競馬




今週はマイルチャンピオンシップ週となります。


今週のマイルチャンピオンシップ週は3日開催となり、過去6年で東京スポーツ杯2歳Sは4回的中しており、マイルCSは6年連続的中継続で稼ぎどころの1週間となります。


今週はマイルCS、東京スポーツ2歳S、平場の勝負レース(2鞍)の合計4鞍提供週となり、この4鞍全て5~10万円の勝負レースとして会員様へ情報を提供させていただきます。


↓19年は25万2000円獲得

http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-11-19.html


↓18年は61万円獲得

http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2018-11-18.html


↓17年は18万5000円獲得

http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-11-20.html


↓16年は8万円獲得

http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2016-11-21.html


↓15年は35万円獲得

http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2015-11-23.html


↓14年は210万円獲得

http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2014-11-24.htm





先週の会員様情報結果

土曜日

東京11レース

武蔵野ステークス


8ワンダーリーデル

3走前は苦手な休み明けで2走前はコース適性がなく5着。

前走の南部杯は下りで勢いをつけたので4角で思った以上にスピードに乗ってしまい、外を回る格好になりましたが、ここでも11.8と結構速かったのでコーナーワークで外で苦労してしまった印象を受けました。

それでもこの形でサンライズノヴァとは差の無い競馬ができており、厳しい流れそのものは問題ないという点は示しました。

この馬の場合は軽い馬場自体は問題ありませんが時計的に結果として芝並みの時計決着になってしまい、こうなると前半の追走面で質的に足りない部分がどうしても出てしまいます。

これを差すには上がり33.5が必要となるだけに、4角で外を回して出すというのは無理がありました。

それでもまあこの馬らしさは引き出せたと言える内容の競馬はできており、状態面は上がってきているのは確かに感じました。

今回は叩いて良化を見せたところでベスト条件で差しも決まりそうなレースとなるだけに最高の舞台が揃い、近走の敗戦からも妙味が大きい1頭と言えます。


6サンライズノヴァ

理想はハイペースから中弛みが顕著な流れにモズアスコットやタイムフライヤーが先行策で乗ってしまうケースで、中弛みで外から取りつくチャンスができれば2走前のプロキオンSのように差を詰めながら直線ということも可能で、長く脚を使って勝負の舞台に加われそうです。

プロキオンSは自身では35.8-34.4のスローバランスでL1まで渋太く脚を使ってきており、こういう形で前が巻き込まれた場合は頭まであり得る1頭と言えます。


会員様情報では上記2頭からの3連単指示となりましたが、結果は情報通りに6サンライズノヴァが1着となるも、5番人気のワンダーリーデルが直線で行くところが壁で外に出すのに手間取ってしまい、3着馬からコンマ1秒差での4着となり、3連単12万馬券が不的中となりました。




日曜日のメインレース情報結果

福島11レース

福島記念

夏に行われる七夕賞と同条件ですが、夏はサマー2000シリーズ中でローカルの小回り芝中距離戦が多くある中に七夕賞がありますが、福島記念の場合は秋のGIシーズンの真っ只中で行われるために位置付けは変わります。

先週で開幕2週目となった福島芝コースですが、先週の時点で外が伸びる馬場になっており、今週はBコースに変更となりますが土日で徐々に外有利の馬場に変化していきそうです。

福島記念は小回りコースの芝2000mで行われるという事で前半からペースが流れるのが大きな特徴で、秋のGIシーズン中の裏開催となるだけにローカル小回りコースが得意な馬しか出走してきません。

今年はトーラスジェミニが逃げる展開が濃厚で、それをコスモカレンドゥラ、マイネルハニー、ウインイクシードのマイネル軍団が追いかける想定となり、前傾ラップから差しが決まる展開となりそうです。


9ヴァンケンドミンゴ

この馬が福島巧者という理由は、1角の下りでペースが上がった2角過ぎの登りでペースが落ちて中弛みが起こりやすい事が影響しており、福島は3角が緩いスパイラルカーブとなっており、向正面で取り付きながら勢いで外から長く脚を使える点がフィットしているように思えます。

ただ、それでも3走前のエールSはかなり極端に緩んでおり、いくら福島でもここまで極端になる可能性は低いように思えます。

2走前の七夕賞は中弛みはそこまでありませんが、重馬場だったので質的にスピードを求められませんでした。

良馬場では後方からになってしまうため、ある程度前につけて中盤で前が淀みなく進めたときに自力で取り付いて行けるのかどうかがポイントと言え、時恵が掛かってくるようなら浮上する1頭と言えます。


7テリトーリアル

前走のオクトーバーS勝ちの内容が良く、時計が掛る馬場で前目でしっかりとスピードを生かしてハイペースに乗れていました。

そこから前で粘るパンサラッサを3F勝負でもポテンシャル戦という中でしっかりと捻じ伏せてきた内容は票kできます。

福島も基本的には前半速く中盤で少し緩んで3角以降の勝負になる傾向が強く、L1で他を寄せ付けなかったなら4F戦ぐらいなら対応してくる可能性は高いように思えます。

中山金杯ではスローの5F勝負からL2最速戦という形でもL1まで来れており、ワンターンの1800~2000でタフな馬場でスピードを求められたケースで高いパフォーマンスを見せている点からも、ペースは速い方が良い印象があります。

極端なハイペースで番手では厳しくなりますが、1~2秒ぐらいのハイペースで好位内でという流れなら噛み合いそうな1頭と言えます。


3バイオスパーク

福島2000m戦のイメージとしては前半が速くて中盤が少し緩み、スパイラルカーブの3角からの動き出しというイメージがありますが、傾向を見るとL2最速率自体は高いため、ここまで仕掛けを待てる位置取りを取れていれば崩れる不安はかなり減ります。

この馬はスローでも一瞬良い脚を使えるタイプで、このレベルではスローよりも全体で流れてしまった方が良さそうです。

函館記念でも好位で進めて渋太く伸びてきており、トーラスジェミニを捕え切った内容は評価できます。

また、この馬はギアチェンジの上手さが最大の武器となるだけに、単調な流れよりもギアチェンジが生きるような淀みがあった方が良さそうです。

その点では福島はギアの上げ下げを前中盤で求められやすい傾向が高いため。運び方次第ではチャンスも大きい1頭と言えます。


会員様情報で公開した情報馬3頭が1~3着を独占し、191.7倍的中となりました。




★お申込方法


2020年春のG1レース結果 11戦7勝


大阪杯 36万6300円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-04-05.html

桜花賞 11.1倍的中
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-04-12.html

天皇賞・春 76万5000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-05-03.html

NHKマイルカップ 123万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-05-10.html

ヴィクトリアマイル 23万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-05-17.html

ダービー 35万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-05-31.html

安田記念 27万3000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2020-06-07.html




★お申込方法

2019年秋のG1レースは12戦8勝+トリガミ2つで10戦的中!
334万9110円獲得

ホープフルS11万6000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-12-28.html

有馬記念20万9300円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-12-23.html

朝日杯FS28万5000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-12-16.html

チャンピオンズカップ35万9200円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-12-02.html

ジャパンカップ96万2000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-11-24.html

マイルCS25万2000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-11-17.html

エリザベス女王杯67万6000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-11-10.html

菊花賞2万3510円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-10-20.html

秋華賞43万6000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-10-14.html

スプリンターズS3万400円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-09-29.html


★お申込方法
2018年のG1レース結果  22戦12勝

ホープフルステークス 的中 21万4600円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069400602.html

有馬記念 的中 63万4000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069339177.htm

朝日杯FS 的中 38万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069239473.html

チャンピオンズカップ 的中 144万9000円獲得(5倍額勝負レース)
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069037853.html

ジャパンカップ 的中 14万1600円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-11-26.html

天皇賞・秋 的中 14万4000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-10-29.html

菊花賞 的中 23万1000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-10-22.html

秋華賞 的中 15万1000円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-10-15.html

スプリンターズS 的中 3万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-10-01.html

日本ダービー 的中 20万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-05-28.html

ヴィクトリアマイル 的中 91万円獲得
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-05-14.html

天皇賞・春 的中 馬連・3連単ダブル的中
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2017-04-30.html

2017年のG1レースは累計459万2000円獲得となりました。


★お申込方法

2016年秋のGⅠレースは11戦6勝
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/cat_1234222.html
勝率55%、回収率551%

2015年の秋のGⅠレースは、11戦5勝で純利益約100万円となりました。
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/cat_1181954.html

2015年の特別勝負週の平場からの勝負レースは19戦13勝
(回収率500%で払い戻し合計約280万円となっています。)
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/cat_1234795.html

2014年のG1レース結果
http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1017397826.html