ラミレス監督が来季の二塁手はソトをメインに考えていると
サンケイスポーツから記事が出ました。

納得、いや、正確にはとりあえず他に選択の余地がない印象です。

ベイスターズの二塁手は明確に弱点となってしまっているポジション。
逆に外野手は筒香、ソトはもちろん、梶谷や細川、桑原など打力で勝負が可能な人材が複数挙げられます。

二塁にソトを固定できれば外野の人材を有効に活用しつつ、ウィークポイントである二塁を埋めることもできる。
実現できれば二兎を得ることができる動きです。

問題は、ソトの守備力、そして負担です。

昨年何回か機会のあったソトの二塁守備は、なかなかに不安。
決して上手くありません。
そして運動量の増える二塁守備は体に負担が増えることも必定。
ソトも29歳とまずまず年齢がいっていますからね。。。
故障のリスクが上がってしまうことは避けられません。 
守備位置を変えることで打撃にも影響が出る可能性だってある。

つまり保証のある話ではないのです。
とはいえ、現在有力な新戦力を補強できていないのも事実。
打てる手は全て試す必要があるでしょう。

キャンプでの修練がものを言いそうです。 
策が成ることを祈りたいですね。



*下記、応援クリックをいただければ幸いです。

にほんブログ村 横浜ベイスターズ


人気ブログランキング