対楽天戦。


厳しいゲームでした。
もう交流戦はこれしか書いていない気もするくらい、とにかく楽なゲームがありません。
それだけパリーグチームの力量が高いということでしょう。
本日も、クロスゲームになりました。

先発の今永は相変わらず素晴らしい投球を見せてくれました。
今季は本当に安定しています。
今日も7回2失点。12奪三振。
苦しいところで空振りを狙って取れる能力がやはり素晴らしい。
当然のように期待に答える投球を見せてくれました!

しかしまあ打線が打てません。
辛島投手の変幻自在の投球の前に、打った安打は8回まででわずかに3安打。
連打など夢また夢のゲーム展開でした。

しかし、安打が打てなければ本塁打を打てばいい。
どこぞのブルジョワのような話ですが、本塁打はやはり正義。
なんとかゲームにできたのは、3本の安打のうち2本が本塁打だったからです。
虎の子の2点でしたが、さすがにこれでは逃げきれませんでしたね。

しかし、苦しい流れを引き寄せたのはエスコバーの奮投でしょう。
実に4連投となるマウンド、楽だったはずはありません。
それでも気持ちの乗ったボールでわずか7球で、9回表を見事に抑え切ってくれました。

こうなればリズムが出てくるのが野球の不思議。
相手のブセニッツ投手も相当の剛腕でしたが、なんとか二死二塁の好機を作り、
打者は大和。

期待しないわけはありませんよね。
そしてそれに応えてくれるわけですから。。。。

外角の豪球をしっかりと流し打って、打球がライトの頭を超えたとき、
この試合の勝利と、交流戦の勝ち越しが決定しました。


3対2。


厳しい厳しいゲームでしたが、なんとか勝ちきることができました。
4安打でよく勝ちましたね、本当に。。。。。
決めたのは大和ですが、そこまでに先発の頑張り、最低限の得点、中継ぎの踏ん張りと、
まさにチームでバトンを繋いだ観があります。
チームで勝ち取った勝利、そう言って差し支えないでしょう。


これで、鬼門の交流戦の勝ち越しが決まりました。
グリエルを擁した2014年以来ですか。
いや、久々の感覚です。
借金も3となりました。

少しずつですが、チームの流れが変わってきているように感じます。
歯車が回るようになってきました。
もちろん今日のエスコバーのように、過負荷がかかっている部署もあるので、一概には言えませんが、
戦える陣容が整ってきているようにも思います。
交流戦が終わってからのペナントレースでも十分に戦える。
そんな予感がしているのですが。。。どうでしょうかね。


とはいえ、まず交流戦あと2試合。
戦い切りましょう。

明日の先発は大貫。
ゲームメイクに定評が出てきている男です。
明日もしっかり流れを作ってもらいましょう。
打線、明日はもう少し頑張りましょうね。

当ブログですが、
職場の都合で自分が明日より28日まで出張となるため、その期間はブログ更新ができない状態となります。
記事がかけないのは無念ですが、
勝利を願う気持ちはいつも通りです。

勝利を信じて、
明日も祈りを飛ばします。
勝ちましょう!




*下記、応援クリックをいただければ幸いです。
にほんブログ村 横浜ベイスターズ