競馬



旧ブログはコチラ↓
http://blog.livedoor.jp/kkkma


今週は万全を期して予定を1週延ばしての出走となる平場の確勝馬が出走となります

今週(3月3週目)は平場の勝負レース提供週となります。

今週の平場の勝負レース内容

前走は・・・・・・・・・・の1戦となりましたが、結果は・・・・着。
スタート後手で後ろからの競馬となり、スタンド前では最後方となっていました。
向正面半ばで動いて3角では中団の外まで押し上げましたが、3ハロン標過ぎにペースが上がった時の反応も悪く、4角では・・・・・・・・・・・モタモタしていました。
「レースの週に動けたので問題ないと思っていましたが、1週前の併せ馬で遅れたのが少し気にはなっていました。この前は1、2戦目と違い・・・・・・・・・を着けたままレースに臨んだことで、行きっぷりももうひとつでしたから、今度は外すので巻き返してくれるでしょう」と・・・・・・師。
・・・・・・・予定していましたが、・・・・・・・・あるとの事で予定を1週延ばすことになり、今回は体調面での上積み+行き脚がつきそうなだけに、3,●,●着の近走の成績にひと押しが期待できる1頭です。


今週出走となる上記情報馬出走レースは平場の2~3倍額勝負レースとして会員様へ情報を提供させていただきます。



有料情報お申し込み先


先週の会員様情報結果

日曜日の結果
阪神11レース

フィリーズレビュー
基本的に桜花賞にリンクしないローテーションで、
今年はチューリップ賞に阪神JF1、2、3着が出走してきたため、桜花賞の権利狙いの馬がフィリーズレビューにも集まってきました。
このレースは賞金が5000万以上あるので、桜花賞狙いではなくこのレースをメイチに仕上げて来る短距離路線の馬も存在するため、各陣営の本気度もポイントとなります。
1400mという距離は距離短縮の恩恵を非常に受けやすい条件と言え、この3歳の時期に淀みない流れになる阪神芝1400mの重賞ならマイルからの距離短縮組の成績が圧倒的に優位となります。

前走距離データ
1200m以下(0-0-0-26) 0.0% 0.0% 0.0%
1400m  (2-3-3-45) 3.8% 9.4% 15.1%
1600m  (8-7-7-62) 9.5% 17.9% 26.2%
1700m以上(0-0-0-2) 0.0% 0.0% 0.0%

前走でハイレベルなマイル戦を先行してダメだった馬が、距離短縮ローテーションで好走するパターンが多く見られ、去年はレーヌミノルがそのパターンはに当てはまり、厳しいハイペースを早仕掛けで2着に好走し、3着のゴールドケープは前走で阪神JFを先行してからの距離短縮ローテーションでした。
フィリーズレビューは毎年このパターンの馬が馬券に絡んでおり、前走マイル戦でハイペースで先行した馬が注目の馬となります。


10リバティハイツ

新馬戦は12月となりましたが、もともとは夏に使われるプランがあり、暑さが応えたために放牧に出されて12月に新馬戦を向かえる事となった1頭。
その新馬戦は超ハイレベル戦となり、新馬戦では見られないレベルのハイペース戦で少しずつポジションが下がって4角では後方となり、勝ち馬の後をついていって直線で良く伸びて3着。

フィリーズレビューは前半35秒を切るぐらいのラップで進むことが多く、今年も34秒台後半の流れになる想定です。
その流れを経験しているのはリバティハイツの新馬組ぐらいで、この流れで上位に進出した馬は軒並み未勝利を勝ち上がっています。


前走2着の敗因はスローペースのキレ負けが全てで、4角で外に行って直線では寄られて隣の馬にぶつかってしまい、トモを流す不利があり、これがなければもっと際どい差になっていた内容でした。
勝ち馬デルニエオールとは激流の流れと枠順差でほぼ間違いなく逆転できるとみる。

前半34.5ぐらいで流れるペースを中団追走で上手く捌ければ、ここでは上位の力を持っている1頭です。


会員様には8番人気の◎10リバティハイツの単勝 ・複勝指示で22.3倍、4.6倍ダブル的中となりました。

261



215











土曜日の結果

中山11レース

中山牝馬S

14カワキタエンテカ
この馬は恐らく高速馬場の方が良いタイプだけに先週の馬場はそこまで高速馬場ではなかったため、今の馬場向きとは言えませんが、稍重馬場の三面川特別でも終始外にモタレながらの競馬で2着しており、そこまで心配するほどではありません。
中山1800mは坂スタートでそこまでペースが上がりにくい舞台ですが、前目で進める馬が多いため全体のペースが上がってくる可能性はあります。
その点は良い材料と言えますが、前目から長く脚を使えるマキシマムドパリ、タフな馬場でも瞬間的に切れるエテルナミノル、ペース不問で幅の広いトーセンビクトリーやフロンテアクイーンといった強敵が多く、ここでは連下~3着ヒモの評価となります。
ただ、前走の敗退で先行勢が可愛がってくれるようならチャンスは大きくなり、前走はレース前の入れ込みが激しくて競馬になっていませんでしたが、この中間はセーブ気味に仕上げられており、落ち着きが見られます。
レース前に消耗していなければ前走の大敗で甘く見られそうなここはチャンスのある1頭と言えます。



会員様には◎14カワキタエンカからの馬単5点指示で42.6倍的中となりました。


121










有料情報お申し込み先

2017年のG1レース結果  22戦12勝
ホープフルステークス 的中 21万4600円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069400602.html

有馬記念 的中 63万4000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069339177.html

朝日杯FS 的中 38万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069239473.html

チャンピオンズカップ 的中 144万9000円獲得(5倍額勝負レース)
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069037853.html

ジャパンカップ 的中 14万1600円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-11-26.html

天皇賞・秋 的中 14万4000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-10-29.html

菊花賞 的中 23万1000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-10-22.html

秋華賞 的中 15万1000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-10-15.html

スプリンターズS 的中 3万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-10-01.html

日本ダービー 的中 20万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-05-28.html

ヴィクトリアマイル 的中 91万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-05-14.html

天皇賞・春 的中 馬連・3連単ダブル的中
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-04-30.html

2017年のG1レースは累計459万2000円獲得となりました。



2016年秋のGⅠレースは11戦6勝

http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/cat_1234222.html
勝率55%、回収率551%

2015年の秋のGⅠレースは、11戦5勝で純利益約100万円となりました。
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/cat_1181954.html

2015年の特別勝負週の平場からの勝負レースは19戦13勝
(回収率500%で払い戻し合計約280万円となっています。)
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/cat_1234795.html