けいkids+まり先生のブログ

まり先生が京都で教えるけいkids+幼児教室 小学校受験もおまかせ!

一燈園小学校

京都市「一燈園小中高合同運動会レポート」紹介


 2017年 10月12日

京都市東山区にあります「一燈園小学校」から、9月30日に行われました「第79回一燈園小中高合同運動会」のレポートを頂戴しましたので、ご紹介します。

o0960072014032132158

o0960072014035850410

o0960072014035850245


「さる9
月30日、平成29年度 第79回一燈園小中高合同運動会が秋晴れのもと、盛大に開催されました。300名の保護者、卒業生、見学者の方々にお越し頂きました。 

一燈園の運動会は、なんと言っても12年の縦のつながりを大切にした、合同運動会です。小中高一緒のチームで青、赤、白の3色に分かれて戦います。高校生が中学生、小学生たちをリードして、みんなで作り上げた独創的な運動会なのです。ラストを飾る種目は、なんといっても学園リレー。小学1年生からスタートし、徐々にバトンが上級生に渡されていき、アンカーは、高校3年生がつとめます。壮大で感動的なリレーに、毎年保護者がこころ打たれる瞬間です。」


     小中高一貫教育・高校(寮あり)・文科省指定「教育課程特例校」
        緑豊かな山麓に佇む静かな環境での小中高一貫教育
            IMG_1552
        “根本のことを自然な方法で教える”学校法人燈影学園
      一燈園小学校のホームページはこちらをご覧ください。

          これまでのレポートはこちらをご覧ください。


         子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。
                  k-kidsbanner

                   kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


京都市 一燈園小学校「夏安居」レポート


 2017年 8月29日

京都市山科区にあります「一燈園小学校」から、「夏安吾」のレポートが届きましたので、ご紹介します。

                          t02200319_0766111013966411587
                          「夏安吾」案内パンフレット

o0960072013988233349
石川県立大学の上田先生のイカリモンハンミョウに関する授業の様子

o0960072013989265566
         西田幾多郎記念哲学館内の哲学ホールで講義を受けました


第11回夏期学校 大愚塾「夏安居」を7月22日(土)、国立能登青少年交流の家と石川県西田幾多郎記念哲学館で行いました。「夏安吾」は、多様な学習を通しての人間力の育成を目指し、毎年実施しています。

今年のテーマは、「哲学は自分をうつす鏡である」です。
主な講義は、
「コミュニケーションスキルを高める90分体験」五十嵐先生(学習評価研究所)
「古典・絵画に見る日本の災害」 那須先生(海陽中等教育学校)
「漢詩を覚えよう」 橋本先生(元開成中高)
「17番目の数の不思議」井上先生(元佐賀大学)
「希少種イカリモンハンミョウの生態解明と保護について」
     上田先生(石川県立大学)
「2011,3,11と現在  原発事故で私が考えたこと」
   今野先生(福島県立安曇黎明高校)渡部先生(福島商業高校)
「最先端の医学は今どこにいるの?」荒木先生(金沢医科大学附属病院)
「答えより問いが大事」 野中先生(都留文科大学)
「見えるもの・うつるものの科学」 若林先生(安田学園中高)

でした。生徒達は、さまざまな体験や講義に触れ充実した三日間を過ごしました。」

  

以上です。
興味のある題材ばかりです。参加対象学年は小学校6年生~高校3年生で、先着20名です。

         これまでの、レポートはこちらをご覧ください。



大学や中学校・高等学校に関する教育ニュースを紹介しています。
関西



        こどもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。
                  k-kidsbanner

                   kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


京都山科区 一燈園小学校「30年度学校案内」紹介


 2017年 7月19日

京都市山科区にあります「一燈園小学校」から「30年度学校案内」を頂戴いたしましたので、ご紹介します。


            小中高一貫教育・高校(寮あり)・文科省指定「教育課程特例校」
               緑豊かな山麓に佇む静かな環境での小中高一貫教育
                      IMG_1552
                 “根本のことを自然な方法で教える”学校法人燈影学園
                一燈園小学校のホームページはこちらをご覧ください。


まず、「燈影学園の歴史」から一部を紹介します。
「国際貢献と実践活動に重点を置いた独自の教育は内外からも高く評価され、昭和53(1978)年には日本ユネスコ協会連盟より国際理解教育活動優秀賞を受賞、平成23(2011)年には文部科学省より「教育課程特例校」の指定を受け、平成24(2012)年にはパリのユネスコ本部より「ユネスコ・スクール」の認定を受けました。また設立団体の一燈園は、長年の奉仕活動に対して平成5年IARF(国際自由宗教連盟)より、アルベルト・シュバイツァー賞を受賞しました。卒業生の総数はこの75年の間に300余名に過ぎませんが、東京大学・京都大学を含む、国公立大学や難関私立大学に進学している生徒もあり、学会・芸術界・宗教界・企業経営など幅広い分野で活躍しています。」


次に、「学校案内」にあります相 大二郎校長先生の「ご挨拶」をご紹介いたします。

                      P4204376                       
                      相 大二郎学園長先生
          相大二郎校長先生インタビューレポートはこちらをご覧ください。

「一燈園・燈影学園は、昭和5年一燈園生活創始者西田天香によって京都の山科に設立され、現在幼稚園から小学校・中学校・高等学校を併設しております。学園の規模においては小・中・高等学校とも1学年10人前後という日本で一番小さな私立学校ですが、その独自な教育内容に対する社会的評価は教育界だけでなく各方面から注目を浴びています。その独自な教育方法とは児童や生徒たちが本来自然から授けられている「心」と「体」と「脳」を日々の生活の中でバランスよく刺激・鍛錬することによって「知性」と「感性」を身につけるという「自然に適う教育」を軸足としています。一燈園の学校はこれからも「自然に適う教育」という軸足を揺るがせることなくお預かりした一人ひとりの子どもたちの成長を願い「個人の成就」と「人類の平和」を目指してまいります。」


一燈園小学校の特徴
・少人数による一貫教育
・ギャップイヤースチューデントと共に学ぶ
・奉仕の勤労体験教育
・小学校から高校まで一緒に活動

       
                                          P1000486
                 P1010745


Q&Aから
・学童保育はありますか。
時間外として5時まで、時間外延長として最大6時までお預かりしております。また、夏期休暇中はお盆休みの期間と土日を除いて、夏期保育(夏の学校)を行っています。春休み、冬休みはお預かりしておりません。
・一燈園は宗教ですか。
特定の宗教ではありませんので、入信する必要も何かを購入する必要もありません。ただし、毎朝礼堂で朝課を行い、15分ほど静座(正座)と瞑想をして心を静める時間があります。
・卒業後の進路はどのようになっていますか。
大半は一燈園中学校・高等学校に進学します。中には公立中学校や他の私学に進学する児童もいます。
・普通の学校とどこが違いますか。
1学年10人前後で、公立の小学校の教科に加えて、一燈園の生活や精神について学ぶ「天香さん学習の時間を設けています。また、教育課程特例校として文科省の指定を受け、特別科目(リトミック、器楽、珠算、英会話、剣道、日本舞踊)を正課として学びます。特別科目は専門の講師の先生の指導を受けます。また、一輪車や水泳の指導にも力を入れています。
・登下校はどうなっていますか。
四宮駅までの集団登下校をしています。職員が送迎します。


以上です。

                これまでのレポートはこちらをご覧ください。



               子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


京都市 一燈園小・中・高等学校学園長 相大二郎先生インタビューレポート


2017年 5月8日


桜の季節になりました。京都市山科区にあります「一燈園・燈影学園 一燈園小・中・高等学校」を訪ね、相 大二郎(あい だいじろう)学園長先生にお話を伺って参りましたので、ご報告します。


                        IMG_1552
                 “根本のことを自然な方法で教える”学校法人燈影学園
                一燈園小学校のホームページはこちらをご覧ください。

                                             P4204376                       
                      相 大二郎学園長先生

大二郎先生にお話はたくさん伺ったのですが、まずは頂戴いたしました著書から大二郎先生のメッセージを紹介したいと思います。

「一燈園は明治三十七年(1904年)に西田天香さんによって創められた生活である。「一燈園とは何か」と言う質問に対して、天香さんは常に「一燈園は宗教ではない、生活そのものである」と説明されていた。またその生活については「自然に適った生活である」と説明された。この「自然に適った生活」と言う言葉に対して私は幼い頃から大きな疑問と、そしてより大きな魅力を感じていた。この言葉はさらに次のように丁寧に説明される。「自然に適った生活をすれば人は何ものをも所有しなくとも許されて生かされる」 いよいよ疑問と魅力は大きくなってくる。そして宗教ではないといいきるこの「一燈園生活」の中に一般の宗教団体にはない、より深い宗教的な空気が漂っていることを感じていた。」
        日本一小さな私立学校長のメッセージ「命って何」PHP研究所刊から

「天香さんは「一燈園の学校は宣伝するな、光っておれ」という遺言を残している。これもヒントです。学校が光るという意味が、よくわからない。廊下が光っているくらいで光っている学校とはいえないし、国公立に二桁三桁進学した実績が光っているわけでもない。毎晩、布団に入るたびに光っている学校とはどういうことかと自分に問いかけることが、かろうじて少しでも光を失わないでいるせめてもの取り組みではないかと考えた。じつはこれも答えがないんですね。それだけ教育は深いものだと思います。」
「卒業生はあちこちで変わった雰囲気や考え方を持っていると見られているようですが、それが正しいかどうかは誰にも簡単に判断できないでしょう。卒業生自身が充実感・満足感・達成感をもっているかどうかが大切だと思っています。」
       新学社刊 「明日への叡智 いのちの対話」村上和雄著 対話4「自然にかなう教育」から 


                                      P4204369
                    小学校授業風景 

                 P4204383
                                          全学年合同のリトミックの授業 かなり本格的でした。


相 大二郎学園長先生は、
「人間は教えられて成長することもありますが、本当に大事なものは教えられるのではなく伝わるものだと思います。知識と技術は教えられます。何故なら、答えがあるものだから。でも、命は気づくものであって、教えるものではありません。そして、気づくチャンスを与えるのが大人の役目だと思います。今の教育は教えすぎているのではないかと思いますね。教えることのできないものまで教え込もうとしているように思います。しかし、答えがないということは無数にあるということです。百人おれば百通りあるのです。それでよいのではないでしょうか。倫理道徳は実践しなければ、生活にたどり着かなければ意味がないと思います。」
と、お話してくださいました。


                                                P4204378
                                                       全校生で昼食をいただきます。
                                      お箸とご飯茶碗とお椀は食堂に置いてありました。

P4204386
出来立ての昼食です。私もいただきましたが、とても美味しかったです。
食べ物を残す子はいませんし、食後は各人が洗って、元通りに布巾に包んでしまいます。



一燈園小学校 「学校説明会」のご案内
第1回 平成29年 7月1日(土)10時~12時
第2回 平成29年 9月16日(土)10時~12時


これまでのレポートはこちらをご覧ください。



   子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

京都市山科区 一燈園小学校「春の学習発表会」レポート


 2017年 3月1日

京都市山科区にあります「一燈園小学校」から、2017年2月18日(土)に行われました「学習発表会」のレポートを頂戴いたしましたので、ご紹介します。


       小中高一貫教育・高校(寮あり)・文科省指定「教育課程特例校」
         緑豊かな山麓に佇む静かな環境での小中高一貫教育
                                          P1000486

             “根本のことを自然な方法で教える”学校法人燈影学園
           一燈園小学校のホームページはこちらをご覧ください。


「春の学習発表会では、一燈園小学校・中学校・高校生がこの1年間に学習した教科科目等の「作品展示」に加え小中学校によります「剣道実技」と「日本舞踊」の舞台発表をご覧いただきました。」
                                           燈影学園長   相 大二郎


P1010745P2180166                          
小中学生による日本舞踊発表会(北校舎2階)と剣道実技(体育館)

P1010751P1010753
作品展示  4年生「ゆめたまご」 1年生「とくせいおべんとう」


            これまでに、けいkids+ブログで紹介した「一燈園小学校」レポートはこちらです。


               子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  

はじめまして、一燈園小学校さん


 2017年 1月24日 


現在、京都市内の私立小学校は8校です。その8校のうち7校には取材に行ったことがあるのですが、山科区にあります「一燈園小学校」にはまだ行ったことがありませんでした。なぜかというと、学校の情報が少なく、秘密のベールに包まれていて近づきにくかったからです。でも、最後の1校である「一燈園小学校」を是非訪ねてみたいものだと思っていましたら、思いが通じたのか「一燈園小学校」の山田事務長先生が「けいkids+」にふらりと立ち寄って下さいました。山田事務長先生は、よく笑う明るい先生で、秘密があるようには見えませんでした。これなら、訪ねて行けそうです。


                一燈園小学校のホームページはこちらをご覧ください。


山田事務長先生から「一燈園小学校」に関してパンフレットをいただきましたので、一部を紹介いたします。

燈影学園の歴史(一部)
本校は、“争いのない生活”を標榜し、ミリオンセラー『懺悔の生活』により多くの人々に影響を与えてきた実践思想家西田天香によって対象13(1924)年に創立された燈影塾を全身しています。
国際貢献と実践活動に重点を置いた独自の教育は内外からも高く評価され、昭和53(1978)年には日本ユネスコ協会連盟より国際理解教育活動最優秀賞を受賞、平成23(2011)年には文部科学省より「教育課程特例校」の指定を受け、平成24(2012)年にはパリのユネスコ本部より「ユネスコ・スクール」の認定を受けました。また設立団体の一燈園は、長年の奉仕活動に対して平成5年IARF(国際自由宗教連盟)より、アルベルト・スシュバイツァー賞を受賞しました。

CIMG3384



一燈園の7つのポイント
①日本で最小の小・中・高一貫教育校
②伝統文化がプロの先生から学べる
③寮体験ができる(高校)
④夏期学校『夏安吾』実施
⑤ユネスコスクール認定校
⑥文部科学省『特例校』に指定
⑦奉仕活動の充実


P1000486


対外的実績
・少林寺拳法部 2016年 中学校全国大会団体演武 優勝
・ロボカップジュニア大会 出場(ロボット講座体験教室も本校で開催
・日本舞踊 平成28年度 京都私学振興会賞受賞
・ダスキンの創業者・鈴木清一氏は一燈園出身で、(株)ダスキンの社員研修の場となっています。


CIMG3683


「一燈園小学校」学校案内から一部を紹介いたします。
天性教育ー真の人間性を培うー
・少人数による一貫教育
・家庭的な生活環境
・ギャップイヤースチューデントと共に学ぶ
・コミュニティーと共に
・伝統文化へのふれあい
・奉仕の勤労体験教育
・小学校から高校まで一緒に活動

☆特色ある教育課程・・・学力の基礎となる国語、算数については徹底した指導で基礎の定着を図ります。また平成23年度より文科省の「教育課程特例校」の指定を受け、本当独自の教育課程での授業を行っています。
☆1学年10人前後で、公立の小学校の教科に加えて、一燈園の生活や世親について学ぶ「天香さん学習の時間」を設けています。また、教育課程特例校として文科省の指定を受け、特別科目(リトミック、器楽、珠算、英会話、剣道、日本舞踊)を正課として学びます。特別科目は専門の講師の先生の指導を受けます。また、一輪車や水泳の指導にも力を入れています。

以上です。



一燈園小学校は学校法人「燈影学園」の中の小学校です。小学校以外にはいずみ幼稚園、中学校、高等学校があります。現在、園児児童生徒数は198名で、内わけは幼稚園は92名、小学校は54名、中学校33名、高等学校19名です。児童数が少ないのは、「宣伝するな 光っておれ」という西田天香さん(1872~1968学校創始者、思想家)のご遺言を守っていたからだそうです。でも、これでは子どもたちが寂しいだろうということで、最近「一燈園小学校」のことを知っていただくためにこうして歩きはじめられたようです。



一燈園小学校さんは、桜の名所だそうです。春には行ってみます。





                                   子どもの笑顔を守りたい。幼児教室けいkids+の心です。

k-kidsbanner

kei55

      ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ  


合格実績
2018年度 私立小学校合格実績(2017.9.23現在)

光華小学校 1名
立命館小学校 2名
京都女子大学附属小学校 2名
京都聖母学院小学校 総合コース2名 国際コース2名




2017年度 私立小学校合格実績(2016.10.6現在)

立命館小学校 1名
洛南高等学校附属小学校 1名
箕面自由学園小学校 1名
京都聖母学院小学校 総合コース 2名
関西学院初等部 1名
京都女子大学附属小学校 4名



2017年度 私立中学校合格実績(2017.1.16現在)

京都女子中学校 2名
龍谷大学付属平安中学校 特進2名
京都文教中学校 1名
京都産業大学附属中学校 1名
 
  

ランキング
ランキングに参加しています。 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ  にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ
無料体験レッスン
けいkids+では『無料体験レッスン』を受付しております。
どのようなレッスンを行っているのか、お気軽にお問合せください。
ご連絡お待ちしております。

無料体験レッスンのご案内はこちらです。
大学や中学校・高等学校に関する教育ニュースを紹介しています。関西
カテゴリ別アーカイブ
おすすめ関西サイト
幼稚園受験100

kanasai-in2

kanasai-setu2
  
2013年1月29日更新
問題集のご案内

中研問題集
tyuuken

面接質問集(返答下書きシートつき)
mensetutop

低価格 ダウンロード問題集
keiretu-toptop
小学校受験問題集アンケート
幼稚園探し

幼稚園受験160

幼稚園受験160

関西幼稚園受験160

QRコード
QRコード