自転車

14 février 2014

TALON 29ER アップグレード集!!

しばらくMTBネタは書いておりませんでしたが、最近は割と乗っておりまして、むしろ年末にかけてはロードよりも乗ってました( ´_ゝ`)ノ
つっても、去年の夏頃からMTB熱が再燃したって感じなんですけどね(汗)

しずサイメンバーでもMTBに火がつきつつあって、トレイルに行くたびに上達が実感できて(まだ下手なのでw)、ロードに比べると”遊んでる”感があります。
特に今の寒い時期はMTBシーズンって感じで、草が枯れてコースが見やすいってのもありますが、トレイルの入り口まで車で行って、木漏れ日を浴びながらってのが気持ちいいです♪


さて、TALON 29ERはもともとメカニカルディスクブレーキを装備していて、レバーのタッチもなかなか良いし、その辺のトレイルで乗る分にはメカディスクでも全くと言っていいほど問題はありませんでした。
しかし、確かタロンを買った年のカクタスカップ、雨の山中を1日中走り回ると、固定側のブレーキパッドが減ってしまって、ローターがキャリパー本体に当たるようになってしまいました。

どういうことかと言うと、、、
通常のメカニカルディスクの場合、ブレーキワイヤーで動作するピストンはキャリパーの片側にしかありません。つまり、ピストンがある側のパッドのみが動き、もう片方はキャリパーに固定されています。
当たり前ですが、初期の段階では固定側のパッドもキャリパー本体よりローター側に出っ張っているワケですが、摩耗するにつれて上記のような状況になってしまうのです。もちろん、固定側のパッドを送り出すための調整機構が付いているので、ときどき調整してやれば大きな問題はありません。しかし、走行しながらは作業できませんし、気が付かないで乗ってるとどんどんキャリパー本体が削れてしまいます。

ってことで、制動力に大きな不満はなかったものの、いつかは油圧ディスクにしたいな〜、というのが乗ってしばらくして思ったことでした。(油圧だと両側にピストンがあります!)
ただ、一昨年とかはほとんど乗らなくって(タロンには可愛そうなことをしました(;´Д`))、もう一回ちゃんとトレイルに行ってから油圧化しようと思ってたら、去年の夏になっていまいました。

それがコレ↓↓

s-f160







s-r160







フロントzee、リアSLX、ブレーキレバーはDeore XT。
ホントはレバーとフロントキャリパーがzeeの予定だったのですが、納期の問題があって結局ミックスになっちゃいました(笑)
あ、リアSLXはわざとですから。トレイルで走った感じからして、メカの制動力でもリアはそれ以上要らなかったので、リアは通常の2ポット。
だけど、油圧化するに当たって、前々からどうしても4ポットキャリパーが使いたかったんです!!カッコイイから!で、セイントはお金的にちょっと。。。だったのでフロントのみ当時セイントの弟グレードとして新しく出たzeeにしました。なので見た目です。制動力が欲しかったワケではありません。


そしてさらに、ブレーキに関してはつい先日またまたアップグレード♪
s-f203







s-r180







もともと前後160mmローターだったのが、前203mm、後ろ180mm!
上の2枚と比べると、特にフロントは一目瞭然でデカくなってます。
当初、最初のローターが摩耗して交換する段階になったら大径化しようと思ってました。160でも十分でしたから、前だけ180にしようと思ってそんな話をしてました。すると、しずサイ・メンバーの後輩が180用のマウントが余ってるから安く譲ってくれるって言うんで、それがきっかけで大径化することにしました。摩耗するまで待ってたら何年先になるんだ?って話もあります(笑)

ローターの形については外形が真ん丸のやつが好きなので、シマノのRT75を、折角ですので前後分、180と160を注文しました。ところが、シマノの在庫が203しかない!(203だと、RT75 "DH"(ダウンヒル)になります♪)
さらにネットショップ等でも180まではあっても、一般的な160はもう見つけられませんでした。仕方ないので近所のお店を回ってみたら、180のみRT75を確保できました。
とりあえずフロントだけでもRT75にできると思って帰り、譲ってもらったマウントの型番を確認すると。。。180mm用はイイとしてフロントではなくリア用のマウントでした(笑)
この時点で、ソッコーで203mmローターとフロント203用のマウントを注文、結果上述のとおりです♪
シマノに203しか在庫が無いと分かった時点で若干203への欲が出たのもありましたが、折角譲ってもらったマウントは無駄にしたくない気持ちもあったので、結果オーライ!なんだかんだ前203、後ろ180にする運命だったのかも(*´∇`*)

s-wiring







203用のマウントには緩み止めのワイヤリングができるよう、穴がが開いたボルトとワイヤーが付属してました!!かっちょいい!!


あともう一つはペダルと靴。
s-mavic












フラットペダルだと、踏み込むしかできなくて登坂も限界が低くなるし、足元が安定しなくて下りもあんまりペースが上げられません。DHの選手はほとんどフラペだけど、よくあんなに安定させられるよなー。。。
そんなんで、こちらは去年の年末、マヴィックの靴を買いました♪長年使ってるロード用よりカッコイイです(笑)
ペダルは店長が古いのをプレゼントしてくれました♪ありがとうございました!!
やっぱりビンディングは飛び道具!登りも楽になるけど、なによりバイクが安定して上手くなった気分!楽しさ3倍くらいです♪


そんな感じで、去年の半ばくらいからのカスタムをまとめたので長くなってしまいましたが、概ね満足できる仕様に出来上がってきています!!
コンポは現状の3×8速でそんなに不満はないので、あとはフォークを変えたいな〜。舗装路でもブレーキに対してフォークのインナーとアウターのガタが気になるし、フォークが変わったら完璧なくらい。でもフォークは大きな投資だし、来年から就職で環境も変わるし、今年中は今のでイイかな。
乗れるうちにイイのにして乗っとくっていう考えもあるけど。。。(笑)

kkmustang at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

29 janvier 2014

初詣走行会

日曜日のことですが、今年も参加してまいりました、しずサイ初詣走行会。
過去、メンバーの事故が多発した年もあったりして、店長のはからいでここ何年か恒例になりつつあります♪
ちゃんとお祓いしてもらうことで気持ちも引き締まりますしね!で、わたくし、1月も下旬というのにマジで初詣だったりします(爆)

最初の年はどうやらANCHORで行ったようで、12年、13年はブログ書くのをサボってますね、コイツw
ぢゃなくって、2回目の12年はBianchiで、去年は再びANCHORで行ったんです。
そこで、今年は、、、






s-propel







こんなスーパーマシン!


はい、ウソです、すみません。これは店長のですv( ̄∇ ̄)v
ちなみに、試乗できるハズですよ〜(営業w)

ぼくは↑↑の順番に従って、今年はBianchiで行きました。
ワケあって、去年末までリアホイールが外れた状態で放置して可哀想なことをしてしまいました。そんなんで、順番もあるけどしばらくBianchiで遊びに行ってなかったんで久々に登りを攻めてきましたよ(*゚∀゚)っ

s-bianchi







(最近、ロードにサドルバッグはやめました。シートポストが高く見えてカッコイイ♪)

s-koremasa bridge







s-rest







コースは是政から尾根幹、南大沢のセブンまで。
こっちから行くと、ほぼ最初ですが多摩大に向かって登ってく坂が一番長くてキツイと思います。そこで他所のライダーもちぎってアタマ取ったので仕事終了w どうだ、鉄下駄と言われたBianchiもちっとは速えーだろ!!

その後はヘロヘロだったので騙しだましセブンまで。でも練習してないわりにはまぁまぁ走れたかな。

セブンで折り返してから、小平は熊野宮神社でお祓いしていただきました。って、肝心の神社の写真がないぢゃん!!すみません。。。
今年は丸いお守りステッカーをもらいました。らいおんさんに貼る予定です♪



ところで、剛性なのか重量なのかよくわかんないけど、うちのBianchiは踏んでも進みません( -д-)ノ
とにかく高回転で回さないと高速巡航は無理です(その分リズムが合ったときの加速感は気持ちイイです♪)
尾根幹を久しぶりに走ってそれがよく分かりました。重量的なハンデにも鍛えられたと思いますが、そういうフレームの特性のお陰で回せるようにもなったのかな〜、なんて思います。

なんかBianchi乗って改めて色々考えて、ロード始めたころを思い出して懐かしくなっちゃいました!
他人から見たら大したマシンぢゃないだろうけど、なんとも言えない独特の良さなんだよな〜

ANCHOR乗ったときにまた良さが体感できるように、しばらくBianchi乗っとこう♪

kkmustang at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

12 janvier 2014

明けまして...205☆2by2化

1月も既に中旬に差し掛かろうとしておりますが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
ていうか、ほったらかしていてすみませんm(_ _)m


本題に入る前に、前回が去年の6月とかでしたので、近況報告というか2013後半のイベントについてざっと。

7月
後半から自転車の資格取得に向けて訓練開始。

8月
特訓継続。
お盆、只見に29erを持ってった。
ちょうど、どぅも仙台に行くって話だったので、只見からH水んちへ行った。なぜか3人なのに車2台で山寺へ、仙台に行ったはずが山形観光に。そしてなぜか俺1人だけ暑かったw
月末、資格試験のため大田区へ。205に試験用に店長から借りた自転車と工具を積んで行った。暑かったww

9月
去年は8月末ではなく、タイミング的に9月1日が乗鞍。悪天候のためコース短縮にて開催。
大学の共同研究先企業へインターンシップ。たくさん勉強させてもらった。
フレフレ尼崎に行くつもりが、道中らいおんさんの体調不良によりリタイア(泣) 205入院。

10月
1日、資格試験の合格発表。無事、合格、自転車技士と安全整備士になりました!
らいおんさん帰って来る。FBMに間に合った。FBMは雨。。。でしたが、濃い1日で今年もまた楽しみ。

11月
中間発表。

12月
んーー。なんかあったっけ??

以上!


では、本題(´▽`)ノ 205の2by2化!!
この2by2とは、人間2人+自転車2台。リアシートを畳めばホイールを外してチャリを積めることはご存知かと思いますが、今までは1台のみでした。もちろん後ろに人員は乗れませんが、助手席は生きていて2人は乗れるにも関わらず、自転車は1台。。。悔しいですねぇ(-ε-)ブーブー

チャリをもっと積む方法として、ルーフキャリアやハッチゲートに付けるキャリアがあります。ただ、まず最初で最大の問題として、キャリアとボディ接触部や積載作業時のミスによるボディへのダメージ。次にキャリアの着脱や自転車積載時の手間。駐車時の防犯性や走行時の自転車の汚れ、さらには余計なモノが車体から出っ張っているという不安e.t.c...まぁ、これらを総動員して頑張れば4人4台も可能は可能だと思いますけど。。。
やっぱりクルマ外部に積む方法は、個人的にはネガティブな要素が多くてあんまりなんです。

今の季節はMTBのシーズンで、朝はクソ寒いので車でトレイルの入り口まで行くのがスタンダードになりつつあります。。。(一回楽しちゃうと自走が億劫になりますf^^;)
エルグランドを借りられるので今はいいんですが、今後のことを考えても205に、できれば室内に乗員分の自転車が積みたいな〜と。
んなことを考えてたところ、親父が2段にすれば室内に積めるんぢゃね?とのアイデアを!!
おお!やってみようぢゃねーかっつうことで、構想1週間の後、本日実現致しました♪

まずは午前中に室内寸法の測定と積載テストを。
s-test2






s-test1







テストは我が家で一番かさばるタロン29erを使用。
上の写真は前後輪外して、床面からの高さを見ています。トノボードがおよそ400mmで、その下までで納まっています。
下は2段にしたときの想定です。195幅のタイヤを2本積み重ね、上記のトノボード程度の高さまでかさ上げした上に29erを積んでいます。天井まではまだスペースあり、2段目のチャリのホイール2本も余裕で納まります。ギリギリではありますが、この状態でハッチを閉めることができました。

2段にすることで2台積みができそうなことが確認できたので、採寸しててきとーに設計図を描きました。
s-sheet







で、買い出しへ。材料はイレクターパイプというのを使いました。キャンピングカーのラック等をDIYで作られている方の記事等を参考にしたところ、イレクターパイプがわりと一般的かつ簡単に強度の高いものが作れるようでした。
どんなものかというと、鉄パイプが樹脂で覆われていて、パッと見は塩ビパイプみたいな感じです。この鉄芯が強度に貢献しており、水道用の塩ビパイプに比べるとジョイント類が格段に豊富で様々な形状が作れます。
材料を切り出してジョイントをはめ込むとこんな感じ↓↓
s-parts







吊るしだと30cm刻みくらいのサイズしかないので、専用のパイプカッターも買って所望の長さを得ています。
さらに組み合わせて。。。
s-parts2






まだ仮組なので接着してませんが、両端の四角い部材は本組では接着してしまいます。

真ん中の3本の梁で四角どうしを組み立てると。。。
s-assy







こんな感じ!これを台にして、チャリを2段に積みます!!
横に渡す3本の梁は、本組時も接着はせずはめ込むだけで使用します。そうじゃないと使わないときにかさばりますので( ´_ゝ`)ノ

実際に積み込んでみると。。。
s-29er and Bianchi







じゃん!!下に29er、上に29erの次にデカいBianchi。載りました!もちろんハッチもしっかり閉まります!!ちなみに、ひとつ上の写真に見切れているのが普段車載している工具箱で、コイツも一緒に載っちゃってます
実は長さの計算をちょっとミスって、上に渡す梁が3本の予定が2本しか作れなかったのですが、なんとか安定しています。一応、後日、もう1本追加する予定ではいます。
あとは緩衝材をもう少し検討する必要があるのと、ラックと2段目に積むチャリをラックに固定したいのでギアタイが欲しいです。

これでらいおんさんの2by2が実現できました!!
エルグランドでも3台までしか載らないですからね!工夫次第でチャリもだいぶコンパクトになりますが、それにしても205スゴくね!?(* ̄∇ ̄*)エヘヘ トーションバー最高!ww

さて、実用はいつになることやら( ̄▽ ̄;)


kkmustang at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

19 mars 2012

雨のエンデューロ

17日の土曜日、東京エンデューロ・リバーステージに行って来ました。
彩湖を周回する4時間の耐久レースで、ぼくは同級生のH水くん、O野くん、部活の先輩のH口さんと4人チームで参加しました。

レースの1週間程前から、当日の天気予報は思わしくなく、近づくにつれどんどん予報は悪くなる一方でした。雨でも走るの??というテンションで、ロクに練習もできませんでしたし、モチベーションはもはやナシ(;´Д`)
当初はウォームアップも兼ねて自走で彩湖まで向かう予定でしたが、車を出せる人に頼んで車で向かうことになりました。
家を出る頃は降っていなかったのですが、しずサイに集合し彩湖に向けて発つ頃にはかなり雨が降ってきました。

もう走る気なんて無い状態で到着したのですが、とりあえず準備となりました。車から自転車を降ろし、靴を履き替えなんてしていたら、あと10分でスタートという時間になっていました。第一走者はすでにスタートに並んでいたのですが、ぼくは第二走者だったので軽く急いでスタート地点へ。で、あっとうまにスタート。
一番はH水くんだったのですが、スタートしちゃったから覚悟を決め、1時間ほど経ったころ交代のためのピットで準備していました。
1時間10分ほどでピットインして来たので、ぼくはそこから1時間走ろうと思い、とりあえず走り出しました。
あ、ちなみに、ドロっドロになるのは目に見えてたので、Bianchiでの参加でした。

いやぁ、走り出しちゃったよ。
乗れそうな集団を探しながら走ったのですが、スタート直後でないと人がバラけてしまい、速すぎる集団とかなんとなく固まってるとことかで、いまいちしっかり乗れる集団はありませんでした。
1周目、ピットと反対側の方で速い集団にブチ抜かれ、その中にメンバーのS山さんがいらっしゃいましたが、さすがに速すぎて乗っかれませんでした。
2周、3周と周回を重ねていくと、ピット側と反対側とだと他の人とスピードが合わないのが分かってきました。ピット側は向かい風気味で、頑張っても32km/hとかしか出ず、周りの人と同じくらいでしたが、ピットの反対側は37以上、気分が乗ってる周だと40ちょい出ちゃう感じで、5〜6人くらいのそこそこ回ってる集団よりも速くて千切っちゃう感じでした。
途中、左足が攣り始め、おさまったと思ったら右足、またおさまったと思ったら両足、といった具合で練習不足がモロに出ましたが、なんとかほとんどペースを落とさずには走れました。リザルトを見ると、7周走って各ラップの差が20秒程度でした。1周5kmだからそこそこ揃ってるでしょ??

1時間走ってH口さんにバトンタッチしました。寒かったのでぼくは車に着替えに戻り、着替えが終わったらもうあと10分くらいでO野くんに交代という時間でした。
沿道で応援したり、お昼食べたりしてるうちについにゴールの時間がやってきました。
O野くんは終了時間間際15秒くらいで計測ラインを通過したようで、時間を無駄なく使い切れたのでイイ仕事してくれました。
当初は雨にモチベーションを奪われましたが、走り出してしまうとついつい熱くなってとても楽しめました。まぁ、後が大変なのですが。。。


あんな雨の中走るなんて、やっぱり正気の沙汰ぢゃないな( -д-)ノ


kkmustang at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2 septembre 2011

第26回 全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍

遅くなりましたが、8月28日、今年も行って来ました、乗鞍(*゚∀゚)っ

乗鞍に向けて練習を始めたのが6月の下旬くらいでしたので、2ヶ月間の成果や如何に。
目標は、まずは1時間20分を切りチャンピオンクラスのタイムを出し、できれば15分も切ってどれだけ10分に近づけるか、という感じ。
去年はいろいろあって、新車のRNC7で臨みましたが、練習不足でタイムなんてとても狙える状態ではなかったので、とにかくRNC7で良いタイムを出して、速いクロモリ!!ということを認めてもらいたかったですねv( ̄∇ ̄)v

そんなことを言っても、レースだけぢゃないのが乗鞍。前日の移動、食事、宿泊とメンバーの皆さんと楽しい時間を過ごせるのも魅力のひとつ。今年、しずサイからは22人が参加。名古屋に行ってしまったゴールドマンさんとも久々に会えました('▽'*)ニパッ♪
27日、6時過ぎくらいにしずサイを出発して、お昼前には余裕で松本に到着。少し早めのお昼。
s-IMG_0015s-IMG_0017











去年もここで頂きました。
ただ、午後の試走を考えると量が足りませんでした。。。

お昼のあとは会場に移動、エントリーを済ませて試走やマシンの最終チェックをします。
宿泊したホテルは去年と同じこまくさホテル。大会のメイン会場の少し上なのでとってもありがたい場所です。
s-IMG_0044






s-IMG_0026s-IMG_0027






夕食はかなりのボリュームでした。この後てんぷらも。
夕食の後は、飲むおぢさん、寝る学生という感じ。いつものことですね♪


さて、緊張の28日。4時起床、4時半朝食、荷物をまとめてアップに向かいます。
今年の朝は結構気温が低く、いつもならゴールまで運んでもらう荷物に入れるウィンドブレーカーですが、スタート直前まで着ておいて、背中のポケットに入れて上ることにしました。
s-IMG_0030











メイン会場に集合し、スタート地点に移動。いやぁ、ドキドキしてきます。

スタートしてからは、もう自分との戦い。序盤、若干ペースが速く、途中タレてしまいましたが、なんとかペースを保つようにしました。残り8kmを切ったあたりからまた少し楽になったので、ペースを修正しつつ、ゴール前は持てる力を振り絞ってスパート。今までで一番ヘロヘロになったかも。
s-IMG_0032s-IMG_0034








s-IMG_0039






s-IMG_0035






結果は、1時間14分14秒。年齢別のクラスで約150人中31位。しずサイでは5番目のタイムかな。目標は達成。まぁ、もうちょっと行けたかなというのもありますが、練習期間を考えたらこんなモンかと。やっぱりコンスタントに練習しないと、本物の強さにはなりませんね。
いやぁ、でも、RNC7の戦闘力の高さは一応証明できたかと思います。美しいマシンで速くなきゃ意味ないですから。カタログにはもっと強気に書いてもらいたいところです(☆゚∀゚)


さ〜て、来年に向けてぼちぼち練習していきますよ♪♪















kkmustang at 09:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Gallery
  • 2014 FBM!
  • 2014 FBM!
  • 2014 FBM!
  • 2014 FBM!
  • 2014 FBM!
  • 2014 FBM!
Article search
Access count
  • 累計: