2017年10月02日

らしさ

同業者組合のメンバーである山口の原工務店さんが下松にモデル展示場を新しく作られ、見学に行って来ました。
創業者の原会長が大工から創業され、山口県一番の木造建築の工務店へとされた素晴らしい企業です。

今回新しく作られた展示場には趣の異なる平屋と二階建ての二棟を配置し、その二棟はゆったりとした庭を囲むように配されて、この外観から「原工務店らしさ」を十分に感じさせています。

子育て世代を対象にした2階建てと、子育てを終わった世帯を対象にした平屋

木と塗り壁で仕上がったナチュラルでゆったりとした空間はまさに快適そのもの

社長さんから話を聞くと、設計は自社設計とのことで、この設計力に大いに感心する共に、「原工務店らしさ」がしっかりと継承されていることを感じました。

近年のローコスト住宅と一線を画した住まいは、必ずや高い支持を得られることと確信しました。
IMG_7500IMG_7519

kkohno at 17:18│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔