契約更改も終了し、FAや自由契約での選手移籍も一段落しました。

振り返りますと、ベイスターズは大きな補強なく終了しています。
弱体化を避けた、と何とか前向きに表現したいところですかね。

流出も予想されたパットンやエスコバーと再契約を結べたことは間違いなく大きなことです。
ソトともしっかり契約を結べましたし、バリオスもきちんと抑えることができました。
ウィーランドとは契約解除に至りましたから、代役の選手の獲得はあるでしょうし、スカウトの手腕を期待したいところですが、
万が一外しても、問題のない優良な顔ぶれを残すことはできています。
外国人選手については問題なく立ち回れたと思います。


先発陣については、西投手の獲得は叶いませんでした。
とはいえ、暗黒期に比べれば頭数はしっかりと揃っています。
石田、今永の復調が、最もわかりやすい補強になるはず。
来季は井納が先発で準備するでしょう。
大貫、上茶谷も加わりますし、先発陣はなんとかなると信じたいところ。

昨年強みとなった救援陣もパットン、エスコバーを残せましたから、
崩壊は避けることができそうです。

自分の懸念は野手です。
筒香、ロペス、ソト、宮崎以外の打撃成績が壊滅的で、結果野手warがとても残念なことに。
ここの克服無くして来季の躍進はありません。
しかし、浅村選手の獲得は現実的ではありませんでしたし、ここは外部補強ではなんともならぬところだったでしょう。
ドラフトでの地道な補強を続けること、そして中堅の復調・躍進が待たれます。
桑原、倉本が数字を戻して、大和、梶谷が通年ゲームに出られるだけでも随分違うのですが。。

もう一枚大駒が欲しい。
なんとか第二の宮崎的な存在が出てきて欲しいところ。
その意味でドラフト2位の伊藤には期待しているのですが。。

或る日突然開花することはない世界。
2軍の打撃成績を見ているとなかなか楽観はできません。
田代コーチの力も借りて、少しずつ種を撒くしかありませんかね。
どうか芽が出ますように。

選手たちは必死で頑張ってくれています。
来季の躍進を信じて、見守りたいと思います。


*下記、応援クリックをいただければ幸いです。

にほんブログ村 横浜ベイスターズ


人気ブログランキング