KKSブログ

『関東建機サービス』のニュース、お知らせ、つぶやきを発信しています!

8月ブログ

梅雨が開けました。
今年の梅雨はコロナのこともあってか、心身こたえる憂鬱なシーズンでありました。
各地で大雨による災害が起き、今なお、不安と不便な生活を強いられている方々がいらっしゃいます。
言葉にするのはとても簡単なことですが、、、

災害により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

コロナは終息することなく、コントロールすることもできず、季節は変わっても出口の見えないトンネルの中に放り出されたような日常を突きつけられておりますが、今私たちができることは、ウイルスの存在を常に認識、忘れないこと。天気が良くても、悪くても、いいことがあっても、なくても、ルールは守ること。手洗い、マスク、3密(密閉(換気)、密集(人ごみ)、密接(近距離での会話や発声))回避……
手洗い、マスクはいいとして、人との触れ合い、繋がりを意識しなければならない、この新しい生活様式は、時に違和感や孤独感を生んでしまうかもしれません。しかし、大切な人を、そして自分自身を守るためのものだということをしっかりと受け入れて、ワクチンが開発され、生活が【安心】に包まれるまで、感染エリアや罹患者を叩くことなく、力(心)を合わせて乗り越えてまいりましょう。


記事:MS(広報)


7月ブログ

コロナの感染者数がまた増加しています。
自粛解除されたからと言って、イコール、コロナが消え去ったとは思いませんでしたが、こんなにも早いペースで戻るとは思わなかったので、戸惑っています。静かに戸惑っているという感じでしょうか?
この静かに、とは、正直、自分の周りを見渡しても、該当する状況がないのです。幸いなことに、身近でコロナ感染のニュースに触れたことがありません。プラス、恐怖そのものへの免疫ができてしまったように思います。解除前のような押し潰されそうになる不安は今回は正直ありません。だからと言って晴れ晴れした気持ちで毎日を過ごせている訳でもないのですが……

専門家の言われている「ウイルスとの闘いは長期戦」、ここで再度、心の仕切り直しが必要なのかもしれません。コロナは消えない、共に暮らさなければならないというのなら、ワクチン、治療薬のみに期待するのでなく、気持ちと新しい生活スタイルの再インストール。
よそで起きている、私、あるいは私の家族に起こるはずがないという根拠のない自信は持たない、距離を保つ、手洗いを徹底。変化というのは時に不快感、違和感、痛みを伴うものですが、コロナに関しては、今世界じゅうが直面している問題、課題なので、個々で協力し合い、乗り越えていきたい、そんな風に思っています。
引き続き、体調に気をつけて生活してまいりましょう。

記事:MS(広報)

6月ブログ

6月になりました。
ようやく緊急事態宣言が解除されました。
とは言え、全てがクリアになった訳ではなく、引き続きソーシャルディスタンス(フィジカルディスタンス)を保つ、慎重で新しい形の生活が始まった(再開した)だけのことなんですよね。拭えない不安や違和感と共に日々の生活をこなす、とにかく手洗いをこまめに、こまめに、こまめに、、、もう、、アライグマになったような毎日です。

コロナによる経済的な打撃、心身へのストレス、人間関係、人生観の変化、コロナが直接的原因ではなくとも今クローズアップされている人種差別の問題。この疫病が与えたテーマはあまりにも多すぎて、大きすぎて、足元の軸を見失いそうになりますが、ひとりひとりが地球に住む一員として、責任や協力の中で共存し、思いやりを持って丁寧に生きていく、コロナからのメッセージはこういうことなのかなと思い始めています。

一日も早く終息し、警戒せずにスーパーへ行ったり、知り合いと立ち話ができる、そんな地味で平凡で幸せな日々を取り戻したいですね。

まだまだ長期戦ですが、油断することなく闘ってまいりましょう。

記事:MS(広報)

5月ブログ

5月になりました。
爽やかな季節とは言いがたい状況が続いています。いかがお過ごしでしょうか?

得体の知れないウイルス、出口の見えない不安に心身押しつぶされそうになりますが、十分な休息(睡眠)と栄養、そして時には無心になれるもの(エクササイズ、料理、塗り絵、裁縫、フィルターなどの細かい所の掃除、DVD鑑賞など)でお互いに力を合わせて乗り越えましょう。

毎年6月に開催しております弊社展示会(サンクスフェア)も、新型コロナウイルスの影響により今年は延期(もしくは中止)となりますが、収束した暁には爽やかな天候のもと、お客さまに最高のおもてなしをお届けできたらと願っております。

専門家によると、ウイルスとの闘いは長期戦になるとの見解ですが、もともと努力家で忍耐強い国民性を生かして、前向きに地道に取り組んでまいりましょう。


記事:MS(広報)

4月ブログ

4月になりました。
新年度を迎え、本来なら「スタート」を感じる気持ちのいい季節ですが、今年は世界各地でコロナウイルスが猛威をふるい、今、まさにこの瞬間も、各国が見えない敵と闘っています。刻々と感染者数が増えるなか、恐怖、不安、葛藤、様々な負の気持ちに押しつぶされそうになりますが、それぞれがルールをしっかり守り、個々の努力なんて微力だと軽視せずに、協力し合い、この長期戦、闘ってまいりましょう。

感染するかもしれない恐怖と同時に、大切な人を無意識(無自覚)に感染させてしまう恐ろしさも頭にしっかり叩き込んで、慎重に、手洗い等徹底し、過ごしましょう。

先日専門家の方(医師)が今後の話をされていました。万が一状況が悪化した場合、自分はどのような治療を受けたいか、家族のメンバーはどうしたいか、その時になってからでは決断できないタブーとされることも今しっかりと向き合って具体的に話し合っておいてくださいと言われていました。酷な内容ですが、それだけこのウイルスが未知で恐ろしいものだということです。

ワクチンが開発されるまで、終息するまで、不安と不便を強いられる日々となりますが、第一戦で国民の生命を守ってくださっている専門家、医療従事者の方々に心から感謝し、慎重に大切に日々を過ごしてまいりましょう。

記事:MS(広報)


3月ブログ

3月になりました。
少しずつ春めいてきましたが、世の中はそれどころではない、目に見えぬ未知の敵を前に、戸惑いと不安を隠せない日々を過ごしています。

日々、世界のあちこちで、感染者数は更新され、経済にも影響を及ぼし始めています。

自分自身、大切な人たちを守る為に、危険とされる場所、行為は避け、一日も早い終息宣言に繋がるよう努力いたしましょう。

*医療関係の方が作られたガイダンスです。
(添付、転載、コピー可とありましたので、転載します。)

3FF98EC9-31A6-4CF8-A593-25D0FED6F0D7

2月ブログ

2月になりました。
新型コロナウイルスが猛威をふるい、世界じゅうを恐怖と不安に陥れています。
症状の出ない感染者もいるとのことで、目に見えない敵、得体の知れない魔物との闘いに、今までにない不安を抱いている方、外出そのものや、交通機関の利用を躊躇する方々、たくさんいらっしゃるかと思います。薬局などでもその影響は顕著で、除菌、殺菌関連のグッズの品切れ、マスクの欠品、もしくはそれら商品の1人あたりの購入可能な個数に制限をかけるなど、異常事態が起きています。
致死率の高い恐ろしい病気であると警告する専門家、風邪やインフルエンザ等と同じようなもので、基本的なこと(手洗い、うがい、充分な栄養と睡眠)を心がけていれば、それほど神経質になる必要はないとされる医療関係者、様々な意見が飛び交い、更なる不安を呼んでいます。

新しいタイプの感染症と聞くと、やはり落ち着いて受け止めることはできませんが、手洗い、うがい、特に【手洗い】の重要性を訴える記事や張り紙をこの数日よく目にしますので、ここでも触れておきたいと思います。

飛沫感染、いわゆる空気中のウイルス(くしゃみ、咳などによるもの)から病気がうつるケースはみなさん、よくご存知かと思います。よって現在マスクが入手困難となっています。しかし、自分の手からの感染も意外に多い、落とし穴的に感染してしまうケースが多々あることをご存知でしょうか?例えば、感染者が素手で口を押さえてくしゃみ、咳をし、もしくは鼻をかんだティッシュを素手でゴミ箱に捨てる、その洗わない手でエレベーターのボタン、電気のスイッチ、手すり、つり革など、共有のものに触れてしまったとして、ウイルスはすぐには死なないので、別の者がその箇所を無意識で触り、直後に自分の鼻に触れたり、飲み物や食べ物(例:おにぎり)を口に運び……そうです、この時点で【ウイルスを自ら体内に入れた】ことになるワケです!!

これはコロナウイルスに限らず全てのウイルスに言えることですが、とにかく、手洗い、手洗いで外からの菌はだいぶブロックできるようなので、こまめに手を洗いましょう。

空気が乾燥し、病気が蔓延しやすい季節ですが、体調管理に努めてまいりましょう。そして、1日も早く、恐ろしい感染症が終息しますように。

記事:MS(広報)


謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年の干支は「ねずみ」
正式な今年の干支は「かのえね」と言うそうです。

【干支(えと)】の二文字目の【支】が、よく知られている子、丑、寅……の「子(ね)」に当たり、一文字目の【干】は今年は「庚(かのえ)」だそうで、よって、2020年の干支は、この2つを組み合わせて、「庚子(かのえね)」となるそうです。
(新年早々勉強になりました。)

さて、庚子(かのえね)の年はどんな年になるのでしょうか?

「子」は十二支の中では最初。十二支の順番は植物に例えられることから、「子」はまだ種。その中で芽が出始めようとしている時期なので、【最初、生まれる】という感じでしょうか?

では、2020年の干、「庚(かのえ)」はどのような状態か言うと、【成長が終わった状態】【もうこれ以上は生長しない時期で、今後は枯れていくというタイミング】だそうです。

まさに日本の2020年を表しているようにも思えます。東京オリンピック。この国で始まり、終わりを経験する2020年。

開催まで何年もかけて準備してきた大イベント。それが終わった時に世の中はどうなるのでしょう。達成感と共に、喪失感や景気の後退の可能性など、ネガティブな面も含むでしょう。それでも前を向いて歩き続けなければなりません。

また、「子」は「増える」という意味があるそうです。繁殖力の高いねずみからの意味合いでしょうか?「庚」はというと、もともとは「更」、この「更」は、変える、変わる、改める、深まる……変更とか、更改とか、更新とか、そんなイメージでしょうか?

漢字の意味も考えると、2020年が単に始まりと終わりだけでなく、時間、時代の流れ、波の中で、良いこと、悪いこと、上がること、下がること、栄えること、衰えること、全てを受け入れ、それでも立ち上がり、試行錯誤して、希望を胸に、最高を目指す。最高は人それぞれ違うと思うのですが、目先のことにアップダウンせず、長期的に計画を立てて、くじけず努力重ねたいものです。楽しむことも忘れずに。

まずは、みなさん、東京オリンピックも楽しみましょう!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

記事:MS(広報)

年末年始のお知らせ

〜〜年末年始休業期間のお知らせ〜〜

誠に勝手ながら、弊社では下記の通り年末年始休業期間とさせて頂きます。ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。


年末年始休業期間

令和1年12月29日(日)〜令和2年1月5日(日)


※令和2年1月6日(月)より、通常業務を開始致します。
※休業中のお問い合せにつきましては、1月6日(月)以降、ご対応させていただきます。よろしくお願いいたします。

12月ブログ

師走になりました。
急に寒くなり、空気の乾燥も激しく(本日は雨ですが)、フリースを脱ぐとパチパチ静電気が発生する季節になってしまいました。これはもう、確実に冬モードです。
先月あたりまでマイコプラズマ肺炎(今年は多いようです)、溶連菌と注意喚起していた学校が、今はインフルエンザ!!一色です。ここに胃腸風邪あたりも加わるワケで。。。
皆さま、どうかお体お気をつけください。

ご報告が遅くなりましたが、弊社、熱海市伊豆山に営業所(置き場)を構えることになりました。相模湾を臨む爽やかなエリアに、新たな拠点を持つことができ、嬉しい気持ちでいっぱいです。皆様に真心ときめ細やかなサービスをお届けできるよう、より一層努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

記事:MS(広報)

定期購読で送料無料&割引価格で毎号お手元にお届け!
雑誌『建設機械』をご希望の方は
こちらへ。