競馬

旧ブログはコチラ↓

http://blog.livedoor.jp/kkkma


中山11レース

セントウルステークス

今年はメンバーレベルがかなり低く、オープン特別級の1戦となります。
今年の夏に行われた芝1200mの重賞4つは1番人気が全て馬券外となっており、基本的に全てのレースで人気馬が飛んで伏兵が馬券に絡んでいます。
今のスプリント界は中心となる馬が不在のため、展開や馬場次第でどんな馬にでもチャンスがあると言えます。
ただ、セントウルステークスは阪神芝開幕週に行われるレースとなるため、有利なのは前に行く逃げ・先行馬。
近2年は逃げ馬が2連勝しており、基本的に外を回して差し届くのはスプリンターズSでも期待できるような実績馬だけとなります。

セントウルSの全体のペースは基本は平均ペースとなりますが、近年は1秒以上のかなりのハイになることもあるので注意が必要です。
過去10年で平均ペースが7度あり、かなりのハイペースが2度で、ややハイペースが1度。
基本的には平均で流れ、ハイまで入ることもある傾向となっています。
また、過去10年で後半3Fの中でL3-2で再加速のパターン(L2最速戦)が5度あり、L3最速戦が5度と半々。
L3最速のケースは綺麗な前傾ラップになっていますが、L3-2での再加速が問われやすいレースとなるため、1200m戦でも総合力が問われるという意識は必要です。

阪神芝1200mは比較的フラットなコース形態となっており、最初の200mはほぼ平坦でそこから一気にコーナーにかけて下り坂となって、最後の直線で急坂が待ち受けるというコース。
スタート直後の急な下り坂というわけではないので、テンのスピードが緩み、コーナーから下り坂に入っていくので先行馬は勢いがつきやすく、一般的なスプリント条件と同じく前に行く馬は有利になりやすいコースと言えます。
今回は前半33.5付近で通過する想定となり、それぐらいのペースなら前は残れる計算となりまう。
今年はフィドゥーシアがあっさりとハナを奪えそうなメンバー構成だけに、前半33秒台後半になる可能性もあり得ます。



土曜日情報の結果
3倍額での勝負レース


ブログ、メールマガジンでは以下のように公開させていただきました。

3倍額勝負レース出走馬情報

・・・・・・は兄の・・・・・・・・・・・・・・とそっくりな内容で、軽く促して中団に位置を取り、3~4角で前に接近すると最後は逃げ馬をアッサリ捉えて・・・・・・・・・・・差の圧勝劇。
・・・・・・・・・・・・・の・・・・・、直線の長い・・・・・・・コースでの競馬となりましたが結果は・・・・・・・・での2着。
最初の・・・・・・・で出足がつかず、スタート直後に狭くなってしまい前半から・・・・・・・・・・・・・・・・・・追走に苦しくなってしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・は忙しい印象もありますが、閉められて外に出しづらい展開でも直線で外に出してからは1頭だけ違う伸びを見せての・・・・・・着となりました。
その次走は・・・・・・・・・・・・・で圧勝した・・・・・・・・・の・・・・・・・・・・・・・・・・・戦に戻りましたが勝負所で置かれてしまい、前が止まらない競馬となり結果は・・・・・・着。
・・・・・・・・・・・・・に課題は残りますが、前走は枠なりに中団の外につけて向正面からスーッとポジションを上げて4角手前で3番手につけ、直線で勢いがつくとスパッと切れて・・・・・・・・・・・・・・・となりました。
今回は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・となり、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・で再度勝ち負け濃厚の1頭と言えます。



↓会員様への情報内容↓
今週の勝負レース
土曜日

阪神9レース
ペルランヴェール
新馬戦は兄のゴールドドリームとそっくりな内容で、軽く促して中団に位置を取り、3~4角で前に接近すると最後は逃げ馬をアッサリ捉えて3馬身半差の圧勝劇。
2戦目の昇級戦は、直線の長い東京コースでの競馬となりましたが結果は1番人気での2着。
最初の芝で出足がつかず、スタート直後に狭くなってしまい前半から砂を被って追走に苦しくなってしまいました。

1600m戦は忙しい印象もありますが、閉められて外に出しづらい展開でも直線で外に出してからは1頭だけ違う伸びを見せての2着となりました。
その次走は新馬戦で圧勝したダートスタートの阪神1800m戦に戻りましたが勝負所で置かれてしまい、前が止まらない競馬となり結果は3着。
器用さに課題は残りますが、前走は枠なりに中団の外につけて向正面からスーッとポジションを上
げて4角手前で3番手につけ、直線で勢いがつくとスパッと切れての差し切り勝ちとなりました。
今回は再度1000万クラスとなり、1ハロン延長で再度勝ち負け濃厚の1頭と言えます。

6タガノグルナ
単騎先行策なら勝ち負けになる1頭。
この馬は過去の戦績を見てもダートの中長距離戦で逃げの手を打った時だけ圧倒的なパフォーマンスを見せています。
血統を見ても未勝利勝ちの内容を見ても本来はダート中長距離のスタミナ条件でこその馬で、500万は道悪ダートのスピード勝負で圧巻の走破時計で逃げ切っており、恐らくあれはそこまで得意ではない条件での逃げ切り勝ちと言えます。
阪神ダート2000mの良馬場単騎逃げはベスト条件と言って良さそうで、今回のメンバーなら捲ってくる馬も見当たらず、直線まで先頭なら勝ち負け可能の1頭です。

2ペガサスシャーイン
この馬は控えて末脚を活かしたい馬が多い中で、この馬は相対的にタガノグルナの2番手が取れそうです。
この馬は典型的なクロフネ産駒の持久力タイプで、前走はスローからの加速勝負で一番向かない展開になりましたが、4着以下は突き放しました。
今回のようなダート長距離での持久力勝負こそこの馬の良さが発揮できる舞台で、タガノグルナのマイペースを2番手ならそのまま2頭で回ってくる可能性もあります。


会員様には◎ペルランヴェールからの馬連2点指示となり、回収率259%の結果となりました。



紫苑ステークスは118.7倍的中となりました。



春のG1レースは10戦3勝となり、回収率は267%となりました。


日本ダービー 的中 20万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-05-28.html

ヴィクトリアマイル 的中 91万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-05-14.html

天皇賞・春 的中 馬連・3連単ダブル的中
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-04-30.html





有料情報お申し込み先



2016年秋のGⅠレースは11戦6勝となりました。
勝率55%、回収率551%

↓スプリンターズS 36万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1061452484.html

↓秋華賞 47万7600円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1061764134.html

↓エリザベス女王杯 75万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1062401531.html

↓ジャパンカップ 36万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2016-11-27.html

↓阪神JF 45万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2016-12-11.html

↓有馬記念 39.4倍的中
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1063330912.html


有料情報お申し込み先


2015年の秋のGⅠレースは、11戦5勝で純利益約100万円となりました。
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/cat_1181954.html


2015年の特別勝負週の平場からの勝負レースは19戦13勝
(回収率500%で払い戻し合計約280万円となっています。)

http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/cat_1234795.html


過去のメインレース情報

過去のメインレース結果


2014年のG1レース結果