mhf_20170312_195525_963

このあと???人形がどうなるのか知る人ぞ知る。

さて、辿異種の30個素材集めに疲れ切ったタイミングで、セリーさんのところの初心者向け大討伐に巡り合えたのは非常に良かったと思います。

辿異が来ても結局やることは連戦ですし(モンスターにランクが付いただけ)、防具が珠に出来ない分立ち上がれイベントも無駄が多くなり、新たな目標を作らないとクエスト自体に行かなくなってしまう…そういう時期に出会えて、まさにジャストのタイミングでした。

ラヴィエンテの方が連戦としてはずっとハードなので本末転倒のような気がしなくもないのですが、辿異種ほどイベントとしての更新頻度はありませんし、安定して長期に渡ってのんびりやれそうな感じがしたので、日々少しずつ通っています。
まだまだ素材が形になる日は遠いので、しばらくは楽しめそうです。


 
さて次回以降の企画ですが今は2つほどアイデアがあります。


①採取装備を着て交流会

狩ノ宴はみなさん採取装備で行く訳ですが、採取装備はロビー装備なみに、あるいはそれ以上に各々の個性が光る装備だと思って毎回見ています。

mhf_20170308_221403_663
mhf_20170307_222607_823

考えたのは採取装備でみんな集まって記念撮影したりしようという感じの企画です。
特にひねりのない企画です。
採取装備は誰でも1種はもってるでしょうし参加のハードルは低いかなと。

人気投票とかもやったらいいかなとか思います。
その辺を思案中です。



②酒飲みハンターの集い

飲酒しながらチャットしようぜという、ほんとうにどうしようもない集まりをやってみたらどうだろうという思い付きです。
クエスト行ってもいいですし、とにかく酒の話で盛り上がればそれでいいという企画。
MHプレイヤーは割と酒好きは多いと勝手に思っているのできっとイケル。

これはたぶん時期さえ決めればいつでも出来そうです。
酒なら巨大魚やりながらでも飲めますし。
どうせ全員よっぱらいなので大して進行も要らなそうですし。



上記2つがアイデアとしてあります。
2つとも現段階ではシナリオらしきものが浮かんでいません。
フルフルイベはシナリオありきでイベントを作り、草食獣ヘッドイベは弱者が強者に虐げられる世界という設定のため罰ゲームを用意したりしましたが、今回は特にないです。

当ブログでのイベントレポートがお話形式にできるかどうかは、やってみないと分からない感じです。
まあ普通に交流会して普通のレポートでもいいかなとは思います。やることに意義があるかと。


という感じです。