草津温泉の開湯については、いくつかの説があるようだ。

例えば、約1800年前の日本武尊や奈良時代の行基が発見したと言われる説がある。

その他にも、源の頼朝が狩りの際に湯浴みをしたと言われている。

そして、江戸時代には吉宗が江戸城まで湯を運ばせた。

諸説はあるが、それだけ草津の湯が知れ渡って居た事は事実のようだ。