8月某日。またもやの雨上がり。

893の組長が討ち入りにあって一家惨殺された。とか。
893の組長家が一家心中した。とか。
893絡みの家だろうで。知りませんけれど。ネット上にも明確な記録はありません。

時刻は4時くらい?朝に近かったので日の出までに終わらせようと急ぐ。

本来門となる場所には大きなバリケードがあったらしい。
”らしい”というのはそれが倒されていたので無効化していたせいだ。

そのバリケードには「進入禁止 田中組」と記載がある…


a497a51d


そして表札には「田中」の文字。
成程、確かにこのまんま推察すれば組長の家ってことになるね。
そのバリケードを踏み越えて入る。

中は草木が生い茂っている。完全にジャングル化していた。
途中自然と一体化している自転車等ある。
頻繁に人が来るのか中は至って入りやすい。
玄関部分は封鎖されている。入れるのは窓からのみ。
よじ登り侵入。


一階部分。


4d6cb1dc


acf939ef


bdec9435



二階部分


e5483a8d


3993d652

DQNが置いてったであろうスマホケース


地下。


048f57a9


a1ba868e


cd57cba3


b1cd594a
昭和40年、41年のがありました。


c985d105

ベトナム戦争の時期でした。








以上で探索終了。
またもやたいした心霊現象は無い。

わたしが見えていないだけなんだろうか。