どういう点がおもしろいと思ったのか等を発表するのだそうです。そこには、「こう話しなさい。」や「こう答えなさい。」はありません。自分の言葉で自発的に説明するのです。そうした積み重ねが表現力を育てます。そして、持って来て発表した子は子どもたちの中心になりますから、クラスでの居場所も出来ますしね。何を持ってくるのかが分かりませんから、子どもが持って来たものに対してのフォローをする先生方は大変ですが、この「お知らせ」により、クラスのみんなは友達の話をしっかり聞く態度が自然に身につくのですよ。」


P7282367
学園案内板
案内板を見ても、学園の広大さが分かります。(校地面積 90,607.63㎡ 建物面積 65,219.11㎡)
この案内版の横に守衛室があるのですが、「入校許可カード」には携帯番号まで記入しました。安全面は信頼がおけると思います。


帝塚山小学校の特徴の一つに「食育」があります。
【食育について】
(1)週5回 給食制(月・火・水・木・金)
  (大学の新設専用厨房にて調理 内容について毎日アンケート提出)
(2)アレルギー児童に配慮し、給食、弁当は 希望選択制
  (宿泊合宿に関しては、調理士と相談の上、完全アレルギー対応)
(3)広大な学校農園での野菜の栽培と収穫祭
(4)学校農園での収穫物の給食食文化(キュウリ・ニンジン・ジャガイモ・インゲン等)
(5)5年生の田植え、稲刈り体験ともちつき体験 ⇒ 全校児童へお餅を振舞う


「毎日アンケート提出」なんて、期待できそう。食べてみたいです。


P7282366
広い広いプレイグラウンドです。第2グラウンドもあり、運動会はそちらで行います。

P7282362
温水プール
「プールの床は可動式で60cmから120cmまで水深を変えることができ、園児から大人まで安全に水泳ができます。熱源はソーラーシステムを採用し、環境にも配慮した仕様です。」(学校HPから)


受験生の保護者に対してのメッセージをお願いします。
「ペーパーテストは、ノーマルなテストですが、試験中にも先生が受験生に話しかけることがあります。運動のテストは、出来るか出来ないかよりもやる気、姿勢、頑張りを重視します。また、表情も見ています。保護者の皆様は、受験日には心配しすぎないで、小学校で一日楽しく過ごしていらっしゃいくらいの気持ちで送り出してください。問題によっては時間的に厳しいものがあるかもしれませんが、すべてが出来なければいけないものではありません。運動も同様で、結果よりも意欲を見ています。受験生との1対1の面接では、夏休みの楽しい思い出の絵を描いていただき、それについてお話していただきます。願書は、お母さまの本当のお気持ちを書いていただければそれで良いのですよ。」


池田 節 校長先生、ありがとうございました。


8月23日(土)に「平成27年度 第2回 入学説明会」が開催されます。要申込み
内容は ・学校教育方針 ・多彩な体験活動(VTRにて紹介) ・総合学園の魅力(VTRにて紹介)・平成27年度入試問題の傾向と対策について ・募集要項、願書記入の説明 ・QアンドAコーナー です。


子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ